ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい

だから、書いた。

じぇいん・おーすてぃんひめられたこい

ジェイン・オースティン 秘められた恋』を観た!

高慢と偏見』、『自負と偏見』等の6つの長編小説を残した、
ジェイン・オースティンの若き頃の葛藤と恋愛を描いた作品。

あばばばばばばばば
落ちつかずにはいられない。
キュンとして、グッときて、
甘くて切なくて恋愛映画です
1795年。
当時のイギリスの風習が切々と描かれています。
これ、どこまで本当かは知れないけれど、
こうした経験をもとに小説を書いたと思うと、ね

アン・ハサウェイ
ジェームズ・マカヴォイという
画面が美しい、2人の共演も見どころ!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

いろいろ観る順番が
ぐちゃぐちゃし始めちゃったんですが・・・。
(あれれ、ラッセル・クロウ祭は?コリン・ファース祭は?)

少なくとも、
今回の『ジェイン・オースティン 秘められた恋』は
コリン・ファース祭に関係しているものですので、あしからず!
この、ジェイン・オースティンという女性作家は、
コリン・ファース出演作にかなり大きく関わっているのです!


だからここで、
じぇいん・おーすてぃんひめられたこい
ジェームズ・マカヴォイに鼻血を出すということは
【妥当】な流れなのです!!!
 Σ んねっ!

ジェイン・オースティンの伝記的作品なので
あんまりチャカすのはアレかなぁとか一応気にはかけつつも、
やっぱりなんだかそれどころじゃないので、
ネタバレない程度にさらっとまとめあげたいのですが、
実はこの作品もうひとつとんでもない事態が起きていて、
(いやものすごくたいしたことではないんですが←)
じぇいん・おーすてぃんひめられたこい
ジョー・アンダーソンくんも出ちゃってまして、
これまたマカヴォイと2人でキャイキャイするもんだから
かわいすぎるのなんのって!!!!!


ジェインを演じるのがアン・ハサウェイ。
じぇいん・おーすてぃんひめられたこい
その相手役がマカヴォーで、
そのお兄ちゃん:ヘンリー役がアンダーソンくんで、
じぇいん・おーすてぃんひめられたこい
が が がが画面が美し過ぎるよーー!!

なんだかね、
展開としてはありきたりと言っちゃぁそうだし、
実は大きなきっかけがないままに、
2人は思いが通じあっていくのね。
それがなんだが、
「え、うそ、2人ともそうなの!?」みたいな無駄に
どっきんちょっていうか!!ハウハウ

またこれ、階級とか家族とか財産とか、
いろいろ重たいものばっかのっかってくるのね・・・
最後の最後まで、
この2人がどうなっていくのかわからない
から
どうか早とちりして先走らないように!!

しかし本当に、当時の女性にとっては
結婚があまりに人生の全てすぎて辛いね。
良家に嫁がなければ、その先の生活は保障されない。
それは現代の結婚にも言えることかもしれないけれど、
そもそも女性が一人で自立して生きていくってことが
ほとんどありえなかったことだから、
「結婚できなかったら?」「結婚できてもその家が裕福ではなかったら?」
愛は二の次にしなければならない問題がたくさんあった。
好きでもない男性へ嫁ぐなんて、
あまりにやりきれないよね。

とは言うものの。

しきたりいっぱいのこの時代の、
じぇいん・おーすてぃんひめられたこい
きゅうくつさとか、しがらみとか、たまんないよね!!
とにかく礼儀作法がしっかりしててね、
相手がペコってしたら
すかさずこちらもペコってするし、
つかずはなれずののダンスとか、
くるっくるくるっくる優雅だし、節操があって、上品で!
この時代に生まれてみたいもんだ!!(何も学んでない人)
マカヴォー演じるルフロイって男なんてね、
一応放蕩息子って設定でね、
ムカつくほど調子のってる男なのにね、
それでも、ぺこっぺこってあばばばばばばば
もーなんかもー、
マカヴォーの絶妙なナリフリは文字じゃ表せない!!
観た!?階段の手すりをスーーッととか!!(知らんわ)
0コンマ毎に魅力満載だから要チェックだよーー!

ついでに、
ジョー・アンンダーソンくんのリズム感もここで絶賛しよう!
マカヴォーも動作のキレ味抜群だけど、
アンダーソンくんも負けてらんないほど動けるよ!
ちょっとアゴが細すぎて病的に見えるけれど、
もうちょっと鍛えれば役の幅広がるだろうになぁ!!!
アクロス・ザ・ユニバース』ですごく雰囲気良かったし、
今後活躍できることを願ってる!!

ジェインがなかなか積極的でね、
(その分ルフロイが女々しくて残念なんだけど)
じぇいん・おーすてぃんひめられたこい
やや押されぎみのマカヴォーが素敵だよ!!

マカヴォーがふにゃふにゃ役ってのは
案外多いんだよね。
(ルフロイは『ペネロピ』に近い役柄だったけど)
最高のふにゃふにゃは『終着駅 トルストイ最後の旅』かな。
私が言う、そのふにゃふにゃは、映画の序盤で観れますよ や ば い

もちろん、アン・ハサウェイのかわいさは
女の私でもクラッとするわ!!!
アン・ハサウェイ、この間はアカデミー賞の司会お疲れ様!
ジェームズ・フランコといろいろ笑かしてくれて
もっと好きになったよ!!!
ブラック・スワン』をまねた茶色の鳥のダンスはヤバかった(笑)
彼女の出演作も観たい観たい思って全然観れてない・・・。
プラダを着た悪魔』とかすごくよかったな~~!



さてそんなわけで。
たぶんジェイン・オースティンが書く物語は
かなりツボっちゃう予感なのですが。

早くコリン・ファースの『高慢と偏見』が観たい!
このためにLaLaTVに加入したりと頑張ったんだから!(笑)


でもあれ?そういえば??
同じくジェイン・オースティン原作で、
キーラ・ナイトレイマシュー・マクファディン出演の
プライドと偏見』、前に観たことあったなぁ。
(誰がとは言わんが)アゴが気になって
あんまり思い入れがないかも・・・。

やっぱり私が恋愛映画を楽しめるのは、
じぇいん・おーすてぃんひめられたこい
キャスティングありきかも!?

・・・とか、物凄く厭味ったらしく終わります


あ、いやいや、
いつも以上に薄っぺらな映画レポになってますけど、
つまりは、彼女がこの経験から、
どのような形で作品に投影していったかってのが
観どころであるので、
彼女の作品及び映画化した作品をまとめてみるのが
オツかもしれないなぁ!

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





話的には良くある悲恋ですよね。
仰るとおりもうこれはキャストで愉しむ作品。
私はアンが大好きなので、可愛らしい彼女がてんこ盛りなだけで大満足でございますw
【2011/05/08 22:57】 URL | KLY #5spKqTaY[ 編集]

なるはちゃん、こんにちは☆
この映画、よさげなので、いつか鑑賞したいと思います♪

ところで、今月もブログDEロードショーをおこないますので、宜しかったら、ご一緒に~♪

映画をお選びになられたのは、
「たまさんのHR/HM シネマカフェ」の たまさんです。

作品名「トワイライトゾーン 超次元の体験」
日程 20日(金)~22日(日)です。

詳細はこちらでお願いいたします☆
http://saisenseisuki.blog97.fc2.com/blog-entry-1600.html

今月も、なるはちゃんと、同じ映画を同時期に見て、楽しみたいです!!!
あと、リクエスト企画の作品募集もしていますので、良かったらお願いします♪
【2011/05/13 09:19】 URL | miri #jSBoJ0Ww[ 編集]

>>KLY さん

こんばんは!
コメントありがとうございます!
お返事遅れてすみません。。。

アン・ハサウェイもかわいかったですーー(>∀<)
キャスティングで観る映画ですよね~!!
【2011/05/16 00:53】 URL | なるは #-[ 編集]

>>miri さん

こんばんは!
今回も情宣ありがとうございます!!

また観たことがない映画で
楽しみです~~!!
早速レンタルしに行きます!!
【2011/05/16 00:57】 URL | なるは #-[ 編集]

初めまして。すずみと申します。

ジェイン・オースティン原作の映画良いですよね。この映画も好きです。確かにキャストだけでも十分楽しめますね。

私も映画をレビューしているサイトを持っているのですが、ちょうどオースティン原作の「プライドと偏見」を紹介したばかりで、タイムリーだったのでコメント残させて頂きました。

【2011/05/17 04:46】 URL | すずみ #-[ 編集]

>>すずみ さん

こんにちは!はじめまして!
コメントありがとうございます!(^0^)
お返事が遅れてすみません…。

ジェイン・オースティン原作映画や
原作を今後追いかけてみるのも
よさそうですよね!

『プライドと偏見』!
映画レビュー読みに行きます!!(^∀^)/
【2011/05/22 16:59】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



作品としては2007年のモノで、主演のアン・ハサウェイは翌年の『レイチェルの結婚』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされている。共演は『ウォンテッド』のジェームズ・マカヴォイ。共演に「ハリー・ポッター」シリーズでお馴染みのマギー・スミスや、ジェームズ... LOVE Cinemas 調布【2011/05/08 22:56】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.