ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昔はニューヨークに憧れてた
とりあえず、なんだってワケじゃないけど、
ニューヨークに行ってみたかった。

でも、ダ・ヴィンチ・コードに出会って
脳内で大革命が起こる。

世の中、フランスだよ、フランス。

そして、
「今年だ!今年なんだ!今年行きたいんだー!!」という、
突然の衝動に乗っかって、
初めて自分のお金で海外へ。


さぁ!そんなワケで!
結局フランスから帰ってきて
あっという間に数週間が矢のごとく過ぎましたが、
思い出はいつだって心に滞在しております
いよいよ旅行記たるもの、いってみよー!

続く旅行記、「フランスキ。」が、
左カラム一番上のプルダウンからも簡単に読めるようになったよ★ミ

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

一口にフランスと言えど、
まずは色々計画を練らねばならなかった…!

ただ、
『ダ・ヴィンチ・コード』ごっごしたい!
って気持ちだけじゃ、当然海を渡れないのです…。

パスポートを申請し、
旅行会社でツアーを申し込み、
オプショナルツアーも組んで、
トラベラーズチェックを発行し(ほとんど使わなかった…)
外貨も手に入れ、
トランクを買って厚手のものを詰め込み、
デジカメの電池を余分に買い、
メモリカードも余分に買い、
Google Earthでフランスを駆け回り、
母親に旅の同行を説得し、
6日間のフランス計画を立てる!!

初めて本気で「旅行計画」立てました。
本当に時間がなくて、正直こんなんでフランスに渡れるのか心配でした。


でも、渡っちゃえばこっちのモンです!!
ふらんすき
エールフランスに乗り込み、
ふらんすき
ロシアの頭上を飛び越え、
ふらんすき
あっさり入国です!❤


ととと、その前に。
映画に燃えるブログなんだから、
これを忘れちゃぁいけない。

機内で観れる映画!
最新のものだと、
男と女の不都合な真実』とか
カールじいさんの空飛ぶ家』とかありました。

でも注意しなきゃならないのが、
日本語字幕はないってことで、
当然観たことある作品じゃなきゃ
おっかなくて観れないです。
(吹き替えは一部あったみたい。)

一番、「どうかありますように!」と願ったのが、
ウルヴァリン X-MEN ZERO』!
もう一度、もう一度八重歯なリーヴ・シュライバーを拝みたい…!

ふらんすき
い た っ ❤
というワケで、リーヴくんが出てるシーンと、
あと『路上のソリスト』と『スタートレック』の冒頭を観ました

母は『消されたヘッドライン』の吹き替え版を観てました。
終わって早々、おもしろかった!とのこと。
「ラッセルさん、かっこよかったでしょ?」には返答ナシでした。 あれー?

私も映画をたくさん観たかったんだけど、
とにかく私にはもう一つ重要な任務が…。
だ・ヴぃんち・こーど
原作、読み終えなきゃ!!!(3回目)

時差は8時間。
時差とは実に不思議なもので、
時空を遡るようにしてフランスへ渡りました
つまり、旅行初日は1日が物凄く長い。
朝9時半出国で11時間飛行機に乗るけど、
フランスに着くのは14時と、なんともお得感

エコノミー症候群に耐えながら、
いよいよフランスに降り立った!!


まず、一番緊張したのは入国審査。
「旅の目的は?」「何日間の滞在?」
果たして英語で聞かれるのか、
フランス語で聞かれるのか… ドキドキ




「コンニチワー!」
「えっ? こ こんにちは…」
「ゲンキデスカー!」
「げ、 元気です … 」
⇒ ニューコクーッ


猪木か、あんたは!



はい。
そんな具合に、あっさり入国です。

ではここで、旅行1日目のプランです。
ふらんすき


ツアー料金に含まれる、
Cクラス(スタンダード)のホテル
(ちなみにツアー料金は二人で約30万
ホテルは選べないプランです。

フランスの旅の疲れを癒してくれたのは、このホテル。
ふらんすき
ホテル名:「グリル カンパニー ベルテイエ

一番の心配は「清潔感」。
でも全然問題ありません!!
グリーンが基調の現代的なホテルです。

地下鉄ポルトドクリシー駅からとっても近くて、
フランスでは珍しい、「ミニ湯沸しセット」が各部屋についている!
フランス計画を立てる際に、
まだホテルが決まってなかったので、
Cクラスのホテルを片っ端から調べたのでした。

その中で、やっぱり「ミニ湯沸しセット」は魅力的で、
このホテルが良いな~と思う内の一つでした ラッキー

ちょっと歩くとスーパーがあり、
日本からカップ麺(赤いたぬき)を持ってきたので、
お湯用のミネラルウォーターとお菓子を買いました。

スーパーのお姉さんが
美人だけどすっごい無愛想で恐かった…!!


このホテルの周辺は、
(どこの国も一緒だけど)若干治安が悪いと言われてたので、
有頂天になってるだけではダメだよね…と
お姉さんのおかげで身が締まりました…。


さて。
初日の夜は早速、オプショナルで
イルミネーションツアーに参加することにしました!

待ち合わせの時刻まで時間があるので、
早速パリの中心地へ向かいます!!


ホント、駅が近くて便利だった!
ふらんすき
地下鉄は大変便利!
どこへ行くにも地下鉄さえあれば大丈夫!
ふらんすき
アバウトなのか、おおらかなのか、
パリ内は距離や乗り換え関係なく切符1枚でOK!
観光客にとっては大変ありがたい

電車内のアレコレは、また後日♪


さてさて、サン・ラザール駅で乗り換えて、
(この乗り替えは失敗して、駅構内で道に迷った 笑;)
コンコルド駅で下車!

コンコルドといえば、コンコルドです。
ふらんすき
コンコルド広場!
勇ましく立ったオベリスクが目印です。
マリー・アントワネットが処刑された場所とも言われてます。

到着した時はまだ街灯が点いてなかったんですが、
1、2枚写真を撮り始めたらパッと!
パリの街灯は息をのみます…!

やぁ…とりあえず、この場所はすごいですよ。
なんでかって言うと、パリの有名建築物がダダダッと見れます。

まず、ブルボン宮殿を正面に見ると、
右手にシャンゼリゼ通り、その先に凱旋門
左手にチュイルリー公園、その先にはルーヴル美術館
(この時間帯はルーヴルがあまり見えなかったけど…。)
これらの名所は一直線に並んでいると言う、贅沢さ!

そして右斜め前にはエッフェル塔
ふらんすき
まだ完全な実感はないものの、
これがフランス、これがパリ…と
脳内に一生懸命、風景を押しこみました。

それにしても、
このフランス旅行で一番苦戦したのが、
イルミネーションの写真の撮り方。
カメラの機能上、シャッターを切るのが遅くなって、
ちょっとの手ぶれでもウワンッとブレる…。
時折悲しいくらいぶれてる写真があっても、遠目で見てください…(泣)


さて、目の前に見えるブルボン宮殿には行かず、
間逆の方向、マドレーヌ教会へ向かいます。
ふらんすき
この頃には日本の冬の17時頃と同じで、
ほとんど日は沈んでいます。
余計に写真に苦戦する時間帯となりました…。

ギリシャ風の様式のマドレーヌ教会。
52本もの柱に囲まれた、ちょっと異色な教会
ふらんすき
内部は写真撮影禁止の教会でした。
だいたいは写真撮っても大丈夫なんだけど、ここはだめでした。
入場料は無料です。

正直、マジでこの教会感動した…!!

フランスに来て、一番最初の教会だったってのもあるかもだけど、
実際「マジ」とか「感動」とか、言葉の概念失いました…!
丁度ミサみたいなのが始まって、
テノール歌手のような低く深い歌が教会中に響いて、
信仰心が篤くなる理由を早くも理解しました。
一番真ん中にある、「キリスト洗礼の像」が美しすぎて、
繊細過ぎて、華麗で可憐で、や。ホント美しかった

早くも離れがたい教会に出会ってしまったけど、
とりあえず次の目的地へ…。

お次はヴァンドーム広場
マドレーヌ教会から行くと、ちょっとだけ道に迷いました…。

パリの道には全部に名前がついているので、
曲がり角にある建物に付いてるプレートを見て、
地図上でどこか探せば辿りつけますが…。

え~…実は、初日に撮ったヴァンドーム広場が
写真ぶれぶれで使い物になりませんでした…

何でぶれにぶれたのかというと、
異様にテンションが上がったからでした

なぜって、ホテル・リッツがあるから。
ホテル・リッツですよ、ホテル・リッツ。

ロバート・ラングドン教授が泊ったホテルですよ。
映画ではこっから駆け出して、ルーヴルへ向かうんですよ!
旅行記と言っても、脳内は映画でいっぱいです



とりあえず、初日は時間がないので、
今度はそのままオペラ座(オペラ・ガルニエ)へ。
ふらんすき
美しすぎでしょ!!

近寄ってみても、その造りの緻密さに感激!
ふらんすき
何体も何体も、こうした石像が飾られてるんです…!
またこの石像たち、
生きているような動きをしていて、滑らか~っ

失態は、中を見なかったこと!!!
普通に見学できるんですねっ!
また今度、フランスに行ったら見ます。 行く気満々。


ツアーの時間までの間に、
夕食をとることになりました。
小道を行けば色々お店もあったと思うんですが、
何しろ薄暗いし、まだパリに慣れてなくて若干恐かったので、
オペラ大通り沿いでお店を探しました。

よくわかんないけど、ここで良いか…と、
入った飲食店がこちら。
ふらんすき
ロイヤル・オペラ

日本人の接客が慣れてそうな店員さんが
メニューを見せてくれましたが、
メニューは当然フランス語で決めかねてました。
店内から外を見ると、
あっちこっち飛ぶように書かれたカタカナで、
「オススメメニュー」と、日本人向けにありました。
とりあえず、これで良いか、ということに。

あと飲み物。
母は赤ワインを頼みました。
私はフルーツジュースがいくつか種類があったので、
それにしようと頼みました。

私「あ~ぇ~ ラフランス??(洋なし)」
店員「ノン!」
私「え、今日はないの…?
  えっと…じゃぁ、ピーチ?」
店員「ノン!」
私「へ?これもないの?
  じゃぁ…オレンジで…orz」
ものすごくリアクションの大きい店員さんで、
ノン!と言う時もデッカイ×を手で作って示してくれました…。
…って、別に嬉しくねーー!
何でないんだよ、ラフランスとピーチ!!


さて。
別の客に出して、余ったフランスパンが入った籠が、
そのままテーブルに置かれました…! 日本人なめられてる!;
嫌なら手をつけなきゃ良いんです。

料理がきました。
豪勢でしょ??
ふらんすき
ただポテトが山盛りなだけですから! Σ

とっても不思議なことに、
一体どんな原因があってそうなのかわかりませんが、
鶏肉もまずかったですっ★


私「お母さん。これからお昼や夜はさ、
  どっかスーパーとかで買ったやつとかを
  ホテルで食べよう。」
別にこの程度の料理、なんだってワケではないんですけど、
なんだってワケでもないくせ、高いんです!
12ユーロの料理と、4ユーロの飲み物。
1円=約135ユーロです★
こんなとこでお金かけるなんて、アホらしい!

とりあえず、トイレは借りないと。
日本のようにコンビニとか、駅とかで
キレイなトイレは望めません。
カフェとか入ったついでに済ませなければ。

ここのトイレ、
男子トイレ女子トイレの概念がないよっ★
他の外国の女性客も参ってました。
女子トイレどこ?と。
結局女子トイレは工事中のような感じで(便座すらなかったが…)、
男子トイレの中にある個室を使うようです。

トイレットペーパーがありませんっ★

一旦席に戻って、ポケットティッシュを手にトイレへ。
「あれ?個室があかない…。」
鍵もかかってる風には見えなかったけど、
中から「うう」だか「うぉ」だか声が聞こえて、
初めて人がいると気づきました…;

そしたら男性の店員が出てきたよっ★

男性(しかも店員)は個室使うなよ!女性客用じゃないのか!?
しかも便座が上がってて、触りたくない…。






はい。
まぁこれ以上は私もこれでもオナゴですから、話しませんが…。
トイレ事情。痛感しました。


さぁ気を取り直して!

まだちょっと、ツアーの集合まで時間があります。
「る… ルーヴル行ってみる??」

ふらんすき

…ボーゼン。

え。 私、本当にフランスに?
これが本当のルーヴル??
母と二人、呆然としてしまいました。
母はフランスは2回目なんだけど、
まだガラスのピラミッドがない頃に行ったきり。

来ちゃったのかね?と二人で半信半疑。
私にとって、夢にまで見たガラスピラミッド。

ふらんすき
瞳孔が開きっぱなしで、
それでいて脳では認識できなくて、
とりあえずひたすら写真を撮りまくりました。

結局、ルーヴルには初日の夜から毎日通います。
一番写真が多いかもしれない。
本当に好きです。大好きです。


そして、いよいよ宵も深まり、
イルミネーションツアーへ!!

<Emiパリ物語>ロマンチックなパリの夜景
イルミネーションツアー(日本語専用):二人で約1万円。

Emiトラベルが主催。パレ・ロワイヤル広場に集合。
バスに乗り込み、いざバスツアー!!

日本人ガイドさんが細かく説明してくれ、
さらにこのツアーはただ車内からみるだけでなく、
バスから降りて写真を撮る時間もくれる。

降り立つ地点は、まず凱旋門
ふらんすき
夜の凱旋門も、それはそれはロマンチック
この凱旋門の姿、よく覚えておいてくださいね!
3日目にはまたちょっと違った姿の凱旋門に出会います!


さてさてまたバスに乗り込み、
今回のバスツアー…、否、
この旅行の大目玉の一つといっても過言ではないエッフェル塔

エッフェル塔が大目玉?
確かにフランスの顔とも思える名所だけど…。

それがそうなんです。
今年は大目玉なんです!!

なんてったって、
エッフェル塔120周年!!!!
120周年ともなると、すごいことが起きます。

ニュースとかでも周知のことと思いますが、
通常の5分のライティングショーのところを、
+12分(120周年にかけて?)の、計17分に拡大!
日に5回くらい行われる、ライティングショー。
私たちは一番人が少ない、23時の代を見物。
ベストスポットまでバスで向かい、降りてじっくり観ることができました!

ふらんすき
※母撮影
これが、シャンパンフラッシュ!!!
普段は絶対観れない、色や光を放ちます!!!
(私は動画に専念。動画は重過ぎたのでアップが難しいなぁ・・・。)

絶対に今年行く!行くんだ!と誓った時が、
丁度エッフェル塔120周年だったとは…!きらーん
花火を観ている時のように、
観光客の歓声も一体感があって素敵でした
本当に光りが細かく動くので、
一体どうやってセッティングしたのかと、感服します。


ぐるぐる~っと回って、
ふらんすき
最後はムーラン・ルージュの付近でツアー終了。
時間も時間なので、バスでそのままホテルまで送ってくれます(パリ市内のみ)。
ムーラン・ルージュに比較的近いところに私たちのホテルがあるので、
最初の方に送ってもらって、24時ぐらいに着きました

時差もあったのに、初日から目一杯遊んでしまいましたっ

それが後日、寝不足に…。
でも寝不足なんて、なんのその!
体力的には疲れても、精神的には癒されてます

では、1日目はこの辺で。
2日目はまた朝が早いので、急いで寝なきゃ!!


後日アップする予定の『フランスキ。』が散れ散れにならないよう、
記事の投稿日は後に旅行最終日(11月12日)に変更します。


投稿日:11月29日

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行





フランス旅行、すてきですね。
私も数年前に同じ気候の頃に行ったので、
その時の事思いだしながら見てましたv-22

続き楽しみにしてまーすv-353

【2009/11/30 11:07】 URL | ほよ #JaFhmbU6[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/12/01 12:40】 | #[ 編集]

なかなかのテンションのあがりようですね。

うらやましい限りです。

続きも期待してます。
【2009/12/01 16:35】 URL | 虫くん #-[ 編集]

>>ほよ さん

コメントありがとうございます!!

わ~っ ほよさんも行かれたんですね~!
私はフランスのことを思うと、
ぽわ~っと高揚して
でも急に物悲しくなってしまうんです…。

秋のフランスは比較的降水量は低いと思うんですが、
私が行った時はちょっと天気がぐずついてて…。
ほよさんの時は晴れましたかね?

引き続き、あと5.5日分、綴りたいと思います!
【2009/12/01 23:35】 URL | なるは #-[ 編集]

>>∠(*^ー^*)o さん

夢のような6日でしたね~…
うう…悲しくて泣けてくる…。
【2009/12/01 23:37】 URL | なるは #-[ 編集]

>>虫くん さん

こちらにもコメントありがとうございます!

そりゃぁもうテンション上がってしまいます!
自分がまるで、映画の中に入った気分でした!

引き続き、テンション上がりながら旅行記綴っていこうと思います。
よろしくおねがいします!
【2009/12/01 23:40】 URL | なるは #-[ 編集]

いいなぁ~フランス。
ちなみに、私もフランスに10分居たことあります。
ドイツに仕事で出張に行ったとき、フランス行ったことにしとこってことで、車で国境越えして、10分休憩。そして、ドイツに戻りました(爆)

写真綺麗に取れてますね~!
すばらしい!
【2009/12/02 22:45】 URL | とら次郎 #mQop/nM.[ 編集]

今日は^^
リンクさせていただきました
もしよろしかったら相互リンクおねがいします
ご検討のほどよろしくお願いいたします

映画人気ランキング娯楽部
http://269g.2-d.jp/09eiga/
【2009/12/03 16:47】 URL | 映画人気ランキング娯楽部 #-[ 編集]

なるはちゃんへ

この記事、アップ後早々に読ませてもらっているのですが、あまりのうらやましさに、コメントが書けなくて失礼しました~!

2日目以降の記事も、楽しみにして待っています☆
今日のメインはこちらです ↓

今月も 「ブログ DE ロードショー」 を開催しますので、お誘いに参りました。
作品名は 『チャイナ・タウン』 (1974年・アメリカ製作作品 監督はロマン・ポランスキー)です。

今月の、この作品を選んでくださったのは、 「ラジオ・ヒッチコック」 の ロッカリアさんです。
(ご存じとは思いますが、ロッカリアさんは、この企画のネーミングをして下さった方です☆)

お選びになられた理由は
1・こういう機会がない限り、あえて見ようとする機会が なさそうだから
2・クラシック作品等は、それなりに見る機会もあると思うが、このあたりの作品は年代的にも中途半端で、TVのオンエアも、現在ではなさそうだから
3・1と2の理由から、広い年代・特に若い人に 見るきっかけに なってほしいから
4・監督のロマン・ポランスキーも、つい最近も、何かと話題になっているから・・・など、との事です。

鑑賞日は12月11日(金)~13日(日)の三日間です。(お忙しくてご都合の悪い場合は後日でも結構ですよ~!)
是非、なるはちゃんと、一緒の時期に、同じ映画を見て、ワイワイ言い合いたいと思います。
(感想・レビューは強制ではありませんが、作品を選んでくださった方には、必ず書いて頂きます)

前からお願いしているように、なるはちゃんには、1月の作品を選んで頂きたく、よろしくお願いします。12月の企画が終了後に、詳しい事をお願いに参ります。

では、宜しくね~♪
【2009/12/04 09:01】 URL | サイ #jSBoJ0Ww[ 編集]

海外行けるていいなぁw
羨ましいおw僕はマイアミに行きたいですッ!←
外国の空気を吸えるだけでも羨ましいですw
【2009/12/04 13:40】 URL | リノ@ヴァイラス #-[ 編集]

こんにちわ
私は2年前にフランスに行きました。
ちょうど、地下鉄のストの時で、
地下鉄が止まっていました。

不便さはありましたけど、また行きたいです~。
続きを楽しみにしています。
【2009/12/04 18:54】 URL | えみごん #-[ 編集]

>>とら次郎 さん

コメントありがとうございます!

海外出張の記事読みました!
ドイツに行けるのも羨ましいです。
ぜひ今度は、フランス目当てで行ってみてください!

写真はよく見るとブレてますが…;
縮小するとごまかせますね!;
なにより、景色が素晴らしいので、
どこを撮ってもプロ並みになります(笑)
【2009/12/04 23:15】 URL | なるは #-[ 編集]

>映画人気ランキング娯楽部さん

リンクありがとうございます!
【2009/12/04 23:18】 URL | なるは #-[ 編集]

>>サイ さん

いつもコメントありがとうございます!

次回作が決まったのですね!
いつもわざわざコメントありがとうございます!!
またも、観たことない作品です;
楽しみです!

1月の件も了解しました。
いつもすみません。
よろしくお願いします!
【2009/12/04 23:32】 URL | なるは #-[ 編集]

>>リノ@ヴァイラス さん

いつもコメントありがとうございます!

本当に、海外の空気を吸えるだけで最高でした!

マイアミも良いですね~。
行ってみたい国が多すぎて、なんだかさみしくなってきます…;
でも頑張って行ってみたいですね!
【2009/12/04 23:36】 URL | なるは #-[ 編集]

>>えみごん さん

えみごんさん、初めまして!!!

地下鉄のストですか…!
地下鉄が止まったら本当に不便ですね;;

今丁度、タイムリーな話ですが、
ルーヴルやベルサイユ宮殿が
ストでお休みになっている観たいですね…!
観光客が可哀想でなりません・・・!

私の時も
ストがあるかもしれないといううわさが流れてましたが、
今日までにずれこんだのかもしれません。
ラッキーと言いますか、何と言いますか…。

えみごんさんも
さまざまな旅行記を書かれていますね!
まだちらりとしか覗いていませんが、
写真がキレイだな~と。
私もたくさんたくさん旅行をしたいです。
【2009/12/04 23:39】 URL | なるは #-[ 編集]

こんばんわ、なるはさん!

おぉぉ~、おフランス、十分に堪能されたようですね!
海外など行った事のないあたくしにはもう羨ましい限りー。

映画で観た景色を生で体感するって最高ですね♪
アドレナリンもダラダラもんかな~。
【2009/12/07 23:23】 URL | 猫人 #-[ 編集]

>>猫人 さん

コメントありがとうございます!!

堪能堪能超堪能です!!
ものすごく良かったですよ~♪♪
私も海外はこれで2国目(1回目は小学生…)だったので、
猫人さんもぜひ行ってみてください★


アドレナリンが出まくりでしたね。
それでいて教会などの神聖な場所では
心が洗われるような気持ちになりました。
【2009/12/08 00:17】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。