ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
不完全なる世界のために。

とろん:れがしー

トロン:レガシー』を観た!!

私、
3DIMAXデビュー!!!

幼い頃に失踪した父からの、
まさかのコンタクト。
踏み入れたはプログラムの世界
父との再会。姿は、あの頃まま。
父さん、なぜなんだ!

ディズニーが勝負!
人類プログラム
支配するのはどちらか。

ストーリーはまぁまぁ。
つんのめりはするけど、
スタイリッシュな映像と一体化しよう Σ

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

今更ながら、3Dデビュー。
加えてIMAXで観ました!
2200円。せめて安い日に行けばよかった…。


まぁでも映像はハイクリアだし、
何より音が気持ちいい!!
映像好きにはたまらん環境でした!!

もっと飛び出してくれちゃって良かったんだけどね。
破片が散って、ワッと飛んでくる時には
思わず眼をつむるけど、
凄く刺激的で良かった!!
もっとブンブンバリバリ
向かってきてくれても良いのになぁ!

でも観終わった後、
物凄い眼が疲れました…!
仕事帰りや寝不足も原因の一つだと思うけど、
2Dにはないドッとくる疲れ。
疲れ眼に鈍感な私も、「眼が痛ーいッ」でした…
(正直お子様の眼にはよろしくないような…。
 3DSも6歳以下は注意するように言ってるしね。)


てか、3DとIMAXについては
また後でいつか語るとして、
映画自体はどうだったか、というと。


世界観はなかなか良かった!
とろん:れがしー
スピード
でもだからこそ、
間髪なく堪能したかった

ネタバレになるから控えるけれど、
結構隔絶されてるし、
結構距離あるしで、
案外「平穏な時間」が長かった。
愛を確認、育む時間はあった方が良いけれど、
もう少し短くまとめられたかなぁ…?って。


それでも個人的に、
とろん:れがしー
自分と「自分」との葛藤とか対峙が好きなので、
そこを意外にもしっかり持ってきたことが感動的だった

家族愛、種を超えた愛ってのも好き。
だから総体的に、
悪くない
もちろん、あの映像と音があってこそ、だとは思うけど。
いろいろ不満もなきにしもあらず……
でも、これでいっか! うんうん、よしよし!

あとはとにかく、
ダフト・パンクの音楽に酔え!!


ジェフ・ブリッジスが主演…?

生き残るのは、
とろん:れがしー
人か。
とろん:れがしー
プログラムか。


少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------


実は『トロン:レガシー』、
全然NOチェックでした。


観れる範囲内でIMAXができて、
じゃぁ行ったるか!って思いました。
あと、音楽がダフト・パンクっていうのに惹かれて。


よって。
あなたは誰?
とろん:れがしー
予告を観ても、映画を全部観終わっても、
全く誰なのか気にもせず、
エンディングクレジットさえも注視せず、
数日後おもむろYahoo!映画を見て、ようやく。

ふーん、ギャレット・ヘドランドくんって言うんだ~
ギャレッド… ギャレット??

ギャレット・ヘドランドって4年前くらいに
とろん:れがしー
気になった俳優さんじゃないかーー!!
あれはマーク・ウォールバーグ第4段で、
素晴らしい演技を魅せてくれたギャレット!!
口の中で溜まる血が気持ち悪くて、
「(うわああああ)」っと口を開けた演技には
ビリビリさせられた!!!
なんか全然(髪切った所為で?)印象が違くて、
まるで彼がそうだったなんて思いもよらなかった!
だって『フォー・ブラザーズ』の時のギャレットくん、
めっちゃくちゃ可愛くない!?!?(上写真参照)
この髪型あきまへんわ~かわいすぎるわ~~~

彼のために『エラゴン 遺志を継ぐ者』だって
観ようとしたのよ!(観てないけど!)
あ、ケヴィン・ベーコンの『狼の死刑宣告』にも出てるみたいだから
そっち先に観るかもなぁ。

ギャレットくんはあれだね、
映画のお仕事は久しぶりなのかな…。
他にはどんな仕事をしてるんだろう。ドラマとか?

最初はあまりあれだったけれど、
やっぱり父親との再会のシーンでの演技が
はっちゃめちゃうまくて
つられて泣いたよーーー!!
たぶんもっと、演技に集中できる役
やらせてあげたほうが良い俳優さんかも。
ジェフ・ブリッジスというベテラン俳優さんと
じっくり演技できるシーンでこそ、光ってたから!

しかしこんな大作に大抜擢なんだから、
今後の活躍も気になるところだね!!!
君のこと、もう忘れないからね! ←


でもなんだかんだ、
結局のところクレジットでも一番最初にくる、
ジェフ・ブリッジスが主演だったのかな…って思ったら、
それもそのはずっていうか、
ジェフ・ブリッジスって
1982年の『トロン』で主演だったんだね!

そうして気づいた。
本当は、
『トロン:レガシー』は現代の若者向けじゃない、と。
私はこの映画に、ちょっと前まで
ジェフ・ブリッジスが出ることも知らなかった。
と言うのは、予告で出てきたジェフの顔
CGで加工されてて、
今とは雰囲気違かったから別人かと思っちゃった。

こうする意図はなんだったんだろうって疑問で、
映画を観進めるうちになるほど~って思った。
(ほんとこの映画の予習不足)
映画の内容にも理由が当然あるけれど、
若い頃の姿のジェフが出ることが、
とろん:れがしー
どれだけ感動的なことか。

感慨深く思った人がいっぱいいたんじゃないかな。
『トロン』(1982)で熱くなった人には特に。

映画の技術がこの年月を経て、ここまで進歩した。
熱い計らいをするねぇ、ディズニー!

ま。どうしたって違和感残るCGでしたけどね
まだまだ進歩の余地がある、技術。
でもこれ以上進歩しなくても良いようにも思ったり…。
だって、恐いもの。(例:『ターミネーター4』)

創設者であるケヴィン・フリンだけど、
このおっさん、
とろん:れがしー
どこからなにまでできるか、よくわかりませんでした。
そういうところ、もうちょっと明確に、
しっかり設定してくれたらいいのに。
その辺は諦めてたけどね、この作品においては。


クオラ役のオリヴィア・ワイルド
この映画で人気爆発だろうね!!
とろん:れがしー
実際かわいかったも~~~ん
でもクオラってこの先どうなるの?

ダニエル・クレイグ主演の『カウボーイ&エイリアン』を
たぶん観ると思うから、また会えるの楽しみ~。


と、ここまでずいぶん語ってきましたが。
本命穴馬はコチラです。

うおおおおおそんなところで
なにかわいいことしてんのおお

とろん:れがしー
マイケル・シーン(キャスター役)が超かわいかったーー!
初登場シーンで心臓がキューッと絞られました!
なんかちょっとスプーキーな役で
表情や動きがくるっくるしてて、
ストーリーそっちのけで観入っちゃう!!
正直、なんだったの?って感じの役だったけど(泣)、
にっこにこして観ちゃった!!
マイケル・シーンにはもっともっと
こういう変態っぽい役やってほしーーー!!

マイケル・シーンは何がどうして好きなのかわかりません。
(や、かわいいんだけどね。かわいいから好きなんだけどね。)
ブラッド・ダイヤモンド』『クイーン』『フロスト×ニクソン』とか、
賞レースに関わるような、骨太作品に出て、
彼自身の存在が薄くなっちゃうんだけど(失礼)、
でもなんか良い雰囲気を醸してて、気になっちゃう

吸血鬼映画にしては珍しく(?)、
ブサ面ばっか出てる某吸血鬼恋愛映画にも
とろん:れがしー
赤眼のマイケル・シーンが出てて
彼がためだけに観に行こうかと揺らいだわ!(観てないけど!)
はぁぁ
この映画で一番余韻に残ったのは、マイケルだった~
もうちょっとハジケても良い役だったけど、
まだちょっとハジケきれてなくって、
でも時折魅せるカセをとっぱらったような演技
彼の可能性をじわじわ感じてしまって、
斬新なマイケルをもっと観たいな~って思った!


キャスターがホストを務めるクラブでは
今作でエレクトロ・オーケストラを奏でた
ダフト・パンク本人たちがいた!!
絶対本人が出演したと思ったー!!

ダフト・パンクの起用は大正解
ダフト・パンクをそこまで聴き入った人間じゃないけれど、
こういう感じの曲も書けるのだと感動した!!
本当に映像としっくりくる音楽で、
単にエレクトロでスピーディってだけじゃなく、
オーケストラを使ったことで
シーンのみならず、映画自体に厚みを持たせてた!!
購入正解率100%のサウンドトラック、
ぜひともご試聴あれ!!


しかしまぁなんか、
しゅうううううって小さくなるような終わり方だったけど、
続編でも作るつもりなのかな~??

必見ではないけれど、
観るなら映画館でって感じの作品です

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





こんばんは、この映画が相当好きな人間です。

父子の再会シーン、いいですよね!
コンピュータ内部の世界とか、馬鹿げてるんですけど、
そこで説得力のある演技ができるヘドさんって、やるなと思いました。

クオラさんに、3Dメガネ越しに惚れてしまったんですが、
帰宅して本作以外のオリヴィア・ワイルドの画像をみて、
まあイマドキの普通の女優さんかなと冷めてしまったり。

ちなみにボクは「クルー」がCGとは気づきませんでした。
一体どこを見てたのかと反省です……。
【2011/01/15 23:26】 URL | 犬塚ケン #JkPZIk6.[ 編集]

>>犬塚ケン さん

こんにちは!
お返事が遅れてすみません(><)

ケンさんのブログを、
コメント頂いた直後にすぐ読みにいったんですが…

あの若かりし頃のジェフ・ブリッジスって、
顔だけじゃなく、
全部フルCGなんですか!?!?
そこまでは気づかなかったです!!
てっきり顔だけかと・・・・・・・・・!!!!!!


私もクオラかわいいな~って思ったら、
普段の写真は
ありふれた女優さんの雰囲気でちょっとさびしかったです(^^;)
物凄く魅力的でしたよね、映画では!!!
【2011/01/22 13:48】 URL | なるは #-[ 編集]

こちらにはご無沙汰しちゃってますね;
トロレガにあれよあれよとハマってますのでコメントさせてください~~!

クルーは全部CGではなくて役者さん(John Reardonという方です)が衣装着て顔にCG合成用の点々つけて頭はシリコンみたいなピタピタのつけて演じてました。
で、顔に点々つけて撮影したブリッジスおじさまの顔を首(鎖骨あたり)から合成して出来上がっているようです。
(ちなみにJohn Reardonさんはこんな方→http://www.imdb.com/name/nm1221622/ 雰囲気が似ててさすがの人選…w)

キャスターは最初観た時から大好きでついに彼目当てで出演作のDVD借りてみちゃいました…(苦笑)やっぱなんというか「濃い人」が好きらしいです自分(苦笑)

もうしばらくはトロレガも上映していると思うのでまたせっせとIMAXに通います(^_^;)
あの音響とクリアな映像が大好きなので…w
やっぱ音響いいと楽しいですよねー♪
【2011/01/23 20:27】 URL | TARO #xiGswC3k[ 編集]

>>TARO さん

いつもいつもお世話になってます~♪♪

あ、全部CGじゃないですよね!!
顔が合成なんですね~!
(John Reardonさんのリンクまでありがとうございます、
 大変感謝です!!)


キャスター役のマイケル・シーン、
良いですよね~~!!(^皿^)
良い作品にも結構出てますし、
彼の演技自体はまぁふつうなんですけど(こら)、
でもかわいくってかわいくって♪♪
やっぱり、
マイケルも濃いですかね??
あ、キャスターのキャラクターがってことですかね??ww

エライ!
何回もIMAXに通い詰めるとは!!
さすがにサイフがアイタタです(><)
でも本当にTAROさんが言うように、
音もクリアでとってもサイコーでした!!!
【2011/01/27 23:02】 URL | なるは #-[ 編集]

なるはさん、こんにちは。

ヒロイン役の人、良かったー。
「トゥームレイダー」のアンジェリーナ・ジョリーや「マトリックス」のトリニティーとか、それくらいのインパクトがありました。
他の作品や役以外の画像でアレ?ってなるのはそれだけキャラクターを魅力的に見せれるってことじゃないかな。普段の写真でも普通に綺麗だなとは思いましたが、若干骨格がいかつい気がする...(失礼言ってスイマセン)

ギャレットは長身で二枚目、でもちょっと哀愁や影があるのが同世代の男優にはなかなか無い味ですね。
「狼の死刑宣告」ではスキンヘッドに刺青姿で悪役を熱演してて映画自体はちょっと暴力的ですが、なかなかいい映画でした。
【2011/02/05 11:22】 URL | バーンズ #-[ 編集]

>>バーンズ さん

こんばんは!!
コメントありがとうございます、ありがとうございます!

インパクトありましたよね、彼女!!
でもそう・・・・
なぜか普段はこの映画の役のような
可憐さがないんです・・・・なぜ?(失礼)


>ギャレットは長身で二枚目、
>でもちょっと哀愁や影があるのが
>同世代の男優にはなかなか無い味ですね。

う~む、まったくもって!!(*´_ゝ`*)
え~!『狼の死刑宣告』で
そんな豹変をしているんですか!!!
これは尚更観ねばなりませんなりません!!!
うおおおおお
【2011/02/06 00:36】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



  トロン:レガシー Tron: Legacy   出演:ギャレット・ヘドランド ジェフ・ブリッジズ オリヴィア・ワイルド 監督:ジョセフ・コシンスキー 制作:アメリカ 2010年 [新宿バルト9で鑑... そのスピードで【2011/01/15 23:13】
トロン:レガシー / TRON:LEGACY 2010年 アメリカ映画 ウォルト・ディズニー製作 監督:ジョセフ・コシンスキー 製作:ショーン・ベイリー ジェフリー・シルヴァー スティーヴン・リズバーガー ... RISING STEEL【2011/02/05 11:23】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.