ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
いえない。

ひみつのかけら

秘密のかけら』を観た!

突如決行:アカデミー主演男優賞獲得記念
コリン・ファース第3段!
前夜祭 特別祭 第1段 第2段
第2段がなかなか書けないので、先に第3段を出稿します・・・!
第2段は『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』です!


ラニー・モリスとヴィンス・コリンズは
人気のコメディアン。
辛口ジョークをラニーが飛ばせば、
ヴィンスが紳士なフォローで包む。
彼らは絶大な支持を得、強大な影響力を持った。
しかし突然のコンビ解消
そして、女性の謎の死体
15年後の今、果たしてその真実は明かされるのか

言えない秘密、
癒えない秘密。


なんだか奇妙な作品で、
かなりハレンチなんですが、
終わってみると、「ムムッ」と思う。
ま、避けて通れる映画です。
が。私はコリンに痺れました!!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

前から好きだったけれど、
なんだかコリン出演作観ちゃったら
コリン星 に飛んでっちゃいまして(私が)。
twitter上でコリンコリンしてたんです。

そうしたらいつも仲よくしてくれている子のお母さまから、
「『秘密のかけら』は観た?」とのお言葉頂き、
「丁度本日借りました」と答えたところ、
「まぁ観てみてw」とのお返事を頂きました(爆笑)
そうしたらもう、気になって気になって仕方ないじゃないですか!
その日の深夜、眠い目こすって観てしまいました…!

実は、
コリンとケヴィン・ベーコンが共演しているのを知り、
以前から観たいな~って思ってました。
てっきりジャケットやタイトルを観て、
恋愛映画かなって思っていたら、
どうやら殺人事件が絡むサスペンスらしいじゃないですか!
サスペンスが大好きな私にとって、これは楽しみ!
友達のお母さまに、
なんだか妙な雰囲気を醸されながらも(笑)、
それが妙な期待となって観ることになりました!


なんかしょうもないサスペンスなのかなって
ぼや~って観てたんですが…。

終始、

ん?

え?

???

えええ!?

みたいな、
サスペンスとしてはある意味
及第点な混乱が満載
振り返ってみると、
たくさん伏線もあったのだと気づく。

やたらめったら
ハレンチなんです
が、
このストーリーであるなら
妥当なハレンチだったのかなと(どんな)。
や、もちろん執拗なシーンもあって、げんなりはしたけど。
「秘密」のための、ハレンチでした。


どちらにしても、
ひみつのかけら
私はコリン・ファースの体当たりな演技に感激した。

※R指定?の予告です


星陰る、一夜の事件。
あの時、全てが変わった。

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

! 以下ネタバレあり !



茶の間を沸かす、
ラニー(ケヴィン)とヴィンス(コリン)。
ひみつのかけら
彼らは抜群の、息の合った笑いを取る。
ラニーが暴れ馬、
それを手懐けるヴィンス。
ひみつのかけら
2人はまるで、長年連れ添う“夫婦”のようだった。
36時間生放送に出演し、
番組の募金活動で大きな成果を残した。
彼らは言わば、「神」だった。

しかし、
その輝かしいステージの裏では、
女・金・クスリにまみれていた。
ひみつのかけら
仕事中はいつも、ハイ。
過密スケジュールの中、精神を保つには
その方法しかなかった。
女で遊び、男は殴る。
そんな中、宿泊先の高級ホテルで
彼らにとって「見覚えのある」女性の死体がみつかる。

生活は多少汚れていたとしても、
果たして彼らが殺人に関わったのだろうか。

彼らのファンでもあった新米女性記者カレン・オコナーは
彼らにあの時何が起きたのか、取材を始める。
ひみつのかけら
この子どっか見覚えあるな~って思ったら、
マッチスティック・メン』で当時、
22歳だったのに14歳(!)の役を演じたとかで、
話題になってたアリソン・マーロンだったと気づいた!
『マッチスティック・メン』では凄い可愛い少女を演じてて、
彼女が既に20代っていうのはある意味裏切られたし、
軽くショックだったよ…!(笑)
でも、今作はそれから2年後…。
今作の脱ぎまくった演技はショック過ぎた…!
彼女にとって「童顔」のイメージを払拭できるような
体を張った演技で、
彼女のキャリアにとっても重要な役だったと思うけどね!


しかしそれは、
コリン・ファースにも言えること。
私は彼の作品をそこまで多く観た訳じゃなかったので、
英国紳士的な役とか、
恋愛映画で紳士的な役とか、
そういう役しか回ってこない俳優なのかなって思ってた。
それはそれで、
コリンのイメージにはぴったりだし、
どれもものスッゴイかっこいいから
それ以上のモノを求めようともしていなかった私だけど、
まずこれ↓観て感激しました。
ひみつのかけら
コリンが凄い形相で、男性の顔を床に叩きつけている…!
あまりの仰天な役柄に、思わず笑ってしまった。
おクスリの所為でハイになってしまってる有様。
ひみつのかけら
このシーンでは気が狂ったかのように
早口でネタをしゃべりまくります!!
感激するのはおかしいのかもしれないけれど、
コリンの新境地に興奮を隠せないです


しかしのこの映画のコリンは、
そんなもんじゃなかったのです。


15年前の彼らと、
そして今の彼ら。
取材を経て徐々に明らかになっていく、
ラニーとヴィンスの姿。
時間軸が上手に絡み合っていて、
且つ、「証言」という危うさもあり、
なかなか複雑な内容だったと思う。
あの無駄なハレンチシーンはひとまず置いておいて、
それ以外は、「ああだから…」って思える伏線が凄く良かった。
ぼやぼや観ているうちに、
どんどん凄いことになっていくんですが。

まぁそれは同じで、
コリンもどんどん凄い具合に素敵です。
ひみつのかけら(GIF)
真相が明らかになっていく(?)につれて、
ヴィンスという人間性が崩れてもくるんだけれど、
それもまたなんだか素敵
ただ正方向で観ていくだけだと、
「単なる変態じゃん」と思える行為も、
ヴィンスが抱えるコンプレックスが理由だと言うこともわかる。
ひみつのかけら(GIF)
いやもうしかしなんだ、
凄い素敵だなコリン、なにこれ!
(あまりに画像の量が多いからGIFったよ!)

でもなぜだかやっぱり、
ヴィンスがそうなることっていうのは
全く予想できなかったんだよね。
比較的冒頭でもその雰囲気を醸していたのに…。
だからこそ、アレは衝撃だったんです。
でも同時に、
コリンが物凄い体を張った演技だったので、
そしてその後の切なげな顔に盛り上がらないわけにはいかず。
ひみつのかけら
数年間そうした思いを抱えていて、
そして酒とクスリとの勢いで「真実を明かす」も、
当然ながら否定されてしまうヴィンス。

そしてこの、明かしてしまった本音を、
彼らの立場からすれば隠し通さなければならない。
だからこそ、女性記者カレンをハメようとした。同じ方法で。

映画冒頭の、実は複雑だったアイコンタクトにも、
ひみつのかけら
なんとも言い難い心痛の思いを感じる。

結局、ラニーもヴィンスも、
15年前の傷をずっと負っていた。
しかもそれが、「彼ら」が下したわけではないのに、
ラニーとヴィンスはお互いでお互いを疑っていたし、
そうなるであろうことも疑いの余地がなかったわけで、
それがヴィンスには生涯明かされることがなかったし、
なんかもうとにかく胸が痛い

ひみつのかけら(GIF)
いててててててて(明らかに違う痛み)

まじでこれは
凄い作品だった!(コリンが)


でも私、このテの映画は嫌いじゃないよ!
(過剰なハレンチなシーンは気にくわないが!)

この映画を観てて思い出したのが、
ブルース・ウィリス主演の『薔薇の素顔』。
実はこの作品、ゴールデンラズベリー賞で、
最低作品賞を受賞した上、
主要8部門ノミネートという可哀想なことになっている…。
実は、ラブシーンが濃厚過ぎたのが批判の理由だったよう。
でも、個人的には、
そうした過剰なハレンチなシーンを除けば、
「えっ、うそ!!!」と思わず
身を乗り出して観ちゃうような驚きのある映画で、
サスペンスとしては結構好きだったよ!

『秘密のかけら』も『薔薇の素顔』と同じような臭いがしたから、
てっきりラズベリー賞に絡んでるのかなって
思ったけれど、無事でした(笑) 基準がわからん。


さて、
コリンコリンしちゃってますけど、
ケヴィン・ベーコンも当然、
体当たりな役だったよ!!


でも彼のすっぽんぽんは観たことあったように思うんだよね。
たぶん『告発』かな?
(あの映画は実話だから、ちゃかしたくないけれど。)
だから、すっぽんぽんのコリンの方が仰天過ぎた。

ケヴィンは『ミスティック・リバー』や『フロスト×ニクソン』のような、
渋かったり、カチっとした役が好きかも。
今作の雰囲気はあんまり好きじゃなかったな…。


というわけで。
実を言うと「コリン祭しちゃおう」と思うに至るほど、
私にとっては尾を引く作品でした

コリン好きにはオススメです?(←ちょっと自信ない)

※3か月以上も前に観た映画。。。
 この映画レポ自体はすぐ書き終えたんだけど、
 第2段の記事がなかなか書けなくてねぇ・・・。


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.