ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい

ここにある、いつだって。

びっぐ・うぇんずでー

ビッグ・ウェンズデー』を観た!

ブログDEロードショー第10回!
この企画の創設者のお一人、
映画鑑賞の記録」の miri さんの選出作品です!
過去参加履歴 : 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回
第6回 第7回(鑑賞のみ) 第8回(レンタル待ち) 第9回


あの頃、僕らは青かった。
太陽の下、波をひたすら待つ日々。
僕らは波に乗った。
波は僕らを引き寄せる。
だが、時間の波は避けられない。
時間は僕らに迫り来る。

これぞ青春!
いや、これぞ人生!
変わらない何かが、
必ず在るはずだから。


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

ブログDEロードショー、
今回でいよいよ、10回目に到達です!

ひとえに、
このロードショーの創設者であります、
miriさんとMardigrasさんが毎回毎回告知や企画のサポートに
力を注いでくださったおかげですね!!

私はこの企画の第1回目からお誘いを頂きまして、
とってもラッキーだったなと思っています!
…と言いつつ、最近はちゃんと映画レポを書けずに、
中途半端な参加になってしまって大変申し訳なかったです…。

今回は、創設者のmiriさんの選出作品ということもありますし、
記念すべき第10回ということで、
何が何でもこの企画にさんかすべく、映画レポを書かせて頂きます!
もちろんこの企画は、「書く」ことではなく、
 一緒に「観る」ことが最たる目的です!



というわけで、
早速『ビッグ・ウェンズデー』の映画レポに参りましょうっ♪
もちろん、またも、私は初観です
この企画に、本当に、しみじみと感謝してしまいます…!


「サーファーのお話」ということで、飛び込んでみました。

正直申しますと、
だ~ぁ~ 喧嘩に喧嘩に喧嘩。
青春くさくて、たいくつ~ぅ…。

…は、映画序盤だけでした。 すみません(紛)

最初は、単なる、
どうしようもない青春映画かと思ったのです。
サーファーたちの青春なんて、
いまいちピンと来なかったですし、
ベトナム戦争への徴兵の話もありましたが、
あらゆる映画に描かれた舞台で
なんだか、頭の中はぼんやりしてしまったのです。
でも、
ふと映画の主旨が見えた時。
とても熱いものが込み上げてきました



海は、いつだって変わらない。
変わるのは、人間だけ。
時の流れがそうさせる。
去る者、置いていかれる者。
戦争へ出向く者、地元に残る者。
陸に上がる者、就職する者、税金を払う者。
一緒にいるのが当たり前だったはずが、
抗えない強い力で、いとも簡単に引き裂かれる。
誰が望んでいたのか、望んでいなかったのか。
あの頃は二度と戻らない。
波もけして、同じものは二度と来ない。
四季折々、否、時間毎に違う顔を見せる。
でも匂いはかわらない。
根本的な、本流は、いつだって同じ。
求める者を、大きく包み込む。
求める者は、嗅ぎつける。
波の知らせを、感じとる。

あの頃は二度と戻らない。
でも、人間の変わらぬ本質は、
ここにある、いつだって。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン


メインの3人の友情が
とっても良かった!!


男の人の友情って、
表面上は案外さっぱりしてるんだけど、
でも絆は深いよね。
(女の人にも当然あるけど!)

というか、とても単純で素直なんだな!
「会いたい」んじゃなくて、
また「遊びたい」んだろうな。
どこかで待ち合わせて食事をするとか、
頻繁に連絡を取り合うとか、
それじゃぁ満足しない。

約束もしない。
連絡もしない。
しかし或る時、
申し合わせたように会っちゃって、
「俺たちって変わらねーなぁ」とニヤリ。
そこに行けば、
あの頃が留まっているような気がして。
そうしてぶらりと足を運べば、
やっぱりあの頃の仲間がいて。
そんな単純な、真っすぐな絆が、
この映画では特に感じる。

あの頃のように、
何とも言わずに海に向って、
海の調子を眺めては、
あの頃の気持ちに自然に戻って。
変わらない情熱が、いつまでも沸々としていて。


ビック・ウェンズデーは凄かった!
撮り方がうまくて、
ものすごく鳥肌が立った。
サーフィンの原理がよくわからなくて。
私にとって、あのスポーツは神秘
いったい波のどこに乗ってるのか。
ましてや、水のヴェールというか、
水の壁を手で伝ってバランスをとったりとか、
水の上を歩く人間のように不思議。

私もやってみたいな!と思ったけど、
その前にあんまり泳げないから、
即死だなと、即刻断念…
神秘は神秘のままで良いのかもしれない。

けれどあの滑らかな水面!
かなりスピードもあるよね!!
水しぶきと、波が誘い出す風とを浴びて、
なんてなんて気持ちが良さそう!!
波に気が狂う気持ちもわかる!!

でもあそこまで大きい波は、
サーフボードさえも砕くんだね…!!
スリルにはリスクもつき物です…!!


映画の序盤は、
なんだかな~という、退屈心ばかりだったけど、
後半にはもう引き込まれてしまって…!
この映画が高く評価されている理由もわかるね!
まぁ青春映画って、
その時代にピッタリはまる人なんかには
根強い人気があるものだけれど。

個人的に大好きな青春映画は『スタンド・バイ・ミー』だったり。
あれは青春手前の少年たちだから、場外?


キャストの方々は知らない方ばかりでした。
リロイ役のゲイリー・ビューシイ
どっかで観たことあるような気がしたけど…うーん。

ジャック役のウィリアム・セオドア・カット
カワイイというか、端正な顔立ちで好きだったな。
あと、彼女役の女性も誰だか知らないけれど、
とってもキュートだった!ああいう顔大好き

主演のマット役ジャン=マイケル・ヴィンセント
最初あんまり好きじゃなかったけど、
彼が抱えてた、ぐるぐるしたものが
とっても人間らしくて、後半共感できた


時が経っても変わらないもの。
波乗りという清涼感も相俟って、
とても爽快な青春映画でした!!
miriさん、ありがとうございました!


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





なるはちゃん、今回もいっとう早い(と思う)レビューをありがとう~!

とっても温かい気持ちの伝わるレビューで、企画自体へ、と、作品を選ばせてもらった私へ、の、温かい気持ちが、すんごく伝わってきましたよ~☆

この映画は特に名作とか特に秀作ではないのですが、舞台も随分昔で、12年間を短くしてあって、ちょっと「?」という部分もある映画ですが、

>あの頃は二度と戻らない。
>でも、人間の変わらぬ本質は、
>ここにある、いつだって。

このように感じてくださったことと、

私が忘れられなかった、空・海・雲・波・波・波・・・を、なるはちゃんも心いっぱい感じてくださったようで、本当に本当に嬉しいです♪

見てくださり、ありがとう~!
温かいレビューを有難う~!
この前の拍手コメントを本当にありがとう~☆

寝不足にさせてしまったら、ゴメンネ~♪
【2010/06/06 09:05】 URL | miri #jSBoJ0Ww[ 編集]

わたしもなるはさんと同じ様に前半は「あれ~?」という感じでしたが、彼らの変わらぬ友情をみているうちに、いつの間にか惹き込まれていました。
最後の大波もほんとにすごかったです。あれに乗るのもすごいけど、どうやって撮ったの???と思わずにいられない臨場感! この作品をつくった人たちの情熱は、あの3人に勝るとも劣らないものなんでしょうね~。
【2010/06/06 16:36】 URL | 宵乃 #vaMGwv5Q[ 編集]

>>miri さん

miriさん、今回の企画お疲れ様でした!
いつも早々にコメント、本当にありがとうございます!

確かに投稿した時間がアレですが、
実はこの日その後にも映画を観たので
寝不足大丈夫です!(?)


最初はこの映画を観ている間、
どうしよう、どんなふうに感想を書こうと迷いました。
でも後半に進むにつれて、
ああそういうテーマがあったんだ…!と
みるみるあらゆる気持ちが生まれました!

海と波。
雄大で雄々しくて、爽快でした!
それがまた彼らを引きあわせる要素なのだと思うと
美しい作品ですよね。
もちろん時代的な感覚のずれはあるにしろ、
人気の高い作品だけあるな、と本当に思いました。

素敵な作品を選出くださって、
ありがとうございました!
【2010/06/07 23:36】 URL | なるは #-[ 編集]

>>宵乃 さん

宵乃 さんも、この度はお疲れ様でした!
情宣ありがとうございました!!

そうなんですよね!
私もあのビッグ・ウェンズデーを
一体どうやって撮ったのか、一番それが気になっていました。
結構サーファーの近くで撮っていたし、すごいな~と。
自分も海の上にいるかのような爽快感でした!


映画で演じる側もそうですが、
撮る側の熱意が伝わってくる映画は
その分だけ良い作品になりますよね!
【2010/06/07 23:54】 URL | なるは #-[ 編集]

なるはちゃんへ

おはようございます。
いつも色々と本当に有難う~!

お忙しい毎日をお過ごしと思いますが、今月も「ブログ DE ロードショー」 のご案内に参りました。
(おめでたい事に、1周年です♪)

作品名:『カプリコン・1』 
(1977年・アメリカ/イギリス製作作品 監督はピーター・ハイアムズ)です。

今月の、この作品を選んでくださったのは、 「 MOVIE-DIC 」 の 白くじらさんです。
(白くじらさんは、この企画に第4回目から参加して下さっています☆)

選んで下さった理由は

1・未だに実現していない火星有人探査を扱いながら、今でもありえそうな
  出来事という恐怖を、みなさんと味わいたいため。(^^;
2・最近、火星関係の作品を観て懐かしくなったため。
3・まるで生き物のようなヘリにまた会いたくなったため。
4・「ブログ DE ロードショー」一周年ということでここはSFかな!と。
5・といいながらもSFというよりはサスペンス仕立てなので、すんなり入れるかなと思って。

 ・・・との事です。

鑑賞日は7月9日(金)~11日(日)の三日間です。(お忙しくてご都合の悪い場合は後日でも結構ですよ~!)
是非、皆さんと、一緒の時期に、同じ映画を見て、ワイワイ言い合いたいと思います。
(感想・レビューは強制ではありません)

なお、このDVDは、大きなレンタルのお店に、存在するとおもわれますので、宜しくお願いしますネ~。
【2010/07/02 05:16】 URL | miri #jSBoJ0Ww[ 編集]

>>miri さん

いつも情宣ありがとうございます!

またまた観たことのない映画で楽しみです!!
W杯が終わればまた
いつも通りのペースで映画が観れるはずなので、
ぜひぜひ参加させてください!

ましてやサスペンスだなんて大好物です★

TSUTAYA DISCASにも
この作品ありました!!
しかも1周年ですかぁ!すごいなぁ!!
【2010/07/03 14:17】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.