ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


初めて映画音楽の作曲家で、
名前を覚えたのがハンス・ジマー


現在は若干アンチ『パイレーツ・オブ・カリビアン』だけど、
音楽がすごい好きで。それがハンス・ジマーで。
そこから映画サントラに執拗に興味を持って、
じゃぁあの『ザ・ロック』の曲を聴こう!と思ったら、
それもハンス・ジマーで。
ラストサムライ』良かったなぁ…って、
それもハンス・ジマーで。
気づけばハンス・ジマーだらけで。

映画音楽にどっぷり酔うきっかけを
与えてくれた作曲家だと思います。

そうして、作曲家漁りが楽しくなって、
今や色んな作曲家をバクバク食してます

ジェームズ・ニュートン・ハワードクレイグ・アームストロング
ハリー・グレクソン=ウィリアムズジョン・パウエル
あとは映画によって色々。
発掘したもん勝ちだ!みたいな感じで、
映画と同時並行で楽しむようになりました。

色んな作曲家に会うことによって、
しばらくハンス・ジマー離れが始まりました…が。

今、ここで突然の、誠勝手ながらの、
たいかんしき
ルイ・ダヴィッド<ナポレオン1世の戴冠式>この絵好き~vv
戴冠式!!

さーっ今日も盛り上がっちゃうよ!ポチリ凹お願いします!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

ようこそ、ハンス・ジマー戴冠式
はんす・じまー
きっといつかアカデミー賞で栄誉賞もらうと思うけど、
一足先に称えちゃうぜ

いったいなぜ急に今??
薄々感づいている方もいるでしょう。


まぁ要は、
すっごいサントラを手に入れちゃったっていうかね。
しかも、2枚ね。
あ、別にシリアルナンバー入りとかじゃないですよ。
店頭でもネットでも買える品ですよ。



や、だから内容がすごいんだって!
厚いんだって!濃いんだって!


さんとら

フロスト×ニクソン』:ハンス・ジマー
天使と悪魔』:ハンス・ジマー


ネットで安く買おうとしたけど、
出荷に2~3日かかるんだってさ。

待ってられるか。

時々私はひどい発作を起こす。
今耳にこの音楽がなきゃ死ぬ!
ってくらいの、究極のワガママ娘が参上する。
懲罰房に入ったかのような気分になって、
一種のヒステリーが始まる…極めて危険な状態。

ま。仕方ないよ、サントラ陶酔狂だから
普段はこんなにゆるゆるゆるんっなのにね~。

というわけで、今宵も酔いに酔ってます。

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

「あ、なんか違う。」

ふろすと×にくそん
『フロスト×ニクソン』を観た後の感想でした。

今っぽい(=私の好み)。
でもハンスの上品さは失わず。
映画の心理戦を音楽で完全に表現してた

『バットマン』のシリーズで、
ジェームズ・ニュートン・ハワードと一緒にやったのが良かったのかな。
好きなくせに何言ってんだという感じですが、
ハンス・ジマーのサントラって1曲がうにょ~んと長い。
長い曲がダメってわけじゃなくて、
映画のシーンに合わせて曲を作るっていうか。
だからすっごくBGMな時が多い。
や BGMで良いんだけど、
サントラ単体で聴くとちょっと物足りなかったりする…。

まぁそれは、比較的派手めな音楽を好む私だからね。
ああいう大人っぽい深さ、
落ち着き具合を評価する人も当然いると思うんだ。
に、対して別にジェームズが
子供っぽいとかそういうこと言ってるワケじゃないんだけど、
基本パーカスがカツカツ入ってて、間延びしづらいんだよね。
映画にもよりけりだけどさ!
逆に『ディファイアンス』のジェームズが意外に控えめだったのは、
ハンス効果かなぁとか思ったり。

----------------------------------------
1. Watergate 
2. Numbers
3. Hello, Good Evening and Welcome
4. Pardon the Phlebitis 
5. Status
6. Beverly Hilton 
7. Money 
8. Frost Despondent
9. Insanely Risky 
10. Cambodia
11. Research Montage 
12. Final Interview 
13. Nixon Defeated
14. First Ideas

----------------------------------------
★はオススメ!ほとんど同じ旋律!試聴はコチラ


テーマ曲が疾走感あって、
知的で、不思議な思惑が漂ってて…ほけー…
ホント、弦楽器の遣い方がウマイ!!!
ピアノも効果的!
ピアノが効果的なのも、ジェームズに影響されたのかなぁとか。

ずっと同じテンションでいられるサントラが好きです。
本を読むにも、絵を描くにも、ノれる。
外歩くにも、文章を書くにも、ノれる。

サントラは二次創作意欲を掻き立てなきゃ!

------

対して。2次創作意欲さえも立ち切るは。

てんしとあくま
『天使と悪魔』!!


「あ、なんか違い過ぎる。」
映画のOPからハッキリわかりました。
作品自体をエンターテイメントとして認識するに、
すっごく効果的だったけど、
1小節目で泣かされました

ちょっとハンス、尋常じゃない方向に描いたなと。
尋常じゃなくなっちゃうのは、私の方なんですが。

----------------------------------------
1. 160 BPM 
2. God Particle 
3. Air 
4. Fire 
5. Black Smoke 
6. Science And Religion 
7. Immolation 
8. Election By Adoration 
9. 503
 
----------------------------------------
★はオススメ!つまり全曲!(笑)試聴はコチラ


もう駄目でした。
1曲目からEDクレジットの曲でした。
音楽に砕かれて、自分消滅でした
音楽に殺されるかと思いました。
2曲目は予告でも遣われて、映画の冒頭の曲でもある。
脳と反物質が接触したかの勢いでした。


あとは映画のシーンを思い出してテンションあがりまくりだし。
や テンションあがるっていうよりは、
逆に行動を抑止させるというか。
映画が映画だけに、かなりやばいサントラ。

人の声と弦楽器は罪です。
殺傷能力がありすぎです。


確かに最近やりすぎな作曲家が多いけど、
ハンスまでこんなにド派手な曲を作るとは。
でも上品さは消えないのはなぜ??

流れ星みたいな効果音が入るのも珍しい。
それがすごくキレイ音で、またも「聖女テレサの法悦」。 だからなんか違うって。


一番嬉しいのは、『ダ・ヴィンチ・コード』が残ってることだね。
テーマ曲が残ることはすごく嬉しい。
しかも、なんて素晴らしい編曲!

絶対合わせて聴くと良い、『ダ・ヴィンチ・コード』のサントラ
『ダ・ヴィンチ・コード』が静なら、
『天使と悪魔』は動だね。


『ダ・ヴィンチ・コード』の曲も良いんだよね~。
でも13曲目しか主にエンドレスリピートしない。
そう考えると、『天使と悪魔』は全曲落ちるから
やっぱりとんでもないサントラだと思う。

毎回毎回、色んなサントラ紹介してますけど、
いつも共感してくださる方にはオススメです。
激しくて、崇高で、壮大で、圧倒的で、
声を失うか、反対に絶叫したくなる音楽です。


やっぱり、ハンス・ジマーは巨匠だ!!
そう再認識せざるを得ない…
というか崇拝せざるを得ない珠玉の2枚でした

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
関連記事

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画





ハンス・ジマーは上品な作風、と…φ(.. )メモメモ

自分も同じ映画を観たはずなのに、
なぜここまで音楽が記憶に残らないのか、って思います。
まったくもって映画音楽については、
なるはさんの靴の底にすら及びません。
だから、こういう記事はありがたいです。
【2009/05/21 00:37】 URL | ケン #JkPZIk6.[ 編集]

はじめまして

ジマーいいですよね
自分も、クリムゾンタイド、レインマン、ブロークン・アロー、ピースメーカー、ブラックレイン、グラディエーターなどは今でもヘビーローテーションCDとして愛聴しております。

フロスト×ニクソン、天使と悪魔、どちらも未見ですが、両方ロン・ハワード作品ですね
ハワードといえばかつてはジェームズ・ホーナーと熱い信頼関係にあったのですが、いまはジマーにぞっこんみたいですね
【2009/05/21 01:42】 URL | しん #/bRx.BK6[ 編集]

>>ケン さん

コメントありがとうございます!

『天使と悪魔』も『フロスト×ニクソン』も、
事前にハンス・ジマーだってことを知ってたので
いつもよりも音楽も慎重に聴いてたんだと思います!

もともとTV放映の映画を観出して映画に興味を持ったんですが、
その頃は全部吹き替えで観ていて
俳優の演技にもそんなに注目してなかったので
音楽に集中する割合が高かったんだと思います。
だから今も癖で、
音楽にはかなり神経配って観てますv-398

映画の余韻をまるごと復活させてくれる
映画のサントラを聴くのは楽しいですしv-413
良い曲を探すのが目的でもあったりして。
【2009/05/21 22:17】 URL | なるは #-[ 編集]

>>しん さん

はじめまして!コメントありがとうございます!

そうなんですよね~。
今やロン・ハワードとハンス・ジマーの組み合わせが
自然なような感じですが…
もともとロンハとジェームズ・ホーナーでしたよね。
『アポロ13』はレンタルしました!

ロンハとジェームズの『身代金』が
最近また観たくなってしょうがないです!!
【2009/05/21 22:20】 URL | なるは #-[ 編集]

パイレーツ・オブ・カリビアンの4作目はどうなってるんでしょう・・・w
ゴア・ヴァービンスキーさんは"監督しない宣言!"
を豪語w

リンク追加さしてもらってもよろしいでしょうか?><


ほんと関係ない話してしまってすいません><
僕の変な癖です。はい。←

【2009/05/24 22:26】 URL | リノ@ヴァイラス #-[ 編集]

>>リノ@ヴァイラス

コメントありがとうございます!

個人的には『パイレーツ ~ 』の続編は、
もういいよ…って気分です。
何が面倒って、映画雑誌が全部
パイレーツ仕様になるからイラついちゃうv-390

リンクの件、ありがとうございます!
こちらもリンクさせていただきますね!
よろしくお願いします!!
【2009/05/24 23:49】 URL | なるは #-[ 編集]

なるはさん、はじめまして。僕も「グラディエーター」ではまったクチで、それ以来リモートコントロール(個人的には以前のメディア・ヴェンチャーズという呼称が好きだったな)のサウンドトラック作品にはお世話になってます。彼らの音楽は作品としてももちろん優れていますが、なんというか映画そのもの(グラディエーターにしろバックドラフトにしろ、最近ではアイアンマンも)結構外れが無いと思います。まあ、これはあくまで僕の感じ方で人によっては全然面白くない映画だって思う人もいるでしょうけど。

ただ最近心配なのはジマー・チームの中で最もメロディアスな個性を持ったニック・グレニー=スミスの担当作品が全然ないってことです。今回の「天使と悪魔」や前作「ダ・ヴィンチ・コード」、その他「トランスフォーマー」「ヴァンテージポイント」「ドラゴン・キングダム」等にコンダクター/アレンジャーとして参加しているようですが、縁の下の力持ちも大事だけど単独作品を出してくれ~、ニックの音楽が聞きてえ!といった思いが沸々とわき上がってきております。指揮や編曲が大変重要だとは思うんですが、正直そのあたりは僕は門外漢だし。
いつか再び彼の素晴らしい音楽が聞けますように・・・・・「仮面の男」「ワンス・アンド・フォーエバー」は悲壮感あふれる曲展開の中に美しいメロディーが調和した文句なしの傑作!(あとどっちの映画自体もヒロイックドラマとしてまずまずの出来でした)
そういえばImdbには"Bushi no Ichibun"ってあるけど、何の間違いなんだ(笑)

ジェームズ・ホーナーも最近は担当作品そのものが少ない印象です。ロン・ハワードのほかにもエドワード・ズウィックとも組まなくなったし・・・・・・。ジェームズ・キャメロンとメル・ギブソンとの絆は結構根強いようですよ。「アポカリプト」は作品の出来も音楽も良かった。ホーナーといえば僕は「スターリングラード」「マスク・オブ・ゾロ」「ビューティフルマインド」のサントラを全部中古屋に売っちゃったというポカをやらかしましたねえ。で今頃聞きたくなって困ってます(笑)
最近はサントラ以外にもメタルにハマっちゃって、CDだけ増えてってます。
初なのに長々書いて申し訳ないです。それでは!
【2009/05/31 14:21】 URL | バーンズ #-[ 編集]

>>バーンズ さん

初めまして!お立ち寄りありがとうございます!
それに長文のコメントも嬉しいです!

バーンズさん、ものすごく映画音楽に詳しそうですね!
私は数珠繋がり形式で増えてく感じなので、
まだまだ知ってる音楽や作曲家が少ないので、
またぜひ色んな情報を教えてください!

映画がおもしろいからこそ、
映画音楽もよく聴こえることもありますし、
それこそ『アイアンマン』のように(笑)、
映画も音楽も良いという作品もありますよね!
むしろこういった作品の方が
ものすごく贅沢な気分で至福ですe-266

たくさん映画を観て、
たくさん良い映画音楽に出会っていきたいです!
【2009/05/31 21:14】 URL | なるは #-[ 編集]

こんばんは。いえいえ、まだまだサウンドトラッカー(勝手に造語)としては素人ですよ~、僕は。
ハンスとリモートコントロール系の方々以外ならジェームズ・ニュートン・ハワードとかアラン・シルヴェストリも好きですね。最初に名前を知ったのはダニー・エルフマンだったと思います。でも今でも素晴らしい音楽家だとは思うけど、サントラを買って聞くことはなくなったな~エルフマンにかんしては。どこかドロッとしたダークな感じが苦手になったのかもしれませんが。
今は「ターミネーター4」が話題だけど何故か映画自体に全然惹かれません。どうしても「トランスフォーマー」に目が行っちゃうしね。
「天使と悪魔」は見にいこうと思ってるんだけど、結構グロそうじゃないですか?
僕は残酷な場面はDVDは結構見れるけど(早送りという最終手段もあるし)、劇場ではそうはいきませんからねえ(笑)
苦手な描写は骨折、切断、人体損壊、あとは無音からいきなりでかい音になる、大体そんなところ。
もうすぐ24歳になるのに何を言ってるんだって我ながら思います(笑)でも劇場であれDVDであれ必ず見たいと思います。ロン・ハワードは一番好きな監督だし。

サントラの話に戻りますと最近ではブライアン・タイラーにも注目してます。ハンスやシルヴェストリ、J・ゴールドスミスなどが確立した”燃える”サウンド路線を背負っていく若手映画音楽家の一人。しかも本人もなかなかのハンサム!「ドラゴンボールエヴォリューション」なんて非常に評判の悪い映画(僕は見てませんが)も担当してますが・・・・・・ブライアンは「コンスタンティン」でクラウス・バデルトとコラボしたんですが、そういえばクラウスも素晴らしい才能の持ち主なのに映画自体がいまいち評判悪かったね。「タイムマシン」なんか本当に名曲なのに。
まあ「リベリオン」はネット界の伝説といっていい人気があるけど(笑)。もちろん音楽もかっこいいですよ!
【2009/06/22 20:58】 URL | バーンズ #-[ 編集]

>>バーンズ さん

お返事遅れてすみません。
またのコメントありがとうございます!

『ターミネーター4』を昨日観ましたが、
ダニー・エルフマンらしい、
ちょっと高貴な感じというか、
ただのアクション映画にしない音楽でしたが、
でもパッとしないのも事実ですね~;

『天使と悪魔』はぜひ!
グロくするのに意味のある映画なので、
悪くはないと思うんですが…。
私もあんまり無意味なグロさは好きじゃないですが、
なんていうか、本当に意味あってのグロさなので
許せる範囲と言いますか…。
結構監督のハンス・ジマーに甘めなので、
過剰に高評価なのかもしれませんが。

でも音楽はぜひ大スクリーンで聴いてほしいです!
エンディングで、席に座りながら腰抜かしました(笑)

ブライアン・タイラー、知らないです!
なかなか作曲家の名前を覚えられない…!
イケメンなら尚更チェックですね!!
”燃える”サウンド路線…イイ響きです。
そういうサントラを探し求めてます!
【2009/06/25 22:20】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。