ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


未来をつくろ・う。

かぷりこん・1
世界中のポスターはコチラ

カプリコン・1』を観た!!

1周年!
ブログDEロードショー第11回!
MOVIE-DIC」の 白くじら さんの選出作品です!
過去参加履歴 : 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回
第6回 第7回(鑑賞のみ) 第8回(レンタル待ち) 第9回 第10回



1967年。アポロ11号が月に降り立った。
あれから数年。
今度は「カプリコン1」が火星を目指す。
もう一度、人類に夢と希望を。
この計画に失敗は許されない!



最初っから最後まで、食い入った!!
ヤ…ッバイおもしろい!!!
1977年の作品だけど、
映画ってば技術じゃないんだって!中身なんだって!
言わば、社会派SFサスペンス!
観ない理由はありません!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

手に汗握るってこのことね!
(画像探してたら、全く同じこと言っているブロガーさんがいた 笑)

という具合に、
もう興奮して仕方がない映画だった!

「火星に行く話」っていうのは
なんとなーく知っていて。
でもそれしか知らなかったから、
冒頭から「えっ!?」「何!?」「何で!?」
理由を知って、驚愕して。
そこから始まる、
恐すぎるサスペンスに痺れて…!


作品選出者:白くじらさーーーん!
本当にありがとうございまーーーーすっ!!

今回も私、未観でした!!
ブログDEロードショーに毎回誘って頂いて、
本当に心から感謝です!!
(創設者のお二人:miriさん、Mardigrasさん)


私はタイトル自体は聞いたことがあったので、
既にご覧になっている方もたくさんいるでしょうし、
あらすじをご存じの方もいると思います。
もしこの作品のことを
私のように何も知らない方は、
前情報なしで観てください!と言いたい!
Yahoo!映画のあらすじとか、絶ぇっ対読んじゃダメ!
映画は何も知らないが一番!


※予告も貼るけど、観ないが一番!



ラストはとっても、
古い映画っぽい爽やかな終わり
ちょっとカクッときましたけれども…
それでも、同時並行でいくつも動く展開
粋なセリフの数々政治的テーマ
実は結構観応えあるアクション!
本当に、褒め殺したい!
かぷりこん・1
とにかくセリフが粋すぎて、たまらなかった!
映画の展開もうますぎて、どうしたもんかと!
本気でオススメです!


そしてそして、合わせてこちらもいかかでしょう!?
宇宙関連で『月に囚われた男』。
こちらも前情報なしで観たら、
『カプリコン・1』のように観る側はパニックです!
あと、共通点ありそうで、
実は全く正反対な『アポロ13』も合わせて

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------


いやぁ…
ネタバレとして、
ちょっと内容にも触れて書こうかなとも思ったけど、
なんていうかもう、
「すげーな。」の一言。
完全に冒頭から、気持ち持ってかれたからね。

「なんでだよ!」ってキレたくなるし。
「どうしてこんなことに…」って絶望感じるし。
やるせないし。
生きたいし。
水が飲みたくなるし。
蛇はヤだし。
あんな掴まってられないし。
早く楽になりたいし。
でも、このまま、生きていけんし。

結構、宇宙飛行士3人の心情というか、
精神的な圧迫を上手に描くんだよね!
かぷりこん・1
でも彼らは存外冷静だから、
大袈裟な振舞いはしないんだけれど、
それが妙にリアルで、
「生きたい」気持ちがひしひしと伝わってくる。
「どうしよう」って本気で悩ませる。
強大な力が押し潰してくる恐怖。
あまりに理不尽で、恐すぎる…!
思わず、「嘘…ッ!!」とか
「やったーーーー!」とか、声に出しちゃう。
のめり込むよ、本当に。


そしてもう一人の主人公も、
たまらないポジションで、テンション上がる…!
大好きなんだ、記者とかさ!真実追う人!
最初キモかったのに、
後半カッコよすぎてたまらなんだ!!

ところで、
その記者:コールフィールドを演じた俳優。
かぷりこん・1
一瞬、『24』のトニー・アルメイダ(笑)
終始「私この人知ってるけど、誰だっけ…!」に悩まされた。

エリオット・グールド…って……

あぁッ!
かぷりこん・1
オーシャンズ11』の資産家ルーベン!!!
そっかそっか!そうだった!!
この顔どうも知ってると思ったらそうだった~~~ッ!!



あと、宇宙飛行士3人の内の一人も、
なんだか気になって仕方ない。
ブルーベーカーって名前のリーダーなんだけど、
クリスチャン・ベールに似てる…!
もしかしてお父さんとか!?

えーっと…
かぷりこん・1
これがクリスチャン・ベイルで…

そんで、こっちが……
かぷりこん・1
えッ 似過ぎ!!!
これ本当にジェームズ・ブローリンの写真!?

うん?ブローリン?
クリスチャン・ベイルとは関係ない…?

え、てか、
カプリコン・1
ジョシュ・ブローリンが息子か…!!!
出演作品:『ノーカントリー』、『ミルク

え、ホントに!?(疑う奴)
クリスチャン・ベイルは全く無関係!?(混乱)



宇宙飛行士内、黒人のウォーカー役は
O・J・シンプソンっていう人だけど…
この人はこの人でなんか大変なことになってる…
もともとアメフトの選手だったんだね。


もう一人、セリフが一番小粋だったウォーカーは、
サム・ウォーターストーンって人だけど
全然情報がないなぁ。
エドワード・ノートンっぽくって気になったんだけどなぁ。


あともう一人だけ。
記者のコールフィールドが好きで
いろいろモーションをかけてた相手:ジュディ。
彼女も報道関係の仕事をしていて、
コールフィールドと付き合いがあるけれど、
コールフィールドに対しては冷たくて
でも彼女はなんだかんだコールフィールドをほっとけなくて、
そういう二人の関係がすっごい素敵だった!
カプリコン・1
カレン・ブラックさん。
こういうタイプの女優さんはあまり好きじゃないんだけど…、
映画が進むにつれて
コールフィールドとのセリフの掛け合いが巧妙で、
いやホント、観ていてウキウキする素敵な二人だった!
それもこれも全部全部、
セリフが良いんだよなぁ!!!


農薬まく飛行機操縦者のおじさんと、
コールフィールドの会話もすっごくよくて、
おじさん、このシーンだけのチョイ役に近いはずが、大活躍で!(笑)
魅力的な登場人物が多ければ多いほど、
映画に惹き込まれるよね~~


監督・脚本(原作)は
ピーター・ハイアムズという人!

才能ありながら、
傑作を輩出する一方、その域を出ない凡庸な娯楽作もあったりとで、
「職人監督」や「やっつけ仕事」という非難されたりしたらしい。

…いいんじゃない?
こんなおもしろい作品を作るんだから。


音楽はジェリー・ゴールドスミス
恥ずかしい話、名前と手掛けた作品が一致しないのだけれど、
巨匠の一人だった…!
パピヨン』は代表作のひとつとして挙げられているようだけど、
私はまだ観ていないので、どんな曲か知らない…;;
でも『エアフォース・ワン』と聞くと、
ハッ!となるね。
エグゼクティブ・デシジョン』とか『トータル・フィアーズ』とか、
よく日本でもTV放映されるような
有名作品を手掛けてたんだね…!
ゴールドスミスさんは既に、数年前にお亡くなりになっていたんですね…。


今作のテーマ曲も印象的だったな。
丁度彼が指揮してる動画があったのでぜひ。
※映画観てから聴きましょう


いやぁ満足満足!

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





なるはちゃん、おはようございます☆

いや~!またまたスッゴイ時間に、ありがとう~!
今は夢の中だね???

>「火星に行く話」っていうのは
>なんとなーく知っていて。
>でもそれしか知らなかったから、

そうそう、この映画はこの情報だけで見ると、本当にすっごい映画です!!!
私たちの世代はほぼ全員再見ですけど、それなりに楽しめるから数回目の人が多いと思います。

レビュー全部読ませてもらったけど、本当に、なるはちゃんが映画がお好きで、思ったとおり書いてくれたことが分かるレビューで、
いつも通り俳優さんの事も詳しく掘り下げて、なるはちゃんらしいレビューです☆☆☆

色々な問題はあるけど、結局は人間は心を持つイキモノで、家族と平和に過ごしたい・・・それが一番の願いだというメッセージも伝わる作品でしたね~!

では、この記事をいつもの記録の記事にリンクさせてもらいますね~!!!
来月は、なんと、ケンさんがお選びになります☆
楽しみにしていてね~♪
【2010/07/11 06:45】 URL | miri #jSBoJ0Ww[ 編集]

こんにちは。
やっぱり、この映画は何にも知らずに観る方が楽しいですよね。
以前、感想を書いたんですが、よそのあらすじでここまで書いてるからわたしも書いちゃえって感じでネタバレなあらすじ書いてました。なるはさんを見習って書き直しますっ!

でも、再見でも意外と楽しめますよ~。
カーチェイスや崖登り、スカイアクションでは、同じ様に手に汗握ってしまいました。
飛行機乗りのおじいさん、イイトコどりでしたね(笑)
【2010/07/11 10:51】 URL | 宵乃 #vaMGwv5Q[ 編集]

こんにちは。

この度は、第11回「ブログ DE ロードショー」に参加頂きありがとうございました。
気に入っていただけたようでよかったです。(^^)

私も始めて観たときには「火星へ行く」作品として観ていたので、序盤から「ええっ」となってその後もいったいどうなるんだろうとTVに釘付けでした。
確かに情報なしで見るのが「大吉」です。
時代は流れても、こういう人を引き付けるうまさは、CGやアクション主体となっている作品にはなかなかみられないものですね。

>同時並行でいくつも動く展開、
この部分は私も同感です。ほかにもアナウンスなどが流れた状態での場面展開、それがまた効果的に使われていて緊迫感を煽っていたと思います。

『月に囚われた男』、さわりだけ観ましたが、こちらも面白そうですね。ちょっと探してみますよ。

なるはさんの喋り風の記事がとても読みやすい上に心情も伝わってきて…いいです。(^^)

トラックバック&応援ポチッとさせていただきました。
【2010/07/11 19:01】 URL | 白くじら #7ZJYb.PU[ 編集]

こんばんは~。
>未来をつくろ・う。
に笑ってしまいました! 巧いです。
30年前の映画なのに古さもさほど感じさせない
内容が秀逸でした。
終わり方は賛否両論でしょうね。
O・J・シンプソンは、俳優をやってたのは知らなかったです。
シロなんでしょうけど。
エリオット・グールドのオーシャンズ11の姿で
良く気づきましたね~
【2010/07/11 22:38】 URL | hiro #-[ 編集]

>>miri さん

いつも早々にコメントありがとうございます!

またずるずると
こんな時間でのアップになってしまいました;
夢の中でした~(笑)


やはり再見の方が多いんですね~!
そりゃこれだけおもしろい作品なら
既に観てますよね~!
私もこの機会に、この作品に出会えてよかったです!


こういうサスペンスやアクション、
SFチックな作品で、
「生きたい」というテーマが伝わるのが素晴らしかったです。
登場人物がみんなが生きていました!


次はケンさんなんですね♪
また楽しみです★
【2010/07/13 22:08】 URL | なるは #-[ 編集]

こんばんは。

ボクも知らない映画でしたが、楽しめましたね。
なるはさんはサスペンス好きだから、お気に入ると思ってました。
あえてまったくネタバレせずに書くのが偉いですね~。

昔の映画は、セリフが粋でいいですよね。
いま同じことをやれば、「わざとらしい」と言われそう。

次回もよろしくお願いします!
【2010/07/13 22:26】 URL | ケン #JkPZIk6.[ 編集]

>>宵乃 さん

こんばんは!
早々にコメントありがとうございます!

この映画のこと、
全然知らなくて正解でした!
私は普段なるべく
あらすじは観ないようにしているのですが
(予告も海外のものだけとか)
観終わった後、映画の情報サイトとかに行くと、
えっ、ここまで明かして良いの!?って
思ってしまうことがありますよね~…!
今回の作品は冒頭から
かなり転機が訪れるので、
内容はほとんど触れず…でした。
結局観た人でないとよくわからないのが、
私の映画レポなんですが…;;;

>カーチェイスや崖登り、スカイアクションでは、
>同じ様に手に汗握ってしまいました。
結構ヒヤヒヤドキドキしましたよね!
これが30年前の作品とは思えないです!
【2010/07/13 22:53】 URL | なるは #-[ 編集]

>>白くじら さん

わざわざお立ち寄りありがとうございます!
今回の作品選出、御苦労さまでした!
そして素晴らしい作品を選んでくださって
ありがとうございました!
ものすっごく楽しみました!!

>時代は流れても、こういう人を引き付けるうまさは
>CGやアクション主体となっている作品には
>なかなかみられないものですね。

う~~ん、本当にそうですね!!
結局のところ、技術よりも内容なんですよね、
CGよりも演出なんですよね!!

>アナウンスなどが流れた状態での場面展開、
>それがまた効果的に使われていて緊迫感を煽っていた
本当にそういった演出がうまかったです!
私はとにかくセリフが活き活きとしていたのが良かったなぁと思いました!
緊迫した中でも、思わずクスッと笑えてしまうような。
本当に上手かったです…!

私ものちほど、白くじらさんのところへ
立ち寄らせて頂きます!!

ついついしゃべり口調、
その割ですます調、である調になったり、
支離滅裂な映画レポですが…
読んでくださってありがとうございました!
【2010/07/13 23:07】 URL | なるは #-[ 編集]

>>hiro さん

こんばんは!
コメントありがとうございます~!!

>未来をつくろ・う。
は、自分もしっくりきました(笑)
この第一文がしっくりこないと
文章もノッてこないので(^_^;)
ネタバレにはなってないですよね……?


>終わり方は賛否両論でしょうね。
そうですね~…
あのラストシーンだけ、異様に、
「あ、やっぱり30年前に作品だな。。。」と
感じてしまいましたね…。
スローがスローすぎて違和感ありましたし(笑;)
でも最後の最後、ちょっとだけコケても
全体がおもしろかったので全然気になりませんでした!

>エリオット・グールドのオーシャンズ11の姿
ず~っと映画を観ながら悩んでたんです…
知ってるはずだ、知ってるはずだ、と。
あまりに若いんで、自力では思い出せなかったです~;
【2010/07/13 23:17】 URL | なるは #-[ 編集]

>>ケン さん

こんばんは!
いつもいつもありがとうございます!!

ケンさんも未観だったんですね!?
おもしろかったですよね~!
サスペンスはたまらんですvvv


>昔の映画は、セリフが粋でいいですよね。
>いま同じことをやれば、「わざとらしい」と言われそう。
ちょっと凝ってる感が、
コッテリ感になりがちですからね、いまだと。
セリフのテンポが良かったのか、
サラッというジョークがよかったのか。
作品自体が結構手堅いので、
そうしたセリフ的演出も、かなりグッときました。


次回、ケンさんの選出作品、楽しみにしてます!
『ニューオーリンズ・トライアル』はかなり面白かったので!
(と、ハードルを上げてみる 笑)
【2010/07/13 23:38】 URL | なるは #-[ 編集]

なるはさん、はじめまして。
ブログにご来訪いただきありがとうございます。
たまさんです。

ブログDEロードショー初参加なのですが、
大変面白い作品に出会えて感謝しております。

作品も初めて観ましたので、同じく予想外の展開にちょっと驚きでした。

登場人物は知らない俳優さんばかりなのですが、
なるほどいろんな繋がりがあるのですね。

こんな古い映画でもまだまだ捨てたものではないなと、作品の凝った作りに感動です。ラストは確かに古っぽさ全開でしたが(笑)、その後を考えると意味深でした。

TB届いていなかったのですが、
よろしければリンク付けさせてください。
今後もよろしくお願い致します。
【2010/07/17 16:04】 URL | たまさん #-[ 編集]

>>たまさん

こんばんは!
わざわざお立ち寄りありがとうございます!!

>作品の凝った作りに感動です。
素晴らしいですよね…!
名作は名作。
時が経っても名作なんですね!

こうした名作というのは、
こうしたきっかけがなければ存在すら知らないこともありますし、
なかなか観るタイミングがないということもありますよね。
この機会に感謝です…!


>ラストは確かに古っぽさ全開でしたが(笑)、その後を考えると意味深でした。
よくよく考えてみると、
うまい演出でした!
あのスローモーションも、
あえてその余韻や考える時間だったのかと思うと、
うなっちゃいますね…!

TB飛んでませんでしたか!?
リンクについては全然構いません!
ありがとうございます!!!
【2010/07/19 01:22】 URL | なるは #-[ 編集]

コンニチハ★

コレすごかったですよね~!
ツタヤでプッシュされてたから借りてみたんですけど、面白かったです。
すごいストーリー、あとぜんぜん古臭くない映像。観てよかった!誰かに話したい!ってすごく思いました。
DVDのパッケージも、観終わった後に改めて見ると面白いですね。
映画って面白い・・・私は3DとかVFXとかもすごいと思うけど、70年代の技術でもこんなにエンターテインメント性の高い映画が作れたんだなって感動しました。

で、ぜんぜん関係ないガブ話なんですけど(笑)googleで名前検索したらいっぱい画像が出てきて、モノクロのフォトがめちゃめちゃ素敵でした。
ああいうモデルっぽい仕事もするんですねー。ってことはそういうのも求められてるんですかね。
いやーもうほんとセクシーでした。ちょっとエロい感じのもあったし。
ゲイの方のブログにもちゃんと載ってたし(;´▽`)
今度はアン・ハサウェイの映画に出るんですよね。早くみたいなー。
【2011/02/11 11:48】 URL | あくび #-[ 編集]

>>あくび さん

お返事遅れてすみません~!
コメントありがとうございます!!

この映画凄いですよね!
いやほんと、スゴイ!!
観た後興奮が止まらなかったです!!

そうなんですよね…この時代に、
こういう映像、こういうテーマで作ってくるところが
本当に凄いなって思いますよね!!


カブの話、いつでもうぇるかむです!
ゲイウケするんですかね~ガブみたいなのも。
確かにそれっぽい画像、観たことあります…。
俳優って大変なんだな~ってつくづく思いますよね…。

あくびさんがコメントをくださるようになってから、
私もガブ欠乏症みたいなのが始まって(笑)、
思わず『ママの遺したラブソング』観ちゃいました!
やっぱりあの作品のガブ、素敵過ぎる!!

え~!新作控えてるんですか!?
きゃっほーい楽しみ♪♪
【2011/02/15 22:45】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



宇宙開発にかける情熱は何ものにも勝るのだ! 1977年(Capricorn One)製作国:アメリカ監督:ピーター・ハイアムズ原作:ピーター・ハイアムズ製作:ポール・N・ラザルス三世製作総指揮:脚本:ピーター・ハイアムズ撮影:ビル・バトラー音楽:ジェリー・ゴールドスミスama... MOVIE-DIC【2010/07/11 18:27】
カプリコン・1 CAPRICORN ONE (1977) Review 今回で一周年を迎える第11回【ブログ DE ロードショー】に参加させて頂きました。作品を... 嗚呼,魅惑の映画道+Σ【2010/07/11 22:41】
MOVIE-DICの白くじらさんにお誘いいただいた第11回『ブログ DE ロード たまさんのHR/HM シネマカフェ【2010/07/17 15:50】
もっと渋い男が描きたい。製作:アメリカ’77 原題:CAPRICORN ONE 監督:ピーター・ハイアムズ ジャンル:★サスペンス/アクション初の有人... 忘却エンドロール【2010/07/19 06:38】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。