ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい
「もしもし?誰?」

ふぉーん・ぶーす

フォーン・ブース』を観た!

コリン・ファレル第3段!
前夜祭 第1段 特別祭 第2段

撮影期間はたった10日
81分閉塞的切迫
8番街と53丁目、西マンハッタンの“最後の聖域”。
ボックス型公衆電話、最後の1台
選ばれし1人の男、最後の利用者。

ちょぉっと~!!面白いじゃんか!!!

しかも、

コリンがた~~ッ!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

わ~ぉ。2002年の作品か…!

公開当時のことをうっすら覚えてる。
コリン・ファレルをなんとな~く知ってて、
でもポスターの写真がコリンのイメージと違ってた。
(一体コリンの存在を、私は何で知ったのだろう…)
当時中学生だった私は、何でこの映画を知ったんだ?
映画なんてTV放映くらいしか観てなかったのに。


というわけで、素通りした映画だった。

ああ、なんて残念な私!
けッこう、おもしろいじゃないか!

アイディア勝負
で、
スタイルを貫いた粋な作品。

最近めっきり公衆電話の数が減ったからこそ、
公衆電話に魅力が生まれる。
この映画の5分の4は公衆電話がひたすら舞台。
ふぉーん・ぶーす

公衆電話がリリリーンッと鳴るとゾクゾクしない??
いわゆる、「逆電」ってやつ? 違う。
スピード』の影響かしら。
ダイハード3』の影響かしら。
ファイト・クラブ』の影響かしら。
今作、『ファイト・クラブ』を意識した映像があったな。


とにかく、入りからグッドでした Σ
ふぉーん・ぶーす
数字でリアル感、映像でスピート感を出して、
一気に観客を引き込む。

そして、テレフォンショーが始まる。

シュチュワート(コリン・ファレル)は突如として公衆電話に脅迫される。
ふぉーん・ぶーす
電話の先には謎の男。
その声の主はシュチュワートを知りつくしている。
この男の目的は。
なぜシュチュワートなのか。
何をさせたいのか。


単なる愉快犯か、
神になったつもりで制裁を加えるのか。

キャストもまさかの豪華さです。
でもそれ以上に、演出がクールです
ガシガシ展開は変わっていきます。
これが90分にも満たない作品とは思えぬほどの充実感。
良いな、この安上がりな濃厚


見所は、
ふぉーん・ぶーす
精神的圧迫です
コリンが輝いております
コリンがいじめられてます素晴らしいです

あ、いや、ピンクにすると信憑性が薄れるから、
精神的圧迫、としておきます。
コリンが名演です




じゃ……っかん、誰かさんが登場したらB級の匂いが立ち込めたんですが(笑)
てゆうか、気づけなかったことが、ファンとして失格…
電話の声が、もっと電話らしく聞こえればよかったんだけど。

手軽に、切迫サスペンスをご賞味あれ!

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

! 以下ネタバレあり !



や~、ましたね~、コリン
精神的圧迫され具合がたまりませんッ!

コリンはほとんど、電話BOXから出てきません。
小さな空間で、大きな演技。
ちょっと、演じてて気違いになりそうな役だけど、
自分の演技に入り込みやすかったのかもしれない。
いつも感じる、手荒な演技とは違って、
今回はググッと中に入ってくる感じでした
やっぱ、イイ感じです、コリン

コリンの役は、シーンを追うごとに本性を出していく。
嘘にまみれた、弱き姿。
粋がってた時の表情とは一変。
救われたい、罪を許されたい一心で、
みるみる化けの皮を剥がされていく。


声の主からの切迫と、
電話BOXの外からの切迫が、シュチュワートに次々と押し寄せる。

彼も、悪いことしてたんだけど、
でも誰もがしてるようなことでもあって、
彼だけが代表してこんなに責められるのも
なんだかとっても不憫で、ちょっと笑える
コリンがまとう、いつものアレです。
情けない表情と笑いを含む空気。

そんな、笑いを誘いつつも、
コリンは迫真の演技!
ふぉーん・ぶーす
イイ表情~~ッ!
当初はこんな風に、強気にぶち切れきみだったんだけど、
ふぉーん・ぶーす
責められ、脅され、
ふぉーん・ぶーす
追い込まれ、欺かれ、
ふぉーん・ぶーす
メソメソコンソメ!!Σ  ※コンソメは関係ありません。

大パニックなコリンが最高でした。
犯人に、助けを請うようなシーンもあって、
とっても人間味がある役。


一番の見どころは、公衆の面前での懺悔
ふぉーん・ぶーす
なきじゃくるところは、
高く弱い声が漏れ出して、なんて鼻血
愛する人を裏切ってしまったこと。
それでも愛していること。
自分がいくら汚いか吐露すること。

放っておいてほしい痛いところを、
犯人に突かれ突かれ、
打ち明けなければいてもたってもいられなくなった。
人間洗浄、成長です。


あとは、ダミーの凶器を見つけてしまった時の、
ぶっ倒れそうなくらいの衝撃。
もうちょっとで意識飛ぶ寸前。
声の主にやられた感で、息を飲む。
あの表情は絶品

また、声の主のしてやったりな嘲笑に、
コリンの左口角が痙攣するところも見逃せない!

すっごく楽しかった!!
コリンの演技が楽し過ぎた!!!



そしてもう一人。
登場して、歓喜。
ふぉーん・ぶーす
まさかの、フォレスト・ウィッテカー!!!
うわ~い!おっかな~い!
でも善い役だよ~。 や、まぁフツーの役だよ~。

あとは、
ほら、あいつだよ、あいつ。
ロバート・ダウニー・Jr.とも2回も共演してる、あいつ。
→『歌う大捜査線』『ワンダー・ボーイズ
ケイティ・ホームズ…!
なんか演技が微妙で腹立つ…! ちょっとブ女だし…。
…な~んて、トム・クルーズに失礼よね。うふ。
だけど、1人なんか浮いてた…演技微妙過ぎて…。 妬んでないよ。

シュチュワートの奥さん役はラダ・ミッチェル
彼女もあんまり好きなタイプの女優さんではないかも…。
最近観たような、と思ったら、そうじゃん。
サロゲート』じゃん。



そして、例の声の主。
この映画の前に、DVDに予告が何本か入ってました。
そこで、例の声の主の主演海外ドラマの予告が、
ご丁寧に入っていたのに気づかなかった私…
ふぉーん・ぶーす
ね。彼だったんですよ~!!! 誰かわかる?
気づけなかった自分を悔いながらも、大絶叫。
そういえば、声がそうじゃん!ばかばか!


監督は、ジョエル・シューマカー
時折微妙な映画を作らなくもないけど、
当たり作の方が比率的に多いと思う。
依頼人』おもしろかった記憶がある。 スーザン・サランドン主演。

音楽は、あれま!
ハリー・グレッグソン・ウィリアムズでした!
今回丁度一緒に『ウルヴァリン X-MEN ZERO』を借りたんだけど、
同じく音楽を手がけてます。
今作はいくらか落ち着いた音楽…?かな。
後半は盛り上がってきた感じだったけど。


や~。
傑作とまではいかないけど、
けッこうおもしろくて好き。
この、設定だよね、映画の舞台となる設定。
それがオリジナリティあって、惹きつける。
時間がある時に、ちょろっと観てほしい作品です!


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





これ観たいなぁと前から思っていた作品なんですよ。コリンさんが主演だったんですね!
彼の百面相・・・なかなか素敵です。

実は小学生の頃、学校の帰り道で突然電話ボックスのベルが鳴り、ビビッた経験があります。恐る恐る出たら、自衛隊基地がどうの、いたずら電話がどうのと怒られました(泣)
たぶん、正面の家の高校生とかが電話をかけ、驚く様子をながめて楽しんでいたんですね。今では楽しい思い出ですが、この主人公もそんな風に思える日が来るのかな?(笑)
【2010/02/21 11:08】 URL | 宵乃 #-[ 編集]

>>宵乃 さん

コメントありがとうございます!


なんと!
ちょっと恐いですが、
でも公衆電話のベルが鳴る音を
生で聞いたことがあるんですね!!
いたずらにしろ、とても貴重な体験ですね!
その怒られた内容がおもしろいですが(笑)

主人公はどうですかね~。
ネタバレになってしまうのでふせますけど、
一筋縄ではいかない感じですよ★
【2010/02/21 21:07】 URL | なるは #-[ 編集]

こんばんは。

この映画、ボクも好きです。
コリン・ファレルが、調子に乗ってたころの作品で、
ノリノリの芝居が楽しめますよね。
初めの方のカンチガイ業界人ぶりも楽しいです。
未見でしたら、同じくジョエル・シューマカー監督作品の、
『タイガーランド』も見てくださいね!
あの映画のコリンは最高です。

それにしても、「当時中学生だった」とか言われるとガックリきますね。
そりゃ~年もとるわけだ…。
それ以上に、上にコメントされてる方の体験談が面白かったです(笑)。
【2010/02/21 22:00】 URL | ケン #JkPZIk6.[ 編集]

>>ケン さん

いつもコメントありがとうございます!

おもしろい映画でしたよね!

未観です!ありがとうございます、
『タイガーランド』、観てみようと思います!
ジャケットから戦争映画…?とちょっと気が引けてしまったのですが、
訓練生の話みたいですね…?
気になります、かなり!
次回か、その次あたりにレビューをあげることでしょう(笑)


宵乃さんの体験、すごいですよね!!
実際にそれってちょっと恐いですけど、
でもなかなかできない貴重な体験ですよね。
まるで映画みたいで、
自分がそんな体験できたら自慢しちゃいます、きっと!
【2010/02/21 23:24】 URL | なるは #-[ 編集]

この映画好きでした。
内容忘れかけてますけど。

これもそうだけど、昔好きだった映画とか見てみようかな。
意外な発見があるかもですね。

【2010/02/23 12:29】 URL | 虫 #-[ 編集]

>>虫 さん

コメントありがとうございます!

観たことがおありなんですね!

昔観た映画も、今観るとまた違った感動や思いが湧くものですよね。
たった2年前とかそこらで観た映画でさえ、
抱いた感想が全く違うものだったりしました。
だから観たことある映画も何度も観ちゃうんですよね。
人生が何個あっても全ての映画なんて観きれないです…(泣)
【2010/02/23 21:59】 URL | なるは #-[ 編集]

お久しぶりですw

この映画には少し苦い思い出が・・w
本編見る前になんとなく特典映像のメイキングみてしまって犯人が30秒ぐらいでわかってしまって^^;
本編を見てる途中、「『24』の人」が頭から離れませんでした・・
【2010/02/27 19:36】 URL | リノ@ヴァイラス #-[ 編集]

>>リノ@ヴァイラス さん

お久しぶりです!コメントありがとうございます!

え~!
ダメですよ、本編を観る前に
特典なぞ観てしまっては!(^_^;)

私はジャケットの裏表紙とか、
ついつい予告とか、本当に観なくて良かったと思いました。
この映画、ほとんど調べずに観ましたから。
コリンが出てるってことくらいしか前情報なかったです(笑)

この時代、ネタバレしないようにすることが
困難になってますよね~。
【2010/02/27 22:31】 URL | なるは #-[ 編集]

なるはさん(^^)こんばんは!
いつもありがとうございます。

自分もこの映画は結構好きです~(^^)

あの尺で本当に上手くまとめたなぁと言えるハラハラドキドキのテンポも良い作品でとても面白かったですよね!

そして、それがほとんど街中のフォ-ンブ-ス周辺だけの展開というのが絶妙だったと思います。
コリンの表情で魅せる演技も良かったですよね!何せ受話器から離れられないのですから難しかったと思いますよね。


それと自分も好きなフォレスト・ウィッテカ-。自分的にはいつも良い役をやっていると思いますので今回もとても良い役だなぁと同じく嬉しくなってしまいました。
なるはさんはやはり「ラスト・キング・オブ・スコットランド」の印象が強いのでしょうか?あのウィッテカ-はめちゃ恐かったですものね~

最後のアノ人には吹いてしまいましたが(バカにはしていません)本当に良く出来た面白いサスペンス作品だと思います。

いつも本当にありがとうございます。(^^)
【2010/03/08 20:09】 URL | ユウ太 #-[ 編集]

>>ユウ太 さん

こちらこそ、いつもいつもありがとうございます!

限られた空間での映画というのは大好きです。
電話BOXとその周辺だけでほぼ収めたこの映画は
規模が小さくて濃厚ですよね!


フォレスト・ウィッテカーの出演作をほとんど観ていないのですが、
良い役が実は多いことに驚きました。
それでも『ラスト・キング~』のイメージが強すぎて、
つい疑ってしまうんですけどね(^_^;)
何かしでかすキャラクターなのだと。
なので、何もしでかさないと、ちょっと拍子抜けしたり。
(『バンテージ・ポイント』とか)
でも本当に素晴らしい存在感、圧力!
観ていておもしろいです!


最後のアノ人、まさかの出演ですよね。
映画全編にわたって出ていたとは…(苦笑)
【2010/03/09 23:37】 URL | なるは #-[ 編集]

こんばんは!コリン・ファレルといえば先日の日曜「ジャスティス」もTV放映してましたが「アレキサンダー」はご覧になったことありますか?批評も興行成績もフルボッコになってしまった作品ですが、結構根強いファンも多い気がします。ディレクターズカット版が出るくらいだし。ヒットしなかったのは時期も悪かったんだろうな。グラディエーター以来続いた歴史大作ブームが飽きられ始めた頃だったしねえ。

ハリーの音楽はいい意味で癖がある気がします。プログレッシヴていうのかな。この監督の映画は「フォーン・ブース」以来、音楽はほとんどハリーじゃないかな。ジム・キャリー主演の「ナンバー23」とかも。この映画、あまり良い評判は聞かなかったけど結構面白かったですよ。ただ劇中でジムが男臭い探偵になってるときはどうしてもエース・ベンチュラを想像してしまいました(笑)。
そういえば先日ハリーの音楽聴きたいなあと思ってamazonで検索してたらフォーン・ブースのサントラ7000円か8000円くらいだったんでそんときはパスしちゃいました。すみません、ハリー。

そうそうハリーのアシスタントから「ドラゴン・キングダム」を担当して本格デビューしたデヴィッド・バックリーという映画音楽家がいるんですが、この人はかなりの逸材だと思います。ネットで映画音楽系の情報見てるとジマーアンチの方って本当に多いんですが(それぞれの好みの問題だし、とやかく言えないんだけど)、「ドラゴン・キングダム」の音楽に関してはかなり好評でした(映画自体もまあまあ楽しめる感じ)。同じチャイニーズテイストではハンス・ジマー&ジョン・パウエルの黄金コンビによる「カンフー・パンダ」の音楽も素晴らしかった。映画自体も公開当時は某○ニョに押されてほとんど話題になりませんでしたが、個人的には「WALL・E」と同じくらいの傑作。続編にも期待してます。
そして、バックリー氏の新作はジョン・トラヴォルタ主演のアクション大作「パリより愛をこめて」です。ただ肝心の映画自体が本国で大コケしてしまいました。アメリカでは予想外に大ヒットした「96時間」の監督の新作だけに期待されていたでしょうが、残念な結果です。で、これより一週間くらい前に公開された、メル・ギブソン久々の主演作「Edge of Darkness」(僕が今一番楽しみにしてる作品のひとつ)もこれまたサッパリ。スターの世代交代ってことなのかなあ。
【2010/03/16 20:34】 URL | バーンズ #9l8GnPBk[ 編集]

>>バーンズ さん

いつもコメントありがとうございます!

お恥ずかしい話、
コリンの映画は5作品くらいしか観てないです;
『アレキサンダー』は近日中に観ると思います!

『ナンバー23』、私も以前観ました!
題材は良かったですが、
もうちょっとパンチがあればなぁ、と。

『フォーンブース』、私もサントラ探しましたが、
iTunes Storeにも無かったです。
YouTubeでも探したんですが、
聴きたい曲の音質が微妙で…。

デヴィッド・バックリー、知らないです!

というか『カンフー・パンダ』、ハンスとジョンパなんですか!?
それはとっても聴きたい!
確かにあまり日本ではヒットしませんでしたね…。

>スターの世代交代
寂しいですね…。
特に私なんかは映画を追い追い観るような感じなので、
実はブームは過ぎていた、といったようなこともあります。
現在の年齢にビックリすることもしばしばです…。
メル・ギブソン、大好きです!
【2010/03/18 22:51】 URL | なるは #-[ 編集]

この映画私も好きっ!
BS洋画劇場(←DVDより専らこっちw)で2回くらい見たかも☆

こういうドキドキ感たまらなく好き^^
【2010/05/08 02:15】 URL | くみぱんつ #-[ 編集]

>>くみぱんつ さん

連投ありがとう!!
くみぱんつも観た!?

BSで放映してたんだ?
またやらないかな~★
何回観ても良いかもしれないね。

閉塞的な空間での
スリリングな映画はたまらんですねっ★
【2010/05/08 17:44】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.