ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


17歳。大人びと子供心。

ちゃーりー・ばーとれっと
デザインはかわいんだけど、写真は少ないし、
ページ数少ないし、ロバダニ写真小さいし…で、600円は高いかな。


チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』を観た!!

ロバート・ダウニー・Jr特別祭第2段!
前夜祭 第1段 第2段 第3段 第4段 第5段 第6段
第7段 第8段 第9段 第10段 第11段 特別祭第1段 第12段
第13段 第14段 第15段 第16段 第17段 第18段 第19段
第20段 第20.5段 感謝祭 第21段 第22段 特別祭第1段(改)


男子トイレ相談室……―――
そこには転入生チャーリー・バートレットが、
あなたの相談にのります。処方もします。

オリジナリティのある脚本で、
かつ人間関係や展開が実に丁寧に描かれてる。
うわさには聞いてたけど、良い映画!

というか、涙・涙・涙 ま、その理由はまたあとで。

単館上映です。
みんなで観て、拡大上映を手伝いましょう!

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

こーちょーせんせっ
ちゃーりー・ばーとれっと
おはよーございますっっ

ガーデナー校長:「おお、なるはくん、おはよう。今日も元気だね。」
なるは:「はい先生!先生の顔を毎朝拝めたら、死んでも良いです!」
ガーデナー校長:「死んだら毎朝どころか、元気も糞もないぞ、なるはくん!」
なるは:「やだ、私ったら!でもそれくらいの勢いで、先生が大好きです!」
ガーデナー校長:「返答は、君が卒業してからで良いかな、なるはくん。」
なるは:「もちろんです!先生っ!  ウヘヘッ」

ジャジャ―――ン。終幕。
寸劇でした。
ご来場ありがとうございました。


あ、映画レポあります!帰らないでください!

チャーリー・バートレット(アントン・イェルチャン)は、
17歳の超セレブな高校生。
有名な私立高校に通うも、退学歴が連なる…。
頭がすこぶる悪いのか…。
いやいや、頭脳明晰だから困っちゃう。
ついには地元の公立高校へ転入することに。

学校で密かに巻き起こす、
チャーリーの斬新で賢いビジネスとは!?


冒頭はとっかかりにくい作品かと思うけど、
物語が進むにつれて
人間関係がスルスルと作り上げられていく。
ちゃんと段取りを踏んで、着実に。
そして、訪れる転機



ゆっくり。少しずつ。
自分を開けば、きっと答えがある。

もうどんどん、キャラクターの人間像が深まります

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------
! 以下ネタバレあり !





ろ~ば~だ~に~ぃっ
そう無性に声を上げたくなる作品です。


いやホント、
最初はなんかよくわからん方向に進むんだな
でも、それがあってこその展開なんだな。

チャーリーは馬鹿じゃないんだもん。
勉強もできて、金持ちをおごったりしない。
ビジネスの観点が鋭い。

でも、彼はそれが悪いことだと知っていた。

それでも人気者になりたかった。
みんから愛される存在になりたかった。

でも何で?

一躍、彼の発案したビジネスで、
彼の存在は学校中に広まる。
そして注目を浴び、誰もが彼に頼るようになった。

で、彼は何を得たのか。

残ったのは、すっからかんの人気だけ。
彼はうっすら気づいていた。
欲しかったものを手に入れても、
なんだか足りていない。
多くの友人に助言をし、感謝されたのに。

自分がなんだかわからない。

彼の抱える問題は根が深い。
でも、解決策は実は自分がみんなにしてあげたこと。
そしてそれは人に頼らずも、
きっと自分自身で解決できるもの。

------

専門家でもないのに、
薬を勝手に処方した。
薬に頼るなんて、10代がよく考えることだ。

校長先生、それは経験から言ってるんじゃないですか?
ちゃーりー・ばーとれっと
「……確かに私も薬をやっていた。」

い いいい 言わせた――っっ!!!
ロバダニにそのセリフを言わせたな――っっ!!?

もう、大泣きです

あくまで…あくまで私の想像の範囲ですけども。
でもロバダニが、後悔してないはずがない。
どこまでも、どこまでもキャラクターを掘り下げて演じるロバダニ。
当然自分に重ねて、リアルな感情を引き出したに違いない。
彼にとって、その過去は引け目になっていると思う。
そりゃカメラが回れば
自信に満ちあふれた素晴らしい演技を魅せるよ。
正真正銘のプロなんだから

でもこの間のアカデミー賞授賞式とかさ、
司会やプレゼンターに何か振られるたびに、
微妙な緊張感が表情に出てたよね??

「(何を言われるだろうか。)」
瞬時に警戒する顔が伺える。
絶対彼は繊細な人だから。

どんなスターも人間だから、
弱みやコンプレックスはある。
でも、自信満々で振舞うのがプロ
それが真のスターであるが所以。

けどさ。
自分のコンプレックスって、
あえて他人から触れられなくてもわかってるよね。
むしろわかってるんだから、外からは接触してほしくない。

彼はそれを、言葉にしました

でもそれこそが、
この映画の「答え」への一歩でもあります。



まぁこういった役柄ってのは、
何も今作だけに限ったことじゃないんだけどね…。
克服した後も、何かと麻薬がらみの作品に出てるし。
トロピック・サンダー』なんて助言をするシーンがあるけど、
あのシーンも私は終始胸が締め付けられる…。
ただカーク・ラザラスというかオサイラス軍曹は
麻薬はやってないので引け目は一切表面に出してないけど。
さすが、ロバダニ


…で、まぁこれらは結局、
ガーデナー校長ではなく、ロバダニに対しての共感。 だね…

ガーデナー校長にも、もちろん共感です。
共感っていうと自分が経験あるみたいだけど、
実際には娘持った父親になったことありませんからね…。 あたりめーだ。
ロバダニの表現力により、感情を強制挿入されました。

今作のロバダニの役は、
ちゃーりー・ばーとれっと
校長先生であり、
ちゃーりー・ばーとれっと
父親でもある。

チョゲツ最高な設定なんですけど!!
思い返せばロバダニ祭20段を越えてますが、
教師役はともかく、父親役ってありましたっけ???
あ~…『恋の闇 愛の光』で確か父親になったか…。
でも子供の教育に悩むようなことはなかったよなぁ。

学校の先生ってのも含め、
父親役なんてとっても新鮮で鼻血でした鼻血たりーん
たいてい、反面教師的な役が多いからね。

もちろん学校教育というものに熱心だったけど、
本人は色んなストレスからアル中なんだけどね。
ロバダニ自身はお酒は断ったらしいよね。
タバコは止められんらしいけど。 体に悪いから、止めてほしいなぁ。
アル中の役…スゲウマ

校長としての姿と、
父親としての姿
自分の娘のためにも良しとしてやったことが、
なんだかうまくいかない。
チャーリー・バートレットが現れてからは尚のこと。

ちゃーりー・ばーとれっと
プールサイドでの発狂は本当に怖かった あ、ヤバイ。
この時はロバダニの役に圧倒されて、
チャーリー目線になってしまって、
彼が銃の引き金を引くたび飛び上るほどビビった Σ

ブツブツ言って今にも自殺するか…!?
っていう緊張感。
比較的ゆるゆると進んでいた映画だったので、
突然の状況に私もパニック

次第に心を通わせるようになる、二人。
ちゃーりー・ばーとれっと
この二人の関係も、すごく上手に描いてました

チャーリーもついに、
心のわだかまりに気づき、
一つ大人になったのです。
心にためていたものが、ようやく発散されて。

そして、娘の舞台を一緒に観に行く。
この時の、感動するロバダニに感動だよ…!


みんな心の清算を終えたのです
うん。お上手お上手な脚本。

出てくるキャラクターが結構親近感ある人ばかりで、
いるよな~こうゆう人ってのがほとんど。
それぞれの悩みや壁を、
それぞれが立ち向かってく。
そうしたハートフルな作品でした!

観て損はないと思います!

それにしても…
ロバダニが先生であり、
父親であるなんて…シュチュエーション燃えです!

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





あはははは!

>ろ~ば~だ~に~ぃっ

これツボです。でも解る解る~。
私の場合は「だうにぃぃぃぃぃぃ」でしたけど。(笑)

脚本が良く練れてまとまりが良い作品でしたよね。
ところでスーザンて真っ白な顔に真っ赤なルージュ
がえらいこと目立つと思いませんでしたか?^^;

【2009/04/12 04:11】 URL | KLY #5spKqTaY[ 編集]

>>KLY さん

コメントありがとうございます!

スーザンのインパクトは強いですよね。
前にどっかで観たなぁと思ったら、
エドワード・ノートンの『ダウン・イン・ザ・バレー』でした。
あんまりこの映画好きじゃないですけど。

『ぴあ』見ました!
すごいですね!紹介されていましたね!!
そんな方とコメントを交わせているのは
大変ありがたいです!!!

私も頑張ろうと思います…!!
【2009/04/13 23:37】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。