ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
アメリカ道中アホ栗毛!

でゅー・でーと

デュー・デート
 ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~
』を観た!!
だーーからーー!副題長いっつの!

妻の出産が間近に迫る、ピーター!
ロサンゼルスへ急いで帰ろうとする時、
不運にも、サイテーサイアクな男と出会ってしまった!
その男:イーサンはたちまちピーターを災難へと導く!!
果たして彼は子どもの誕生に立ち会えるのか!?

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』の
スタッフが再集結して贈る、
「まさか!」「信じられない!」な
おバカなロードムービーコメディ!!
でも、コメディだからってあなどっちゃぁいけません!
これまたよくできた脚本で、
笑いあり!
ときどき涙あり!
ハーフルコメディ!

あ~~楽しかった~~ぁ!

やっぱりロバダニは最高じゃ!!
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

待ってた待ってた、待ってたよーー!!
ロバート・ダウニー・Jr.の新作!
何か今回は全然試写会が当たらなかったので(泣)、
ロバダニだから初日に観に行ったぞー!

コメディは滑るのが恐い。
作り手はもちろんのこと、
観る側だって、なかなかリスク。
ロバダニが出るってんなら
滑ったとしても私はなんてことないけれど、
でもたくさんの人が観て楽しめるかどうか……



でゅー・でーと
全然楽しめます! Σ
彼らの道中を、もっともっと観てたいぜ!!

なんていうか…
ちらほら密の濃い下品なシーンもあるけれど、
それはひとまず置いておけるくらい(笑)、
彼らが2人でアメリカを横断する理由
し続けなきゃならない理由自然な、
これまたしっかりデキた脚本なんだ!!

ドタバタコメディではあるけれど、
彼ら2人の心の動きが納得できて、
なんて上手いんだ!って感動した!!
そう!感動する!
コメディで笑えるのに、
この2人の友情物語でもあるから、しまいにはうるっとする!

そして、
つぎつぎとよくまぁ起きるトラブル!
それに対して事前にちゃんと伏線はってたりもして、
しっちゃかめっちゃか感はあまりない。
後先がないギャグじゃないから、
「しょーもないな…」ってガックリしない! ないない続き(笑)

ロードムービーと言えど、
単調な感じは当然ありません!!
ただの旅じゃありませんから。
でゅー・でーと
道中が危険極まりない旅ですから!
アクションも観応えあり!!
撮り方がうまかったー!


そして、コメディが滑らないためには、
演じる彼らが本気でなければなりません。
コメディはコメディしちゃいけない。
それを可能にするのは、
でゅー・でーと
演技力が半端ない
ロバート・ダウニー・Jr.と、
(ウザいほど)存在力が半端ない
ザック・ガリフィナキス!!
彼らが確かな笑いを誘うから、
思っていた以上に観客はじっくり観れます


「お前、ロバダニが出てるから
 贔屓目で褒めてばかりなんだろう!」と思うでしょうが…
や、普通に本当、おもしろいから!
「楽しい」と言った方が、しっくりくるかな?

そしてぜひ観て!!
ロバダニの演技を!!!(結局)


偶然出会った2人!!
くい違いまくる歯車!!
引き寄せるトラブル!!
なんでこんなやつと旅に!?

旅行けば~
ゆきずり、みちずれ、まとはずれ!


少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

! 以下ネタバレあり !



なんだかも~~
妙にしっくりくるストーリーじゃないか!
破りに破った法も数多く(苦笑)、
あれってこの後どうなるの?感も否めないけれど、
それ以外は…
というか本当に
仲の悪過ぎる2人
一緒に旅をし続けなければならない理由、
し続けようとする理由がしっかりしてて、

とってもとっても感動したのでした
設定一つ一つ、
とってつけてない
のが、「う~む!」とうならせる!
でゅー・でーと
ここまで仲が悪ければ、
当然痺れを切らして決別するところを、
ちゃんとした理由があって、
そういうのを乗り越えていくたび
2人の気持ちが自然と寄り合ってって、
もちろん今後もきっと「犬猿の仲」ではあるけれど(笑)、
それでも彼らには「絆」が出来上がったわけで、
とっても素晴らしい友情映画を観た気がしてならない!!
旅の力ってのは凄い!
どんなことがあっても結局、
協調しなければならないんだもの。


それにしたってさ。
ガリフィナキスが演じるイーサン…
でゅー・でーと
信じられないくらいムカつく…!!!
なんて素晴らしいキャラクターなの!!
(矛盾してるようでしていない、褒め言葉。)

キレキャラだったピーターじゃなくても、
誰だってこんなやつと旅を共にしたらキレるよ…!!
無神経、不潔、鈍感、馬鹿!
百歩譲って無神経・鈍感・馬鹿を許したとしても、
不潔は耐えられないだろうよ!!!!

実を言うと、ガリフィナキス(の演じるキャラクター)は
どうも映画を観る前から不潔そうで苦手でした
『ハング・オーバー』の時も、
ガリフィナキスのことは全く知らなかったのだけれど、
もうなんか予告とか観た時点でなんか苦手!!!!

それでも顔は可愛いじゃない?
憎めないんだけど、憎い!!!
この気持ち、どうしてくれよう!って思っちゃう。
今後もきっと、
なんだかだだ漏れしてくる不潔オーラ
拭えぬままなんだろうな。

もちろんガリフィナキスの普段が不潔とは思わないよ!
彼の役柄っていうか、
芸風っていうか、それが不潔なの!
でも真っ向から嫌いじゃないし、わけわかんなくなる(笑)

ロバダニ演じるピーターが
とにかくイーサンに盾突いちゃうのも、仕方ない。
でゅー・でーと
「(こいつ何を言ってもわかってない!!)」
歯がゆいよね!
同じ人間なのに、言葉が通じないみたい!
というか、価値観が通じない!!
イーサンはまるで、宇宙人みたい!!
人の癇に障ってることを、
全く障ってるとは思っていない!

怒る方はとことん空回りで、
余計にフラストレーションがたまってしまう!!!

彼を置き去りにしようと何度思ったことか!!
こんな血も涙もない男なんて!!
見捨てる方が人間として当然だ!!
才能もないくせに俳優だと思いこんでいるし!


「(演技の)お題」を出してみろ、
演じて見せるから!と言うイーサン。
見せてもらおうじゃないかと、
「離婚しようと告げられた夫」をお題に出すピーター。

はじめはありきたりに思えた演技には、
とても心こもるところがあった。
演技は自己投影こそリアルが増す
イーサンは父親の死を、この上なく重く感じている。
父親のことが、大好きで仕方なかった。
演技の善し悪しではなく、
彼の心が見えたのだ。

うますぎるだろう!!
コメディだからってなめてたわ!!
2人が一緒にいる理由を当然とする、
素晴らしい決定打がココにあった!!!

最初ピーターはコーヒーの空き缶に
父親の遺灰を詰めて持ち歩くだなんて、
妙なやつ!と思っていたけれど、
ロバダニ「彼がそうしてそうしているのは、
      父親の死をいまだに公定できないからだよ。」

それを見て、けしてイーサンも心ない男ではないことを知った。

それでもそれ以降のイーサンの素行に、
そんな神妙な話すっかり忘れちゃうほどだったけれど、
要はここで繋がり出す2人。

思わずイーサンも自分と父親との話をする。
イーサンもなかなか重たい過去を背負っているのだ。
でゅー・でーと
話すこと。お互いを知り合うこと。
すればするほど仲悪くなることもあるかもだけど、
何も知らない内に、互いが近づくことなどあり得ない。

ピーターも心を開こうとしたその時。
イーサン「はははははは ひ~~
      僕は父親に愛されていたのに!
      (君はそうじゃなかったんだね?)

おまえは~~~~!!!!!
イーサン史上もっともサイテーなシーンでした。
珍しくピーターが何も言えないほど、
傷ついていました…!!!

でもこういうのもうますぎるだろう!!!
コメディだからってなめてたわ!!

この、トイレシーン及び、
その後の小休憩シーンは、本当に良かった!
この映画の、ここ一番の決め手だったね!!
そうした心の模様があったからこそ
この映画がしっくりしたのでした!!!



話は戻ってガリフィナキスのことだけど。
時折コメディ間が気になることもあったけど、
それはコメディ映画だから妥当だし、
殊にロバダニとの掛け合いも絶妙だったし、
あの不潔感漂う素晴らしいお腹!
ヨタ話を信じ切るお馬鹿っぷり!その表現力!
イラつかせ度がハンパない、そのいでたち!
この人は天然石なんだと改めて思った!
存在が、コメディ。
好き嫌いは分かれるだろうし、
私もちょっと警戒しちゃうけど、
なかなか凄い人だと思った!!!!


でもやっぱりロバダニはそれ以上だよ!
でゅー・でーと
ロバダニもコメディ勘は持ち得ているけれど、
それをそのまま絶対使わない。
その行動が、そのキャラクターにとって、
自然であるよう念頭に置いた演技。
彼の、カメラが回れば絶対切れない集中力には
涙が出ちゃうよ…!!!!
絶対に、他の役者ができない演技をする。
褒め殺ししすぎてるように聞こえるかもだけど、
ロバダニはケタ違い!!
観てて面白い!観てて感動!観てて胸が詰まる!!

とにかく、表情が凄いよね…!!!
というかたぶん、
脚本の読みが深すぎるんだと思う!!!
表情やセリフひとつひとつに対して、
心を動かしてから、それが必要であることを確信してから、表現する。

それから、
ためるところは、ためる。
間髪入れないところは、入れない。
間で、上手いか下手かどうかがわかるよね!!!
演技でも、映画自体も、そう!
間が悪ければ、どんどんリアリティは削られてっちゃう。
ロバダニはとにかくリズム感良過ぎるから、
だぁたぶん、本当に上手いんだと思う!!!
(邦画や日本のドラマは間が悪過ぎるの多い!!)

そして、身体能力!!
もちろん『シャーロック・ホームズ』の時のような、
体を張ったアクションはないけれど、
ロバダニは大きなモーションでなくても
その身体能力を証明してくれます!!
体に力を入れるべきところや、
抜くべきところが的確で、
頭の中を完全にクリアにして、
その時その時思うがまま動かす!!
準備すればするほど、嘘くさくなるからだけど、
これって本当に難しいと思う!!!


そういうね、
あれこれとにかく凄い情報量
観客に伝えてくるロバダニの演技力があってこその
このハマリ様なんだけど、
でゅー・でーと
やぁぁぁぁっぱ見た目も魅力的よね!!!
今回は、キレキャラということで、
そのキレ具合も実に演技がうまくて
ときどき恐怖、ときどき笑っちゃうくらいなんだけど、
なんかキレればキレるほど魅力的で!! ←あほ

この子供とのモメ具合もたまらない!!
この少年になりたかったわ!!
その役やらせて!!!
ロバダニをイラつかせたい!!!!
ロバダニって波長が子供と一致してると思う(笑)
子供っぽい人とはとことん調和するか、
とことん不調和でモメるかどっちかだろうな!

ロバダニがピンチなシーンがたんまりで
怪我しまくって
とにかく痛がってるし……たまらん!!
そして時間がたつにつれて
どんどん髭も濃くなって、やつれて、
汚らしくなっていくんだけど、
なんでかもう、ロバダニだとカモン!なんだよね!!
脇汗かいてるの見つけちゃって
反ってテンション上がってる自分もアレだけど……
一瞬なので、皆さんお見逃しなく!

コメディやアクションだけでなく、
ロバダニにはもっと
ヒューマン系の映画に出て
もっともっと演技を堪能したいけど、
コメディでもここまで魅せてくるんだから凄いよ…!


さて。
ところで長くなってきましたがもうちょっと…。

『デュー・デート』はなぜか、
ロバダニの回想録的な映画でした。
過去の作品で共演した方々ばかりが出て、
とっても不思議な気持ち!むしろ感慨深い!
(昔といっても比較的最近だけれどね!)

1.ジュリエット・ルイス:『ナチュラル・ボーン・キラーズ
麻薬のバイヤー役で登場。
何か昔、レオナルド・ティカプリオと噂になったこともあり、
ちょっとジェラシーな女優さんだけど、
ギルバート・グレイプ』では魅力的だったよね!!
(好きなタイプの女優さんかどうかは微妙だけど!)

2.ミシェル・モナハン:『キスキス,バンバン
でゅー・でーと
かわええよーーーぉ
ロバダニ共演女優として数少ない、お気に入り女優さん(笑)
まさに、『キスキス~』の続きか!?と思わしましたよ!
出演シーンは少なかったけれど、
飾り気ないところが本当かわいいよね!!!

3.ダニー・マクブライド:『トロピック・サンダー
『トロピック~』では爆破コーディネーター役でした!
今回は銀行の窓口の人??っていうのかな。
やぁ、ロバダニを痛めつけてくれてありがとう!!
たまらなかったわ!!!!

4.ジェイミー・フォックス:『路上のソリスト
でゅー・でーと
20年来の親友として出てきたけど、
これもさーー!!
ほら『路上のソリスト』も友情の話で、
なんだかまるでその続きのようで…!!
(『路上~』はそう簡単に、そうはならないストーリーだけど…)

てかこの時の、ジェイミー演じるダリル邸宅で起きた、
まさかの遺灰飲んじゃう事件は
シュール過ぎたけど、
その後イーサンが間違えて2回飲んじゃうのが
最高にウケた!!!!!

+プラス、
直後ぶちまけちゃった遺灰に、
すっかりガックリきてしまったイーサンに対して、
とっても優しく接するピーターのシーンにも感涙
そらこの2人、
仲は悪くても、「絆」では繋がり始めてる!!

ジェイミーが絡んでるシーンは
結構おもしろかった!!!
病院まで向かいに来てくれた時に
酷い喧嘩した2人だけど、
ピーターにそれに対して諭して
和解するように促すとか、
で、和解しようと仕方なくイーサンを呼び寄せたピーターだけど、
その時のイーサンの凄まじくイラつく歩き方(笑)とか!!
たまりにたまったフラストレーションで、
道路の段差を勢いよく車で通って、
2台にいるイーサンを跳ね上げたりとか!!
それも2回!!

でも2回ともイーサンは後ろの窓を開けて、
「大丈夫か?」って聞いてるんだよね。
もちろん嫌味だけど(笑)
でも2回目までやるとは思わなくて。
キュンとした!!(単純)


監督トッド・フィリップスは今後も期待したいね!
でゅー・でーと
まさかジュリエット・ルイス演じたバイヤーの恋人(?)役で
カメオ出演していたとは(笑)
あのシーンでは結構ダンディに見えたけど、
普段は微妙だよね(失言)

そう言えば、あの時のシーンで、
イーサンが、ドン・コルレオーネのマネしてたの笑えた!!!
時折声も含めて似てて、ちょっと感動!!
私も今度挑戦してみようかな♪♪


さ。もう語りに語ったわ。
ロバダニは先にも言った通り、
情報量多すぎて何を言えば良いかわからないし、
表現しきれないことや挙げきれないことだらけだけど、
でゅー・でーと
とにかくすんごいってことで。
こんなに黙々書かせるエネルギーだってくれるし!

また観に行こうかな♪
本当に楽しかった~~!!
ローケーションも素晴らしくて、
私もアメリカを横断してみたくなった!!!
もちろん運転席はロバダニで!!!

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





そうそう、ほんとムカツクんだよね、イーサンて。もうムカつきすぎて大笑い。オシッコとかいってとことこ歩いてく後姿とか「くっそー、むかつくぅぅぅ!(爆)」って感じ。
ロバダニ様の端正な顔に毛むくじゃらのメタボ腹をグニグニと…それだけでもう可笑しくて。
この笑いのセンスってザックの持っているものだとおもうんで、多分駄目な人はザックの出演作全般苦手なんじゃないかな。
【2011/01/23 22:21】 URL | KLY #5spKqTaY[ 編集]

こんばんわ なるはさん
絶対 観てると思ってましたよ!!
ほんと おもしろかったですよね
さすが なるはさん 深く観てますねぇ 
私は 最初の場面の Robertが横たわって
語るところが 妙に ウットリしてしまいましたわ
あ~
次回作って ホームズの続編まで 
無いんですかねぇ~


【2011/01/27 21:37】 URL | きょうこくるーにー #-[ 編集]

>>KLY さん

いつもいつもありがとうございます!
なかなかKLYさんのブログに立ち寄れなくて、
すみません、と言うよりむしろ悔しいです…!!!!
書くのに追われ過ぎてしまって…;;;

ムカツキますよね、イーサン!!
今ここでそれ言うか!それやるか!っていうのを
ことごとくやってくるから・・・もう!!

確かに、
ザックの雰囲気からにじみ出る笑いなんですよね。
でじるです、でじる。出汁ダシじゃなく。
だから彼が苦手なら
彼の出演作は本当、全部だめになりそう(苦笑)
まぁ私は今回で
苦手意識は比較的おさまりましたが…??

今後の動向に注目です…!!
【2011/01/27 23:07】 URL | なるは #-[ 編集]

>>きょうこくるーにー さん

こんばんは!
コメントありがとうございます!!

わーわー
きょうこくるーにーさんも観ましたか!?
たまらんですよね~~!
また観に行きたいいい(//´_ゝ`//)

私も冒頭のナレーション&
横たわったロバダニに、しょっぱなからクラリです♪
新作映画は当然ながら、
「観たことないロバダニ」だらけで
嬉しいですね~~~♪♪

私も考えてたんですが…
今ホームズ2撮ってるので…
ホームズ2までお預けかもしれません…!
【2011/01/27 23:21】 URL | なるは #-[ 編集]

はじめまして♪
映画ネタで検索したらこちらにたどり着きました。
私もロバダニ好きです!セクシーだけど可愛いし。

といっても私はアイアンマンのトニー役で惚れたので
、まだファン歴は浅いのですが。シャーロック・ホームズは今月中に観る予定です。

そしてそして、ガブリエル・マクトも大好きなんです!!
「9デイズ」で惚れてから(私はあの映画、結構好きです)いろいろ観てますが、「恋とスフレ~」「アメリカン・アウトロー」はこれから観ます!
CIAだと思ったら訓練生に戻っちゃったり、戦闘機パイロットやアル中作家志望青年、はたまた正義の味方・・・いろいろやってますよね、彼。
「ホワイトアウト」はごらんになりましたか?映画自体はいまいちだったけど、ガブくん目当てで何回も観ました(笑)

金髪ハンサムってインパクトはいまいちですけど、あのセクシーな声とまなざし、それに可愛いお口が本当にたまんないです~。可愛い顔に似合わず結構ガタイもいいですし・・・。ジャシンダ・バレットがうらやましい(でも彼女も可愛い)

すみません、つい興奮してしまいました(汗)
またぜひお邪魔いたします。ブログ楽しみにしています♪
【2011/02/01 17:42】 URL | あくび #-[ 編集]

>>あくび さん

こんばんは!!
はじめまして!!
辿りついて頂いて嬉しいです!!
そしてコメントまでありがとうございます!!

私も『アイアンマン』からハマったので、
私たち同期ですねっ(*´_ゝ`*)v
『シャーロック・ホームズ』は
ロバダニの魅力がたんまりですよ!たんまり!!


きゃーー!!
ガブが好きだんなんて、これまた嬉しい!!
なかなかガブ好きの人って見かけないので!!!
イイですよね!イイですよね!!
『9デイズ』は映画的に私はアレだったんですが…
でもアクションこなすガブがたまらなかったです!!
映画としては『アメリカン・アウトロー』の方が良いですが、
ガブの魅力的には『恋とスフレ~』が良いですよ♪
私はまだ『ホワイトアウト』観てません!!!
録画だけして…(><)観なきゃ!!


そうなんですよね~…ガブはインパクトが薄い(苦笑)
でも本当、声も口も可愛くて、
『スピリット』では肉体美も魅せてくれてドッキンちょです!vvvv

いえいえ!
私も嬉しくて物凄い興奮いたしましたあああ!
またお時間ある時にでも遊びに来てください♪♪

【2011/02/01 21:16】 URL | なるは #-[ 編集]

続けて古いエントリーへのコメントで失礼します。

RDJの脇汗・・・・これは最高にウケました(笑)
・・というか、そのシーンが気になって気になって
思わずDVD観返しちゃいましたー(笑)

トイレで演技のお題出して、それを冷ややかに見るとこですよね!?
あそこは表情の変化もいいですよね~。

それにしてもなるはさん、観るところが細かい!
なるはさんのRDJ祭りの記事を読みながら、脳内再生して楽しみ、見落としたとこをDVDで探しと、ますますRDJに溺れております(笑)

ほんと楽しいブログ、感謝です!
【2013/09/24 23:47】 URL | shan #zifTaGBg[ 編集]

>>shan さん

こんばんは!!
お待ちしておりました(笑)


脇汗のために、もう一度観直された
shanさんに笑いました(≧∀≦)
ロバートの脇の下ばかりに注目されたと思うと・・・(笑)

しかし私も厳密な場所を忘れてしまいました。
事故シーンあたりだったかなとも思ってましたが、
トイレでも脇汗かいてましたか!!
あのシーンは私もお気に入りです。
コメディ映画なのに、
あんなに感情表現に長けたシーンは稀ですよね。


ありがとうございます!!
共感をいただけることが一番うれしいです!!
また遊びに来てくださいね♪
【2013/09/27 20:17】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』のトッド・フィリップス監督が送るオバカコメディ。今回ザック・ガリフィナーキスの相手となるのは『アイアンマン』シリーズのロバート・ダウニー・Jrだ。愛する妻の出産のためLAに帰ろうとするも、ひょんなこと LOVE Cinemas 調布【2011/01/23 22:17】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.