ADMIN TITLE LIST      
【陽面着陸計画】映画知ろうとレポ!今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
底なしの。

すらむどっぐ$みりおねあ

スラムドッグ$ミリオネア』を観た!!!

生きて。学んで。生きて。
スラムドッグが、大地を駆ける。
それが、僕らの運命。

本年度アカデミー賞、大正解!!!

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

ゴールデン・グローブでも、アカデミーでも作品賞!?
正直疑いました。
なにこの、スラムドッグ旋風は。



予告観て、わかりました。
これは、スゴいのキちゃったんじゃないの。
底に頬をこすりつけた暗~ぁい映画『ノーカントリー』とは対極の、
底なしの、活力。
多くの人が観て、多くの人が頷く。
「よく作りました」票の、意外性はいらない。

このご時世に、
すらむどっぐ$みりおねあ
『スラムドッグ$ミリオネア』、愛を答えます。

アカデミー賞だけで言うと、
監督賞、脚色賞、作曲賞、編集賞、
撮影賞、録音賞、主題歌賞受賞

驚異の、且つ、納得8部門受賞
オスカー像前評判をけして裏切らない


ダニー・ボイルは、私の好きな監督の一人。
…と、言いつつも、
過去に観た作品は『トレインスポッティング』、
ザ・ビーチ』、『サンシャイン2057』の3作のみ…。
ブラック・ユーモアの利いた作品…
それは無難に言葉を選んだ場合。
私はハッキリ『ザ・ビーチ』で申してしまいました。
「とことん毒のある監督」と。
『サンシャイン2057』では、監督をイヂワル呼ばわり。
結構描写が恐いんですよ、ダニー監督は。
ホラーとか苦手な私には、特に。
でも、映像が美しい
そして人間の、深いところを掘り返す
だから、絶対一口に「嫌い」と言えない。
むしろ、クセになる。

だから『スラムドッグ ~ 』も
映像面や人間描写面では期待してたけど、
きっと毒があるんだろうな~とちょっぴり心配に

否、毒抜けました
毒離(ドクリ)つしました。
もちろん、安易に一筋縄ではいかないですよ。
そこは、やっぱりダニー監督の良さでもあるから。

そして、爽快な映像。編集。
絶妙なタイミングで繰り出す、インド調音楽。
ハリウッドで名をはせるには遠かった、無名の名優たち
あらゆる挑戦的な選択が受賞を導いた。

すらむどっぐ$みりおねあ
生きる術が、答え。
生活の知恵こそ尊い。
誰に教えられるでもない。
自分の足で大地を駆けた。
自分の眼で瞬間を見定めた。


眼に見えない圧力にかかり、
手の届かない環境に振り回されない。
スラムという底だからこそ、溺れない。
すらむどっぐ$みりおねあ
勝ち取るのは、多くを走り回った彼ら。
底なしの、生命。


文句なし。
これぞ映画。
すらむどっぐ$みりおねあ
鬱屈した社会でもがく私たちの、ファイナルアンサー。


言葉の限界です。
もう観るより他ないです。

-------

と、いうわけで。

すらむどっぐ$みりおねあ
サントラ買いました。
迷いようありません。
即行、「あ~っ買うわ。」でした(笑)
ブッ飛んでます。
底なしの、情熱です。

たぶん、ほとんどの人が観終わって購入を考えるでしょう。
手を出しちゃって後悔しないですよ!

---追記---

夢のもののふ:ケンさん
コメントに問題提議してくださいました!
映画の熱風に晒されて、
スッカリ抜けてしまっていた点でした
改めて、追記として書き殴りたいと思います!
→ケンさんの『スラムドッグ$ミリオネア』の記事はコチラ


Q.彼はなぜ、ミリオネアになれたのか。
A/インチキだった。
B/ついていた。
C/天才だった。

D/運命だった。


この映画では、予告でも周知のとおり『D』が答えです。

運命だった。

うーん。確かにこの答えは腑に落ちない…?
でもこの映画が「運命」って言ってるんだから、
それはまたそれで素敵なんじゃないかな、とか。

「運命」は、好きですか?
この言葉を遣うのは好きですか?
遣い方によって、解釈さまざまですよね。

「私の人生、これが運命なの。」
これを卑屈な言い方で口にするなら、
運命なんて切り開くものだ!!!って
喝を入れたくなりますよね。

自分の運命だなんて思って諦めたくない。
そういう時は、運命って言葉は信じたくない。
だから努力して流れを変えてく。
もし運命というものがあるなら、ぶち壊してく。

しかし、運命としか言いようのないこともありません?

例えば、私がもし場所も時代も違うトコロで生まれたとしたら。
生まれてすぐ、戦争に巻き込まれて死んだり。
もしくは母体が流産してしまって、死んだり。
これって何だろう?
運命?
切り開くも何も、不可効力ですよね。
決まっていないなら、偶然??
運命と偶然の差ってどこにあるんだろう。
一応、選択肢として、
DとBに分かれてるので別物なんでしょう。

ベンジャミン・バトン』の映画にも、そんなシーンありましたよね。
あらゆる「たまたま(偶然)」が重なって、
ある人の人生が大きく変わる。
偶然なんだか、運命なんだかさっぱり…。

ただ一つ言えること。
今作の主人公たちのこと。

彼らは、インドのスラム街に生まれた。
あらゆる不可抗力に見舞われて、走りまくった。
生きるために、あらゆる経験をして知った。

運命を切り開くのは、努力とか気持ち。
彼らは努力というより、生きるための術だった。
努力して、稼ぐぞ!というより、
腹減った、稼ぐぞ!という感じ。
努力という以前に、そうするしかないという。
それが導いたミリオネアなら、「運命」もアリかなって。

要は、前向きの「運命」が大好きです(私が)。

「双子座、今日はイイ日だって占いで言ってた!」
信じちゃおう。
「双子座、今日はサイアクの日だって占いで言ってた…」
信じるもんか。

そのくらいの。
気の持ちようで、「運命」は変わる。

「これが僕らの運命だ。」
それもいい。
説明はできないけど、運命なんだ!!


すらむどっぐ$みりおねあ
運命って言葉を信じて、
遣ったのはジャマールだからね。
この映画の答えであっても、全然良いと思います。


私も、前向きな「運命」を、
いつか言葉に遣いたい。



とか…なんとか。
ケンさん、質問の答えになってます…???


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





こんばんは。
昨晩のチャットでは、酔って醜態をさらしてしまい、
大変御迷惑をおかけしました。
あと、またTBが飛ばないようです。

あるブログでこの作品の映像表現を、
「スラムのゴミ溜めがまるで宝石箱のように見える」
と書かれていて、感心しました。
映像も音楽も斬新で、すばらしかったですね。

ただボクは、冒頭の例のクイズの解答が、
どうしても納得できなくて。
なるはさんとしては、どう感じられましたか?
【2009/04/26 22:23】 URL | ケン #-[ 編集]

>>ケン さん

コメントありがとうございます!

昨晩のチャットでは、
途中でケンさんとの交信が途絶えてしまったのが
残念でしたが…(笑)楽しかったですね♪

TBもう一度やってみます…。

>ただボクは、冒頭の例のクイズの解答が、
 どうしても納得できなくて。
興奮しすぎて、すっかり抜けてました。
追記で書こうと思います!ありがとうございます!!
【2009/04/26 23:31】 URL | なるは #-[ 編集]

こんばんは~^^

コメありがとうございます。
冒頭のシーンで完璧に持って行かれたKLYです。(笑)実は今アカデミー賞ノミネート作品を次々観ているところです。
正直いうと8部門は取りすぎかなと思っていましたが、他を観るとだんだんと、ああこの作品が獲るのも当然かなと思ってきています。

サントラ買ったんですね!私も買わなきゃ!(笑)
【2009/04/27 00:06】 URL | KLY #5spKqTaY[ 編集]

>>KLY さん

コメントありがとうございます!

KLYさんの早さには追いつけそうにないですが、
私も今年のノミネート作品は全部観たいです!

『ロード・オブ・ザ・リング』の多部門受賞より、
かなり納得がいくような気がします。

今年度のノミネート作品は、
(きっと)好みの作品が多いので
どれが受賞しても納得がいくものだとは思いますが、
『スラムドッグ~』で全然満足してます。

サントラ良かったですよ!
さっきっからエンドレスリピートです(笑)
【2009/04/27 00:19】 URL | なるは #-[ 編集]

運命と一言で言っても、いろんな意味で用いられますよね。
本作で、主人公とヒロインは幼い時から離れ離れになってしまいますが、それでも再開を果たしたり、すぐに引き離されたりと続きながらも、最後は一緒になります。
そういった意味で、これは自分で切り開いていく運命よりも、天の采配といえるような運命だったのではないでしょうかね。
【2009/04/27 09:56】 URL | まりっぺ #0yH6XFtE[ 編集]

>>まりっぺ さん

コメントありがとうございます!!

>天の采配といえるような運命
そうですよね、今作の運命とはそんなんだったと思います。
それが運まかせでもなく、
なりゆきでもない。
すごく前向きな運命でした!!v-352
【2009/04/27 22:34】 URL | なるは #-[ 編集]

何気ないコメントに、わざわざ追記で答えてくださり、
ありがとうございます!
リンクも嬉しいです。

たしかにボクは、選択肢「B」と「D」の違いをよく考えていませんでした。
苦境を自分で切り抜けて行こうとする、
その心のあり方こそが、「運命」。
そういう解釈もあるのかと、目からウロコが落ちました。
「運命」という言葉の響きの甘さに、
ボクは気を取られすぎたかもしれません。
【2009/04/27 23:25】 URL | ケン #-[ 編集]

こんばんわ~

サントラ欲しい!いいな~
アマゾン屋さんに注文しちゃおうかな…

レビューはまだ書いてないんですが、映像も話も音楽も、心に、というよりは「お腹に」響くような映画だと思いました。圧倒的な破壊力。


ここ最近のアカデミー賞って、面白い事は面白いんだけど、賞を貰う程かしら、と思ってたんですが、これは納得、そりゃ賞貰うわ~、と久々に感心しました。
【2009/04/29 00:15】 URL | 赤川広幸 #MEVyewZM[ 編集]

こんばんわ!

この映画、本当にエネルギーバクハツしてますよね。
理屈じゃなく、感情に直接訴えかけてくれるこの映画は
僕の好みにストライクしました。

あ、同じくサントラほしい笑。

それと、いつぞやのチャットではありがとうございました!
また、フラっと開催したときにでも、構ってくれると嬉しいです!
【2009/04/29 01:38】 URL | 炭酸 #-[ 編集]

>>ケン さん

>選択肢「B」と「D」の違いをよく考えていませんでした
私もケンさんに言われるまで、
『D』が答え!としか考えていなかったので、
よく考えれば『B』と『D』の違いって…?に気づけました。
『C』の天才も、天賦の才に恵まれた運命??
なんか、この選択肢の区別がつきません…。
『A』以外同じなんじゃないか…と。

でも『D』が答え!
運命だったんだーーっ!という前向きな作品だからこそ、
それが一貫していて良かったんじゃないかなと思いますv-352
【2009/04/29 20:56】 URL | なるは #-[ 編集]

>>赤川 さん

コメントありがとうございます!!

>映像も話も音楽も、心に、というよりは
 「お腹に」響くような映画だと思いました。
 圧倒的な破壊力。
ですよね!!『お腹に』が納得。
心に訴えるより、体に訴えてくる作品でした。
生きる活力でした!!

最近の作品、確かに悪くないけど、
そして観てみる価値は確かにあるけれど、
でも賞に値するかと言ったら過言ですよね。
でも『スラムドッグ ~ 』の受賞は、
うんうんとうなずけるものでした!!

サントラもいいですよ!
それこそ体に訴えくる熱い音楽で!
映画が蘇ります!
【2009/04/29 20:59】 URL | なるは #-[ 編集]

>>炭酸 さん

コメントありがとうございます!

>理屈じゃなく、感情に直接訴えかけてくれる
そうなんですよね!
この作品は理屈じゃない。
変に読み解こうとする作品でもないなーと思いました。

イイ。この作品は、イイ!
感想はそれだけでも足りるような気がします。

サントラも本当、良いですよ!
ハリー・グレクソン・ウィリアムズみたいな、
疾走感もあります(笑)

チャット楽しかったです!
いつも場所提供、ありがとうございます!
これからも開催されるようなら
図々しく参加させていただきますね!!
【2009/04/29 21:07】 URL | なるは #-[ 編集]

こんばんわ~。
観られたんですね。私は、まだ未見で、これからです。

噂どおり、いい映画みたいですね。
観ていないので、レビュー観ても付いていけないのが悔しいですが。。。

そうそう、ちょっと前アメリカから出張で帰ったのですが、豚インフルの検査で、飛行機で40分閉じ込められました・・・。怖いですね。
【2009/05/02 01:01】 URL | とら次郎 #mQop/nM.[ 編集]

>>とら次郎 さん

コメントありがとうございます!!

とっても良い映画でした。
映画に二言はなし!という勢いです(笑)


なんと…!!!
豚インフルですか。
ニュースで観ていて、
発症を知らずに国外に出て
戻ってきたら隔離されたりと、
なんとも理不尽だなぁと思ってます。
仕方ないと言えば仕方ないですが。
なんともなかったですか??
それなら良かったですが。本当に恐いですねv-393
いよいよ日本も人事じゃなくなってますね。
【2009/05/02 01:56】 URL | なるは #-[ 編集]

こんにちは!
運命は、決まったコースでなく、
導かれていくもの、みたいなものなのでしょうね。
ジャマール少年も、生きていく上で知っていくだけですもんね。
すべて受け入れることによって、
開けてくる運命というものなんだろうなと思います。

みんなが元気になれる痛快な映画でしたね。
みんなで、踊るところも良かったです。
【2009/05/10 14:05】 URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]

>>kino さん

コメントありがとうございます!!

「運命」という言葉は
逃げの場合もあるんですが、
こうも「運命」を信じて前向きな映画は
すごく強い活力を感じますよね!
観ている者も元気にさせるような。

本当に楽しい作品でした!!
【2009/05/10 16:30】 URL | なるは #-[ 編集]

やっと観てきました-。ので、やっとこのエントリも読めました-。

私はザ・ビーチよりもよっぽど毒のある作品だなぁって思いました。ただ、明確に描かないのでわかりにくくなってるだけなのかなって。

運命、に関しては、ジャマールが信じ続けて諦めなかったから、それが運命ってことかなぁと思いました。英語ではDがIt's writtenだったと記憶してますが、Bのニュアンスは“幸運だったから”でDは“決まっていたから”という違いがあるように感じます。決まっていた、つまりジャマールの中で決めていたことなのかな、と。

音楽、本当良かったですね!終盤ラティカが走るとこの音楽とか高揚しました!
【2009/05/15 23:19】 URL | P #-[ 編集]

>>P さん

コメントありがとうございます!!

『ザ・ビーチ』みたいな、
ぐろい描写は少なめだったので毒が少ない気がしましたが…。
でもそうですね。
表面に出していないだけなのかもしれません。

>Bのニュアンスは“幸運だったから”で
 Dは“決まっていたから”
あ~なるほど!
若干そうなると、やっぱりジャマール自ら見定めた感もありますかね?


音楽良かったです。
確かに、ラティカが走るシーンとか。
また結果が良い方向だからこそ、高揚しますよね!
【2009/05/16 13:13】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



監督:ダニーボイル 出演:デヴ・パテル、フリーダ・ピント、マドゥル・ミッタル、アニル・カプール 本年度アカデミー8部門受賞の「スラ... showbiz D【2009/05/09 17:43】
アカデミー賞を席巻した作品ながら、あまり興味が無かったので見ていなかった。 見たんですが、言われるほど大したものでも無いなと思いま... RISING STEEL【2010/05/27 15:41】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 陽面着陸計画, All rights reserved.