ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい

夢に敵う。

あばたー

アバター』を観た!

パンドラへようこそ。
そこに在る世界へ。

映像が凄いけど、
映像だけではない作品。

絶対映画館で!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

話題沸騰のこの作品。
3D鑑賞ができるというのも大きいけれど、
やっぱりそれ以前に挑戦的な映像作品だったと思う!
ちなみに私は3Dではない、通常鑑賞しました。

パンドラには、
あばたー
ナヴィという先住民がいる。

こういう世界が、
当然存在しているかのように
物語が進行していくのが良い。

うーんっ
友達と予想していたとおり、
ファイナルファンタジーの世界観みたい。
私はFFが大好きです。 下手くそだから全クリはFF7だけ;
一体何が良いって、ストーリーや世界観なんだよね!
どのシリーズも、
「こういう世界が在ります」とプレイヤーを引き込む。
ゲームや映画に限らず、こういう作品は多種多様膨大にあるけれど、
「世界を説明しすぎることがない」リアリティが良い。

この物語は、
私たちのような一般的な人間も出てくるけれど、
あばたー
そんな一般的な人間が
採掘や研究を行うために、パンドラに足を踏み入れる。
そんな簡単な説明が、十分なんです。

「アバター」がどんなものかも、一から説明しない。
物語を進めることによって、観客は覚えていく
あばたー
知らない土地に来たら、
不自由ないようにその土地を知ろうとするのと同じ。
私たちも、完全に世界に足を踏み入れる形になる。


ただ、観客を抵抗なく世界に運び入れるためには、
映像がその世界に適っていなければならない。
あばたー
この映画は安心して身を任せられます。
この世界に疑いを持たせなかったので、大成功です。



さて、物語は。
こうした、現実世界とはかけ離れた夢の現実が舞台であっても、
現実世界に通ずるものがあるからこそ心揺れる。
この映像力で、このストーリーなら、申し分なし!!



人間はこうして、
いつだって奪ってきた。


少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------


! 以降ややネタバレ !


好き嫌いで言えば、普通。 だったりする…。

どんなにお金をかけて、
どんなに素晴らしいフルCG技術で映像を造っても、
まだまだ生身には勝てないから。
だからこそ、映像は進化の余地があって
嬉しいし、ワクワクするんだけど。

ナヴィの表情や動きは素晴らしかったけど、
もっともっと俳優の生身の演技を表現できればと思った。
やっぱりCGをかぶせちゃうと、違和感はあるじゃない?

その違和感が克服されちゃったら、
ある意味つまらないし、恐怖も感じるけれど、
まだまだ人間には敵わないな~って思ってしまう。


それでも、
バンシーに乗って滑空するシーンとか、
ナヴィたちが襲撃にあうシーンとかは、
効果音も相俟ってすげぇなー!と泣きそうになった。

特に襲撃シーンは、
木々が倒れる音や爆音、爆風で吹き飛ぶナヴィが
あまりにリアルで足が震えた
自分がその場にいた気分。

そして、人間の身勝手さによって、
こうして多くの人や文化、
自然までもが失われたんだという怒りと悲しみで溢れた。

こうした非現実的な世界でも、
遠まわしに人間の行いを批判する作品は好き。
もののけ姫』に通ずるものがあったな。


『もののけ姫』のように、
最後は大自然の力によって収束…という展開も良いけど、
それだと人間、やるとこまでやっても
いつか自然が無に返してくれるとか逆に安心しちゃいそうでイヤでもある。
『アバター』も一瞬その雰囲気を醸したけど、
さすがハリウッド大作。
結局眼には眼をで、武力を行使した戦いになった。
ちょっと、最後はみみっちくなった気もしたけど、
自然に頼り過ぎない展開は良かったな。



キャストは、
『ターミネーター4』のサム・ワーシントン
あばたー
うーん、魅力はぶっちゃけよくわからん。
演技もそこまでうまいわけではないと思う。
でも凄い、ツイてるよね、こんなに大作にドドッと出れるんだから。
や、やっぱり選ばれるだけの理由があるんだろうね。

良い意味で、欲がなくて良いのかも。
あと、あんまり大きなモーションはない割、パワフル。


ゾーイ・サルダナも大作続き。
あばたー
ちょろちょろ大きい作品に出演はしてたけど、
スター・トレック』は大きい役だったよね~
『アバター』も大作だけどさ、
あばたー
やっぱり顔がわかりづらいのはちょっと残念だね…
ゾーイだけあんまり似てないように思えたし。
もちろん泣くシーンでの目の動きとかで、
「あ、やっぱりゾーイだ」って思ったとこもあったけど。

ナヴィの民族を演じた人たちが誰なのか知りたかったな。
パンフレットには載ってなくって…。
というわけで調べてみた…。
ツーテイ役がラズ・アロンソ
あ~確かに、顔が似てる。

エイトゥカン役がウェス・ステューディ
モアト役がCCH・パウンダー


シガニー・ウィーバーも参戦。
あばたー
シガニー演じるグレースのアバターはそっくり!
でも不思議と、アバターの時は表情が優しい


そ~し~て~~~~~っ


あばたー
ジョバンニ・リビシくん、出まくりッ!!!きらーん

観た?観た??
力まない演技!観てて楽しい!!

この間『パブリック・エネミーズ』でまさかの出演。
かなり嬉しかったな~
パーフェクト・ストレンジャー』の役が好きです

今回の役はさ、なかなか際どいポジションだったよね。
本当は悪い人間ではないのかも。
でも「仕事」としてこなしていた、という感じ。
本当はナヴィを傷つけることはあまり良いとは思ってない様子だったね。

いや~でも、こんなに出演時間が長いとはね~



最後に監督と作曲家。

『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督。
今回は長年温めていた作品なので、
自分で脚本も務めています!!!

作曲家はジェームズ・ホーナー
大作に携わりまくりの名作曲家。
でももっと、
これが『アバター』の曲だ!というインパクトがほしかったな。
良かったけど、触角は動かなかった。


3Dで観るべきだったのでしょうか…。
でも満席っぽかったしなぁ。

3Dって吹き替えしかない??
それを考えると余計に通常版で観たくなる…。
アバターで細かい演技を隠された上、
声まで吹き替えだなんて耐えられないもん…。


でも、観るなら絶対映画館!!

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





なるはさんこんばんは^^
皆さんFFの世界観と重なっているみたいですね。私は結構MMORPGをやってきたもので、この手の世界観が大好きなんです。
この場合の3Dって、立体的だとか、奥行きがといった既存の3D的な意味合いではないと思いました。いかにリアリティを感じさせるか、体感させるのか、そこに注力しているんだと思います。
シンプルなストーリーにメッセージ性、物足りないという方もいらっしゃいますが、だからこそいい。これでストーリーまでこねくり回したら、一般的なエンタテインメント作品じゃなくなっちゃうと思うんですよ。
そしてそれじゃジェームズ・キャメロン監督じゃない気がします。

にしても217億円って、ドンだ使えば気が済むんだって話ですよ。(笑)事業仕分けかかちゃいますっての。^^;
【2010/01/06 02:28】 URL | KLY #5spKqTaY[ 編集]

3dは字幕版もありますよ。
ただナヴィ語が右側に出るので、方式によっては見づらいです。

FF7、エアリスが好きでデートイベントもエアリスにしたんですけども、死んじゃって泣いた。
私は7までしかやってないんですが。アバター3D本編前にFF13の3D映像CM流れましたよ。コマ少ないせいか動きがブレブレで見るに堪えなかったけど。
【2010/01/06 16:46】 URL | P #-[ 編集]

>>KLY さん

いつもコメントありがとうございます!

>いかにリアリティを感じさせるか、体感させるのか、
>そこに注力している
そうなんでしょうね~。
宣伝でもそこを推していたようにも思えます。
3Dは、そのためにも一度体感してみるべきだったかもしれません!
(今はたんなる食わず嫌いかも…)

ストーリーも、それなりのものがしっかりあって、
でもこれ以上のものを望んでしまうと、
あまりにヘヴィすぎて爽快感が削がれてしまいますよね。
これくらいがちょうどよかったのかしれません。

にひゃくじゅうななおく…っ!!!!
桁違いの額ですね!
事業仕分けで格好のターゲットです;;;
【2010/01/06 22:50】 URL | なるは #-[ 編集]

>>P さん

コメントありがとうございます!

あっ あるんですね、字幕版3D!!


私は逆にエアリス苦手でした(笑;)
ヒロインっぽいヒロインが嫌で、
またこれ死んでしまうなんて…

でもそういうのをひくるめて
本当に感動しますよね!!
今見るとポリゴンだし、
音楽も機械音みたいにピープーいっていますが、
それでも名作なのは変わりないな~と思います!v-352

FF13もすごそうですよね!
私はFF7以降はFF11だけやってません。
FF9、10はちょっとやりこんで、
8、12はかじったくらいですが…
FF13もやりたいです!!!(かじりっぱなし!)
3D映像でCMとは、やりますね~!
【2010/01/06 22:55】 URL | なるは #-[ 編集]

映像美がすごい作品でしたね。
私も2Dで観たのですが、3Dにしとけばよかったと後で後悔。
でも、3D観た人は、字幕がとても見づらかったとのことでした。

私は、いまいちこの作品にのめりこめなかったです。
さらりと、ナヴィ側についてしまう、主人公もなんだかなぁ~って、思えてしまいましたし。
なるはさん同様、内容としては普通の作品でした。

ま、でも映像のすばらしさに触れられたので、満足ではありますが。
最近、CGを使った大作おおいですねぇ。
【2010/01/10 02:56】 URL | とら次郎 #mQop/nM.[ 編集]

>どんなに素晴らしいフルCG技術で映像を造っても、
>まだまだ生身には勝てないから。
ありえない遠近感や構図は、独特の世界を作れますけど、
生身に勝てないというのは、アニメーションやCGの永遠のテーマですね。
かなり、技術が発達してきてるので、
今後、どう活かされていくのかが楽しみですね。
今回は、ナヴィ族の言う自然との関わりあいみたいなことが、
身体の中に、はいってくるように、理解するような体感が得れるのが、
すごく、良かったと思います。

音楽的には、これというものは、なかったね。
主題歌も、タイタニックみたいなイメージだったし。
【2010/01/10 23:41】 URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]

>>とら次郎 さん

コメントありがとうございます!
返事が遅れてすみません。

3Dがイイらしいですね~…。
気が向いたら観比べてみようかなとも考えてます。

私も、特にキャラクターに惹かれるものはなかったですね。
あくまで映像がキレイだなと、思うだけで。
映像も、そこまで真新しさは感じなかったり、ですが。
やはり3Dで観れるというのが大きいんでしょうかね。
【2010/01/13 16:18】 URL | なるは #-[ 編集]

>>kino さん

コメントありがとうございます!
お返事が遅れてすみません;;

>生身に勝てないというのは、
>アニメーションやCGの永遠のテーマ
そうですよね。
でも、永遠のテーマであってほしい。
これでバーチャル俳優が
俳優として活躍しちゃったらつまらないですもんね。
「生身」が美しい。


音楽がもっと良ければ、
もっと引き込まれるはずだったんですが…。
テーマらしいテーマがなかったです。
それでいてkinoさんがおっしゃる通り、
『タイタニック』みたいでしたよね、曲が。
【2010/01/13 16:23】 URL | なるは #-[ 編集]

アバター良さそうですねえ。
私も観に行きたいのですが、
行けなさそうなので、
ブルーレイになってから観ることに
なりそうです。

しかし普段眼鏡かけている私なのですが、
3Dでの鑑賞は可能なのでしょうか?
眼鏡二重がけはかなり辛そうですが…

私もFFは大好きです。
といっても、日常の忙しさからXまでしか
やれていない。
1本のゲームに何十時間も使うんだったら、
何十本も映画観たほうが良いとも思うし…
【2010/01/13 18:59】 URL | Dr.Dちゃん #-[ 編集]

>>Dr.Dちゃん さん

いつもコメントありがとうございます!
お返事が遅れてすみません…!

眼鏡用3D鑑賞用眼鏡があるみたいですよ!
従来のイメージと違って、
眼鏡も煩わしくは感じないみたいですね~!


FFとか、やりこむ時間がほしいですよね。
だって1時間や2時間で電源切れませんもん、
物語の先が気になって気になって!!

>1本のゲームに何十時間も使うんだったら、
>何十本も映画観たほうが良いとも思うし…
そうですね~…そうかもしれません。
でもやっぱり、FFの世界には触れたいんですよね…!
FF13はインターナショナル版が出るまで待つか!と
弟と相談して決めました。
PS3もまだ買ってないですし(^_^;)
キャラクターが英語でしゃべってくれた方がカッコイイですしvvv
【2010/01/16 01:31】 URL | なるは #-[ 編集]

こんにちは。

私も近くには3D劇場がなかったため、2Dの観賞となりました。でも3時間の長丁場で体感的には早かったものの、やはりメガネは疲れそうですね。ナビィ後は字幕だったようですし。
ただ今回の3Dは、今までのように無理に構図を変えて飛び出るようにはしてないようで、どちらかというと奥行きを感じさせるためだったようですね。ラストの槍は飛んできてましたけど。(^^;
とにもかくにもこの壮大さは劇場向きでしたね。

ストーリー自体はよくあるタイプでしたが、壮大感となにより地球人類がまさしくエイリアンとして、それも凶悪非道、情け容赦のないエイリアンとして描かれていたところが変り種でした。

CGに関しては…ゾーイ、たしかに面影が。
今でもダイナメーションが好きな私としては、特撮は頑張っていれば、年代に応じて評価するので問題はなしでした。(^^)

ps.エアリス合掌、最後まで生き返ると信じてました。

トラックバックさせていただきました。
【2010/02/07 15:32】 URL | 白くじら #7ZJYb.PU[ 編集]

こんばんは!
タイタニックは、流行嫌いだったので
蹴り飛ばしましたが、アバターは目に焼き付けました。

まだCGは進化しつつも間接が堅い場面も
見受けましたが、世界観は現実では
思うままに創り上げるのは不可能だと
思うので、このレベルだとCGを見直しました。

気になったのは、恋愛早すぎないかなと
おいそれとは、なかなか。

ナウシカの要素も感じました!
【2010/02/07 23:51】 URL | hiro #-[ 編集]

>>白くじら さん

こちらにもコメントありがとうございます!

>どちらかというと奥行きを感じさせるためだった
そうなんですね!
…でも確かに、
世界観を体感する作品を狙っていたと思うので、
従来の、単に飛び出す作品とは違うのかもしれません。

>ps.エアリス合掌、最後まで生き返ると信じてました。
一瞬何の話かと(笑)
細かいところまで読んで頂いてありがとうございます。
あれは衝撃でしたね。
単なるゲームの域を超えた、
壮大で感動的なストーリーでした!!
【2010/02/09 01:07】 URL | なるは #-[ 編集]

>>hiro さん

コメントありがとうございます!!

>タイタニックは、流行嫌いだったので蹴り飛ばしました
その気持ち分かります(笑)
当時はまだそこまで映画に興味はなかったので
自宅での鑑賞に至りましたが…。

『タイタニック』を超えて、『アバター』が
世界興行収入1位になったようですが、
どちらもそこまでの作品??と疑問です…。

>恋愛早すぎないかな
こういう映画ならではの(?)急展開でしたね;
いまいちキャラクターに魅力を感じなかったので、
そういう部分で気持ちが置いていかれてしまいました。


ジブリの空気もありましたね。
私もナウシカを思い出しました!
【2010/02/09 01:16】 URL | なるは #-[ 編集]

いや~精力的にやっていらっしゃって頭が下がります。自分、ちょっと映画に関して心が折れてます(ニコニコ動画とかばっか観てます←ヤバイ)。
正直この2年、心奪われる作品が3本くらいといった感じで……観てはいるんですけどネガティブな感想しか書けないので、お休み状態です。

この映画、3Dがすべてです。正直、内容が幼稚なのも画面酔いをふせぐために情報を減らしているんだと思います。
3Dで観た友人全員が自分の感想に激怒してます(←知るか!)。
ここ最近の作品を見回しても、我慢してまで3Dで観る価値があるようにギリギリ思えるほどです。
迷っているようでしたら「……割引の日に観たら?」と云いたいです(でもメガネ代300円余計に取られます)。

あと、お手数ですが何かとてつもなく凄く面白い映画があったら教えてください。
ちょっと映画に関して鬱気味です。コメントすいませんでした。
【2010/02/14 17:35】 URL | クマノス #VFkxEMUo[ 編集]

>>クマノス さん

こちらこそ、
お立ち寄りありがとうございます!!

>ネガティブな感想しか書けないので、
>お休み状態です。

そうだったんですね~…。
いや、確かにおっしゃる通り、
私はあらゆる要素でそれぞれ楽しんではいますが、
これぞ!という劇場作品に最近出会ってません。
昨年の下半期くらいから…。

機会があれば3D観てみましょうかね~。
といっても、さすがに大人気のこの映画も、
そろそろ公開終了しそうですよね。
行くなら早く計画立てなければ…。
しかし2回以上楽しめる内容じゃないので、
正直気が進まないですね…。


おもしろい映画ですか…。
映画館で観ておもしろかった映画は最近ないですが、
DVDで観た作品ならちらほら…?
クマノスさんが既にご覧になってたり、
或いは全然好みでない作品でしたら申し訳ないんですが、
『ヒットマンズ・レクイエム』(コメディ要素の混じったサスペンス)は
最近観た中で余韻が残る作品でした。
雰囲気が好みでしたが、クマノスさんのお口に合うかどうか…(^_^;)
【2010/02/15 00:24】 URL | なるは #-[ 編集]

なるはさん、こんばんは!

最近、僕もレンタルで見ましたよ。
この作品を家のTVで見るなんて、もう醍醐味の半分を失ってるのかもしれませんが。
面白かったけど、あの時代の地球はどこまで荒廃してるんだろうとか、残された人々はどうなるんだろうとばかり考えてた僕は、所詮はスカイピープル。
アンチ「アバター」というほどではないですが、僕もちょっと違和感の残る作品でした。
ドラゴンに乗って飛ぶ、違う種族と向き合うと言う点で共通してる「ヒックとドラゴン」を先週の土曜日に見ましてね、これがあまりにも素晴らしくて、正直「アバター」はすっかり霞んでしまいました。

ナウシカにも似てますが自分はパンツァードラグーンというセガが作ったゲームを思い出しました。セガってソニーとの競争には完全に負けたんでしょうけど
作ってるゲームは結構魅力的なものも多かった気がする。今はゲーム機自体持ってないんですが、久々にやりたくなってきました。とりあえず「アサシンクリード」とか「アンチャーテッド」辺り。

音楽は、まぁ~ホーナーさんですからねえ(笑)
相変わらずホーナーだなあ、しょうがねえなあ、って感じ。でも個人的には力作だったかな、この映画の音楽に関しては。ホーナーさん、今は「ベスト・キッド」を担当してまして、ちょっと見たいんですが、うちの近くではやってないんですよね。
【2010/08/18 23:33】 URL | バーンズ #-[ 編集]

>>バーンズ さん

いつもいつもコメントありがとうございます!!
バーンズさんもご覧になられましたか!

>僕もちょっと違和感の残る作品
そうなんですよね~。
私が単にひねくれやなのか…とも思ってましたが、
実際は手放しで感動できるような作品までは
いけないですよね~。
確かに話題性や、
映画界の新たな礎を築いた作品かもしれませんが。
『ヒックとドラゴン』は、
気が向いたらレンタルで観るかもしれません…!
ああいう作品、きっとなんだかんだで感動しちゃうんですけどね!


ホーナーさん満足でしたか?
私はもうちょっと色濃いテーマ曲がほしかったです!
『ベスト・キッド』もどうかなぁ…
映画館までは足を運ばないかもしれません…!;
もしご覧になられたら、
感想お待ちしてます★
【2010/08/22 13:44】 URL | なるは #-[ 編集]

こんにちは!
この前、TVのオンエアで観ました。CGは綺麗でしたね~。主人公の相棒(鳥?)が決まって、待ってましたとばかりにヒロインと大空を飛び回るシーンが好きです。
でも、アバターの自我を消してしまったんじゃないかという疑惑が頭から離れず、あまり楽しめませんでした。
文句たらたらな記事、TBさせていただきます(笑)

ところで、今月もブログDEロードショーを開催いたします。
作品は「素晴らしき哉、人生!」で、「ニッケル・オデオン.ISM」の庄屋弁当さんが選んで下さいました。
よかったら一緒に映画を楽しみましょう。

あと、同時進行で4月の作品を決める投票を行ってます。
3月11日まで12時間ごとに投票できるので、お好きな作品にじゃんじゃん投票してくださいね♪
【2012/03/02 11:16】 URL | 宵乃 #wLFgNV3g[ 編集]

>>宵乃 さん

こんばんは!
コメント&お知らせありがとうございます!

やっていましたね、TVで!
文句な記事、読ませて頂きます(笑)

早速TSUTAYAに探しに行ったのですが、
見つかりませんでした・・・。
それなりの大きめな店舗じゃないとないですかね~。

投票もさせてもらいました~!
またさせてもらいます~☆☆
【2012/03/07 22:01】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



有料アバターが無料で利用できる方法を思いついた 有料アバターが無料で利用できる方法を思いついたさっきお風呂に入っていたらなんとなくひらめいたもう誰でもアバターを無料で利用できると思うまず、カテゴリーマスターになりましょうポケモンマスターでないみんなは現... どこよりも早い!ニュース速報!【2010/01/06 08:06】
『アバター』  AVATAR 【製作年度】2009年 【製作国】アメリカ 【監督】ジェームズ・キャメロン 【出演】シガニー・ウィーバー/ゾーイ・... こわいものみたさ【2010/01/10 02:59】
3D特別前夜祭上映で、パンドラ体験へ、行ってみました! 満員かしらと思ったけど、そうでもなかった (^_^;) IMAXは、近隣にないので、TOHOシネマ... 映画通信みるみる【2010/01/10 23:42】
そこにはもう一つの誕生がある 2009年(AVATAR)製作国:アメリカ監督:ジェームズ・キャメロン原作:製作:ジェームズ・キャメロン、ジョン・ランドー、ジョシュ・マクラグレン製作総指揮:コリン・ウィルソン、レータ・カログリディス脚本:ジェームズ・キャメロン撮影: MOVIE-DIC【2010/02/07 15:21】
「アバター」、観ました。 レアメタル採掘のため、元海兵隊員のジェイクはアバタープロジェクトに参加するため、謎の星パンドラを訪れる... クマの巣【2010/02/14 17:36】
アバター / AVATAR かの超ヒット作をレンタルでやっと見ました。 2009年製作 アメリカ映画 製作・監督・編集・脚本:ジェームズ・キャメロ... RISING STEEL【2010/08/18 23:35】
製作:アメリカ’09 原題:AVATAR 監督:ジェームズ・キャメロン ジャンル:SF/アドベンチャー/アクション車いす生活を送る元海兵隊員のジェイクが、アバター・プロジェクトにスカウトされる。それ... 忘却エンドロール【2012/03/02 11:11】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.