ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
さぶうぇい123

サブウェイ123』をやっと観た!

あーもーおぃ、どんだけ観るまでに時間かかってるんだ!
デンゼル・ワシントンジョン・トラボルタの競演!!
それだけで観る理由になる。価値がある。

地下鉄という閉塞空間。
犯人の知能的な要求に従うしかないのか。
NYの日常が、脱線する。

期待していたほど脳震盪を起こすような衝撃はなかった
でも、普通に楽しめる!
というか観といて損はない!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

デンゼルとトラボルタですから、
長く公開していると思ってナメてました。
いつも行っている映画館は早くも、
一日一回の上映となりました…
しかもレイトショーじゃないし

映画を観る上でのコツは、
デンゼル・ワシントン出演作は逃すな!
これ、持論じゃなく正論に近いと思います
デンゼルは良い脚本を呼ぶ力を持っています。
滅多にハズレには出会わないと思います。
万一ハズレだったとしても、
デンゼルの演技が共感に引き込むために
ハズレだったと思えません。

『サブウェイ123』は正直なところ、
思ったよりはパンチがなかった
でも何なんだろう。
観終わった後の「よし Σ」感?
それは譲れないんだよね。

色々腑に落ちない点もあった。
リメイクだけに、
じゃぁオリジナル版の『サブウェイ・パニック』(1974)は
どうやってこの問題を解決したのさ?ってそっちが気になったり。
あとジョン・トラボルタが演じる地下鉄ジャック犯:ライダーも、
結局のところ、その行動を裏付ける揺るぎない理由がパッとしなかったり。


でも主演と悪役のバランスがガッチリしているというか、
やっぱり大御所が映画を格上げするから、
うん。おもしろかった。になるんだろうなー
もうしっかり緊張感を描くんですよ!彼らが!



あとは、トニー・スコット監督の
若い映像感覚が相俟って、観やすい作品になってます!

(私が観に行った時は老夫婦が多かったけど、
 あの映像感覚は衝撃が強かったのでは…笑;)


あまり高望みせずに観に行けば、全然楽しめる!

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

とにかく、
デンゼル・ワシントンを信頼してます。
もしこれが、ジョン・トラボルタだけが出てるような作品なら、
ちょっとばかし不安が漂うけれど。

それにデンゼルとトニー・スコット監督との
4度目のお仕事だからね。
クリムゾン・タイド』はずいぶん前に観たからもう一度おさらいしたいな。
マイ・ボディガード』は個人的に、
デンゼルの作品の中でもちょっと落ちる作品だけど、
ダコタ・ファニングとの演技合戦には涙を抗えない…!
一人で観てたら嗚咽ってたと思う。

そ し て デジャヴ』!!!
この映画があるからこそ、デンゼル×トニー・スコットを期待してしまう!
本当に好き過ぎてたまりません!
なんていうか、リアル感?
理不尽な条件設定が、手放しのサイエンス・ファンタジーにしない。
脳が弾けるような爽快感!
いやむしろ、
ルービックキューブの色がカチカチカチと揃う感覚!

ま。そんなトニー監督ですが、
いつもその映像感覚には触角が動かされます。
編集がウマイんだよね~。トーンも好き。
ただ今作は、やけに若づくりなイメージ…
特にオープニングクレジットとか護送シーンとか。
いつもあのテの手法は使ってるんだけど、
いつもの加減がないようで、大人げない感じ…。
え 私が老けた? いやいやそれはないはず…。

音楽も何度もトニーと手を組んでいる、
ハリグレこと、ハリー・グレクソン・ウィリアムズだけど、
彼は逆にちょっと元気がなかったなァ
ウルヴァリン』に期待です。



さ。それでは俳優です。

もう、デンゼル・ワシントンは観れば観るほど思う。
さぶうぇい123
本当に良い俳優だなァ!!
役への浸透具合が懇切丁寧で素晴らしい
デンゼルがふっと脚本の読み込みに入ると、
観客もハッと登場人物の心情に気づかされる。
デンゼルが潤んだだけで、
その奥に何を思って演じているのかが流れ込んできて、
くーんっと喉が重たくなります


そしてそのデンゼルの演技に対抗するは、
さぶうぇい123
ジョン・トラボルタ!!ほけー…
う~ん、この悪者ルックがたまらないっ
友達とは公開前から彼の刺青に大盛り上がり(笑)

ただライダーのモノの考え方は嫌いです。
ライダーはライダーでもスペルが違います。
コーヒーとコーフィが違うように。
グリーン・マイル』ネタでした(笑)この間観たので。


や 当然悪役だから当たり前って思うだろうけど、
この映画はいい加減な政治家やらを批判している作品でもあった。
でも人質に向かって銃を突きつけて、
俺が殺したんじゃない!
いい加減なあんたが殺したんだ!っていうけど、
あの理論って結局矛盾してるよね…。
単なる責任転嫁っていうか。
それがテロリストとかと同じで、
報復するために、張本人を狙わずに無関係な人を狙ってどうするのか、と。
や とにかく報復というのは実に浅はかで、それ自体あってはならないけど。
無茶苦茶な自分都合な理論を押し通すのはおかしい。

ま。そんな堅いことは置いといて。
やっぱりジョン・トラボルタも箔がついてきたな~って
その…やっぱりライダーの犯行の目的っていうか、
それに対する執着心がいまいち安定してなくて、
共感からは程遠い役だったけど。
そういう役でも楽しそうに演じてるトラボルタを観てると、
自然とこっちもテンション上がってくるっていうか。
いやぁあの髪型と髭!
あの体格だから、街中にいたら避けるよね!!
結局すごくさみしがりやな人だな~って思った。


わっ
ガーバー(デンゼル)の上司はマイケル・リスポリか!
名前まで把握してる俳優ではないけど、
結構なんでもできる俳優なんだなァ!
デス・トゥ・スムーチー』では、ちょっと幼い感じの役を見事こなしてたし。
今作のムカつき具合といったら!! ウマイね!


市長役の人は好きでした。
というか、役柄が良かった。
ジェームズ・ガンドルフィーニはちらちら他の映画でも見かけてるようで、
確かにどっかで?という初めてじゃない感覚はあるものの、
どんな役をやってたかは覚えてない。

ヘリの話は笑える。
そしてこの市長、バカじゃないのがイイ。
彼の活躍も見モノです!


ジョン・タートゥーロは最近よく出ますねぇ。
トランスフォーマー リベンジ』にも出てたな。
ガーバーを案外素直に信頼してくれたのが嬉しい。


俳優は、ま、そんなところです。

でもやっぱり人間の描き方が良いのか、
若干ちょうちょうしいところもありながらも
見せ方がうまいので潤みます…!
また結構スリリングだから余計テンションが上がって。

映画館で観る価値があるほどスゴいアクションではないけど、
まぁここはデンゼルを信頼して、劇場に駆け込んでも正解。
あ。でも駆け込み乗車はおやめください。


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





そう!大御所が映画を格上げするってその通りだと思う。巷間いまひとつ評判がよくないこの作品だけど、確かにこの2人でなかったらそうかも。
でもこの2人が作り出す緊張感は十分に伝わったし、目が離せなかったです。
もっとも最初はデンゼルって解らなくて。(笑)何しろ前作の「アメリカン・ギャングスター」が私は好きで、あの時のデンゼルがカッコよくて!
で、あとで考えてみたら、あの時共演だったラッセル・クロウも今はメタボ状態ってことでメタボつながりか?!とかおもって一人笑っていたりしました。
まあ、お話的には列車を降りた時点で事実上終わりなんでしょうね。私はそういう風に受け止めました。
【2009/09/25 01:51】 URL | KLY #5spKqTaY[ 編集]

>>KLY さん

いつもコメントありがとうございます!!

>お話的には列車を降りた時点で事実上終わり
それ、ありますね~、同感です。
後半はやっぱり間延びしたまではいかないですけど、
見せ場は終わったなぁという感じでした。
『スピード』はある意味正解ですよね。
『バス123激突』なんていうタイトルだったら、
やっぱりバスから降りた時点で映画が終わりますよね(笑)

『アメリカン・ギャングスター』のデンゼルは確かにかっこよかったですね。
私もあの映画で、「あ、デンゼルってカッコイイ人なんだなぁvv」って思いました。
俳優としてはピカイチですけどね(^_^)

でも歳とりましたよね、デンゼル。
体形というより、顔つきが。
【2009/09/27 18:32】 URL | なるは #-[ 編集]

いいなぅ・・w

まだ『サブウェイ・パニック』(1974)しか見てないんだおね^^;w

DVD待つしかないかぁ><
【2009/09/28 17:17】 URL | リノ@夏希 #-[ 編集]

>>リノ@夏希 さん

お名前変えられました??
いつもコメントありがとうございます!

『サブウェイ・パニック』が観たいですね!
当時ならどうしてたかと思うような点が多々あったので!

DVDでも大丈夫な作品ですよ!
【2009/09/29 22:12】 URL | なるは #-[ 編集]

おはようございます。


トニー監督の映像はカチカチと目まぐるしいですが、
案外お年寄りでも楽しめる作品のような気がします。
CGに頼らない、古典的な映画作りをしているから。


>デンゼルがふっと脚本の読み込みに入ると、
>観客もハッと登場人物の心情に気づかされる。
>デンゼルが潤んだだけで、
>その奥に何を思って演じているのかが流れ込んできて、
>くーんっと喉が重たくなります

とても繊細な表現ですね。
本作のデンゼルは、ただのおデブさんに見えるときもあり、
ボンヤリしてると名演技を見逃してしまいそうです。
【2009/10/04 10:39】 URL | ケン #JkPZIk6.[ 編集]

>>ケン さん

いつもコメントありがとうございます!

>CGに頼らない、古典的な映画作りをしているから。
あ~!そうですね、言われてみれば。
なのに衝突シーンなどは迫力もあって、
その辺はさすがトニー監督だなぁ!と思いました。
「お年寄り」とくくってしまいましたが、
特殊効果が大好きな人もいるでしょうしね(^∀^;)


デンゼルは今回「一般ピープル」な雰囲気を出すのがうまかったですね!
ヒーローすぎないところにリアリティも感じるように思います。
【2009/10/04 12:59】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



『アメリカン・ギャングスター』のデンゼル・ワシントンと『ヘアスプレー』のジョン・トラボルタという豪華2大スターが共演!1974年の『サブウェイ・パニック』を監督は『トップ・ガン』のトニー・スコット、脚本を『ボーン・スプレマシー』、『ミスティック・リバー... LOVE Cinemas 調布【2009/09/25 01:44】
  サブウェイ123 激突 The Taking of Pelham 123   出演:デンゼル・ワシントン ジョン・トラボルタ ジョン・タトゥーロ 監督:トニー・... そのスピードで【2009/10/04 09:57】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.