ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バンク・ロンダリング。

ざ・ばんく
パンフレット700円。なかなか良いデキ。
今回だけたまたまか、ビニール入りでした。


ザ・バンク』を観た!!

実在した銀行:BCCI。
本作はオリジナル脚本であるが、舞台はあった。
銀行という名目を表にしながら、
裏ではマネーロンダリング(資金洗浄)を請け負った。
銀行戦場。
証拠を上げて、正義を掲げろ。

うん。好きだ

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

たまりません。
こういう映画。


銀行の裏っ側。
法も政治も他国も隠れ蓑にして、
世界の地にじわじわと根を張る。
資金の上での支配。
銀行という名の資金源。
独裁者、テロリストの供給者。

インターポール:サリンジャー捜査官(クライヴ・オーウェン)。
長年銀行界の不正の証拠を暴くために
証拠を求めて駆け回るが、つぶさにつぶされる。
善い顔をしてのうのうとそびえ立つBCCIに、正義を懸ける
嘘まみれの紛いまみれの、
不当な銀行の正体を明かせ。


映画は冒頭から恐い雰囲気。
眼に見えない強大な権力が、
確実に「真実」を潰しにくる恐怖。
汚染された社会。
その力に敵うのか。



知的な社会派サスペンスながら、
スピーディな展開観応えある銃撃戦
ラストは腑に落ちないというか、それが真実というか。
オススメ!!

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

いつだかのSCREENで、小さく紹介されていた今作。
まだ原題しか出てない頃だったけど、
もう、あらすじに負けました

巨大プライベート・バンクの陰謀を暴き、
国際情勢の裏に潜む闇を描くクライム・サスペンス。


観る決定!!!
して、観て正解!

なんつっても、展開力
安易じゃないから、脳内がほどよく活性化。
観終わった後の充実感がたまらない。
特に弾道を追うシーンとか、テンション上がった!
あと金属探知機からのひらめきとか。
キャラクターが頭良い人ばかりだから、
「なるほど!」がいっぱい。
しかもキャラクターが気づいても、それをすぐに明かさない。
観客に考える間を与えるから、
観る方も「え!?なになに!?」と考える。


あと映像
ちょっと時折CGが強い気もしないでもないけど、
でもうまかった
本当、あの銃撃戦は色んな意味も相俟って心臓バクバク

そんで極め付け音楽がイイときた!!


これらの理由は、あっさり解消されました。

パフューム』の監督じゃんか!!!
撮影も美術も音楽も、『パフューム』じゃんか!!

や 雰囲気結構違うんだけどね!!!
トム・ティクヴァ監督作品は『パフューム』しか観てないから、
他にどんな作品を作ってるのかわからないけど。

もう何度も言うようですが、
『パフューム』超絶オススメです!!
なんかあの世界観、たまりません。
あまりに壮大で、映画に呑まれます。

しかも『パフューム』って、
そのトム監督が脚本もやっときながら、
『ザ・バンク』でも組んだジョニー・クリメック
ラインホルト・ハイルって人と一緒に、
すんばらしい音楽を描きあげてしまっています!!

『パフューム』の曲調からは、
あまり想像できない旋律だったかな『ザ・バンク』。
弦楽器の使い方はステキだけど。
『パフューム』はサントラも要チェックです。崇高です

※ところで、『パフューム』で怪演したベン・ウィショー
今作でもハイパーちょろっと出てませんでした…??
朝早く出勤するサリンジャーに付き合って(?)出社した、
下っ端の社員的な感じの役で…気のせいかなぁ。



では、キャスト参りましょう。


まず主演のクレイヴ・オーウェン。
ざ・ばんく
私的にムサイ系に入るクレイヴは、
ジェラルド・バトラーと同じ分類にあたり、
ゾッコン★ラヴにはなりにくい俳優ですが…。

なんていうか、眼力?
彼の前で絶対嘘をつけない。そういう眼ですよね。
わりと最近『トゥモロー・ワールド』を観たために、
今作も何かとんでもないことが起こるんじゃないかと恐怖感を拭えなかった。

過剰な演技をしてこないから、
朴訥ながらも圧しがある演技!


ナオミ・ワッツ
ざ・ばんく
好き。透き通るキレイさだから。

でもちょっと老けたかな~ってのを感じて止まない…。
あれですよね、彼女、
ディファイアンス』にも出たリーヴ・シュライバーと結婚してますよね?
すっげ~ステキな夫妻なんですけど~っ

リーヴくん繋がりで。
今作の銃撃戦シーンを撮った(正確にはセットだけど…)、
螺旋デザインの美術館。
あれってイーサン・ホーク主演、リーヴくん共演、
ハムレット』でも同じ場所使われてたよね~。
この作品も、なかなか好きだったりする
このあとイーサン・ホーク繋がりな話もあります。


さてさてさて。
今作私の心を射止めたのは、この方。

ざ・ばんく
ブライアン・F・オバーン

最初嫌いでした。
絶対強くて、恐い殺し屋だと思ったから…。
ざ・ばんく

でも殺し屋っぽくない雰囲気は、
ナイスキャスティングだな~っと思ってました。

しかし、例の銃撃戦ね鼻血たりーん

なん!?え!!??なんで!!??

一人大パニックで、テンションあがりまくりでした
軟体動物になりかけました
これは請うご期待です。
このためだけに観に行っても良いです。


そうそう、さきほどの、イーサン・ホーク繋がり。
ブライアンはまたしても、初めましてではありませんでした
そう、『ミリオンダラー・ベイビー』が初めましてなんですが…
その土曜日、7時58分』にも出てるじゃないか!
えっ どこどこどこだっけ!!??






ざ・ばんく
いたぁ!!(笑)

あの役はテンション高かったな…。


ヒョロちょいやつが殺し屋とか、
意外な行動をとるとか、
ギャップに大層弱い私でした
例:『リボルバー』のソーターくん(マーク・ストロング


またまた長くなっちゃった…。

やぁ絶対観た方がいいです!
総体的にレベル高い感じです。

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





テレビCM観て、「ふーん」という感じでそこまで興味持っていなかったのですが、
おすすめとのことなのでかなり観たくなってきました。
クライヴ・オーウェンは銃構える様が画になりますよねー。
あまりお好きじゃないかもしれませんが・・
パンフレットもカッコイイですね。
【2009/04/11 06:52】 URL | Dr.Dちゃん #-[ 編集]

>>Dr.Dちゃん さん

コメントありがとうございます!

日本版の予告も悪くないですが、
「堕ちた巨像」とか、くっさいセリフを吐くから
つまらなそうに感じるんですょね~。
あ、Dr.Dちゃんさんはオリジナル予告を観られたのなら話は別ですが…。

銃が似合いますね。
ただ持ってるっていうより、
構えてるって雰囲気が自然に出ますし(^O^)
好みではないですが、かっこよさはよくよくわかりますっ!!

こういう系統の作品が好きであれば、ぜひ!!
【2009/04/11 12:38】 URL | なるは #-[ 編集]

おお~、高評価ですね!

迷いつつもスルーしてました。
クライヴ・オーウェンが苦手なので…。
『デュプリシティ』は観ますけど。

本当言うと、ヤフーのレビューで、
「ストーリーと、アクションの場面がチグハグだ」と書かれてたのが、
気になったのです。
人の意見にすぐ左右されてしまいます。
まだ迷うなあ。
【2009/04/11 22:13】 URL | ケン #-[ 編集]

>>ケン さん

コメントありがとうございます!!

観るにあたって、レビューは確かに気になりますよね。
>「ストーリーと、アクションの場面がチグハグだ」
私はストーリーもしっかりしてて、
アクションもあって…と得した気分で観てました(笑)
『フィクサー』にアクションとエンターテイメントが加わったような、
そんな作品だったように思います。
や…ちょっと過言かもしれないですけど…。

それなり知的な展開で考えさせられて、
且つアクションもなかなか演出がオツで…
大いに期待して観にいくと
もしかした拍子抜けするかもしれませんが、
(私は大いに期待して観に行きましたが…)
観に行って損はないと思います!!
…おも…思います…きっと。
私もクライヴに触角動かない人間ですが…。
【2009/04/11 22:29】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。