ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


僕の奥さんにしたげる。

いん・どりーむず

IN DREAMS/殺意の森』を観た。

お久しぶりです!
ロバート・ダウニー・Jr.祭、第26段
過去のロバダニ祭はコチラ

…ん?
えとー んとーぽかーん
恐い映画なのかなって身構えたんですが、
全然恐くなかったです。
ていうか、意味わかんない。
否、意義わかんない。
何がしたかったんですか?

ロバダニはねぇ、殺人鬼の役だよっ

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

この映画を解く鍵は、
1時間11分。





嘘。

ロバダニが本腰で登場するまでの時間です。
すげーーーーーー待った!!
それ故に、本腰セリフ「俺の家に来るか?」の一言に、
大盛り上がりの私!! いくいく!いくし!


さて。映画の内容ですが。

夢。
小さな少女が何者かに手を引かれ、
森の奥へと連れて行かれる。

いん・どりーむず
わたしー透視できるのー。
正夢になんのー。誰か信じてー。

ま。そういう設定なら、それはそれで良いとしよう。


不吉な夢を何度も何度もみる。
これは予知夢なのか。
いいえ、きっと気のせい。
確かにこの間近所で少女が誘拐されたが、
彼女の遺体は湖で発見された。
森へ連れて行かれた少女とは一致しない。

しかし夢は深まるばかり。

そして、夢は正夢となる。
いん・どりーむず
この上ない悲劇
わたしはもう生きていけない。

でも夢は続く。
そしての夢の中に。


…なんか、知らんが彼と夢で出会い、
そんで犯人探しに利用するんだけど、
精神病院に入れられて、
でも脱走して、彼の所在を突き止めて、
夫婦ごっこして脱走するけど見つかって、
一緒に転落して…ってあれ?完全ネタバレですねこれ!

ていうか、こうして思い返しても
何だったのかよくわからん映画だった

や、難解とか、そういう知的な面でわからないんじゃない。
だからどーした。という、妥協できない不可解。

なんで犯人がこういう行動するに至ったのか、
いん・どりーむず
悲しい過去を見せてはいるものの、
登場人物の行動がみんな生半可で納得いかない。
映画の冒頭とか、雰囲気は良かったんだけどね。
出だしは順調だったんだけど、
いざ犯人が出てきてドタバタして一件落着しても、
え、でも結局何も解決してなくない?みたいな。
物悲しいバッドエンドとも1000歩くらい譲って思ってあげても良いけど、
あのオチは単なる呪い返しで、
クレア(赤いドレスの女性:アネット・ベニング)はそれで満足なの?みたいな。



勝手だけど、私はロバダニに謝りたくなったよ。
ごめんね、くだらない役演らせて…!
しかし、それでも手を抜かないロバダニは
やはりすごいもんですなぁ!

ニール・ジョーダン監督の作品は、
他は物凄く評価高いんだけどね…。
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の監督だったんだねぇ。


少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

ロバダニがね、
いん・どりーむず
赤毛緑眼だったの!!!!!
画像が極端に出回ってない映画なので
残念ながら麗しきロバダニを見つけられなかった…

トロピック・サンダー』の金髪青眼も超絶素敵だったけど、
今回のロバダニもそういう意味では素敵だった

ただやっぱりキャラの弱さというか。
悲しい過去を背負っているが故、
幼少の時に受けた虐待(?)故、
ああいう人間になってしまったってのを言いたいのはわかるけど、
どうにも宙ぶらりんなキャラクターだったなぁ

でも幼児化したロバダニはかわいかった!ほけー…
「ま~ま~ぁ?」というセリフだけじゃなく、
顔つきまで子供でした。

そういう子供のまま大人になった感じで、
斧をブン回すシーンも迫力あったな

ロバダニの演技が一番光るのは、映画の終幕時。

結局ロバダニはその精神障害によって実刑は免れる。
精神病院で生き続ける…という、
ちょっと続編も期待できそうな展開だったけど、
ここからヒロイン:クレアの逆襲が始まる…。

これまで彼の夢を見せられ、
更には白夢中に悩まされ、彼に操られていたクレア。

だから、私も夢を通してあんたを呪ってやるぞ、みたいなオチ。
鏡にガチンと頭をぶつけ、
夢に呪われるロバダニ。
絶叫し、ドアのガラスに顔をべったりつけ、悶える!

これまで殺人鬼のヴィヴィアンのキャラクターは
確立しないまま宙を舞ってたけど、
ロバダニがしっかりヴィヴィアンに感情を注入してくれたので、
人間らしく終わりました


だけど正直映画としては微妙。
結局のところ、クレアは家族をヴィヴィアンに殺されたのに、
結構愉快犯みたいな感じでヴィヴィアンを夢で呪う。
あんたそれどころじゃないでしょ、みたいな。
悲劇も悲劇だよ。
結局事件が落着するまで、旦那の死を知らなかったはず。
で、ヴィヴィアンが収容された頃には
支えだった旦那の死を知っていたはず。
そこに、ヴィヴィアンに対する気持ちの差がほしかった…。


映像は時折すごくうまかった。
車ごと湖に落ちちゃうシーンとか、
橋から湖に落ちちゃうシーンとか。
撮り方とかうまくて、浮遊感があった。 内臓の。

映画序盤の、娘が誘拐され、その遺体が発見された時の、
夫婦の心情もすごくよく描かれてた。

序盤の力ある表現力がそのまま持続してればなぁ。


全体的に抽象的だったのかもしれない。
夢とか透視とか、
サスペンスの主力として遣われるとリアリティに欠けちゃう。
ハラハラもドキドキも半減しちゃう…


ロバダニを観るがための私にとっては
これも彼の歴史だと思うと満足だけど、
特にロバダニに対して熱がない人は
この映画は完全にスルーすべき… ごめんねロバダニ!


そうそう。
彼が森のジュース工場に潜んでいた時は
髪の毛がびよびよで後ろで束ねてたけど、
精神病院に収容される時にはバッサリと髪切ってました!
それが!爽やかで!
めっちゃかっこよかったーーーっ!+緑眼



うん、もうそれだけ。
映画鑑賞中のメモに「は!?」って書いてるくらい
しょうもない映画だったみたい…。
髪型超かわいいし❤❤とも書かれてる(笑)

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





始めまして、RDJファンです。アリーで、惚れて、彼の作品レンタルで見直したら、「あ、この作品見た!犯人が好みのタイプだった!」ってRDJでした(笑)
レスザンゼロも大好きです。
あの頃から、いい感じに年取ったなぁと。

あの頃から、いい感じに年取ったなぁと。
【2014/08/18 22:15】 URL | ミロ #XP4eP3M2[ 編集]

>>ミロ さん

こんばんは!はじめまして!!
古い記事にまでさかのぼってくださって、
ありがとうございます!!!!


このロバート、本当に素敵ですよね~!(*^^*)
先日、『レス・ザン・ゼロ』が
ムービープラスで放映されていたのですが、
素晴らしい歳のとり方だなと、改めて思っていたところでした。

私は比較的最近(『アイアンマン』で)ファンになったので
若い頃よりは、断然今くらいの年齢の方が
魅力的に感じますが、
昔からのロバートのファンにとっても
こんなかっこよく歳をとったとなれば
願ってもいない喜びでしょうね!(≧∀≦)
【2014/08/21 21:15】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。