ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
とりあえず、
パッと思い浮かべて行きたいところと、
調べてみて知った、行きたいところと、
友達が行ってみたいと言うところとで、
結構ギッチギチスケジュールになっちゃうものです。

いぎりすき。

2日目は特にそうと感じる。
なんつっても、
ナショナルギャラリー大英博物館
ウエートとしてはかなりヘヴィだよね

それでも意外と、
地図上よりは目的地から目的地が近く感じるし、
案外回れるもんだってこと

そいじゃぁ2日目行ってみよー!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

この日の朝の天気。(ホテルからの眺め)
いぎりすき。
まぁまぁじゃないかな。うん。
イギリスって吹きっさらしの国だから、
天候もすぐに変わるみたいなので、
朝の時点の天気はあんまり気にしなくていいと思う。
でも寒いは寒いよね。(日本の12月、1月くらいの気温)

まずは朝食。
混乱したね、1階のレストランに着くなり。
「黄色い紙持ってる?」
「あんたら部屋番号は?」
「あんたらが食べれるのはそのコーナーのものだけよ」
「そっちじゃないって!」

日本でもそういう性格だけど、
注意書きをあんまり読んでなかったんだよね。
ほんとだ、書いてある書いてある。
黄色い紙を持ってレストランに来てねって。

私たちが泊った料金(?)では、
いぎりすき。
こんなくらいのメニューだけです、食べれるの。
給仕さんはインド系の人が多かったな。

そうそう、フランスではアフリカ系というか、
黒人の方をよく見かけたけれど、
イギリスはインド系の人がとっても多かったよ!

さ。微妙な腹ごしらえをして、いよいよ始動!
ラッセル・スクエア駅に向かい、
まず私たちがしたことと言えば、
電車(地下鉄:チューブ)に乗るための切符の購入です!
いぎりすき。
こうして自動券売機みたいなのもあるけれど、
これがなかなかのクセモノでしてね!
何度この自動券売機に「は?」「え?」みたいなことになったことか!
でも実はね、これは英語ができない私たちがそうだったワケでなく、
全世界の観光客も大混乱だったんだよ!(全世界は言い過ぎか?笑)

とある駅では、この券売機前に観光客が長蛇の列
やれ紙幣が使えないだの、やれおつりが返ってこないだの、
やれチャージは取り扱ってないだのと、わかりにくい
観光客がお互いに教え合ったりもしていたんだけど、
後ろに並ぶ男性が「今この券売機は紙幣が使えないんだよ」って
購入中の女性に言うのだけど、彼女は「なぜ!?」って困惑してた。
いやほんと、「なぜ!?」って言いたいよね
でもなんだか
私たちだけがおつむ足りないのかと思ってたんだけど、
みんながみんなパニックだったから、
急に親近感がわいてね
たぶん雰囲気的にドイツ人ぽい人と、
「(まいっちゃうよね)」的な目配せとかして楽しみました

で、私たちが買い求めていたものは、
このオイスターカードといった代物。
いぎりすき。
日本で言うSuicaみたいな
プリペイドカードがイギリスにもあります。
発行手数料は1枚:3ポンド。(日本でも500円かかるよね)
でも、山手線内が130円と同じように、
ゾーン1内は一律1.5ポンドとなっていて、
普通の切符を買うよりはお得かと。
移動の手段と言えばほとんどこのチューブが頼りだし、
(しかもオイスターカードはバスにも使える)
やっぱりあらかじめチャージしといて、
ピッピカ改札通れた方が楽だしね
(さらに、一定の料金を超えると、それ以降は何度乗り降りしても
 運賃がかからないらしいよ!←なにこの曖昧さ)


このカードは、
結局発券するのは窓口で行う必要があるらしく(?)、
専用のカードケースと一緒にもらったよ~
このカードケース、
「あなたのオイスターカード、
どっかに捨てちゃわないでね。
何度だって何度だって使えるんだからコレ。」
って
わざわざ書いてあってカワイイね(笑) てか捨てちゃう人がいるわけ?


そんなワケでようやく電車に乗りまして、
いぎりすき。
ラッセル・スクエア駅って青いタイルが印象的ななかなか素敵な駅だったんだよ~♪
まずはピカデリーサーカスを目指すよ!
普通に私、ガイドブック読むまでは、サーカスやってる場所だと思ったよ

みたことある人もいるのでは?
いぎりすき。
ギリシア神話の愛の神:エロス。矢を持ってるよ~♪
シャーロック・ホームズ』にもちょろっと出てくるよね。
アイリーン・アドラーが泊ってたホテルの近くにあったはず。
エロスが、あなたを射抜くの待っています。

さてこの後は、というと、
いぎりすき。
こおおおおんなアホなルートでひたすら歩きます。
でもなんていうんだろう…
もう、街並みを観るだけで楽しいから
歩くことは全然苦じゃないんだよね!
いぎりすき。
どうよこれ!素敵過ぎる!!
そしてお気づきでしょうか?
にわかに晴れてまいりました

グリーン・パークも素敵な公園だった~!
いぎりすき。
何があるってわけじゃないのにね。素敵。
朝早くで、天気も良いし、落ち葉舞う

そして次ですが…
地図を見ての通り、バッキンガム宮殿に隣接しているんです。
当初予定では別の日に行くつもりだったんだけど、
この日あまりに天気良くて、立ち寄ろうぜとなりました!
いぎりすき。
ふおおおおおお
順序は逆になりますが、
英国王のスピーチ』でラストのシーンを飾ったバッキンガム宮殿。
行ったばかりだったから、尚のこと映画を観た時には鳥肌でした!
コリン・ファースが演じるジョージ6世が、
ここから民衆に向けて手を振ってたよね!

そして今日(4月29日)丁度、日本では5時頃から生放送かと思いますが、
ウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんの結婚式後、
ここでロイアル・キスが見れるかどうかみたいな期待が
高まってますね~!
いぎりすき。
でもほんと、2日目のうちに写真撮っておいてよかった…。
予定の日は雨だった…っていうね…。

そして、ザ・マルという道を進みます。
いぎりすき。
ここもたぶん、ウィリアム王子たちが通るところだよね、今日。
この日たまたま日曜だったけれど、
日曜だけ歩行者天国なんだってさ!

てくてく歩いていくと、
右手にセント・ジェームズ宮殿とかがあったんだけど…
「あれぇ?ちょっとアレなになに??」
いぎりすき。
後ろにロンドンアイ(大観覧車)が見えて、
なんかちょっと不思議な光景ですが…
手前にはホース・ガーズという建物が。
「イギリス軍におけるロンドン管区および
王室騎兵隊の司令官が本部として用いている」
らしいす!(コピペ 笑)
これだけで既にテンション上がるんだけど、
ホースってことはホースです
いぎりすき。
ちょおおおおおかっけええええええ!
いぎりすき。
手前の警官かわええええええええ!
(隠し撮りしてくれてありがとう、友達!涙)

そしけ結構ぼーーっと待った後、
遠くからヒヅメの音が。
いぎりすき。
交替の騎兵が来たあああああああ!
ここで両騎兵が向かい合って、
隊長の号令と共に先が剣みたいになっている銃
掲げたり、ふりかざしたりして、儀式を行います。
超なんか、素敵だった!!
天気のいい日にしかやらないから、観れてラッキーだった!
いぎりすき。
マントの色が、赤と黒で違うってのも素敵だよね!
彼らは本当にご公務だから、
凄い真面目な顔つきで、パリッと任務をこなしてました

なんだかんだ、
これ観るために、40分以上この場所で待つはめになったので、
思いもよらぬロスタイムでしたが(苦笑)、
結局こうした儀式はこの日にしか観れなかったので、
観といてよかった

ホワイト・ホールという道に面したこちらでは、
ライフ・ガーズが入口を警護してます
いぎりすき。
もう全然表情変えないんだよ!
ご公務素敵だよ!!
(邪魔してごめんなさい)
でも馬おしっこしてたよ!

ホワイト・ホールを真っすぐ進むと、
軌道修正。
ようやく予定通り、ナショナル・ギャラリーに隣接する、
トラファルガー・スクエアに到着です!

…の、手前で(脱線)。
いぎりすき。
自転車に変なのくっつけて走る
かわいい集団にでくわしたよ!!

「いえーい、撮って撮って~」みたいなノリ、大好きです!
私もこれ、最終日の前日夜に買いました。
innocent』っていう、フルーツジュース。
果汁100%のなかなか濃厚なジュースで結構おいしかった!!
キューイ系(緑)のと、ベリー系(赤紫)を飲んだよ!!


てゆうか。

とらふぁるがー・すくえあがやばい。

いぎりすき。

天気よすぎて、やばいやばい。

いぎりすき。

そしてこれが有名な、
いぎりすき。
ナショナル・ギャラリーです!!

なんとココ、凄いことに無料です。
さーーっ、カメラをかまえて入場だよ!(メラメラ)
「だめだめきみきみ、撮影だめだよ!」
「えー!! すんませーーー…… 
ルーヴル美術館と違って撮影禁止でした てへっ
ま。絵は写真撮るもんじゃないですよね(今更) や、館内を撮りたかったんだよね・・・

というワケで色々。ほんと色々。
有名な絵がたくさんありました。
とっても有名でした。凄い有名でした。
名作がたくさんでした。巨匠がいっぱいでした。

学識のない私たちは、
モネの絵を通り過ぎたり、
しまいには「うちらでも描ける」とか豪語するしまつ(苦)

私が特に楽しみだったのが、
ナショナル・ギャラリー版
レオナルド・ダ・ヴィンチ岩窟の聖母』。
一昨年に観たルーヴル美術館版の『岩窟の聖母』の“手抜き”版
…ってね、原作『ダ・ヴィンチ・コード』に書かれてるんだよ
最初に描いたルーヴル版が、
制作を依頼した教団から大批判をくらったために、
ダ・ヴィンチは同じような構成で
ナショナル・ギャラリー版の絵に描き直したらしい。


あとは、大好きなヨハネス・フェルメール
ヴァージナルの前に立つ女』を観た!
その他、ゴッホの『ひまわり』とか、
そりゃもう有名な絵がわんさか壁に掲げてあったよ!!!

一回ミュージアムショップまで足を運んだんだけど、
「え、このモネの絵観逃したよ!」ってんで、
引き返したりもしました(笑)
絵が多すぎて、
脳内の処理能力もキャパシティオーバーするんだよね
いぎりすき。
6枚:3ポンドで、ポストカードを購入。

さて。小腹が空いたねってんで、
ミュージアム・カフェで昼食
いぎりすき。
めっちゃくちゃ雰囲気の良いカフェだった!!
パンもおいしいし
そして今回の旅で最もおいしかったのが、
いぎりすき。
ポテト・サラダ。ポテト・サラダ。ポテト・サラダ。
まぁじでうまい。まぁじで。
ナショナル・ギャラリー=ポテト・サラダ
頭の中に記憶しておいて、機会がある時にぜひ、食べてみてください。


さぁて、次の目的地へ!

というところで、
あまりに長くなってきたので、
また今回も前半と後半で分けます

最後に。
あ~ いるいる、よくいるよね!
いぎりすき。
メタリックな像と見せかけて、
実は人間だった!っていうね!
動くとビックリするよね!!!

「!?」


や… あなたは…

いぎりすき。
見るからに動きそうでしょうよ。
メタリックの像と、ゴリラさんが
あえて並んで芸をしているところが、
反ってウケました


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.