ADMIN TITLE LIST      
【陽面着陸計画】映画知ろうとレポ!今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
落ちぶれ弁護士のリベンジ。

とぅるー・びりーばー

トゥルー・ビリーヴァー』を観た!

珊瑚さんプレゼンツ★
ロバート・ダウニー・Jr祭、第21段!!
前夜祭 第1段 第2段 第3段 第4段 第5段 第6段 第7段
第8段 第9段 第10段 第11段 特別祭 第12段 第13段 第14段
第15段 第16段 第17段 第18段 第19段 第20段 第20.5段 感謝祭


麻薬売人の弁護で生活を続けていた、
弁護士エディ(ジェームズ・ウッズ)。
次なる依頼人は、
中華街で銃殺した容疑で投獄された韓国人。
助手のロジャー(ロバダニ)と、真実を追い求め奔走する!!

これがどうしてなかなか。おもしろい!
法廷での論争では尤もな証拠を語るシーンが少ないため、
若干リアリティに欠ける分はあったけれど…
なかなか展開のよろしい、熱い作品!

彼は無実なのか、否か。

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

この映画、どこで観た評価だか忘れたけど、
★★☆☆☆くらいの低い評価で、
ちょっと酷いデキだったらどうしよう…と心配してました

なんのなんの!!
1988年の作品なので古めですが、
なんのなんの!!
冒頭の方で、思わず製作年を調べてしまうほどの
乱闘シーンなんかもあります


中華街の殺人事件から映画は始まる。
中国人や韓国人を絡める作品は、
時折ものすごく安い映画になりがちですが、
その不安もすぐさま取り除いてくれます
もちろん最後まで気は抜けなかったけど…


そしてロバダニの初登場シーン
画像がなくて残念だけど、
いっぱい荷物抱えて
憧れのエディ弁護士に助手として雇ってもらおうと訪ねる。
とぅるー・びりーばー
弁護士のヒヨコだけど、
役に立つしよく動くから好感度高いキャラ
最初は相性悪いって設定かと思ったけど、
いつのまにかすっかり打ち解けて、
とぅるー・びりーばー
ロバダニ、信頼の眼差しvv
なかなかの良いコンビ


不当な捜査から人権問題に絡めて弁護を務めるエディ。
普段は麻薬のディーラーを救ってきたけど、
ロバダニからの助言もあり、殺人容疑の韓国人と面会。
彼に会い、
自分の弁護士としての希望と、「無実」を信じた。

中華街射殺事件の真相や、いかに!
真実が気なって気になって仕方がない。
それでいて、結末にも拍子抜けしない Σ
それなりしっかり作られた内容でした!!



あっちがこうなって、
こっちはこうなって…???
あの時の伏線が、こっちに意外や繋がって?
存外、満足する作品

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

よい。今作のロバダニも良い。

新米弁護士っていう熱いハートを持ちながら、
結構冷静に行動できて足を引っ張らない。
唯一気になるのは、茶色いぶち眼鏡くらい(笑)
タバコも吸わんし、思えば恋愛要素もない!
この映画が視点からずれないのは、
恋愛が混じってうだうだぐぢぐぢしないからなのかも。

今作も、やはりロバダニは若いながらも、
自由な演技を魅せてくれるなーと。
ガツガツ走り回るようなシーンはなかったけど、
細かな動きにその身体能力が見える

例えばさっき言った、荷物をたくさん持ってるシーン。
いくつも大きなバッグやトランクを抱えて、
エディを追うのは、なかなか動くの難しいと思う。
あと、エディのタバコの煙を仰いで払う時の表情とか。
憧れのエディの弁論に、尊敬の眼を向けるとか。
台詞にはない、内面的なものを出してました
ま。それはいつもながらのことだけど  さすがロバダニ!

けど今作は、あることが頭をよぎる。


ロバダニ、白雪姫???

白雪姫の美しいとされる特徴をあげてみよう。
黒い髪雪のような白い肌薔薇のような唇
え~っとロバダニは…
黒い眉白い肌真っ赤な唇。
完全に一致だ!!!

今はそうでもないけど、
若い頃はまっちろくて、唇がとっても健康的な赤で、
ちっちゃい子みたいっていうか、
そんじょそこらの女よりキレイっていうか
実はカッコイイ男!っていう印象は低めなんだけどね…
現在のロバダニは男らしい上かわいいけど!

とぅるー・びりーばー

さて、主演を務めたジェームズ・ウッズですが。
何気色んな有名な作品に出てるんですよね~。

で、今日なんとなくおもむろにある予告を観たのですが…
ジェームズ・ウッズとロバダニって、
チャーリー』と合わせて2度共演!!?
でもちょっとだけだけどね、『チャーリー』では。
てか『チャーリー』でも弁護士やってたな、ジェームズ。

今作のジェームズはなかなか見どころある役で、
観ていて幾度も「あっ、うまいな~」って時がありました! なにさま。


私、ジェームズって、
パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズでバルボッサ役の
ジェフリー・ラッシュと物凄いかぶる…
ちゃんと調べ直して確認しないと、
同一人物だと思っちゃってた


監督はジョセフ・ルーベンって人。
ウェズリー・スナイプス主演『マネートレイン』くらいしか知らん。
第一、Yahoo!映画には『トゥルー・ビリーヴァー』が登録されてないんだよね…

『マネートレイン』っておもしろいイメージがあったけど、
今観たらそうでもないのかもしれない…。
けどなんつったって、
アメリカを売った男』のクリス・クーパーが放火魔だからね
『アメリカを売った男』をもう一回観たい!!


なかなか、サスペンスらしい映画!
こういうちょっとした掘り出し物に出会うと充実するなぁ


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





Geoffrey Rushとものすごい
かぶるって共感ですw
ずっとそう思ってました;)

チャーリーみたときも
あああ似てる~とか思いました^^



【2009/03/22 17:40】 URL | anna #-[ 編集]

>>anna さん

コメントありがとうございます!

ああ良かったです!
時々こうして俳優の顔が混同してしまうことがあるんですよね。
酷い時には似ていないのにイメージがかぶって間違えたり…。
まだあまり映画を観ていない頃は、
アンソニー・ホプキンス、ジョン・ボイド、
ジーン・ハックマン、デニス・ホッパーらへんが
完全に混同していました;;;

私も『チャーリー』の時、
間違えて認識していたっぽいです…。
【2009/03/22 22:16】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.