ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
じいさんなんて、言わせないぜ!

REDれっど

RED/レッド』を観た!!

彼らは国のために、
あまたの戦を繰り抜けてきた。
今や年金暮らしの、
かつてのヒーローたち。

しかし、突如として彼らは、照準と化す
叩き起こされたのなら、叩きのめすまで!!
歳寄りだからって、馬鹿にすんじゃねぇ!

平均年齢63歳のおっさんたちが
超激痺れるアクションをこなすぜ!
あーもーこれ楽しーぃ!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

なんだっていい。

リタイアした元凄腕さんたち
復活しちゃうとか、
れっど
しかもそれを、
ブルース・ウィリスジョン・マルコヴィッチ
ヘレン・ミレンモーガン・フリーマン
そしてブライアン・コックスが演じるってんなら、
もうなんだっていいΣ


はい、映画館へどーぞー!


はぅ…
もっともっと観てたかった!
ずっとずっと彼らのアクションを観てたかった…!
映画では一応、「じいさん」呼ばわりされてましたが、
まぁ私は改めて思いましたよ。
おっさん最高じゃ!
もうなんか特に、
ブルース・ウィリスの設定にツボ突かれたのと、
ジョン・マルコヴィッチがむちゃくちゃかわいいってので、
幸せすぎる111分の作品でした。

ストーリーも悪くない
私結局ブルース・ウィリスも出演している
エクスペンダブルズ』観なかったけれど、
帰ってきた系というか、
「昔は結構ハデにやってきた」系の作品って
若干滑りそうな空気も持ってるよね。
でも、これだけのキャストを集めても肩透かしくらわないし、
アクションが楽しかったから満足
れっど
特に、あまりアクション映画では見慣れない名優たちが、
マシンガンで何万発も打ち込むシーンとか
上品すぎて美しい!!!!
結構凄いんだ!ドンパチが凄まじいんだ!
それでも、品格高い彼らがスッと立ってぶっ放してると、
うおおおどこまでもついていきますうううってなる!


楽しい!に尽きる。
続編作って、ホント、お願い。
もっと観たい!!

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

! 以下ネタバレ !




誰だ、
ブルースにこんな役をやらせたのは。



「盗聴されてたんだ。
 その時の口調でバレてしまった、
 君のことが好きだということを。」

DONッ!Σ ←意味不明

なんだかとっても、
ピュアな恋愛映画を観た気分です
フランクというキャラクターは最高でしたッ!

ブルースに「ただ好きなんだ」なんて言われたら
どうすりゃいいのよ。
さぁ行こうと、手を差し出されたりしたら、
どうすりゃいいのよ。
ただでさえ、リタイアしたおっさん設定ってだけで素敵なのに、
コールセンターの女性に出会って生きる希望見い出すとか、
どうすりゃいいのよ!?

まぁ一番言いたいのはね、
REDれっど
その役どうか代わってください。
サラを演じたメアリー・ルイーズ・パーカー
けして嫌味のない、ものすっごい可愛い人でしたけどね!!
だけどさ!
銃向けられたらすかさずブルースの後ろに隠れるとかさ!
あたしもやりたいっ!って思ったよ!!切に願ったよ!

正直、ブルースはまだまだ現役アクション俳優だから、
彼が何人もの刺客をぶちかまそうとも
見慣れてるっちゃぁ見慣れてるんだよね。
スリップする車から颯爽と降りて、
敵に銃弾撃ち込むとか、
すっごいカッコいいけど期待通りなんだよね。

だけど、なんか一緒にいたい好きな女性がいて、 なんかがポイント!
でも彼女は自分のことを好きだかわからない・・・とか、
なんなのそのうぶな感じは!

極めつけ、ジョン・マルコヴィッチが演じるマーヴィンとの会話。
サラが後部座席で眠てる間にこそこそと、
マーヴィン「彼女、君のこと好きだぜ?」
フランク「そうかな・・・。彼女が自分のことを好きかどうかわからないんだ・・・。」
マーヴィン「好きに決まってるさ!君にいつもくっついてるんだから!」

どおおおんな少女漫画ですか!!
マーヴィンがそういう話を振ってきたのもかわいいよね

まぁアクションは見慣れたとか言ってますけど、
結局のところブルースが画面に映るだけで
テンションが爆発するわけです

好みがしっちゃかめっちゃだと思われているでしょうが、
ここいらでハッキリさせておきましょう。

REDれっど
顔はこういう系統が大ッ好きです!!
どっちかっていうと、薄い感じが好きなんですよ~!(いえ髪の毛じゃなくてね。)
やっぱ胸キュンポイントは、
この薄い上唇と、物語る眼ですね!!!
だぁもう、映画の冒頭で出てきた時からにっやにやだよ!
白熱中のロバート・ダウニー・Jr.と全くタイプが違うけど、
ロバダニは別物なので。別枠。規格外で好き。(そればっか)


そしてもう一人、にっやにやしちゃったのはこの方。
REDれっど
完全規格外で、何で好きなのかわからないけれど、
超・マルコヴィーーーーーーッチ!!

いやホントなんか、スッゴイ可愛かった・・・! くうっ
とにかく彼の演技力がたまらないんだよね!!
フレームアウト気味のシーンであっても、
演技を怠らないその気持ちが好きだよ!!
カメラに映っていようがいまいが、
役になりきるというその心!!カッコイイね!

特にお気に入りのシーンがありまする。
ヘンレ・ミレンが演じるヴィクトリアの家を尋ねて、
そこでお茶しながら作戦会議をするREDの皆さん。
もうヴィクトリアもとっくに引退して余暇を謳歌してたけど、
彼女も作戦に加わって「一緒に行くわ!」と言うもんだから、
懐かしい気持ちでモーガン・フリーマン演じる、
ジョーの笑顔にピントが当たるわけ。
REDれっど
その後ろの、数秒後のマルコヴィッチにご注目!!
ケーキをむいむい頬張ってるんだけど、
その後モーガンの後ろでピンボケしたマルコヴィッチが
「にかぁっ」って笑うの!!!超カワイイ!!
そんなん脚本に書いてあるわけないじゃん!!
そういうかわいいアドリブがたまらんよーー!!

あと、
完全に職業病というか、
引退したのにも関わらず
未だに誰かに狙われているという
過剰と思われたマーヴィンの警戒心だけど…
REDれっど
実はどれも警戒して大正解っていうね!!
この映画はリタイアしても勘は鈍っちゃおらんぜ!っていうものだから。
ちょっと狂っちゃった役かと思ったけど、
それは単なる彼の性格で、
危ない役で暴走がちを予想したけど、
実際はジョーに殴られて鼻血出してるとか、
ヴィクトリアに「サイテーね!」とか言われちゃうような、
なんか、やられキャラだったのだー!

飛んでるヘリコプターを双眼鏡でチェックして、
「やっぱりあのヘリ怪しい!」と疑うマーヴィンだけど、
フランクはなぜかそれを全然信用しないで(笑)、
マーヴィンがメモった紙を見て
「それ『4』か?『C』か?」って聞くから、
なんかちょっとマーヴィンも「え?」みたいな感じになって、
「うん、これ『4』・・・これ『C』…」って
年老いたおじいちゃんみたいにぶつぶつ言っちゃって、
ちょーーーかわえええええ!

ヴィクトリアが怪我した時に、
それを庇うようにして追手に銃を撃ち込むのとか、
なかなか男前のシーンもあった
ミサイルみたいな銃に応戦するとかもすげぇ。
まぁ「じいさん」って言われたのにひたすらキレただけだけど!

これはもう写真自体がめったくそかわいい3人だけど、
REDれっど
この時もマーヴィン一人が何かビニール被ってて、
一瞬「なにやってんの」感が笑いを誘って凄く良かった!
現役の時から拷問得意だったのかなっていう想像が膨らむ ←
豚ちゃん抱えて走る姿もかわいかったよ!
凄い良い役だったなぁ、マルコヴィッチ。
なんか勝手に悪役かと思ってたんだよね、ポスター観て(笑)
事前に予告観る機会が全然なくてね・・・。


REDじゃ最年長のモーガン・フリーマン!
REDれっど
結局彼だけは、死んじゃったんだよね…?
ちょっと期待した派手なアクションシーンはなかったけれど、
ヒーローが老人ホームにいるとか、
なかなか感慨深い役だったなぁ…!
案外モーガン自体は『ウォンテッド』とか
アクション映画に顔出してるんだよね。
もちろん、やっぱりアクションシーンはないけれど・・・。
もうちょっと活躍してほしかったなぁ!


そして、見惚れちゃったのは
ヴィクトリア役のヘレン・ミレン!!
REDれっど
このマシンガンぶっぱなす凛とした姿美し過ぎ!
凄い似合ってた!
観ててキャーキャー言いそうになった!
なんだかいくつか出演作を観てきたその中で、
一番好きな役かもしれない!
優しいし、でも強気だし!
ロシア人のイヴァン役を演じたブライアン・コックスとの絡みも
素敵だったよ~!

ブライアンは『ゾディアック』で有名司会者役で出てたよね!
ゾディアックと名乗る者とテレビ番組を通して会話した人!

ヴィクトリアがサラに、
フランクを悲しませたら撃ち殺すわよって言ったのも、
女性らしくて(?)良かったな~!
ああ品があって、本当に美しいよ、ヘンレン・ミレン。

彼女が慣れないアクション映画で気を付けたことは、
銃を撃つ時に変な顔をしないことだって
さすが、全然問題ない!むしろ完全にサマになってる!

あと、彼らは相思相愛だそうです。
REDれっど
ヘレン・ミレンが、ブルースに対して
恋心と憧れを抱いているんだって!!!
それを聞いたブルースが、「だったら俺たちは両思いだな」って!
うおおおなんじゃこの二人かわえええええ!


REDを追っかけるCIAのウィリアム・クーパーは
カール・アーバンが演じてるよ。
どこかで観たな~と思いつつも全然思いだせなくて、
パンフレット見て
「いっけね、『スター・トレック』か!」ってやっとわかった…。
REDれっど
実質、フランクと拳を交わすことが役所のウィリアム。
このシーンなんかは、
いーぞいーぞもっとやれ~っていう野次馬魂が爆発した

副大統領をさらってった車の
フロントガラスに飛びついてくるのもウケたね(笑)
何がウケたって、ウィリアムが大真面目だから
思わず「ぶふっ」っと吹き出した!

あ、そうそう。
CIAってFBIも指揮できるの??
なんとなく仲悪そう・・・。
警察とFBIは管轄の問題で仲悪いのよく観るけど…。


あとあいつ出てたね・・・。
こんなにつまらなくて良いの!?と心配になるほどの、
ファンタスティック・フォー』シリーズで
必要ない悪役を演じている、ジュリアン・マクマホン
顔が胡散臭そうなんだから、
今作でももうちょっと悪役として光ってほしかったなぁ…。
(や、結局彼は利用されていたので、ヒンソーな存在で良かったのかな・・・うん。)


監督はロベルト・シュヴェンケ
数年前、映画館で『フライト・プラン』観たことがある。
よくこんだけの俳優を集められたよね…。
どちらかって言うと、俳優が俳優を呼び寄せた感じなのかな。


そういえば、音楽はあんま印象に残ってないや・・・。
挿入歌も多かったよね??
一応音楽を担当しているのが、クリストフ・ベック
最近なかなか大忙しじゃない??
デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~』、
それから『バーレスク』!
ミュージカル(てかショー)映画に関わってるってのは
経歴として強みになりそうだよね~!!
オリジナルの曲をいっぱい作ってみてほしいなぁ!


やぁとにかくね。
REDれっど
超楽しかったよ!!
ぜひとも映画館で観て欲しいね!
アクションもなかなか良いし!
名優たちの華麗なる銃撃戦を大画面で観るべきだよ!!


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





いやー面白かったですねー!!

やりすぎだけど、上品というか


やっぱり、こんだけの渋い役者さんたちが出てると、いるだけで存在感が半端なかったり

まだまだ若手には負けないぜっ!!て


何回見ても楽しめそうですねー

【2011/02/19 11:29】 URL | 虫くん #-[ 編集]

>>虫 さん

こんにちは!
コメントありがとうございます!

ですよねー!
面白かったですよねーー!
そしてなんだかとっても上品!
あんなに銃弾何発も撃ってたのに不思議!

存在感が違いますよね!
これをフツーの俳優がやってたら
なんでもない作品だったと思います…。

また観たいな~♪
【2011/02/20 14:12】 URL | なるは #-[ 編集]

グラナダ版ホームズのジェレミー・ブレットとはまったく別の魅力で私が恋した海外の俳優、Moonlightingのデヴィッド役ブルース・ウィリス。

「なんで今更ピュアな恋愛してんの!!!」

つくづく一人で観に行ってよかった。
彼があまりにも愛らしすぎて、わたくしもじもじしてしまいました。(変態)
主役5人が揺ぎ無さ過ぎて安心して楽しめる!
なるはさんも虫くんさんもおっしゃってますが、こんなコテコテのアメコミなのになんか上品。
日本だと、ちょっとシワができたりすると「老けた」とか言ってばっさり見切られて若い人が重宝されますが、やっぱりまっとうに歳を重ねていってほしいもんだと改めて思いました。
マルコヴィッチはちょっと違いますが、あんなにマシンガン打ちまくってるけど、みんな割と淡々としてたのがいいです。

個人的には胡散臭いエロおやじ、イヴァン役のブライアン・コックスが最高でした。
お姫様抱っこ・・・・・・。(変態)

ゴシップで監督と俳優の間で確執があったという噂を聞いたのですが、本当に良くこれだけの役者が揃ったもんだと思います。
・・・そういえば、音楽の印象薄かったなあ・・・。
【2011/09/02 23:07】 URL | sara #aGQ4pUio[ 編集]

>>sara さん

こちらにもコメントありがとうございます!!

>「なんで今更ピュアな恋愛してんの!!!」
>彼があまりにも愛らしすぎて、わたくしもじもじしてしまいました。(変態)

ですよねえええええ/////////////
この映画はなんかもう、
とにかくキュンキュンでした!ニヤニヤでした!

>イヴァン役のブライアン・コックスが最高でした。
>お姫様抱っこ・・・・・・。(変態)

あれもねえええ//////////////
私もきたーーー//////って思いました!!

saraさん、さすが、いいところに目が(笑)

また観たくなってきました!
あちらの俳優さんは歳を取るほど魅力が増しますし、
起用方法もうまいんですよね、きっと!
この映画は、このメンツありきという感じでもありますが、
それだけでも十分楽しめちゃいますよね!
【2011/09/10 01:16】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.