ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
確認+展開=偉業(プレステージ)

ぷれすてーじ

プレステージ』を観た!

種と仕掛けと、憎しみと嫉妬。
ファンファーレは誰のために奏でられるのか。

期待しすぎて真のプレステージが存在し、
読みが浅くてそれに気づけていないのか、
ありきたりなプレステージで
特にオチの中のオチは存在しないのか。

もしオチの中にオチがないのなら、
幻影師アイゼンハイム』と大差ない??

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

ダークナイト』を観ただけだったら
それほどこの映画には期待してなかったと思う。

しかしその後『メメント』を観て、
クリストファー・ノーランはすっごい脚本書けるんだ!と
株が急上昇

この映画でも、何かやってくれるんじゃないか??
それこそプレステージを成し遂げてくれるのではないか??

そんな期待を寄せて観た今作。
た 確かに、
え?何?なんで?はありました。
でもそれというのは、
きっとノーランなら、
種も仕掛けも用意しているはずだから!を信じてたから。

実際『幻影師アイゼンハイム』よりは早々に、
種も仕掛けも紹介してくれたのがおもしろかった!
見慣れたマジックでも
どうなってるのかまるでわからなかった私。
そんなマジックの裏事情を知れたのだから
或る意味得する作品。 ん?損したのか?

そこに人間の憎悪と羨望が絡まって、
嫉妬心に狂ったマジシャン2人の攻防戦が始まります。

正直、馬鹿じゃんこいつら
思わずにはいられないような二人です。
一流のマジシャン、一番人気のマジシャン…
それを目指すと言うよりは、
お互いがお互いに勝ちたいだけのためのマジック。
まぁ他にライバルになるようなマジシャンがいなかったんだろうね。
(中国雑技団を除いて 笑)


最後の最後で
思いもよらないオチもあった 私だけ?
そのへんは流れ石のノーランと思ったけど、
結局更なる最後で逃げられた感は否めない。
あ、そこの種と仕掛けは明かしてくださらない??
ぁ…そうですか。

ぷれすてーじ
鑑賞から数日考えてみましたが、
やっぱり種も仕掛けもなく、
オチの中のオチもないようでした…



よって、映画としては普通!!


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
------

これは新境地。

クリスチャン・ベイル
ぷれすてーじ
カワイイ
特に子供への接し方が。

今まであまり良い役を観ていないというか、
『ダークナイト』と『ターミネーター4』しか観てないというか。
出演作多いのにね。
恥ずかしい話、バットマンで(しかも『ダークナイト』で)
やっと知った俳優でした…
今まで顔がカチコチな役しか観てなかったから、
今回のような役は(終盤からカチコチだけど)新鮮だし、
良い感じの俳優さんだとわかりました
近々『マシニスト』を観る予定。


こちらも最近目にする機会の多い俳優、
ぷれすてーじ
ヒュー・ジャックマン
彼の魅力をいまいちわかられない私ですが
でも第81回アカデミー賞の司会はホントおもしろかった!

新作『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』は
うちの地元でも公開してくれそうで嬉しい限り
まぁそれはリーヴ・シュライバーが出るからなんだけど
だからこれまでのシリーズにはリーヴくん出てないので、
正直予習するのが面倒だなぁとか…

彼も演技がうまいのかどうか、
未だ計れない人です…


良く出るなァ!!の、
ぷれすてーじ
スカーレット・ヨハンソン
今回一緒にTSUTAYA DISCASったDVD、
スカーレット・ヨハンソンの百点満点大作戦』にも出てるし。
(スカーレットは主演じゃないのに、映画タイトルにくっついてるってアレ。)
お目当てはクリス・エヴァンスだけどね!


嫌いじゃないのよ。
でも(私が)好きな俳優と共演しまくってて羨まし過ぎ!!むぅ。
アイアンマン2』に出るんだもんなーぁ。 い~な~

や、でも魅力的だよね。
ちょっと声が野太いけど、
なんかそういったところも含めて魅力的


まぁそんなわけで。
今作はキャストが好きなら観ると良いかも。
あとノーランの趣向が好きなら??
でも普通な作品です


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





こんにちわ、遊びにきました!

そうですよねえ、アホな二人の映画でしたねえ。
でも自分的には結構衝撃的なラストでした。

んなあほなあ~!って。

まあ、おもしろいかおもしろくないかと聞かれれば、
やっぱ普通って答えますねw
【2009/07/16 23:27】 URL | スィタロ #-[ 編集]

こんばんは。
女優に厳しいなるはさんなら、
批判してくれそうで期待しましたが、
ジョハンソンは結構お好きでしたか。
ボクは苦手ですね~。
野太い声の女優なんて許せない!

そんなことは、ともかく。
『プレステージ』は、クリスチャン・ベイルが、
多面的な演技を見せてくれますよね。
器用な役者ではないので、
さほど上手くいっていませんけど。

ボクは『マシニスト』は未見ですが、
『アメリカン・サイコ』や『リベリオン』は、
いま見ても楽しめると思うのでオススメです。
【2009/07/17 00:25】 URL | ケン #JkPZIk6.[ 編集]

伏線がものすごく丁寧に描写されててオチがある程度予想できてしまいますが、そういう丁寧なところが好きです。
その分人間ドラマとしてはやや淡白ですが、照明や美術のこだわり方や時間軸が交差するあたりの演出の上手さは流石ですね。
【2009/07/17 09:39】 URL | Mr.ブラック #L8AeYI2M[ 編集]

映像は割と派手なのに内容がついていってない感じはしました。

タネは、えーーー!ってちょっと興ざめしちゃいましたけど。
もっと別のことを期待しちゃったからですね。


はとさんかわいそう。
【2009/07/17 12:35】 URL | 虫 #-[ 編集]

 原作を先に読んでひっくり返りましたが、映画でも本当にその手品のネタを使ったことにいっそ驚きました(オチ自体は違うのですが)
SFなのか何なのかはっきりしてくれ、というのが本音ですが、馬鹿な男は可愛いです。

クリスチャン・ベールならケンさんが仰っている通り『リベリオン』(これもヒーローものですが)か『アメリカン・サイコ』(変態極まりない)、あっ、子役時代の『太陽の帝国』が好きです。
【2009/07/17 22:46】 URL | 小土井スコット #-[ 編集]

こんにちは。
私はこの映画結構楽しめました。
スカーレット・ヨハンソン好きですし。
クリスチャン・ベイルは、私が観た中では
病んでる人間しか演じてない気がしますー
(「アメリカン・サイコ」、「マシニスト」など)
【2009/07/18 15:06】 URL | Dr.Dちゃん #-[ 編集]

>>スィタロ さん

コメントありがとういございます!
お返事が遅れてすみません…!

そうなんですよ。
ずいぶんと二人とも幼稚な争いだな~と(笑)
やられたらやりかえして、またやりかえされる。

ラストは確かに衝撃的でしたよね。
でももう一歩ほしかったなぁという。
また、もうちょっと設定が現実的であればと思いました。
なので、普通でした(笑)
普通なレベルで楽しめるってくらいですかね。

【2009/07/18 21:16】 URL | なるは #-[ 編集]

>>ケン さん

お返事遅れてすみません!
いつもコメントありがとうございます!!

スカーレットは人気があるので、
ちょっと自重しました(笑)
もちろん嫌いではないですが、
いつもどおり身勝手にジェラシーを感じておりますv-392v-356
今回評価がいつもより甘めなのは、
共演している男優が「大好き」ではないからかもしれません;

>器用な役者ではない
私もそんな感じがします。
古典的な俳優なイメージですね。
固定されたキャラクターを演じ続けるというか。
『アメリカン・サイコ』や『リベリオン』、観ていないのでチェックします!!
【2009/07/18 21:31】 URL | なるは #-[ 編集]

>>Mr.ブラック さん

コメントありがとうございます!
お返事が遅れまして、すみません…。

タネ明かし、予想できましたか??
私はまんまとだまされていました。

>その分人間ドラマとしてはやや淡白
確かにちょっとタンパクでしたよね~。
でもそもそもタネに気づけていなかったので、
ただの「浮気男」ではなかったのはおもしろかったです。

>時間軸が交差するあたりの演出の上手さは流石ですね。
画はキレイでしたね。
あと、おっしゃる通りお得意の時間交錯な脚本はうまいですね。
一瞬置いて行かれそうな瞬間もありました;;
あと、やっぱり人間の暗い部分に食い込もうとする
その意欲は観て取れますよね!
【2009/07/18 21:38】 URL | なるは #-[ 編集]

>>虫 さん

いつもコメントありがとうございます!

>映像は割と派手なのに内容がついていってない感じはしました。
>タネは、えーーー!ってちょっと興ざめしちゃいましたけど。
>もっと別のことを期待しちゃったからですね。
思わず、「うんうん」と同感でした(笑)
興ざめ…までは行かなかったですが、
確かにもっと別のオチを期待しちゃいましたね。
「それじゃぁ普通じゃん!」という感じで、
映画の評価も一気に「並」程度で収まりました;

>はとさんかわいそう。
ごもっとも。
マジックの裏事情。これは衝撃でした・・・・。
【2009/07/18 21:42】 URL | なるは #-[ 編集]

>>小土井スコット さん

いつもコメントありがとうございます!

原作を読まれたんですね!
どのように文章で表現されているのか気になります!!
オチが違うというのも気になります。

>SFなのか何なのかはっきりしてくれ、というのが本音
そうですよね~。
どうしてもマジックやイリュージョン系の映画は
そこの追求がぶれて観る方も迷いがちになりますよね。

何千人ものオーディションで選ばれたという、
少年時代のクリスチャン。
こんなに古株の俳優とは知らず驚きました。
意外に結構特異な役にも挑戦してるみたいですね~!
【2009/07/18 21:52】 URL | なるは #-[ 編集]

>>Dr.Dちゃん さん

コメントありがとうございます!

私も普通な感じで楽しみましたよ!
もう一歩ほしいなという感じは否めませんでしたが。

やはりスカーレットは人気ですよね~!
あまり他の女優と被らない雰囲気を持っていますよね。
これからもどんどんお仕事増えていくんだろうなぁ。
ぐんぐん演技力もつけてってほしいです!!

クリスチャンの出演作をほとんど観ていないので、
「特異な役」が定着しているのは意外でした。
これからみなさんにオススメしてもらった作品を観ていこうと思うので、
私の中のイメージも変わるかもです!(^ー^)
【2009/07/18 21:58】 URL | なるは #-[ 編集]

ほんと、この映画最後は、なんじゃ???ってコケました。
結構、長い映画でしたよね?確か。
それだけ、ひぱってありえないオチにはびっくり。もと現実的なオチにしてほしかったな。
途中は、どんでん返し的で、どちらが仕掛けているのかって面白かったんですがね。

出ている俳優陣が良かったので、それで良しとしますか。
【2009/07/21 22:56】 URL | とら次郎 #mQop/nM.[ 編集]

>>とら次郎 さん

コメントありがとうございます!
お返事が遅れてすみません…。

長かったですね。
ちょっと、時計をチラッと気にするくらい(^_^;)
その程度の、あまり熱中して観れる映画ではないと言いますか…。

やっぱり最後が、ですよね…。
「終わり良ければ」な良い映画もありますが、
「終わり悪ければ」な作品もあるわけで…。
もうちょっと頑張って、
リアリティを追及してほしかったです…。
【2009/07/24 00:00】 URL | なるは #-[ 編集]

なるはさん、こんばんわ。
古めの作品へのコメントで毎度すいません。

この作品に関してよく聞くのは、「暗い。マジシャンの話だからもっと楽しいかと思った」と「何このオチw」、大体この二つが多いですね(笑)
どっちの主人公も自業自得なんだけど、特にボーデンにはどうしてこういう事態を招いたのか、もう少し自分の行いを省みてもいいのでは、と思いました。
それだけかなあ。やべえ、感想終わっちゃった(汗)

他の方々でヒューのことについて書いてる方はまだいないので、ちょっと書いちゃおーっと。彼を苦手だったり興味がなかったら読み飛ばしてください(笑)。
正直、僕なんぞよりヒューのことについて詳しい方はたくさんいらっしゃるんですが、個人的には「ファウンテン」をお勧めしたいです。「π(パイ)」「レクイエム・フォー・ドリーム」のダーレン・アロノフスキー監督作品なんですが、公開当時は日本では(アメリカでも?)全く不評でしたが、僕はいきなりAmazonでDVD注文して、若干の不安は感じつつ、まあ奥さん役のレイチェル・ワイズも好きだし、つまんなかったら売るか、ぐらいに思ってたんです。結構楽しく見れました(楽しい内容ではないんだけど)。歴史冒険活劇、ラブストーリー、哲学SF(?)の要素をミックスした意欲作、成功してるかどうかは見た人それぞれの印象によるかな(笑)。で、肝心のヒューについてあまり書いてませんがこの作品の彼の演技は良かったと思っています。

あと、全く別の作品の話題なんですが、二人の男の対決劇という「プレステージ」とちょっとかぶるけど個人的にはこっちの方が良かった、「セラフィム・フォールズ」です(ご存知だったらすいません)。南北戦争が終わった後のアメリカが舞台でリーアム・ニーソンとピアース・ブロスナンが過去の因縁から戦うことになるんですが、どっちにも感情移入できるストーリーでしたね。監督も全然知らない人でしたが演出も手堅いし、映像も綺麗、さらに音楽がハリー・グレッグソン=ウィリアムズ!大作だけじゃなくこういう小規模な作品も担当するんだなあ。
まあ、製作がメル・ギブソンが設立したアイコン・プロダクションだからしっかりした造りになってるってことかな。メルっていつも真正面から作品に向き合う素晴らしい映画人だな、とつくづく思います。ただここ最近芋づる式に出てくるスキャンダルが心配。追い詰められたりするタイプらしいし、無理はしないでほしいな。
【2010/02/04 23:57】 URL | バーンズ #9l8GnPBk[ 編集]

>>バーンズ さん

こんばんは!
コメントありがとうございます!
古い記事でも大感謝です!!

>「ファウンテン」をお勧めしたいです。
ダーレン・アロノフスキー監督作品なんですね!
近々この監督の作品を観漁りたいと思っていたんです!
絶対観ます!!

>「セラフィム・フォールズ」
知らないです~、観たことないです~!
「二人の男の対決劇」って結構好きなんですよね、
物語の設定として。
こちらの作品も、手を出してみようと思います!
いつもありがとうございます~vv
【2010/02/07 00:30】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.