ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい

地球(ほし)に願いを。

つきにとらわれたおとこ

月に囚われた男』を観た!!!

ルナ産業。
地球へエネルギーを。
月で3年
任務は1人
彼の精神体力は、限界に達していた。

あと2週間。
あと2週間で家へ帰れる。


想像以上の秀作
サム・ロックウェル渾身の独演
ストーリーは、大気圏突入の衝撃!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

単に、サム・ロックウェルが観たいなと。
つきにとらわれたおとこ
内容も、まるで知らなかった。
月で、男1人が任務をこなす、ということしか。

一体、そこから何が始まる?
この先に何がある?



やばい、今や予告を観るだけで泣ける…!!

まさかの展開。
頭に隕石が降ったかの衝撃
狭い空間で、巡る1人の男記憶感情
そのスケールは宇宙のように果てしない。

空(くう)を掴むような人生。
それでも帰りたい家がある。




つきにとらわれたおとこ
監督・脚本は、
今作が初長編作となるダンカン・ジョーンズ(右)。
「20世紀最も影響力のあるアーティストである
 デヴィッド・ボウイの息子」としての肩書も重そうだけど、
この映画ののびのびとした描写に感嘆
制作費は500万ドルという低予算
撮影期間はたった、33日間
予算の都合で多くの俳優を出演させることが厳しかったジョーンズ監督は、
別の企画で出会ったサム・ロックウェルに関心を持ち、
彼のための、彼だけが演じる、今作を書き上げる
(脚本はネイサン・パーカー。)

大正解だったと思う
サム・ロックウェルの演技は、強烈
彼は底知れない
自由でおだやかな表現力であるが、切れ味は抜群
今作は本当に演技をする上でハードルが高かったと思う。
でも、寸分の狂いも見せず、完全に演じきった


低予算なだけに、時折チープな映像もあるけれど、
つきにとらわれたおとこ
このストーリーなので、全く気にならない。
むしろ、観せ方が本当に上手かった!!
映画はお金じゃないんだ~~っ!!


孤独、疎外、隔離。
精神の分裂?
忍耐の爆発?
身体の分離?
単なるSF作品という枠を超える、
倫理的な問題にも触れた、最高級のサスペンス


つきにとらわれたおこと
でも、僕は、確かに、ここにるんだ…!

こういうテーマ、ストーリーは大好きすぎる。
絶対に観てほしい!!!

どうか皆さん、限られた劇場でしか公開していないけれど、
ぜひぜひ劇場まで出向いてください!!!

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

! 以下ネタバレあり !



この日は、前回の記事でも言った通り、
恵比寿ガーデンシネマへ、
ウディ・アレン監督の『夢と犯罪』と『月に囚われた男』を立て続けに観た。

間髪いれずに観たもんだから、
そして『月に囚われた男』があまりに秀逸過ぎて、
『夢と犯罪』がぽ~っとどっかに行ってしまった。
『夢と犯罪』もおもしろい作品だったんだけどね。
損な役回りにしてしまって申し訳なかった。


そのくらい、脳内がスパークでした。
どの位スパークなのかと言うと、Grizzly BearPV後半くらい。

この映画、最初は何が起こるのかわからない。
サム・ベルという男がたった1人が黙々と任務をこなす。

月に1人。
地球の人間とは通信機器の故障で
リアルタイムでは会話はできない。
木星経由で届いた地球からのビデオレターは
新鮮さを失っている。

それでも、サム・ベルにとっては、
このビデオレターが地球との唯一の繋がり
待っている家族がいる。
地球に帰れば抱きしめたい妻・娘がいる。
それだけが彼の支えであり、
それもあと2週間経てば叶う願いなのである。

3年という、孤独な者にとっては長過ぎる歳月は、
サム・ベルを思いのほか蝕んでいるようだった。


見える幻覚。
それによって作業中に大事故を起こす。

目が覚めた時、
宇宙でただ1人の話し相手である、ガーティがいた。
つきにとらわれたおとこ
彼はサム・ベルの「お手伝い」をするために船内に搭載された、
とっても賢いロボット。

彼が登場した時にはゾッとした。
2001年宇宙の旅』のロボット、HAL9000を思い出したから。
そういう結末になるのでは、と思ってしまったから。
HAL9000と違うのは、
いくつかの設定された「感情」を表示すること。
意外に思っていたよりは種類は多かったけど、
それでも数種類の顔のマークだけでしか、ガーティの感情は計れない。
その端的さが不気味で、
あまりに簡易な表示だから、そこに嘘が隠されているのではないかと疑ってしまう。

ガーティの声は、やわらかい男性の声
サム・ベルの問いかけにも柔軟に返答するが、
或る時には突然、プログラミングされた機械的な返答しかしない時もある。
それがまた恐い。

でも、最後には涙が出るほど賢くて、
人間よりも優しくて、不思議な気持ちになった


このガーティの声、まさかのまさか、
ケヴィン・スペイシーが出している
言われてみれば…!と驚いた。
事前に撮っていたサム・ロックウェルのラフカットの演技に驚愕して、
ケヴィンは声だけの出演を引き受けたらしい。

ケヴィンの声は水みたいに優しくて、抱擁感がある。
観終わってみれば、唯一和める存在だった。


そんなわけで、
事故から回復して目覚めたサム・ベルだが、
一抹の疑問を抱く。
ガーティの助言を押しきって、
自分が事故を超した場所へ行くことに。


その事故現場には、
まだ「自分」がいた。

頭がおかしくなりそうだった。

でも、存外、サム・ベルは一時パニックを起こすも、
すぐに状況を把握する。

事後現場にいた「自分」は、眼を覚ます。

自分と「自分」が初めて対面する。
一体どういうことなのか、全くわからない。
てっきり精神が分裂してしまったのかと思った。
幽体離脱みたいな。精神的にサム・ベルは危険な状態だったし。

でも実は…。
そこからの展開、
サムの葛藤、サムの悲惨な現実は、
映画としては見事だった
まるで、自分と「自分」との関係が醜くない。
普通、こういう系の映画だったらお互いを憎み合うけど、
結局は自分は「自分」なのだから、という寛大な心。
自分と「自分」とが助け合う姿は感動的だった。
今思い返しても、痺れてしまう

「自分」の、決断。
自分の、決意。

最後の最後まで、秀逸な作りだった
きっと、自分の命も、限りがあるのだけど。

設定を、事細かには説明しないところが、
返って映画の指針をぶれることなく導いた。



こうしたテーマを扱う映画にとって重要なのは、
リアリティ共感
馬鹿みたいな嘘をつくの簡単。
それをいかに観客に信じさせるのか、認めさせるのかがポイントになる。

それを支えるのは、
サム・ロックウェルの演技
つきにとらわれたおこと
彼には何回やられるのだろう?
毎回毎回、「ぐうううう」と息を呑んでしまう。
本当に本当に本当に、観応えがある演技!
幸せだった。
延々彼だけの演技を観ることができて。

一人二役、同時進行で演じること。
もちろん撮影は物理的に別撮りだけど、
別撮りだけに、本当に難しい
編集もうまいのかもしれないけれど、
自分と「自分」との対話を、
ここまで自然に緻密にこなしている作品を観たことがあるだろうか?
0コンマ何秒の綿密な、見事なまでの掛け合いが
恐ろしいくらいうまくできている
観てる方も、頭がおかしくなる。
よくぞ、ここまで、根気よく!!


「自分」はやっぱり、スペアなだけあって、
よくその「羊」がオリジナルより先に死んでしまうように、
命は短いのである。
悪化する体調。
あの演技も素晴らしすぎて痛々しい

「自分」を見つめる自分。
同じサム・ロックウェルなのに、
顔がまるで違く観える不思議。

この映画自体も当然そうだけど、
サム・ロックウェルの演技も
もっともっともっと評価されれば!!


サム・ロックウェルは
マッチスティック・メン』で初めて知りました。
即行好きでした。 7年前か。
もしかしたその前に、『コンフェッション』をTVで観たことがあるかもしれないけど。

グリーン・マイル』はこれらの後に、初めて観たと思う。
最近また観る機会があったんだけど、
恐すぎるね、あの役。
今だからわかる。とんでもない演技だった。
フロスト×ニクソン』でも存在感を魅せる!

アイアンマン2』が死ぬほど楽しみ
どうかどうか、ロバート・ダウニー・Jr.との絡みを
たんまり映してほしい!!!!
この2人の掛け合いは、きっと絶対素晴らしい!!



音楽、これもヤバい。
ちょっと前に、
ダーレン・アロノフスキー監督の『π』を観た。
その時に同監督『レクイエム・フォー・ドリーム』と同じ作曲家だと知って、
クリント・マンセルキた!と思った

早速サントラを探し始めると、
スモーキン・エース』の音楽も務めていたことを
すっかり忘れていたのに気づき、
また更に検索を進めると、
『月に囚われた男』もヒットした。

この映画は音楽を聴くだけでも価値があると楽しみにしてたら、
期待以上の音楽で、またも痺れた!

『π』、『レクイエム~』、『スモーキン~』では
同じような旋律を使ってたんだけど、
『月に囚われた男』の音楽は新しい旋律のエンドレスで、
美しいピアノの音と、シンセイサイザーが光る

たゆたう、無重力空間。
暗欝で不安ながらも、
一筋の希望も見える美しさ。

劇中、クリントの曲がピッタリすぎて、
ぐんぐん映画に惹き込まれたのも事実。
エンディングに涙したのは、
彼の曲が響いたからであるのも事実。

この映画で、この音楽。
ツボらない理由がないです


本当にオススメしたい映画!!
ああなんて充実!!!

ウルフマン』を観て、
映画を観る上での失敗を恐れてしまったけれど、
これでまるでチャラになったわ。信頼回復。
同じ「月」を扱っているのに、こうもデキが違うとはね。

しかし、邦題、結構思い切ったね。
そこまで明かさなくても良かったんじゃないかな…。
『MOON』でも素敵だったと思うけどね。

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





宇宙飛行士+孤独+サスペンス!
大好きな組み合わせです。
実際に宇宙ステーション長期滞在のニュースを聞いても、独りきりでどうやって耐えるのだろうといつも考え始めてしまいます。
なるはさんの熱のこもったレビューを読み、素敵な作品に出会ったときのドキドキ感が伝わってきました。
機会があったら観てみますね~!
【2010/05/02 10:52】 URL | 宵乃 #vaMGwv5Q[ 編集]

>>宵乃 さん

コメントありがとうございます!

>宇宙飛行士+孤独+サスペンス!
お目が高い!(笑)
良い雰囲気でした、それら要素を兼ね備えて。

ぜひ、DVDでも構わないので、
一度観て頂きたい作品です!!
もっと全国規模で公開されたら素敵なんですが…。
なかなかとっつきづらい作品なんですかね…。
【2010/05/03 02:18】 URL | なるは #-[ 編集]

こんばんは!
んもう。。。仕事で変な疲れが出るからなかなか活動できません。。。

これ、すっごく楽しみで、でも上映館が少なくてすぐに行けなかったんですよ。
明日、フリーなので行ってきます♪

アロノフスキー監督の『π』観ましたよ。
映画自体観たのがずいぶんと前なので詳細はよく思い出せないけれど、同じ音楽担当なんですね!

ちょっと色んな意味でやっぱり楽しみです。

【2010/05/07 21:06】 URL | るみなる #-[ 編集]

>>るみなる さん

こんにちは!
コメントありがとうございます♪

上映館少ないですよね…。
私もこの映画に対しては半信半疑でしたが、
今となっては全国規模でロードショーしてほしかったです!

『π』は結構恐い映画でしたが、
あの重さと精神的切迫がすごくよかったです!

ぜひ、日曜日?にご覧になってくださいませませ!
混雑していなければいいですね~(>_<;)
【2010/05/08 17:34】 URL | なるは #-[ 編集]

どうも!
ポンコツクマノスです! なるはさんの記事を読むまで観たこと忘れてましたよ。
いや~、自分のコツポンぶりに驚嘆!

ヘリウム3、一回月のことを調べたときに興味を持ったので、この映画の描写に本当にうなりました。すげーよ! ヘリウム3を撃って運ぶなんてって感じで。
無論サムの演技もお見事でした。3年寿命も本当にSFの王道でした。
正直色々予想はついたんですけど、なるはさんのおっしゃるとおり、「その場で観ている」ような臨場感がありましたね。
でも………地味なんだよな~。

「アイアンマン2」も楽しみですね。

あとなるはさん向けっぽい映画かなと思う作品を書いておきます。「落下の王国」「パイレーツ・ロック」と「アドレナリン:ハイ・ボルテージ」をお勧めします(前作「アドレナリン」よりゼンゼンよかったです)。
【2010/06/06 12:10】 URL | クマノス #VFkxEMUo[ 編集]

>>クマノス さん

こんばんは!
コメントありがとうございます!

確かに低予算作品らしいので、
地味な感じはあるかもしれないですね。
ほぼサム・ロックウェルの独演ですし。

でもこの映画は最近観た中では
一番ビリビリきました。
このテの作品が好きなんだと思います(*^_^*)


『落下の王国』は大好きです!
映画が終わる時には眼が2倍にはれてますv-406
『パイレーツ・ロック』は観たいです!
『アドレナリン ハイ・ボルテージ』はどうでしょう…
予告で正直参ってしまってスルーしようとしてたんですが、
1作目より良かったんですね!Σ(○Д○;)
どうしましょう…検討してみます。。。
【2010/06/07 23:46】 URL | なるは #-[ 編集]

こんにちは、やっと観られました!
いいですね~、おもいっきり私好みでしたよ。彼の演技と練られた脚本、音楽もぜんぶよかったです。
この手の作品で、自分同士が敵対しないで、なおかつそれがすんなり納得できるのがホント素晴らしいですよね。”想いはひとつ”と助け合う姿に涙しました。
個人的に最後のナレーションはずっこけっちゃったんですが、良い映画に出会えてよかったです。ご紹介ありがとうございました♪
【2011/12/06 14:05】 URL | 宵乃 #Nr/HUzNs[ 編集]

>>宵乃 さん

こんばんは!

良いですよねぇこの映画!!!

>自分同士が敵対しない
>”想いはひとつ”と助け合う姿
本当に、ここがたまらないです!!!
なんだか1個の人間の儚さというか、
愛しさというか、健気さというか・・・!

最後だめでしたか?(笑)
私は、凄く前向きに終わっている感じですけど、
でも「長くはないんじゃないか」と思うと
余計にぐっときちゃいました・・・!
【2011/12/07 22:44】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



あのデヴィッド・ボウイの息子、ダンカン・ジョーンズのデビュー作。2009年度英国アカデミー賞では作品賞にノミネート、監督自身は新人賞を獲得している。地球に必要なエネルギー源を月で掘削ために、3年契約でたった一人滞在する男が体験する奇妙な現象を描いたSF... LOVE Cinemas 調布【2010/05/02 03:16】
『月に囚われた男』 MOON 2009年・イギリス 英国産の硬派なSF。月で一人仕事する男のミステリ。  これは良いSF映画!硬派なSFが好きな人には... 猫の毛玉 映画館【2010/05/08 00:49】
製作:イギリス’09 原題:MOON 監督:ダンカン・ジョーンズ ジャンル:★SF/ミステリー月にエネルギー源を発見した近未来。人工知能搭載ロボット、ガーティを相棒に、独り月面で採掘作業行う宙飛行士... 忘却エンドロール【2011/12/06 13:46】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.