ADMIN TITLE LIST      
【陽面着陸計画】映画知ろうとレポ!今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
じーあいじょーって何?

じーあいじょー
写真はピンボケ、700円。サブキャラのプロフィールもあるから可。

G.I.ジョー』を観た!

どんな映画なのか、まるで知らないで観た!
もうやる気満々過ぎて、
ガッチャガチャゴッチャゴチャ!!(笑)
まぁでも…うん。ま。いっか。 そんな映画。

観るなら100%映画館で。
観なくても損はしません
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

映画の冒頭から
もうすごいのなんのって。
展開が高速。強行突破。
別にそれはそれで悪くない。
やる気は伝わるから。
センスないけどね(笑)
エンターテイメント性はあるけど、B級は拭えない。

「おらぁっいくぜぇっ」な感じで、
のったらしてたら置いてかれる空気。
「どうだ?おもしれぇだろ?」
「おもしろいよな??」
「おもしろいって言えよ!!」

実に押しつけがましいんだ、コレが(笑)

わーかった、わかった! どーどー
うんうん、映像もよく頑張ってるね、うん。
そうかそうか、ストーリーも一生懸命なんだね。
おー映像激しいね。うん。
斬新性はまるでないけど、
いろんな映画に触発されて頑張ったんだねぇ、うん。

わーその割どうして突然CGが下手になるの?
違うスタッフが作ったの??
B級映画どころか、ゲームのレベルにも達してないよ?

おおっ 時折めっちゃウマイな!!

キャラ微妙だな…と思ったら、
割と後半になって好きになってきたよ、うん。
ま、微妙は微妙だけどね…!
あの~ぅ…すっごいダサい格好とかシーン
突如紛れて失笑なんですけど…

規模がでかすぎて収集不能じゃね?
って思ったら、突然の失速!終幕! Σ
収集不能っていうか、収集せずに終わった!

てかなに、続編作る気!?
図々しいなぁ おい! Σ
もういいよ。『G.I.ジョー2』なんて歯切れも悪いしさ…。
あ~ぁあ~ぁあ~ぁそんな終わり方したら、
続編あります!って言ってるようなもんじゃん…!
この嫌ぁな空気、『ファンタスティック・フォー/超能力ユニット』だよ!





とまぁこんな感じで。
やりたい放題な映画。
これで良いの!って言われれば、そうとも思えるし。
強行突破な感じはこの間観た『スター・トレック』にも似てるしね。
でも、スタトレと違って、まるで続編期待しない
好き放題やったんだから、もういいでしょ?


映像を売りにしてた映画だけに、
けして悪くはなかった。
むしろ、パリ戦は最高だった!
ゾクッとした!テンション上がって、笑いが止まらなかった。
特殊スーツでシャンゼリゼ通りを走りまわったり、
飛んだり跳ねたりするシーンは内臓浮遊感もあった!

丁度映画を観る前に
りょこう
パリの観光ガイドを購入したから余計テンション上がった!(笑)

人間を含めたアクションは観応えあったんだ。
人間対人間のバトルは、
カメラの切り替えがかなりうまかったから
スピード感も激しさも伝わった!
ワイヤーアクションもかなり自然な感じ!

でも人間を使わない、
手放しのCGだけのシーンだと超陳腐!!
砂漠の中にある基地に着陸する時の
酷く安いCGには物投げつけたいくらいだった…

全体を通して、『マトリックス』シリーズに似てる。
この映画では3本を1本で描きました、みたいな。
ストーリーは全の然、違うけど。
最初は人間対人間というクールな戦いが見せ場だったんだけど、
終盤になるにつれて収集不能なくらいの
大勢対大勢になっちゃって、
CGもごっちゃんごっちゃんになっちゃった。

しかもこの映画の場合、
人類の危機的な感じの割、
彼らの戦いで大勢の一般市民死んでるし!
ナノマイト争奪戦の所為で、
ナノマイトによる被害者よりも、
その争奪戦に巻き込まれて死んだ人がほとんどだった。 絶対。
主要キャラさえ生きてりゃ映画的には問題ないけど、
なんかG.I.ジョーが頑張るありがたみがない(笑)
若干ネタバレだけど、その後逮捕されるのはクールだったけどね。


少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!


さっきも言った、色んな映画に触発されてってやつ。

まず冒頭『アイアンマン』。
武器開発が本作の重要ポイントだからか、
『アイアンマン』に確かに通づるものがあるけれど。
そういう内容云々じゃなくて、設定の紹介の仕方がそっくり。

武器商人が自分の製品を後ろのスクリーンに流して、
それを力説するシーン。
あれ、トニー・スタークのアポジー賞受賞式に似てる。
特殊スーツの装着具合とかもそっくり。

あと月光仮面(映画?)と、
じー・あい・じょー
隠れて訪れたお葬式なのに、
ターミネーターみたいなデカいバイクにまたがる主人公と、
ダースベーダーと。 しゅこーしゅこー
そして『マトリックス』。
後半のごちゃごちゃ具合は『マトリックス レボリューション』。
音楽も近い感じした。
『マトリックス』ほど現代音楽っぽくないけど。

大好きなんすよ!この映画!
だからオマージュ入れて見ました!って感じ。
嫌味は感じないから全然良いけどね。


キャストは見事なまでにチープだね!
じー・あい・じょー
有名無名とかじゃなくて、演技力の面で。

唯一、リズム感や表情が良かったのは、
じー・あい・じょー
リップコード役マーロン・ウェイアンズ
あ!ああそっか!
レクイエム・フォー・ドリーム』の!!

リップコードとスカーレット(レイチェル・ニコルズ)の関係は、
観ていて好感触


主演のチャニング・テイタム
じー・あい・じょー
どーしようかと思うくらい当たり障りがない;
スタトレのクリス・パイン並のパンチがほしかったなー。


何をしゃべっても威厳のない男
じー・あい・じょー
ホーク将軍(デイス・クエイド)。
なんかデニス・クエイドの魅力ってわからない…。
っていうか、役がイマイチなんだろうなー。

彼が出るから『バンテージ・ポイント』並の2流映画だと
自分の中で映画観る前に位置付けされた 正解だったけど。

まじでホーク将軍は何もしてない
襲撃されて怪我したダサイ将軍。
不意だったとしても超弱い。 てか仕事中にああいう音楽聴くか?
司令塔で一生懸命作戦の指示出すけど、
細かい指示は結局現場のG.I.ジョーたちが頑張ってるから、
正直ホーク将軍必要ないっていうか。
なのにおいしいシーンを持ってくあたりが痒くて、
失笑っていうか、吹き出すのを堪えるのは至難の業


個人的にお気に入りだったのは敵キャラ。
中でもイ・ビョンホン(ストームシャドー役)好感度高し!
韓流とはまるで縁(?)のない私だけど、
イ・ビョンホンが英語をしゃべって演技しているのは新鮮
衣装がダサくてかわいそうだったけど、
クールな感じはステキだった
クールな割、計画のためにケース持って必死に走ったり、
日本刀バトルの華麗で熱い感じは観ていて飽きない Σ

そして、
じー・あい・じょー
脱いだ!(爆笑)
韓流に夢中の女性へのサービスでしかないでしょう!(笑)


この映画、「時間がないから、さっさと行くぜ!」な
手荒な過去回想シーンもはさむんだけど、
20年前の東京にストームシャドーはいたらしい…。
どうしよう!アメリカから見て、
20年前の日本ってこういうイメージ!?

なんか老師みたいな人が「英語でしゃべりなさい」って言うし!
何で?日本語でしゃべりなさいでしょう、普通!

で、そのストームシャドーの子供時代の役を務めるのが、
トロピック・サンダー』でも輝いていたブランドン・スー・フー
もう一人の少年との小さなバトルは
かわいくてスピーディで観てて楽しかった!
スー・フーのしゃがれ声がかわいくてっ!!


しゅこー科学者コブラコマンダー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の、
あのしゅこーマスクと病的な顔(ほとんど観えない)が良かった。
まぁどこにでもいる、悪役スタイルではあるけれど。
コブラコマンダーは何なのかとわかったら、
急に魅力のないキャラになったけど


てか、マルワン(@POLLO)のプロフィールだけ無い!
アーノルド・ヴォスルーは『ブラッド・ダイヤモンド』にも出てる、
じー・あい・じょー
割と顔の覚え易い俳優なんだけどな~。
彼はもう、イムホテップ(『ハムナプトラ』)としか思えないけど!
今作は、口笛がイカしてました!(笑)


もしかしてアーノルドは友情出演だったのかな?
今作の監督:スティーブン・ソマーズ
『ハムナプトラ』シリーズ1、2の監督でした。
本当にチョロ出でブレンダン・フレイザーも出てたし。

数少ない女の子キャラは、
演じる女優さんたち(シエナ・ミラー、レイチェル・ニコルズ)が
私のタイプの顔立ちだったのでかわいかったです


超絶派手でまとまりない感じの映画音楽は、
なんと『フォレスト・ガンプ』や
バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズを務めた
名作曲家アラン・シルヴェストリでした!!
正直ショック! Σ
メロディー重視の腕っ節作曲家だったのに、
時代の流れでこのような音楽を作らざるを得なかったの…??
まぁなんでも作れる作曲家と思えば素晴らしいことだけど。
やっぱり最近、メロディー主流の映画音楽減ったなァ…。
雰囲気重視、ノリ重視が増えたよね~… 映画にもよるけどさ。
『フォレスト ~ 』や『バック・トゥ ~ 』の音楽って、
聴くだけで「あの映画だ!」ってわかるし、
何よりカーッと体が熱くなるよね!!


ん?
なんかなんだかんだ言ってうちに、
長文レビューになって参りましたね;

最終的に、ま。いっか。って映画です。


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





こんばんわーーー!

観たのですね、観ちゃったのですね!
自分は来週見に行く予定ですw

やっぱりゴチャゴチャでしたか・・w
観る前からそんな気がプンプンしてましたw
でも、劇場で観ると、かっこよかったし
まあ、いっか!ってなるんですよね。
不思議w

【2009/08/08 23:29】 URL | まっくすぱんだ #EqkSuM6.[ 編集]

なるはさんの記事読んで、

>まじでホーク将軍は何もしてない。

が一番受けた!(爆)そうなんだよね~、マジなんもしてない!それだけじゃなくていきなり一番最初に病院送りにされる!その割りにとことん偉そうだし。ある意味すごいキャラですよこれ。

そしてイ・ビョンホン。おっしゃるとおり、何故脱ぐ!この展開でなんでぬぐんだぁぁぁ!って(笑)しかも腹筋強調ポーズは『アイカム・ウィズ・ザ・レイン』と一緒♪これから彼をアジアのジェイソン・ステイサムと呼びましょう。

いやー楽しかったですよ?だってスティーヴン・ソマーズ監督の作品って観終わった後、みんなで突っ込んでいじり倒してなんぼだと思ってますんで。だからきっと次も必ず観ます。なるはさんも続編あったら観て、また一緒に突っ込みまくりましょう。(笑)
【2009/08/09 10:51】 URL | KLY #5spKqTaY[ 編集]

>>まっくすぱんだ さん

コメントありがとうございます!

ごちゃごちゃでしたね!
もうアレもコレもやりたいから、
全部やっちゃおうか!という欲張り具合。

でもそれを承知の上で観る分には、
全然問題ないと思います!
そして観るのであれば絶対映画館!
【2009/08/10 00:34】 URL | なるは #-[ 編集]

>>KLY さん

いつもコメントありがとうございます!
この間は某ランキングを栞ってくださって
ありがとうございます(*^_^*)

KLYさんの映画レビューも読ませて頂きました!
突っ込みどころ同じでしたね!
私も笑いました(笑)

イ・ビョンホン=アジアン・ジェイソン・ステイサム
良いですね。呼びましょう!(笑)
そして続編があれば…仕方ない気持ちで観て、
突っ込みあいましょう!!
きっとまた、あれもこれも気になって
映画レポが長文になりそうです…!v-392v-356
【2009/08/10 00:43】 URL | なるは #-[ 編集]

こんにちは、映画『G.I.ジョー』信者です。
昨晩は、TBの送信だけして力尽き、
そのまま寝てしまい、大変失礼いたしました。

それはともかく。
常連読者の一人という立場に甘えて、
反論に近いコメントを投稿しようと思います。
もし不快に思われたら、申し訳ございません。

この映画、軍の指揮系統を上手に描いていると感じました。
プロダクションノートによると、
陸軍中佐が連絡将校として撮影に同行し、
あれこれ助言したらしいですね。
チャニング・テイタムは、ヘタな戦争映画より、
下級士官っぽくふるまっていました。

デニス・クエイドはたしかにマンガっぽいですが、
将軍だから、アレはアレで良いんじゃないかな。
作戦の大枠だけ示し、あとは現場の裁量に任せる。
ただパリ戦のあと、部隊が撤退を余儀なくされたとき、
「北極経由」で帰還するようほのめかすという、
重大な決断を、一度だけくだしています。

で、この意味不明な長文コメントで言いたいのは、
「スカーレット」は最高ってことです!
【2009/08/10 14:01】 URL | ケン #JkPZIk6.[ 編集]

>>『G.I.ジョー』信者ケン さん

いつもコメントありがとうございます!

反論ありがとうございます!
全然不快じゃありません!(笑)

そうなんですねー。
陸軍中佐が撮影に同行ですか!

たぶん個人的に、なんですけど、
もしそこに「リアリティ」があるのであれば、
なぜそこだけ!?という感じがしてしまいます。
特殊スーツや
多くの一般ピーポーを巻き込んだパリ戦なのに、
あまりそれを描いていないとか、
そういうところは思いっきり娯楽映画なのに、
なぜデニス・クエイドの見せ場が中途半端だったのかが
返って気になってしまうんですよね。
アンバランスではないか、と。
「北極経由」は確かに指示(?)してましたが、
威厳がまるでないんですよね。
G.I.ジョーに所属する兵士たちは、
きっとデニス・クエイドの統率力や勇士を知っている「前提」で
支持していたんだと思うんですが、
そこは多少ちょうちょうしくても、
観客に「かっこいいとこ」魅せてほしかったんです。
名誉ある負傷にもならない感じだったので…。


スカーレットかわいかったです!
シエナ・ミラーよりずっと魅力的でした!v-398
【2009/08/12 00:10】 URL | なるは #-[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/08/12 14:49】 | #[ 編集]

>>このコメントは管理人のみ閲覧できます さん

お誘いありがとうございます!
ブログの方にほ返事させて頂きますね!
【2009/08/12 23:10】 URL | なるは #-[ 編集]

本日観てきました~。
いやね、映画見に行こうと思ったら、夏休み中につき子供っぽい映画ばっかりだから、これ観るしかなかったんです。

でも、単純にお馬鹿アクションを楽しんできました。しかし、内容うすぅっ!
おっしゃるとおり、CGとたまにん?って思える場面が多々ありましたが、逆にそのチープさがよかったりして。

まぁ、期待しないで観た分楽しめましたよ。
でも、観終わった後の感動もなにもなかったね。
昼見てきたんですが、もぅ観たのがかなり過去のような気がして・・・(爆)
【2009/08/12 23:45】 URL | とら次郎 #mQop/nM.[ 編集]

>>とら次郎 さん

いつもコメントありがとうございます!!

ご覧になられましたか!

内容とCG、やはり「ん?」って時ありますよね。
でもおっしゃる通り、そのチープさも嫌味がないと言いますか(^_^;)
逆に嫌味のあるチープさってなんでしょうね(笑)
『レッド・クリフPart2』ですかね~。

そうなんですよね。あまり余韻がない…。
でもパリ戦のスピード感と浮遊感は
予告を観たりするとフッと思いだすので良い感じですv-352
【2009/08/13 22:34】 URL | なるは #-[ 編集]

すみません・・・おひさしですm(__)m
URL差し替えて下さいませ・・・
私もすぐハリます。

して『GIジョー』って子供の頃のおもちゃでした・・
【2009/08/14 18:55】 URL | Phantom #aD5n/OBo[ 編集]

>>Phantom さん

了解しました!
リンクし直しましたので、
ご確認よろしくお願いします!

あ!そうなんですね!
私G.I.ジョーの元ネタ知らずに観たんですよ~。
玩具がネタだったんですね~。
【2009/08/16 13:44】 URL | なるは #-[ 編集]

この作品
アニメとかは子供みたいな話って聞いたけど実写映画ってそんなこと忘れさせてくれるからすごいですよね><
【2009/08/18 18:12】 URL | リノ@ヴァイラス #-[ 編集]

>>リノ@ヴァイラス さん

いつもコメントありがとうございます!

確かにそうですね。
まぁ映画は…うん、こんなもんかなという感じですが、
実写というのは急激にリアリティが増しますよね。
それが映画の醍醐味と言いますかv-398
【2009/08/18 23:42】 URL | なるは #-[ 編集]

う ぜ ぇ お前のコメントまじウ ゼ ェ

女優が自分みたいな顔立ちとかいって、自分の顔みたことあんの?

てか何一生懸命批 判にプログかいてんの?

心狭い世界に生きてて同じく空気すってると思うとマジき もいんだけど。
【2009/10/16 03:32】 URL | frek #-[ 編集]

>>frek さん

はじめまして、frekさん。
頭ごなしに怒られたー…と反省しましたが、
ちょっと勘違いされてたので
まじめにコメント返させていただきますねm(._.)m

私がわかりづらい格助詞を使ったために紛らわしかったですね。
「私のタイプ」より「私がタイプ」にするべきでした;
まさか自分が女優さんと同じタイプの顔立ちだなんて思いませんよー!
もしかしたら、同じような解釈をされてしまった方もいるかもしれませんので、
ここで完全否定させていただきます!

あと、この映画レポに関しても、
批判一辺倒ではなかったと思いますが、不快だったらすみせん;
frekさんはこの映画がお好きなんですね?
一生懸命率直映画レポートを書いていますので、
軽く受け流してください(^-^;

また他にもきもい記事いっぱいあるので、ご注意ください!(この記事の比じゃないです;)
コメントありがとうございました。
【2009/10/16 08:04】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



G.I.ジョーと言えばアクション・フィギュア。ある特定の世代以上にとってはかなり入れ込んでいる人も多いはず。本作はこのフィギュアをTVアニメ化した番組をベースに実写化した作品。監督は「ハムナプトラ」シリーズで製作・監督を務めたスティーヴン・ソマーズ。出演... LOVE Cinemas 調布【2009/08/09 10:22】
  G.I.ジョー G.I. Joe: The Rise of Cobra   出演:チャニング・テイタム シエナ・ミラー マーロン・ウェイアンズ 監督:スティーヴン・ソ... 夢のもののふ【2009/08/10 00:45】
『G.I.ジョー』  G.I.JOE:THE RISE OF COBRA 【製作年度】2009年 【製作国】アメリカ 【監督】スティーヴン・ソマーズ 【出演】チャ... こわいものみたさ【2009/08/15 00:26】
「この戦いかなり茂樹的 (誰よ)」 日も落ちるのが早くなり 夏も終わりそうです。いかがお過ごしでしょうか。 こんばんわ まっ... 今日のまっくす☆【2009/08/17 00:01】
この戦い、かなり刺激的。 アメリカの兵隊アクションフィギュア「G.I.ジョー」。それを基にいたアニメをベースに実写化したSFアクション。 世界征服を企むテロ組織「コブラ」。NATOが開発した化学物質ナノマイトを強奪し、強力破... 七海見理オフィシャルブログ『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』Powered by Ameba【2009/08/29 13:00】
『G.I.ジョー』 G.I. JOE: THE RISE OF COBRA 2009年・アメリカ 男の子向けバービー人形としてハスブロ社が発売している玩具シリーズを元に映画化。 ... 猫の毛玉 映画館【2009/09/05 22:26】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 陽面着陸計画, All rights reserved.