ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
ご無沙汰してしまいました!
すっかり年をまたいでの更新ですが、
『フランスキ。』まだまだ続きま~すっ!!

3日目の旅行プランはこんな具合
ふらんすき

3日目は寝不足にはなかなか堪える、
歩きっぱなしプラン!!

でもでも結局、
疲れなんて微塵にも感じませんでした!

それでは参りましょう~っ

1日目 2日目:前編 後編
左カラム一番上のプルダウンからも簡単に読めるようになったよ★ミ

今回も映画に触れた、旅行記ですっ!
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

ホテルを出る前に、
ホテルの朝食をご紹介

まぁあまり料理には期待しない旅行だったので、
まずくなければ良いなぁ、というくらいに思っていました…。


1日目
のフランスキでも紹介したけど、
私たちが泊ったのは「グリル カンパニー ベルテイエ」というホテル。
このホテルでは毎朝バイキング形式の朝食が食べれます。
ふらんすき
これが意外とおいしかった!!

この写真は1日目に撮ったものなんだけど…
実は毎日全く同じメニュー
でもでも、フルーツやジュースが新鮮で、
旅行で偏りがちな食生活を、
見事たてなおしてくれる朝食でした!!

クロワッサンが特においしくて、
チョコクロワッサンなんて絶品!!!
サックサクで、毎日おいしいおいしい言ってました!

この他、コンフレーク(種類豊富)があったり、
コーヒー、紅茶もセルフでいくらでも飲める!
コンフレークがあるから、牛乳もちゃんと用意されてる!
肉類はハムくらいしかなかったけど、まぁ気にならないね。
サラダはないけど、フルーツがいっぱいだったので嬉しい

あとヨーグルト!
クレープ生地につけて食べられるような
甘過ぎないヨーグルトと、
それから左上にあるようなカップ型の小分のヨーグルト。
この小分のヨーグルトがおいしい!!
これまたフルーツヨーグルトではあるんだけど、
ダノンのヨーグルトなんだよね!
日本でも愛されてるヨーグルトメーカーだけあって、口に合う!
てかフツーにおしかった!!
ピーチ、イチゴ、青リンゴ…とか色々種類があった!

なので、
ご飯の面でも、やっぱりこのホテルで良かったな~って思う!


さて!
この日も早起きをして地下鉄に乗り込むよ!

実は、フランスに来て初めての平日!
何もはしゃぐことないだろうとお思いでしょうが、
いえいえ、この時間帯、実は、
通勤ラッシュなのです!!
いやいや、通勤ラッシュなんて、
はしゃぐところではないだろうとお思いでしょうが、
フランスの通勤ラッシュですよ!?
フランスの生活感がようやく見えるひと時だったんです!

まぁ、日本と変わらぬ混みようですよ
でも周りが外国人ばかりだったので、全然苦痛じゃないですが(笑)
またこれ、日本より若干ホームも電車も幅が狭いので、
人が溢れかえっていました…
だけど不思議と、フランス人っておおらかなんですかね?
押し合いへしあいの、殺気立ったラッシュではなかったです。
日本も見習いたいですね~


これまでの2日間で、
ルーヴル美術館へ行くのにそれほど時間がかからないと分かったんで、
睡眠時間に使って、予定よりちょっと遅めに電車に乗ったんですが、
やっぱり通勤ラッシュの影響か、若干予定より遅く着きました。


ありゃりゃりゃ!

ほら~~、遅くなった所為でこんなに列が~~っ;
ふらんすき

どうしよう、チケット事前に買ってないし、
鑑賞するまでに時間かかっちゃうかも…!!!



…でも、時間になって開場すると、
あっという間に列は進んで、入り口で荷物検査。

そしていよいよ憧れのルーヴル美術館の中へ入ると、
さっきの人だかりはどこへやら?
神隠しにあったかのようでしたが、
どうやら中が広すぎて、人が分散されて、
「人混み」をまるで感じさせません!!
チケットも結局すんなり買えたし!!1人=9ユーロ
ふらんすき
げっと~~~ぉ!


てかてかてか!!!!
ルーヴル美術館って、入場はタダなんだ!?
入る分にはいつだって入れちゃう!?
つまり、
ふらんすき
大好きなガラスピラミッドの内側を
心おきなく眺めることができるワケ!?

もーちょーキレー!
一体何枚ガラスピラミッドを写真におさめたことやら…。


ルーヴル美術館…世界で最も知られる美術館。
そして、
あまりの広さと、展示品の多さで、
一度に全てを観ることが不可能な美術館。
ふらんすき
どう考えたって観光客泣かせですよね…。
でも、感動でも泣けますので、おあいこ(?)。

事前に私はルーヴル美術館の公式サイトで
地図をダウンロードして鑑賞プランを考えたんですが、
あまりに自分が美術の知識無さに
一体何を観たらいいのか迷いました…。

でも、ある意味それで救われたのかもしれない…。
あれもこれも観たいとなったら、
1日かけても観れず、悲しい思いをするだろうし…。


それじゃぁいよいよ回りますか!
まずは、
ジャック・ソニエール館長、殺害現場へ。
※『ダ・ヴィンチ・コード』の話です。

ロバート・ラングドンの軌跡を辿るために、
セーヌ川に沿って建つ、ドゥノン翼へ。
各翼に入る時に、やっと購入したチケットを係の人に見せます。


ドゥノン翼…
ここには『ダ・ヴィンチ・コード』の始まりの舞台となった、
グランド・ギャラリーがあります!

とりあえず、ジャック・ソニエールが下敷きになった
カラヴァッジョの絵を探そうとしたところ…
母「ちょっと!今、空いてるわよ!」


と言うワケで、
いきなりいきなり、モナ・リザに会いに行きました!
ふらんすき
ああああわあああ
初めまして、私、日本から参りました、なるはですううう!

柵もあったので近づけなかったけど、
小さな絵なのに、この存在感!
ちょっとテンションが上がり過ぎて、
とっさにマフラーを頭からかぶってモナ・リザのマネ…
判断力を失っていたといえど、恥ずかしい…

しかしこの、
初めて目の前にした感動といったら!!!
美術の知識がないので、
学術的な意味では「わかってない」けれど、
こんなに素敵な絵なんだな~って涙が出そうでした。
そして観れば観るほど、なんだか愛おしくなる。
レオナルド・ダ・ヴィンチが手放さなかった理由がわかるよね。

正面からじっっっっくり観た後、
左右両方からもそれぞれ観ておきました!
柵で距離があったので、
モナ・リザはどちらも同じ大きさに見えてしまったけど…。


朝一番に行ったので、
本当に人が少なかった!!
お昼頃にはしばらくど真ん中に留まってじっくり…っていうのは
人が多くてできなかったと思う!!
ルーヴルは、平日の朝一番がいい!


しかし、やっぱり館内写真OKなのがすごいよね。
でも結局、絵を撮るのは難しい
彫刻ならキレイに撮れるけど、
絵は色も汚くなるし、
ピントもうまく合わない…。


モナ・リザがいるのは国家の間。
ここを出ると、他にもレオナルド・ダ・ヴィンチの絵が数点ある。
そこがグランド・ギャラリー。
ふらんすき
映画や原作を読んで記憶にある方もいると思います。
これが、グランド・ギャラリーの寄木張りの床です
この床の上に、館長は『ウィトルウィウス的人体図』を模して倒れてたんですね~♪

こちらも『ダ・ヴィンチ・コード』に出てきた、
ふらんすき
岩窟の聖母!!
私も「首を切る仕草」をマネをしてみました…!

洗礼者ヨハネ』、『聖アンナと聖母子』もありました~!

あと、日本の美術館ではあまり見れない、
ふらんすき
名画を模写する人!!
たいていの人が写真撮影禁止の紙を貼ってるけど
このおじさんはそうではなかったので、勝手にパチリ。
もう…ホンモノじゃないかと思うくらいのレベルの高さ。
このお年になっても、
まだまだ巨匠の技術を習得しようと鍛錬する姿が素晴らしかった。
芸術は、つきつめればつきつめるほど、
ゴールがみえないものなんだろうな~ぁ


もうすでに、
ダ・ヴィンチの名画を生で観れたので胸がいっぱい…。
リシュリー翼に向かって通路を歩くと…


   あれは!!!!



ふらんすき

サモトラケのニケ!!!!

嬉しくて思わず駆け寄ってしまいました!!!
なんて、美しい、なんて力強い!
それでいて儚げで優しい…!!!
ニケに恋をしました。

ふらんすき
この躍動感!!
彼女はもう、今にも飛び立ちそうです…!!
こうして美しいアングルを探しては
やたら写真を撮りまくってしまいました…!

母「ニケはルーヴルを回ってれば、またすぐ会うから。」
母の言う通り、この後別のところを回ったあと、
再びニケに出会うチャンスがありました!


次の目的を目指して館内を歩きます。

歩けば歩くほど、
多くの名画が飛び込んでくるけど、
壁一面に絵がこれでもかと飾られていて、
正直、脳内のキャパシティーオーバー。
この時私は気づいていないのです。
ナポレオン1世の戴冠式』の前を素通りしていたことを…!


脳が追いつかなくなったら、窓の外を見よう。
ふらんすき
これまで見ていたルーヴルとは違った顔
なかなかガラスのピラミッドを見降ろす機会はないので、
ぜひ外の景色も見てみて!!!


次に目指したのは、ニケを過ぎて階段を上り、リシュリュー翼
ここには、これまた大好きな、
ヨハネス・フェルメールの絵が唯一1点あるのです!

結構リシュリュー翼の奥の方にあるので、
てくてく歩いて探しました。
その間にもピエール=オーギュスト・ルノワールの絵があったり、
とにかく有名な絵が目に飛び込んできて、
何を観ていいのやらよくわからなくなってくる…ぽかーん




……ん?
あれ?
フェルメールの絵、あった??

おっかしいなぁ、この辺にあるって
案内図には書いてあるのに…。
はッ!もしかして今は、
どっかの国へ貸してたりとか!?

だって、フェルメールの絵を見逃すとか、ないよね。
それなり見易い所に展示されてるだろうし…。


しばらく付近をウロウロするにも見つからず…。
結局、館職員さんに尋ねることに…。
英語で聞こうとしたら、
母がスラスラっとフランス語で訪ねたのでビックリした
聞き終えた後、
母当人も「今私、フランス語で聞いた?」と驚いていた。
なんかフランスに来たら、脳にいい刺激が走ってるようです(笑)

で、結局ね!

フェルメールの絵ったら、
壁の奥まったところにひっそり展示されてたの!!!

小さな絵で、見逃してしまってたのでした…
ふらんすき
レースを編む女』。
やっと会えたね!!


そうこうしている内に
だんだんと足が重くなってきた…。
次は、気になってた中庭を観ることにした!

できるだけ、有名な絵や彫刻に
時間を費やした方が良いかなとも思ったんだけど、
ふらんすき
※マルリー、ピュジェの中庭を上から観るとこんな具合。
中庭って結構惹かれるものがあって、
実際行ってみても結構良かった。
もっと天気が良ければ、もっとキレイだったかもな。
ふらんすき
外の明かりを導く構造になっているので、
天然の色に輝く彫刻が美しかった。

その後また室内に入って、
フランスの彫刻を観た後、
ふらんすき
ハンムラビ法典を発見!!
(もうきりがないので偶然の出会いに懸ける。)


ここらで、
『ナポレオン1世の戴冠式』を観てないって気づいて、
またドゥノン翼へ戻る。
実は館内の案内図には場所を明記されてない。
フランスに行く前に『ダ・ヴィンチ・コード』を鑑賞した時に
ラングドンとファーシュ警部がこの絵の前を歩いたので、
「ここにあるんだ!」と知ったのでした。


でも、さっきも実は前を通ったのに見当たらなかった…。
あんな大きな絵、見逃すはずがないのに…。


あ  あ ああ!!

ふらんすき

あったし!!!きらーん
有り得ない。普通にさっき、素通りしたんだ…;
前日にヴェルサイユ宮殿で観た、
『ナポレオン1世の戴冠式』と観比べができて良かった
本当に、ドレスの色が違うんだね~~っ


その後、ラングドンとソフィが隠れた、
ルーヴル館内のトイレを探したんだけど、わからず断念…

そのまま下の階へ降り、
イタリア彫刻が展示されている所へ。
ふらんすき
エロスの接吻で目覚めるプシュケ』が美しかった~ほけー…
羽に弱いのかな。
昼ごろになると人が増えてきて…。
ホントはもっと色んなアングルで撮ってみたかったなぁ。


はっ!
ふらんすき
ニ~ケちゃ~~~んっ!
やばい、かわいすぎる!!!鼻血たりーん


はっ!
あれれっ、こちらにも別嬪さんが!
ふらんすき
ミロのビーナス!!
この時も結構人がいたんだけど、
入らないタイミングでうまく撮れた!
これはもう、絵ハガキです…!
この旅行、被写体が全部美しいから、上手く撮れちゃって、
プロのカメラマンになった気分!!

既にここは、古代ギリシャ美術のコーナーに足を踏み入れてるね。

最後はエジプト美術のスフィンクス
ふらんすき
階下に進み、中世のルーヴルの壕を通って、
正面のガラスのピラミッドの下(元来た入口)へ。

シュリー翼のゲートを出ると、
すぐに小さな売店がありました。
ふらんすき
24枚のポストカードセットを買いました!
美術館を行く時は必ず、ポストカードを買ってるので!
(またこの後近くの売店で、5枚5ユーロのポストカードを購入。
 なぜなら、ダ・ヴィンチの他の絵が欲しかったから。)




ふらんすき
入り口の階段から中央フロアを見降ろすと、こんな具合。


この後は館内を出て…?

いえいえいえいえ!
まだまだ忘れてはならないものがあるでしょうよ!!


ほッ わあああああああ!!!!
ふらんすき
逆さピラミッド、初めましてーーーーッ!!!
涙ちょちょぎれそうでした!!!
わあああ、なんてキレイなんだ!!!!

外のピラミッドと違って、
ふらんすき
留め金として十字架のような、クロスの金具が取り付けられてる。

『ダ・ヴィンチ・コード』がいうように、
マグダラのマリアがこの下に眠るのなら、
このクロスはテンプル騎士団の「十字」を表すのかな?とか
単なる、建築的な構造による形なのかもしれないけどね;
原作にも映画にも特に書かれてないことなので、その可能性大…。
でも、
そういうの考えるだけでワクワクするよね!!!きらーん


ということで。

事実上の違いで映画版の方は叶いませんでしたが…


ふらんすき
原作版、やりました(大満足)。

母「はは恥ずかしいんだから、早くやりなさいッ!」

他の観光客は、
逆さピラミッド(ガラスの方)のさきっちょを人差し指で触って
写真を撮る人が多かった。
なんか有名人がやってたポーズなのかしら??

ルーヴル美術館に繋がるショッピングモールをぶらりと見て、
デジガメのメモリが明らか足りないことが判明したので、
結局フランスで8ギガのメモリカード買っちゃいました…
日本で買うのと、さほど値段は変わらなかったです。

で、フランスのスターバックスでカフェモカを購入!



そして、チュイルリー公園でお昼を食べるという、
おいおい、あんたらもう、
完璧なパリジェンヌじゃん?
みたいな感じで。


…はいッ!


さて!
長くなったので、
やっぱり3日目も前編後編に分けますか…!
続きはまた次回!


後日アップする予定の『フランスキ。』が散れ散れにならないよう、
記事の投稿日は後に旅行最終日(11月12日)に変更します。


投稿日:1月17日
1日目 2日目:前編 後編

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行





素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。
これからも更新頑張ってください。
【2010/01/21 16:45】 URL | メアリー・J・ブライジとの出会い #UzsS.eyA[ 編集]

>>メアリー・J・ブライジとの出会い さん

初めまして!
お立ち寄りありがとうございます!!

これからも更新頑張ります!
メアリー・J・ブライジとの出会いさんのブログにも
立ち寄らせて頂きますね♪

コメントありがとうございました(*^_^*)
【2010/01/22 02:13】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.