ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい
洗って。笑って。

さんしゃいん・くりーにんぐ

サンシャイン・クリーニング』を観た!

学生時代。
誰よりも輝いていた、わたし。


でも今は、細々クリーニングサービスで働く日々。
愛しい息子、一人。
お父さんと、困りモノの妹。
わたしは強い。わたしは頑張る。きっと勝ち組。
もう一度、輝きたい!

リトル・ミス・サンシャイン』のスタッフが、
わたしらしさをあとおし。
名作ではないけれど、
奇抜な物語の起点がおもしろい。
最後は手堅いまとめ方。
でも、いいなぁ

しあわせに、きづけるかどうか。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

予告を観て、
ああ、映画館で観たいな~って思った。

でも結局今の今まで観れずじまい。
加入したてのWOWOWを活用させて頂きましたわ。

リトル・ミス・サンシャイン』が大好き。
まとまりない家族が、
ひとつの目的に向って、同じ方向を向いて。

背伸びする必要もないし、
しあわせの尺度はひとそれぞれだし、
「らしく」あるほど美しい。
笑っちゃうんだ、不器用で、不揃いで。
でも、笑いながらも込み上げてくる涙。
本当に大好きな作品!
テーマも題材もイイよね!!


それと比べちゃうと、
『サンシャイン・クリーニング』はどうしても劣るかな…。

でも、「いわくの」現場を掃除する仕事なんて、
さんしゃいん・くりーにんぐ
まずその設定から興味を惹かれるよね!!
実際にそうした仕事を始めた女性二人の話を聞いて、着想を得たらしい!
儲かる仕事といわれても、さすがにできないけどね…。

「いわくの」現場が出るからといって、
酷なシーンを見せたがる作品ではないけれど、
なかなかキョーレツなジョークもあったりで。

結局この映画は前向きに頑張る女性の話だけれど、
「死」に覚える不思議な感覚と、
「生」と「死」の狭間なんかも、じわっと描いてる。
描き方はフツーっちゃフツーだけれど、
土台の設定がおもしろいから、
また違った気持ちでふんふんと観れる


この姉妹は気ままに生きているようで、
いろいろ苦労をしている。
さんしゃいん・くりーにんぐ
そういうのを徐々に見せていくところが良かった。
特に、妹(ノラ)が姉(ローズ)に投げかけた言葉、おおきかったなぁ。
あぁだからお姉ちゃんは頑張ってるんだ、って思った

テレビドラマの観たかった回が
ようやく放送された時のシーンとか。
無線機のシーンとか。
細かな細かな演出で、涙を引っ張られる


いまのいままで、うまくいかなかったわたし。
でも、いよいよ、うんがめぐってきた。
さんしゃいん・くりーにんぐ
きっと、かがやかしい未来がまってる気がする!
だってわたしの、人生だもの!

だけど「しあわせ」は人に見せつけるものじゃない。
自分にとってどうであるかが、本当の「しあわせ」。

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------


キャストがステキでしたー!!

まずはやっぱり、
さんしゃいん・くりーにんぐ
エイミー・アダムス
ずるいくらいカワイイ!!
ツンとしたキレイな鼻がかわいい。
一ッ番大好きな女優さん、ニコール・キッドマンもこんな感じの鼻してる。

初めて観たのは『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』だけど、
その頃は彼女のことは全然知らなかった…。
ファーストインパクトは『魔法にかけられて』。
プリンセスが実在するんだと思った!
くるくるキラキラするお姫様役が本当にピッタリ!

かと思えば、『ダウト~あるカトリック学校で~』のように、
メリル・ストリープとフィリップ・シーモア・ホフマンに囲まれても、
引けをとらない繊細な演技も魅せてくる。

飾る演技と、迫る演技。
彼女はどちらも持ち合わせる。
無線のシーンでは、
言葉と言葉の間が絶妙で、
喉の奥が痛くなるほど、涙を流してしまった…!

透き通るような白い肌と、青い目、金髪…
私の好きな女優さん、こういうのばっかだな。



エミリー・ブラント
どんどん好きになるよ~~ぅ
さんしゃいん・くりーにんぐ
彼女に出会ったのはたぶん、『プラダを着た悪魔』が最初。
とても可愛かったんだけど、
ナイジェル旋風(上記映画レポ参照のこと 笑;)で
すっかりエミリーのこと書き落ちしてるっていう…
でも、もっとエミリーが好き!って思えたのは、
この『プラダを着た悪魔』のNG集だったり。(消える前にどうぞ!)
ナイジェル役スタンリー・トゥッチも、更に株が上がるけど

結構負けず嫌いの気の強い役が印象的だけど、
ウルフマン』ではヒロインーって感じだった!
映画自体は、私、無理でした。
トラウマになりそうなくらい、つまらなかった。。。

や、オオカミウマ?トラオオカミ?

あ!;
違うや、『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』にも
出てたんだっけかぁ!!
てことは、今作エイミーとエミリーは2度目の共演?
エミリーの役柄を忘れたよ;;

時々ちょっと作り過ぎかな?って演技もみえなくないけれど、
美人さんなのに、変な顔も動きもするから
観ていて好印象を抱くよね!
涙をふくむシーンとかで、
声をちょっと濡らす演技がうまいよね

お姉ちゃんが全部背負う必要はないんだよ、
そんな責任は、お姉ちゃんにないんだよ。

仕事も長く続かない「お荷物」なノアだけど、
お姉ちゃんの負担にはなりたくない。
それを義務だと思ってしまっているのなら尚更、
そんなの望んでない!。
トイレでのシーンが良かったなぁ。

お姉ちゃんの息子にも世話するし、
優しい子だったよね、ノア。
でもラストはバッサリしすぎじゃ…?


『リトル・ミス・サンシャイン』のスタッフより、
再召集かかったキャスト、2人。

『リトル~』で個性的なおじいちゃん役で
見事助演男優賞を獲得したアラン・アーキン
さんしゃいん・くりーにんぐ


それから、
『リトル~』ではオーディション会場で
オリーヴをステージまで連れてった係の女の人役で出た(長い)、
メアリー・リン・ライスカブ
さんしゃいん・くりーにんぐ
これは映画のシーンではないけれど、かわいかったので★
完全に、メアリーのイメージは『24』のクロエだけどね!
いっつも怒った顔してて、かわいいよね(笑)


クリフトン・コリンズ・Jr.が良い役過ぎて、
物凄く胸キュンしちゃったよ!!
最近観たのは『タイガーランド』。
クリフトンの役も凄く印象的だったし、
この映画自体素晴らしいのでぜひ機会があれば観てほしい!

彼が演じたウィンストンは、
ちょっとしたシーンにしか出ていなけれど、
ウィンストンという人間性を常に出していたので、
どんどん存在感が大きくなっていました!
良い雰囲気だったなぁ、クリフトンの演技!



期待してたほどの手ごたえはなかったものの、
優しく、元気づけてくれる映画としては満点
疲れた日、迷える日々に、
ちょっと背中を後押ししてもらうのもイイかも。
でも断然『リトル・ミス・サンシャイン』をオススメするよ!


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





こんにちは。

エイミーの鼻に注目されるとは流石です。

>飾る演技と、迫る演技。
>彼女はどちらも持ち合わせる。

うまい言い回しですね~。
飾ってるだけじゃ、迫ってこないですものね。

エミリーにもかなり興味はあるんですけど、
『ウルフマン』はあまりにヤバげでスルーしました(笑)。
それにしても、本作のラストの大失敗はすごかったな。
演じるのがエミリーだから、辛うじて許されるというか。
ただのバカ妹だったら、袋叩きにあってるはず……。
【2010/09/19 11:10】 URL | ケン #JkPZIk6.[ 編集]

>>ケン さん

いつもありがとうございます!!

エイミーの鼻、
かわいくて(笑)
シュッとチョンッとしていてv-352


『ウルフマン』、
良い評価をする方もいるので
いろいろだなぁと思いつつも…

個人的にはケンさんのその警戒心、
持っていて正解だと思います…(苦笑;)

エミリーが演じるからこそ、
許せるところは確かにありますね!(^_^;)
にくたらしいとは、全然思えなかったので。
【2010/09/20 04:50】 URL | なるは #-[ 編集]

こんにちは。
「リトル・ミス・サンシャイン」は前から気になってはいるんですが、まだ観てません。それなのに、気になる作品が次から次へと増えていく~!!
もう、わたしはTV派なんだと開き直ってますけどね(笑)

さて、今月も「ブログDEロードショー」のお誘いに参りました。
作品は 『 アマデウス 』 (1984年アメリカ、ミロシュ・フォアマン監督)です。ロッカリアさんが選んで下さいました。

お選びになられた理由は
・当初の企画「一人では見難いから皆で一緒に見ようよ」と言う原点回帰。
この映画長い(160分)から、DVD買ってからまだ一度も見ようとしていない。(腰が引ける、と言うか…)このようないい機会がないと進んで見れないのだ。
・この映画をミュージカルだと思っている人が意外に多い。ようやく秋らしくなって来たので、極上のミステリーを皆と堪能したい。
・モーツァルトのお勉強にもなる。彼の人生を、映画を見ているだけで学べる。

とのことです。

観賞日は10月1日~(金)~3日(日)です。
よかったら、今月も皆で楽しく観ましょう~!
【2010/09/24 11:13】 URL | 宵乃 #vaMGwv5Q[ 編集]

>>宵乃 さん

こんにちは!
コメント&情宣ありがとうございます!!

色んな作品がワンサカ出てきて、
観るのも大変ですよね…!!;;


おお!今回はロッカリアさんで、
『アマデウス』ですかーー!!

この作品、私の好きな映画5本の内の
1本といっても過言ではないです!
よってDVDも持っていますが…
私もそれから一度も観ていない;;;

了解いたしました~~!☆
【2010/09/26 12:39】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



アメリカで公開開始時にわずか4館だったのが、642スクリーンで公開するまでに大ヒットしたヒューマン・コメディ。主演は『ダウト ~あるカトリック学校で~』のエイミー・アダムスと『プラダを着た悪魔』のエミリー・ブラント。共演に『リトル・ミス・サンシャイン』 LOVE Cinemas 調布【2010/09/19 01:51】
『サンシャイン・クリーニング』 SUNSHINE CLEANING 2008年・アメリカ お金のために事件現場清掃を始めた姉妹のヒューマン・ドラマ。  コメディ... 猫の毛玉 映画館【2010/09/21 16:47】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.