ADMIN TITLE LIST      
【陽面着陸計画】映画知ろうとレポ!今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
権力という暴力。愛情という正義。

ちぇんじりんぐ

チェンジリング』を観た。

1928年。息子の失踪。
その5ヶ月後、警察より保護された少年は別人だった。

一人の母親を突如巻き込んだ陰謀。
息子はどこで、何が。
警察の横行事件の真相は彼女に何をもたらすのか。

実話という事実が悩ませる、
静かなる闘いの物語

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

彼は本当に私の息子なのか。

母親であれば間違えるはずのないこと。
しかしもし警察に自信を持って、
「あなたは動揺しているんだ。彼はあなたの息子だろう?」。
はっきり言われると、
混乱の中では正しく判断できないかもしれない。

万事落着。
一人息子を探し出した警察は高く評価されるだろう。
事件を解決し、無能ではないことをメディアを通して知らしめた。

「私の息子ではありません。」
やっぱり違う。私の息子じゃない。
彼は素知らぬ子。本当の息子を探して。

事件は最高の形で収束した。
「それはただの、責任逃れではないのか。」
息子がいない、気ままな一人暮らし。
そんな理由で息子ではないと覆されては困る。

一介の母親の訴えは、権力によって掻き消される。
真実よりも評価。
成果を失態に陥れられては迷惑だ。

「息子を探して!」
「もう見つかっている!」




警察の強行。
加えて知る、
事件の真相。
全てが事実であることの落胆。
愛だけが、正義を導く。
しかし導いたことによる、その先。
希望があるようで、ないようで。

真実の闘いを、静かに力強く描く作品
疑いたくなるような事件を目の当たりにする。
アンジェリーナ・ジョリーに主演女優賞を与えるべきだった

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

クリント・イーストウッドが織り成す作品の、
高尚さ精巧さには舌を巻く。
ただ、全監督作を観たわけじゃないけど、
いつだって残酷なまでに重い話が多い。
ミリオンダラー・ベイビー』なんて、2度と観れない。
ミスティック・リバー』も俳優陣の演技を堪能できて良いんだけどね…。
できれば観るのを避けたい作品ばかり。
でも避ければどう考えても人生損する。
なかなか毎度、葛藤を強いてくる監督です。

どうしようもない手腕。
映画という限られた時間で、
人情や皮肉、腐敗や理性を正しく描く。
突かれるし、疲れる。
意義ある人生経験。

音楽をも担っているってのが、素晴らしいなぁ。



アンジェリーナ・ジョリー。
ちぇんじりんぐ
誠勝手ながら敵視している一人だけど、
主演女優賞は彼女に渡すべきだった。
もちろん『愛を読む人』のケイト・ウィンスレットを観てないから、
言うには尚早すぎるけど。
母親である彼女に、できないはずがない。
予告を観た時点で、これは「獲るな」と思ったんだけどな。

彼女が演じたクリスティンという女性。
絶望と混乱のさなか、よく立っていたと思う。
若干ネタバレになるけど、
本当の息子が見つからないうちに、
警察の粗暴に対する聴聞会。
また多くの少年を殺害したノースコット事件の裁判。
これらの結果はクリスティンにも
それなり満足のいくものだったろうけど、
何をしたって目の前に息子はいない。
自分の感情を大きく散らす人ではないから、
絶望のために無頓着になってしまったのかと思った。

よく、大切な人を殺害されたりして、
犯人に対して裁判を起こす遺族の方々がいる。
その真摯に制裁を求める姿には感銘を受けるけど、
私は「その先」がどうしても恐くてしょうがない。
裁判で勝訴して、どこまで救われるのか。
こんなこと言葉にするべきじゃないけれど、
余計なお節介で不謹慎かもしれないけれど、
一体どんな気持ちで闘い、結果は何を与えるのか。

でもクリスティンは希望だった。
息子の揺るがぬ証拠が見つかるまでは、
信じて信じて信じ通す。
息子が帰る場所を残すために。
こういう人たちは、計り知れないほど強いんだな。
つまらぬ解釈をした自分が恥ずかしかった。

アンジェリーナが特に輝いていたシーンは、
「息子」が見つかった時の演技
自然な表現で素晴らしかった。
ウォンテッド』のように銃ぶっ放して戦う女性より、ずっと良い。
それにしても『ウォンテッド』のマカヴォイが観たいなぁまた。


ジョン・マルコヴィッチ
ちぇんじりんぐ
もうちょっと活躍するのを期待してた…
や、実話に対して何を浅はかに…!って感じだけど。

しかし、カッコイイ
曲者役をこなす俳優って大好き
今回は汚職警官を訴える真っすぐな牧師だったけど。

警察の横行に気付き、クリスティンの話を信じる。
そしてすぐに、行動してくれた。
彼がいなければ、
彼女は深い陰謀の底から這い出せないままだった。
闘う勇気も与えた。支えてくれた

最凶の曲者っぷりも好きだけど、
今作のような正義漢も堪りません!
うまいなぁ
マルコヴィッチの穴』をもう一回観たい。
仮面の男』DVD買ってしまおうか?
2作ともどうにか映画レポ書き替えたい…。
ラウンダース』のロシア訛り、ステキだった。
バーン・アフター・リーディング』超絶楽しみっ!

他にもステキなキャスト!
あまり他作品での記憶がない方ばかりですが… すみませ…!

ジェフリー・ドノヴァン
ちぇんじりんぐ
どういうつもりだ、この偏屈野郎!
…と、本当に頭にくる人でしたが。
どっかで観たことあった気がしたけど、
スリーパーズ』とか『最後の恋のはじめ方』くらいしか観たことない。
もちろんどんな役立ったか定かじゃない…


マイケル・ケリー
ちぇんじりんぐ
ヤバラ刑事、良い役っ!!
急においしい展開を掻っ攫ってった役得。
警部の指示にも怯まず、
少年の発言に真実を求めて捜査した素晴らしい人物。
もちろん半信半疑ではあったけど。
他作はおそらく、一作品も観てません…。


エイミー・ライアン
ちぇんじりんぐ
クリスティンと同じく、
警察の横行によって精神病院に入れられた元娼婦。
すごく素敵な役だった
病棟に心を通わせることのできる人がいたことの安心感。
そして、弱さを知っている上での強さ。
…『その土曜日、7時58分』…記憶に乏しい…っ。
イーサン・ホークの奥さん役だったのに…っ。
『その土曜日 ~ 』はオススメします
俳優陣の演技に、撃たれた気分です。


ジェイソン・バトラー・ハーナー
ちぇんじりんぐ
ネクスト』…?『グッド・シェパード』…?
確かにどっかで観たことある記憶は…。

すげぇ耐えられんほどの凶悪犯。
何が許せないって、
罪のない少年たちを殺害しといて、
自分だけは救われたいという図々しさ。
死刑にしてしまえ!と思うのは、
彼が少年たちを殺す感情と同じなのか、否か。
少なくとも、悪質で陰湿で非道であることは確か。
重たい罰をくらうのが当然。

何を思って、手を汚すのか。
何を思って、軽率に振る舞うのか。
歪んだその笑顔と受け答えが許せない。

そんな人物を迫真の演技で魅せる!!
アカデミー賞がよく、悪役を好んで称賛するのもわからなくない。
だって普通「無い」精神、
もしくはあっても「過度」な精神は、
演技に入りきれば入りきるほど俳優の心理状態も圧迫させると思う。
解釈を重ねるほど自分が崩壊しそう。
悪役ほど「演じ」れば嘘くさくなるものはないし。

本当に最低な人間だった。
「誰か祈ってくれ!」って、誰が祈るか。
意図して罪を被った人を救う必要があるのか?
人間誰もが平等というけど、
平等な命に不平等な行いをしたのは誰だ?

少年たちの演技も素晴らしかった。
名前を正確に上げるのが難しい…。
大きくなってもその才能を磨いてくれたらな。
頑張って私も、忘れないようにしよう。


ドラマチックじゃない。
けして映像技術や演出、音楽で飾り立てない。
だからこそ、ゆっくり怒りと悲しみを噛み締める。

1928年のレトロ感を巧妙に出していたし、
不服のない完成度
実話には、やはり勝てない。


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





コメ&TBありがとうございます~^^

早くも今年最高の一本になるかもしれないこの作品なんですけど、次は『グラン・トリノ』が控えてますよね。
試写を観た知人によるとかなり面白かったとのこと。その方は映画関係のテレビ番組を作って人間なので、こりゃまた期待できそうだなと思ってます^^
【2009/03/15 03:38】 URL | KLY #5spKqTaY[ 編集]

アンジーは大好きで彼女が出演してるだけで無条件に見てますが、
監督らしい作品で今の彼女にふさわしい役って気がしました。
予告を見たときは権力との戦いだけと思ってましたが
裏に凶悪事件が隠れてたのは予想外でした。
これが実話と言うのは恐ろしい限りです。
そしてこの時代の女性ってやっぱり凄い差別されてたんですよね。
ラストは切ないけど母と言うのはここまで強くなれるんですね。
【2009/03/15 09:40】 URL | 夢眠 #xNtCea2Y[ 編集]

>>KLY さん

コメントありがとうございます!

映画関係の方でお知り合いがいるんですね~。
羨ましいです!!!

『グラン・トリノ』、気になりますね。
やはり重たい雰囲気も漂いますが、
頑張って観ようかと思います。
【2009/03/15 18:21】 URL | なるは #-[ 編集]

>>夢眠 さん

コメントありがとうございます!

>予告を見たときは権力との戦いだけと思ってましたが
 裏に凶悪事件が隠れてたのは予想外でした。
私もです。
二重にも三重にも、
罪が重なった最悪の事件だったと思います。
恐いですね、こういう時代があったことが。
今だってもしかしたら、
ないとは言い切れないかも知れませんし。
【2009/03/15 18:23】 URL | なるは #-[ 編集]

映画が好きな人には勧められる作品ですね。
内容が陰湿だというのに、これだけ多くの人に勧められる作品も少ないでしょうね。
ドス黒いモノと煌めく母性が無理なく描かれていてよかったですね!
【2009/03/15 19:38】 URL | クマノス #VFkxEMUo[ 編集]

>>クマノス さん

コメントありがとうございます!!

そうですね~。
人によってそうそう評価のぶれない作品だと思います。

確かに陰湿でした。
でもただただ黒い作品ではなく、
内容が伴っていたから秀作でした。
【2009/03/15 20:04】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



「チェンジリング」、観ました。 子供を誘拐されたシングルマザーの身に起る、戦慄すべき実話を巨匠クリント・イーストウッド。主演はア... クマの巣【2009/03/15 19:38】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 陽面着陸計画, All rights reserved.