ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい

死 す 。

2012

2012』を観た!

今さら、やっと観た。
これは映画館で観るべき。
恐怖に震える。
あらゆる疑問点が脳裏に浮かぶ。

ディザスター映画の金字塔、
世界の終末を前に現わる!!


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

「単なる、ディザスター映画でしょ?」

大災害、大天災…
これらをテーマにしたディザスター:パニック映画は
これまでにたくさん作られてきた。

ありそうな、ありえないでほしいテーマ。
2012
大災害や大天災には、人類および生物は成す術がない。
偉大なる自然の力には到底及べない。
どうもこうも、しようがない。
ある意味、触れてはならないテーマ。
映画としては、
やるだけやって、お決まりのクライマックスしかないから。

この映画も正直、
やっぱりクライマックスは頭をかしげるところ。
映画としてはこう終わらす他、方法ない感じ。
「じゃぁあんたが作るならどうするの?」って言われると、
当然考えもつきやしない。
だから触れちゃいけないテーマなんだってば。

でも。
この映画を凄いと思えるのは、その映像
2012
想像を絶した。
太刀打ちできないレベルの崩壊具合。
エンターテイメント映画という域を超えてる。
本気で、
恐怖で手が震えた。
心臓が波打った。



下半期になってから映画館で観た映画は
イマイチ手応えを感じるものがなかったけど、
『2012』は久々、映画らしい映画だった。
「観たあああああああ!!!」という手応えアリ。



今ならまだ間に合う。
検討中の人は、思いきって映画館へ走れ!!

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

ディザスター:パニック映画って
どんなのがありましたかね?

パッと浮かぶのは、
ボルケーノ』、『』、『アルマゲドン』、『ディープ・インパクト』、
ザ・コア』、『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』…もろもろ~…。
個人的には『インデペンデンス・デイ』の熱い感じは好き。
『デイ・アフター~』や『ディープ~』はなんかあんまりおもしろくなかった…。
映像に見慣れちゃったのか、
特別凄い感っていうのがなかったからかな。
当時の映像と比べちゃうのはかわいそうだし、
映画館で観るのとTVを観るのとでは差も歴然だしさ。


ディサスター:パニック映画は、
人類の滅亡を予感させたりするものだけど、
屈強を乗り越え、新たなスタートを切ろうよ!的な話が多い。
人々は助けあわなくっちゃ、という。

『2012』も当然そういう描き方をしなきゃ
作品をまとめるという上では避けては通れない。
だけど、これまで観てきた同じ系統の映画としては、
案外正直に描いているのかも。

善い人、悪い人を問わず、
金がある人たちだけが生き残るためのチケットを手にできて、
その、言わば生きる権利を与えられた人たちだけが
生きるか死ぬかの瀬戸際で輝く。

つまり、
私のような一般ピーポーはお呼びでないワケ。

映像技術が発展したからこそかもしれないけれど、
生きる権利を与えられなかった人たちは
それはもう非力に、あさっり死んでしまう。
祈っても、手を取り合っても、叫んでも、
現状を打破する術を持っていない、とるに足りない人。

映画には主人公や主要人物が必要なのはわかってる。
だから、ほとんどの映画は
メインキャラクターを「善い人」として描くために、
とるに足らない人の死を映像の中には組み込むけど、
あくまで背景や演出の範囲でしかない。


でも『2012』って、
ほとんどの観客が「お呼びでない人」にあてはまるから、
メインキャラクターや助かったその他一部の人が
「生き残った喜び」の姿を観ても手放しで喜べない。

助からないかもしれない、ドキドキヒヤヒヤ、
わ!助かった!!!……え、でもさ?
何か腑に落ちない。
だってこの映画に共感しようとすればするほど、
気づけば共感すら与えてくれない、「お呼びでない」自分。
それを、正直に描いてくれる、意地の悪い映画なのです


メインキャラクターは助かります。ほぼ。

2012
もちろん、あのキャラクターをここまで頑張ったのに死なせるとか、
善悪問わない展開もすごかったけど。

映像の視点はメインキャラクターにあって、
涙し、助け合い、喜び、新たなスタートを切る。

でも、「お呼びでない」自分自身を意識させる、
「お呼びでない」自分の視点を、
実はよくよく描いていた映画なのかもしれない。
「選ばれない」者たちへの意識を。

------

世界の滅亡の時、
限られた人間しか生きる権利が与えられないなら。


果たして、誰が選ばれるべきなのか、
誰が選ばれないべきなのか、正直わからない。

人間は足し算引き算では表せない。
大統領が10で、
一般ピーポーが1の価値しかないことは、断じてない
だからといって、
映画でもちょろっと出た「くじびき」で選ぶのも、
あまりしっくりいく選出方法じゃないような…。
人間平等と言えど、
その平等を奪って、平等の天秤を崩す犯罪者だっているし、
犯罪者に生きる価値がないのかと問われれば、
死刑制度があるからに、価値があるとは言えない。
私は死刑制度は反対しないし。

でも自分が選ばれるべきでない人として判断されたら、
嘆きに嘆くだろうな。
そして、選ばれた人を妬むだろうな。

映画を一緒に観に行った友達が、
「新型インフルエンザもそうだよね」と言った。
お年寄り、幼い子供、妊婦、医師。
当然だけど、優先的にワクチンを接種できる人たち。

インフルエンザに対抗でき得る私たちは
ワクチン接種の優先順位は下げられる。

でもこれが新型インフルエンザじゃなくって、
死に至る病、発症率100%とかだったら
当然とか倫理とか道理とか、忘れちゃうだろうな。
生物である限り、ほぼ、生きたいと思うのが当たり前だから。

映画でも描かれた、
方舟に乗れる、生きる権利を与えられた人たち。
倫理観を説こうとすれば、
「じゅぁそのチケット(生きる権利)を
 誰かに渡せばいい!!」と言われるがオチ。
結局ぐうの音も出なくなって、
そりゃぁ自分の命が惜しいから黙るよね。

チケットを手にしたまま、
助け合おう!助け合わなきゃ!なんて言われても
説得力に欠ける。

だけど、それが悪人とは言えないんだよね。
自分だって、その立場だったら、絶対そうするから。


解決しようのない問題定義を、
提示だけして、うまい具合に置き逃げしてく映画だった

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン
------

2012
ジョン・キューザック
ここまでドでかい作品に出るとはな~!!

でも彼が演じるから、またこれはこれでおもしろかったのかも。
正義のヒーローっぽくない、
一般ピーポーの代表だったからかな。
方舟がある場所を記す地図を手に入れて
命からがら飛行機に飛び乗るシーンの時に、
地図を一瞬手放しそうになって、慌てて掴むとか
かなり細かい演技を入れてて感動した
サエない顔だけど(失言)、ジョン・キューザックはおもしろいね!!


上の画像右にいるウディ・ハレルソン
ここに出てくるとは思いませんでした!!
やっぱり良い演技するよね~。


一番ヒーローっぽいのは、
ロシア人飛行操縦士:サーシャ。
2012
彼の活躍は目覚ましかったですね!!
最初は冷徹な男と思いきや、結構熱い
ヨハン・アーブさん。エストニア人みたいです。
194センチの、かなりの長身のようです。
飛行機を持ちあげる時の
「どぅおおおおお!!!」な熱い感じは良かった。


オリヴァー・プラット
最近観た映画でよく見かたなぁ
フロスト×ニクソン』で役者としての幅を広げたと思うけど、どうだろう。


キウェテル・イジョフォータンディ・ニュートンダニー・グローヴァー
黒人俳優がとっても活躍する映画でしたね!!
これも、オバマ大統領効果でしょうか!
でもダニー・グローヴァーが大統領役をやるのは、
オバマ大統領がまだ就任前のことだったようです。


監督は、ローランド・エメリッヒ
…まぁ、おもしろい映画も、つまらない映画も作るよね(笑)
ディザスター:パニック映画代表格、
『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』も、彼。



とりあえず、生きるための術として、
億万長者にあと3年でなる方法を模索しなくてはと思いました。
こんな良い方法があるよ!というコメント、
どしどし応募待ってます★

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





・・・っていうか、そんな方法知ってたら自分で実践してますよ(笑)
もちろんわたしも「お呼びでない」側なので、なるはさんのパワフルなレビューに触発されて、観てもいないのに色々考えてしまいました。

>映画を一緒に観に行った友達が、
「新型インフルエンザもそうだよね」と言った。

例えの上手いお友達ですね。身近で分かりやすいです。危険度の差でほとんどの人が考えを変えてしまう・・・面白いけれど、もし近い未来そうなったらと考えると笑えません。
迫力の映像だけでなく、こういう点でも興味深い作品ですね。
【2009/12/20 14:24】 URL | 宵乃 #-[ 編集]

>>宵乃 さん

いつもコメントありがとうございます!!

…そうですよね~…
あと3年で億万長者になれる方法があるのなら、
誰もが億万長者ですよね~…。


この映画、ただのディザスター映画だけの視点で
観させない映画でした!
本当に考えて、お先真っ暗になる映画でした…。
こんなに映画から突き放されるとか、
なかなかないですよね…。
お時間があれば、ぜひ一度宵乃さんも観てみてください★
【2009/12/21 00:29】 URL | なるは #-[ 編集]

こんばんは。コメントありがとうございます^^
実はなるはさんの記事はちゃんと読んでいたんですが、この作品私はちとボロクソだったんで、私がコメントすると皆さん気分を害されるかなと控えてました。^^;
映画の範疇だけでなく、漫画やら小説にまで広げるとどの災害映像もどっかで見たような、想像の範疇に治まっている気がして、ほとんど迫力を感じなかったんですよね。(ゴメンナサイ。)
【2009/12/21 01:03】 URL | KLY #5spKqTaY[ 編集]

おはようございます。
『デイ・アフター・トゥモロー』も好きな単純人間です。

本作も、普通に「がんばれー」って応援しちゃいました。
倫理について悩んだりしません。
この場でウジウジ悩んでたら、置き去りにされるだけので、
誰もそんなことは考えないと思います(笑)。
生き残るのが絶対無理だとわかったら、
スッパリとあきらめて、どうしてもやりたかったことをしたり、
大切な人と過ごしたりするんじゃないかな。
誰でもそうすると思う。
そういうホドホドにリアルなところが、好きな映画です。
【2009/12/21 10:14】 URL | ケン #JkPZIk6.[ 編集]

>>KLY さん

コメントありがとうございます!!

KLYさんは評価低めでしたよね~。
まぁ、今やどんなアクション映画でも見慣れた映像ですよね。
なんでしょう…
絶叫マシーンが大好きだけど、
久々に乗ると恐い!、そういう感じだったかもしれません。

最近、映画観たな~という手応えが
あまりなかったもので…(^_^;)
【2009/12/21 22:29】 URL | なるは #-[ 編集]

>>ケン さん

いつもコメントありがとうございます!!

『デイ・アフター・トゥモロー』はテレビで観た上、
吹き替えだったのが原因だったのかもしれないです;
迫力に欠けるし、CMが間に入ってしまったら
テンポも何もないですよね;

結構私、ウジウジしてしまいましたね…。
映画の最初の方は映像がすごくて
もう夢中で観ていたんですが、
最後の方はやっぱり展開として
ちょっと見慣れた感じだったので。
考える余裕が出て、ウジウジしてました(笑;)


こうした、地球最後の運命を目の前にしたら、
自分は気が狂ってしまいそうで…。
どうするんだろう…。
地震だけでもパニックなのに。
【2009/12/21 22:33】 URL | なるは #-[ 編集]

こんばんわ、なるはさん。
素晴らしいレビューです~♪

う~ん、かなり賛否両論な意見が飛び交う作品ではありましたが、
どう見るか?どう解釈するか? ですね。

主役が死なないハリウッド的ご都合主義。
金持ちしか助からない人種差別。
映像だけ楽しむあたくしもいれば、
鋭い解釈をしてくださったなるはさん。
平和慣れして危機に面していないから色んな意見が出ちゃうのもあるカモ。
もし実際に直面してしまったら
ここまで考える余地は少なくともあたくしはありましぇん。

こうして色々な目線を出す事を狙って作ったのであればお見事の一言!

そうそう、『ダンテズ・ピーク』もディザスターの仲間に入るかなぁ。
【2009/12/21 22:40】 URL | 猫人 #-[ 編集]

いや~、この映像は凄かったですね!
2時間半、食い入るように観てました。
そして、圧倒されました。
CG技術は、ここまできたかと。

この映画は、絶対映画館で観るべきですよね。
そして、最新技術を堪能すべきですね。
1200円(安い時間に行った)、出す価値ありました。

もう、内容なんか2の次ですね。臭い人間愛も許せちゃいました(笑)
【2009/12/23 22:49】 URL | とら次郎 #mQop/nM.[ 編集]

>>猫人 さん

いつもコメントありがとうございます!

映画って、どちらかですよね。
(意味があって)意味深に描くか、
特にそこまで考えてなかったけど、
観る方の解釈でどこまでも広がるというか。

映像だけでも十分楽しめる単純な構成になっていたので、
頭の中でも「考える時間」ができたんですよね。
考えたのは、実際にこうなったら…ということ。
考え出したら止まらなくなって、
ものすごく恐い映画になってしまいましたが…(><;)

『ダンテズ・ピーク』、知りませんでした!
『ボルケーノ』のような火山の噴火がテーマなんですね!
【2009/12/23 23:43】 URL | なるは #-[ 編集]

>>とら次郎 さん

コメントありがとうございます!!

私が観た映画館では
あの音量に耐えきらなかったのか
若干スピーカーがビリビリしていました。
椅子も音波で震えていました。
映画館で観たからこその、大迫力だったと思います。
映像もかなり恐かったです。

劇場内も、「息をのむ」空気が漂いました。
観客みんなが、瞳孔が開いて、
呼吸が止まっているような空気でした。
あれはあまり他の映画では味わえない、
空気だったなと思います!!

単純だけど、
ああなったらどうする?という、
リアルな感覚を1000円(レディスデイ 笑;)で体感できましたね!!!
【2009/12/24 00:09】 URL | なるは #-[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/01/06 18:24】 | #[ 編集]

>>バーンズさん

お返事が遅れてすみません…
気づくのが遅くなってしまって…

ジョン・キューザックは出演作多いですよね~!
その割私はあまり観ていませんが…。


デンゼル・ワシントンの新作も気になりますね!
ゲイリー・オールドマンと共演っ!と
テンション上がりましたが、日本で公開はされるんでしょうかね…。
ちょっと危うい雰囲気があるような…。


今年もよろしくお願います!

> なるはさん、明けましておめでとうございます。お久しぶりです。
>
> ジョン・キューザックは僕もファンてほどではないけど気づけば結構見ている人です。(それだけ出演作が多いってこと?)彼の次回作も日本では結構話題になるかも。なんたって渡辺謙と競演ですから!第二次大戦下の上海を舞台にしたヒューマンドラマで、タイトルは「Shanghai」。実にストレートだ(笑)
>
> キウェテル・イジョフォーも「トゥモローワールド」「アメリカンギャングスター」とがんばってますね。この正月に彼の主演作「レッドベルト 傷だらけのファイター」を見たんですが、この作品の彼がカッコイイ!映画自体はちょっと強引な締め方が残念ですが、”男の誇り”を描いた作品が好きな方にはお勧めできる作品だと思います。キウェテルの新作はこれまた日本でも人気の高いA・ジョリー主演「SALT」で悪役だという話を聞きました。これにはなるはさんの好きなリーヴ・シュレイバーも出てますよ。
>
> そしてダニー・グローヴァー、リーサルウェポンシリーズが大好きな僕は「ザ・シューター極大射程」での役柄にはがっかりしてしまいましたが、今回は安心しました。いろんな役を演じてこその俳優だとは思うのですが、やっぱり頑固で優しいマータフ刑事が好きなので。
>
> エメリッヒ監督作品、確かにムラがありますが、これからもガンガンスケールの大きい映画を撮ってほしいものです。
>
> あと、これから僕の期待してる終末映画がデンゼル・ワシントン主演「The Book of Eli」です。
> 公式サイトやYOUTUBEでは予告編が見れますが、第一印象は「デンゼル、ケンシロウになる」
> これに尽きますね(笑)。
> 全米公開日は1月15日で日本では春くらいかな、デンゼルに加えて悪役がゲイリー・オールドマンなら劇場未公開はありえないだろうし。もしウェズリー・スナイプス兄貴が主演とかなら怪しいけど。
>
> それでは今年も宜しくお願いします。
【2010/01/13 16:15】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



  2012   出演:ジョン・キューザック キウェテル・イジョフォー アマンダ・ピート 監督:ローランド・エメリッヒ 制作:アメリカ... そのスピードで【2009/12/21 09:32】
『2012』 【製作年度】2009年 【製作国】アメリカ 【監督】ローランド・エメリッヒ 【出演】ジョン・キューザック/アマンダ・ピート/ダ... こわいものみたさ【2009/12/23 22:46】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.