ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モダン・インスタレーション

2001ねんうちゅうのたび

2001年宇宙の旅』を観た!

saiさん(『映画鑑賞の記録』)と
Mardigrasさん(『シネマ・イラストレイテッド』)の、
7月31日(金)~8月2日(日)の3日間で同時に
『2001年宇宙の旅』を鑑賞をしようという企画に参加させて頂きました!

すみません、私これ初鑑賞でした(笑)
素で『未知との遭遇』と間違えました;

わっ えっと。これがウワサの映画ですね!!
えっと…あー あー??
待って待って、今なんかつかめそうな気がした!!!

でも 言葉に で できない…えーっと…うーんと…
結論。
もっとまじめに観れば良かった…。
すみません、映画レポ、きっといつか書き直します…!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

======

一応のストーリーはあるが、映画はその物語性を放棄し、
徹底した映像体験とクラシックのBGMでそれぞれを悠々と描き出し、
光り渦巻くスターゲイトをくぐり抜けるラスト・シーンまでを一気に見せ付けてくれる。

…と、Yahoo!映画では綴られています。

確かに、何か言いようのないものが、
私の心中で渦巻いている感じです。

でも、映画を包む現代音楽所為か、
この映画物凄く恐いって印象。
た~ん た~ん た~~~ん じゃじゃーーーーん
だっどんだっどんだっどんだっどん
という、有名な映画音楽が最後を締めて、
それはそれは壮大で雄大な最後を終えるのですが、
類人猿(?)が武器持つあたりとか、
人間とコンピューターとのイザコザとか、
物凄く陰気暗欝な雰囲気がゾッとさせる…

正直この映画を把握できた自信は全然ないけれど…
かっこつけて「わかっちゃった」系になる気もないけど…
確かに、何か感じる、この作品。
映画レポと称して書いてるくせに、
どーにも曖昧な表現で申し訳ないんですが…。

名作と云われるだけあって、
うかつにポイッとできない作品ですぽかーん しかし放心状態。

すごく象徴的な映画で、
2001ねんうちゅうのたび
とにかく当時(1968年!)の技術としては
明らかハイクオリティで、
2001ねんうちゅうのたび
つい映像面ばかりに気を取られるし、
まさに映像にインスピレーションが込められていて、
2001ねんうちゅうのたび
もう観客にご想像お任せ!な放任感が
にくいというか、うまいというか。

全般に渡って映像がキレイだから、
変に爽快感も漂っているんだけど、

やっぱりすっごい恐い映画だった!

人間の過ちとか過信がありありと描かれているし、
若さと老いや、過去と現在の時間的重みとか、
自然・地球・宇宙のあまりの大きさに、
なんだか圧されて尻込みするばかり。

でも、イマイチそれを言葉にできない悔しさ。
理解しているようで、まるでできてない。
捉えきれていない、自分の浅薄さ。

武器を持った猿が本当に怖かったなぁ。
「ミスを犯すのは人間」とか…。

キャストは私は全く知らない人ばかりでした
2001ねんうちゅうのたび
この人素敵だなーとは思ったけど。
2001ねんうちゅうのたび
HAL9000の存在も重かったな~。
人間が造ったものなのに、
あまりに性能が良過ぎて…といった恐さ。
こういうのは『ターミネーター』の理論とも似てるよね。
ロボットの逆襲的な感じの。


一番恐いのは、『2001年宇宙の旅』ってこと。
あっという間に過ぎちゃったよ!!
私たち、とっくに過ちの渦中だよ…!!

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへ
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





賛同してくれて、映画を見てくれて、ありがとう~!
初めて、だったのね?CE3Kと間違えていたの?
今回も、また素晴らしい記事ですね・・・恐い、っていうのはよく分かります。それで再見できなかったのですから!(なるはさんの「恐い」は私の感じた「恐い」よりも高級感がありますが・・・)
でも、今回は皆さんと一緒に見たという気持ちもあり、その他色々な背景が昔見た時とは全然違っていて、恐くなかったんです!
なるはさんも、また時間をおいて、是非再見に挑戦してくださいね☆
それと、またいつか「一人では見にくい映画」を一緒に見る企画をおこないたいと思いますので、その時も是非・・・って言うか、そういう感じで見たい映画があったら是非お知らせくださいね~♪待っています☆
【2009/08/03 19:14】 URL | サイ #jSBoJ0Ww[ 編集]

なるはさん、こんばんわ。
"やっぱりすっごい恐い映画だった!"...わかります!!私はサイさんとは逆に、この映画にコワいという印象をこれっぽっちももっていなかったのですが...でも、今回見直してみて、こんなにコワい映画だったのかということに初めて気がつきました。私のいちばんの恐怖のツボはHAL、ひたすらコワかったです!

今回はみなさんと一緒のタイミングで鑑賞できて楽しかったです。またお邪魔させていただきますね~!




【2009/08/03 23:50】 URL | mardigras #-[ 編集]

>>サイ さん

お誘いありがとうございました!
ちょっと粗い映画レポになってしまって恐縮ですが、
とりあえず参加したぞ!というのを
ひたすらアピールしたかったので(^_^;)

そうなんですよ…初めての鑑賞でした;
これが2回目ならまた違った感想になったんじゃないかなーと思います。
またサイさんのように、
しばらく時間をおいてから再び鑑賞するっていうのは
きっと得るものが違うでしょうね。

高尚な「恐怖」かどうかはわかりません…
果たしてどこまで捉えられたのか自信もありませんし…v-406

ぜひまたこんな企画があればお誘いください!
私もこういった企画にあった映画があれば
探してみます!!!
【2009/08/04 00:24】 URL | なるは #-[ 編集]

>>mardigras さん

わざわざお立ち寄りありがとうございます!
今回の企画、参加させて頂いてありがとうございます!

HAL…恐かったですよね。
ロボットだから無機質で、
一定のトーンでしゃべる感じが特に。
凄く魅力的でもあるんですけどね。
でも若干「怒り」や「悲しみ」も含んでいて。
そうした恐怖を作り上げたのは、結局人間で。
いつか人間を支配するのではないかという恐怖。


またこのような機会がありましたら、
ぜひお誘いいただければと思います!!
【2009/08/04 00:36】 URL | なるは #-[ 編集]

さすがは「お祭り娘」、日曜日に投稿済みでしたか。
せっかくのイベントなのに、ボクが書き上げたのは木曜日…。

コワイコワイと言いつつ、どこかアッケラカンとしているのが、
なるはさんが高級感を漂わす秘訣かもしれない…。
「わかっちゃった」系のレビューは多いですけど、
個人的にそういうのはカッコワルイと思います。
【2009/08/07 00:03】 URL | ケン #JkPZIk6.[ 編集]

>>ケン さん

いつもコメントありがとうございます!

はい、お祭り娘日曜日に必死に投稿しました(笑)
期間中に観れたよ!っていうのを
アピールしたいがために必死でした…。
おかげでスッカラカンな映画レポに…。

アッケラカンと思えるのは、そのせい??;;
【2009/08/08 12:41】 URL | なるは #-[ 編集]

劇場鑑賞です・・・叔母さんと・・・(リアルタイム)
もちろん子供でしたので意味不明・・・
奇麗な映画と思いました。
しかし今は2009年なのに・・・月までとは~
現実はキビシーですね。
【2009/08/21 13:17】 URL | phantom #aD5n/OBo[ 編集]

>>phantom さん

コメントありがとうございます!

劇場で鑑賞されたんですね!
それって或る意味自慢できませすよね、
例え意味不明であっても(笑)
小さい子なら尚更理解が難しいですよね…。
でも映像技術の面では
当時の作品とは思えない作りですよね。

しかし、本当ですね~。
2009年の時点で、まだ地球にへばりついているとは…。
【2009/08/23 16:21】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



  2001年宇宙の旅 2001: A Space Odyssey   出演:キア・デュリア ゲイリー・ロックウッド ウィリアム・シルベスター 監督:スタンリー・... 夢のもののふ【2009/08/06 23:51】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。