ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい
正義の盗賊団。

あめりかん・あうとろー

アメリカン・アウトロー』を観た!

コリン・ファレル第4段!
前夜祭 第1段 特別祭 第2段 第3段

は~い。
ガシガシ、コリン・ファレル観漁ってきましょー!

ジェエシー・ジェームズ。
3年前に『ジェシー・ジェームズの暗殺』という映画がありましたが、
あの映画みたいな暗欝恐怖感はありません。

もっと派手に!もっとガンマンに!
もっと熱く、もっと楽しく!
取るに足りない作品だけども、
たまには気軽に西部劇、いってみたいじゃない?

ちょっと、キャスティングが(私的に)キた

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

けしてね、
ブラッド・ピットの『ジェシー・ジェームズの暗殺』がイヤとか
そんなんじゃないの。
あの映画、結局映画レポは書けずじまいだったけど、
ちょ~…っと長たらしく(実際160分!)感じつつも、
最後まで観るとドスンッとした重みがくるのがグッドでした。

それとは本当に対照的な『アメリカン・アウトロー』。
3時10分、決断のとき』(西部劇)のようなクールさもなく。
ただ、熱さは同じかな…? 何の熱?

個人的に、見所がかなりあるんだけど、
一般的に言えば、
典型的なアクション
体張ってる好感触Σ
スタント含め、
みんななかなかなアクションを決めてくれてます!
演出も派手で、
全員で同じ方向に銃構えちゃうのも、
弾当たってっから!というツッコミも、
難なく(?)クリア
2001年の作品の割には、
アクションで観劣ることがなかったのは良かったな

タチの悪いガンマン映画ではないので、
最近ビターでヘヴィな作品で疲れちゃった人には、
楽しく観れる作品かも。


そして、なんといっても、
ビエルスキ兄弟ばりの
スペシャル★キャスティング


コリン・ファレル(弟:ジェシー・ジェームズ)と
あめりかん・あうとろー
ガブリエル・マクト(兄:フランク・ジェームズ)が
あめりかん・あうとろー
兄弟役ですからね!!
似てる?似てない?もうなんでもいいや!



予告のノリでわかるね(笑)
こんな、予告ほど馬鹿な映画ではないよ!
そこまでふざけてないから。
まじめに典型的にカッコよく作ってるから。

いうなれば、青春西部劇

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------


2年前くらいに
この映画の存在を知ったんだけど、
結局観なかったんだよね。

お目当ては、ガブリエル・マクト。
あめりかん・あうとろー
でも、チョイ役なのかも…と(勝手に)思い、
保留状態。鑑賞見送り。

で、こうしてコリン・ファレルを観るがために、
やっと鑑賞することとなりました。



まさか、2人が兄弟役とはね!

これまた2人の登場シーンも
なかなかイキな演出なんです。

狙撃の名手ってことで、
「フラーーーーンク!」と仲間に助けを求められ、
木の陰からガブ初登場!
あめりかん・あうとろー
(※厳密には、この画像はそれから数秒後)
絶対コリンが出てくると思ったのに、
まず先にガブだった!!!

そしたらすぐ、「ジェシー行くぞ!」と呼ばれ、
あめりかん・あうとろー
コリンも登場
冒頭で2人が兄弟役と気づいて、
「えっ、そうなんですか!」テンション急上昇


見所はこっからです。
あめりかん・あうとろー
遠くの敵を狙う、ガブ。
その眼差しに射殺される~っ

今度はおとりになるために、
1人馬に乗って敵の前に飛び出すコリン。
あめりかん・あうとろー
二丁拳銃な雄々しさに鼻血!

この時点で、魅せること重視の映画と知り、
大盛り上がりの私 観て良かった!


ガブとコリンはこの映画の2年後、
リクルート』で再共演です。
こっちではライバル役。

やっぱり2回も絡みがある役で共演するだけあって
息が合うんかねぇ??

冒頭を過ぎると、
カブは比較的影は薄めになるけれど、
博識なところや、
全体を見渡せる判断力が見物。
かわいい顔してるけどさ、
あめりかん・あうとろー
結構こういうハードボイルドな雰囲気も合うんだよね~っ。

そうそう。ガブって、
エネミー・ライン』に出てるんですよね。
ガブが好きになってから出てることを知ったけど、
一体どのシーンで出てたのか全然わからず…。
だってあの映画、
鼻のつぶれたオーウェン・ウィルソンが主演で、
彼ばっかりの映画だったという記憶があって。

で、この間またTV放映されたんで、観てみると…
確かにガブがいた!
でもこんなに記憶がないのはさ……と思ったら案の定 ね…。

ガブはアクションも結構いけるんです。
9デイズ』とか映画はクソだったけど、
ガブのアクションでワーキャーしました。
この間なんて『スピリット』でついに主演
撮影はほとんどブルーシートだったけど、
良い動きする。感が冴えてるっ!

でもガブは、恋愛映画ももっといけるんです!!
映画として微妙過ぎる『恋とスフレと娘とわたし』や
ガブに一目ぼれした『ママの遺したラブソング』では
彼の醸す優しい雰囲気にメロメロ!(死語)

正直、ちょっとインパクトが薄いガブではあるけど、
これからももっと活躍してほしいな~ぁ



さ。そして今回のメインディッシュ、
あめりかん・あうとろー
コリン・ファレルッッ! Σ
マジで美味!
当時25歳だって25歳だって25歳だって~~~っ!!!
尋常じゃないくらいかわいかったです。
かわいすぎる。女の子かと思った。

でも体当たりなアクションもあって、見所十分。
コリン・ファレルのファンなら必見。 ファンならもう観てるか。
すっごいよく動いてた。
動ける俳優って大好き。


既に『ジェシー・ジェームズの暗殺』の記憶が乏しくて
映画を観ている間は勘違いをしてたんだけど、
つまりはブラッド・ピットの役がコリンが演じた役。
『ジェシー・ジェームズの暗殺』は、この映画の言わば続き。
『アメリカン・アウトロー』では「楽しい映画」で終わって良かった…。

あめりかん・あうとろー
恋愛要素もあるという、青春映画でございました

でも、なんというか、
あめりかん・あうとろー
頭の悪い映画ではなかったのは良かった。
それこそこの間純粋にアクションを楽しんだ、
S.W.A.T.』と同じように
どっちらけする映画ではないので
まぁ好きな俳優が2人も活躍しちゃってるから
そういう点で妙に楽しくなっちゃったかもしれないけど。
でも展開としては悪くないし。

なかなか、悪役方のキャストもシックな雰囲気で、
バランスのとれた配役だったな~。

そういえばつい先日、
あめりかん・あうとろー
ティモシー・ダルトンって
4代目ジェームズ・ボンドだったこと知った…
ちょろっと横目に『007/消されたライセンス』を観たけど、
なんか弱くない?あのボンド。精神的に。
あの映画で気になったのは、
ものすっごい若いベニチオ・デル・トロ(笑)

結局ティモシーは2作品でボンドを降板?
ホット・ファズ』以来、他に作品出てないのかな…。
雰囲気は良いんだけどね。


ああああ…この俳優誰だっけ??
あめりかん・あうとろー
ティモシーの後ろにいる人…。


そうだ、そうだ、
音楽はトレヴァー・ラビンでした。
ナショナル・トレジャー』シリーズなど手がけてる作曲家。
ド派手な曲を作る人で、
今回の映画にもなかなか合ってました。
あとMOBYが曲、提供してるんだね。
Find My Baby』だったかな、たぶん。
劇中、この曲を編曲したインストもあった。


めでたし、めでたし。
そんな映画です。
あめりかん・あうとろー
あ~、おいしかった


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





初めまして、東京在住のNARCYと申します。
現在、映画サイトを勉強中です。色々検索しているうちにこちらに辿り着きました。すごい情報量ですね。参考にさせて頂きます。

オムニバス映画のサイトを開きましたので、もしよろしければご覧になって頂き感想などをお聞かせ下さい。

オムニバス映画ワールド
http://web.me.com/omnibusworld

アクセスお待ち申します。
宜しくお願いします。
【2010/03/05 14:18】 URL | NARCY #JalddpaA[ 編集]

>>NARCY さん

はじめまして~!
ようこそ、辿りついて頂いてありがとうございます。
情報はほとんど受け売りですけども(>_<;)


映画サイトですか!良いですね~~!
立ち寄らせて頂きます!!!
【2010/03/06 23:04】 URL | なるは #-[ 編集]

この映画はボクも好きです。
いま西部劇を作ると、どうしても重くなりがちなんですが、
本作は単純明快なアクションに徹していて、それが尊い。
コリン・ファレルもカッコよかった…ような記憶が。
細部は覚えていないのです…(´・ω・`)
申しわけないですが、ガブリエル・マクトは「誰?」って思いました。
記憶力がヤバいです。
でも俳優のお顔が沢山で、おなか一杯になった記事でした。
【2010/03/06 23:26】 URL | ケン #JkPZIk6.[ 編集]

>>ケン さん

いつもコメントありがとうございます!

>本作は単純明快なアクションに徹していて、それが尊い。
本当に単純明快でした!
でも嫌な感じはないんですよね、むしろ爽快で。

コリンもかっこよかったですよ~(笑)

ガブリエル・マクトはパッとしないお顔ですよね。
美系より、特徴的な顔の方が
こういう世界は強いと思います…。

ぺったぺったぺったぺった
画像を貼ってしまいました;
ついつい見目が麗しくて…(^_^;)
【2010/03/07 21:20】 URL | なるは #-[ 編集]

こんにちは~♪
コメント連投してごめんなさい(笑)

これ、今日観ました☆
思ったより面白かったです。シンプルかつ王道のストーリーで、時代劇を観ているような安心感もあって。
くすっと笑える場面もあって、正しい娯楽映画という印象でした。
コリンも若さが弾ける感じで、生き生きしててよかったです。若さゆえの無謀さ、過剰な自信がまた魅力的。

そしてお兄ちゃまが・・・素敵でした。うっとりでした。
正直、途中で死んじゃうんじゃないかなってなんとなく思ってたんですけど(「リクルート」みたいに)怪我もせず最後までいっぱい出てくれてうれしかった~(*'ー'*)コリンと兄弟って、似てなさすぎじゃんと思ったんですけどいい感じの二人でしたよね。
ガブくんは撮影当時まだ20台だったみたいですが、えらい貫禄で・・・おひげのせいでしょうか。あんなお兄ちゃんがいたら何でも言うこと聞きますね~私。

家が爆破されてキャシーベイツがよろよろ出てくる場面で一瞬ドリフのコントを連想してしまったのですが(笑)そんな古典的なところも楽しめる映画でした。
いつもコメント長くなってごめんなさい~!!

【2011/02/05 12:30】 URL | あくび #-[ 編集]

>>あくび さん

連投よろこんで♪♪
またもありがとうございます~!!

そうなんですよ!!
この映画、シンプルでベタな作りではありますが、
だからこそしっくりくる作品ですよね!!

ガブも20代でしたか、この頃!!!
確かに落ち着いてる雰囲気もあって・・・
素敵なお兄さんって感じです!!
似てないけれど、
コリンとカブが兄弟だなんて最高!!
私もガブお兄ちゃんの言うことなら
何でも聞くわ!!!(笑)

この映画、本当は定期的に観たいです・・・!
本当に画面が美しくて~~~!
【2011/02/06 01:24】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.