ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい
眼が覚めた男。

あうぇいく

アウェイク』を観た!

手術のために全身麻酔を受ける人は
毎年2100万人以上。
彼らは術中は深い眠りにつき、
眼が覚めた頃には全てが終わっているだろう。
しかしそのうちの3万人
体は眠っていても、
意識は醒めた状態
術中覚醒に陥っているという。

男は目覚めた。
そして全てを知った。
自分を取り巻く大きな陰謀に。

なかなか厳しい制約のある(てか避けられない)設定で、
ここまで話を広げたのは及第点!
ただのサスペンスどまりの作品だけど、
まぁおもしろかったです!!
途中頭おかしくなりそうな気分になるけどね!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

冒頭から掴みはオッケーって感じ。

オッケーとか余裕ぶっこけるような話じゃないんだけどね。

正直、術中覚醒のケースがあるっていう事実は衝撃。
これは映画の最初にテキストで明示されるんだけど、
この時点で、「あ、やばい、頭おかしくなるかも」ってゾッとした。
金縛りになった時ですら
ぐおおおおおって思うじゃない??

それが、術中に起きる!?
手技の痛みまで伴うのか定かじゃないけれど
(だってそうしたら麻酔の意味がないよね・・・?)
触ってるとか、切られるとか、開かれるとか、
そういう感覚はあるってことだよね・・・??

やぁもうそれをね、ヘイデン・クリステンセンがね、
あうぇいく
うそおおもうやめてえええって思えるくらいの演技をしてくれるよ
この映画の、みどころの一つでございます・・・!

意識の世界の話になっていくので、
軽くスーパーナチュラルな状態にもなるんだけど、
それでも展開的には悪くなかったなぁ
歯ぎしりしちゃいそうな状況から抜けられるわけだしね(笑)
観客の心にも優しいです。

サスペンスとしてもなかなかグッド。
あうぇいく
「疑う」、「騙す」っていうのが
わりかし巧妙に描かれてました!

地味な作品かと思いきや、
クライマックスは結構エンターテイメント要素も。
話の持っていき方とか、
構成をよく考えている感もあって、その努力に好感度高し。
脚本・監督のジョビー・ハロルドの今後の活躍に期待


予告もうまし。

僕は眠ってなんかない。
なにかおかしくないか!?



もう少し日本でも拡大上映して良いんじゃないかな~って思うけどね。
ちょっと痛々しいシーンもあるので、そこだけ要注意!だけど。
この間観た『アジャストメント』なんよりスマートだし、
キャスティング的にもどっこいどっこいだよね?
というかむしろキャスティングが今作、効果的だったんじゃないか?

最後ちょっと綺麗過ぎるけど、
思い返せば総体的に好きな作品でした

この、閉じ込められる感じ
[リミット]』みたいだよね。
外的か、内的かで、ちょっと違うけど。

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------


観に行かないって思ってたんだけど、
なんかYahoo!映画の評価が当初より上がってたので、
「えー、じゃぁ観に行っとくかー」と方向転換。

心に残るかって言ったらそうでもないんだけど(笑)、
設定と言うか、シチュエーションがおもしろいし、
こういうのって物語広げるの本当に難しいと思うんだけど、
最後まで映画を観終わってみると、
話の展開の仕方がすごいうまかったなーって。
隠すところは隠して、
良いタイミングで明かす
っていうのが。

「アウェイク」しちゃったところを、
いっそのこともっとド派手に映像表現しちゃっても良かったけどね。
どうしてもヘイデンのセリフを後から入れる方法しかないからね。
ガンガン映像切り替えたり、
ガビガビ効果音とか入れて
ヂカヂカ映像を編集をしちゃってもよかったと。
まぁ痛々しさは十分伝わったけどね
あのシーンだけはもう、観なくて良いや・・・。



さて、キャストですが。


! 以下ネタバレあり !




ヘイデン・クリステンセンってそこまで好きな俳優ではないし、
思えば『ジャンパー』(2008)しか観たことがな・・・・って、え!?
この『アウェイク』って2007年の作品なの!?
最近観た『ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男』みたいに、
はるばる日本に上陸した作品だったんだね~・・・!
ヘイデンや、ジェシカ・アルバのファンはさぞ喜ばしかったろうなぁ!

あ、で、ヘイデンのことだけど。

『ジャンパー』の時はジェイミー・ベルがヤバいかわいくて、
そっちばっかりに気をとらわれてしまったんだけど、
でもヘイデンでもちょっとウハウハしたシーンがありまして。
それというのは、
サミュエル・L・ジャクソンが演じたローランドが
ヘイデン演じるデヴィッドを襲撃してきたシーンで、
ヘイデンがひーこら逃げ惑う姿が実においしくて、ですね(こら)。
っていうかこの人、
ペイン的演技が凄い良いわ(やめなさい)。

『アウェイク』ではめっちゃ絶叫するんだけど、素晴らしかった。
ああいう演技って、ごそっと髪の毛抜けちゃうんじゃないかって思えるほど、
精神的負荷がかかりそうだよね。
そのくらい良い演技だったー!
顔真っ赤になって、胸押さえつけるのとか、みどころです。 ほんとに。


そうそう(爆笑)

ヘイデンが演じるクレイトンって役は、
亡き父親から大会社を継いだ、やり手の若手企業家なんだけど、
次の仕事の相手が日本会社ってんで、
日本人らしき企業家が出てくるんだけどね、
そのおっさんが日本語喋ってるらしいんだけど、
ぶつぶつ言うからなんて言ってるかわからん(字幕なし)。
その横にいる通訳役の女性の方が
よっぽどよく聞こえるわけなんだよ。

まぁそれは良いんだ。
なんかその日本企業の会社名も変だったけど(笑)、
日本のイメージってこんなもんよね的な感じでさ。

ところがどっこい(古いって)、
ここでクレイトンが、やり手だっていう、
デキる男だっていう、アピールをしてくるわけですよ映画的に。
で、ヘイデンが長めの日本語をしゃべるのね!
これ自体は日本人として感激だよ!かわいかった!

しかし何言ってるかわからない(爆笑)
気をつかって字幕なしなんだけど、気をつかいすぎです(笑)
なんか、最後「お酒 3本 のみまひょ」みたいなのは聴こえたんだけどね。
もう一回、アレ解読するために観直したいわ

それにしてもなかなか
日本に縁のある俳優さんですね!
『ジャンパー』では渋谷とかで撮影に来てたしね!
また来てくれて構わないよ!
当時共演したレイチェル・ビルソンとは、今もう婚約解消しているしね!
狙い目ですよね!(こら)



ジェシカ・アルバ前より好きになってきたー!
あうぇいく
やっぱりすごい、プロポーションだったわ
とっても健康的だし、そりゃ人気あるよね~!
(でも本人はそれを理由にいろいろ大変そうだな~)

そんなに演技が悪いとは思えないんだけど・・・どうなんだろう?
ゴールデンラズベリー賞の常連なんだ??
もっと深い役柄やらせたら、開けそうな気もするんだけどな~!
声の濡らし方が、エミリー・ブラントに似てるな~って思う。


今回は最終的に、毅然とした悪い女役で、
観ていて結構面白かったな~!


個人的に、お母さんの役柄が好きでした。
レナ・オリンって人が演じているんだけど、
あうぇいく
最近よく観る、母親知れぬ子の重みみたいな設定かと思いきや、
(や、実際はそうなんだけど)
この映画で一番頑張ったのはお母さんだからねぇ!
なんか感激した。
お母さんが最後の最後まで味方だったから。
最初の方でちょっと印象を落としてたところが、この脚本のうまさだな~と。


あと、個人的にメインだったのが、
あうぇいく
テレンス・ハワード!!
この、善人にしか思えない彼に裏切られた時のショックったらないわ。
土壇場でためらったけれど、やっちゃったもんはやっちゃったしね。
最後の、ジェシカ・アルバとの言い合いはおもしろかった~!

テレンスって、瞳濡らすと最強じゃない? (なに)
最近気づいたのが、割と作っちゃう俳優さんなんだなーってことなんだけど、
もっと開放的に演技すれば、もっといい味出てくると思うんだよね!!

アイアンマン』以降、あまり大きいお仕事きてないのかな~
まだいうけど、やっぱり
ロバート・ダウニー・Jr.との共演をもっと観たかったよー

本当素敵な俳優さんなので、今後も活躍して欲しい!!
どうかイイ仕事舞い込んでー!。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆


あの人また、
うさんくさい医者役で出てたな、フィッシャー・スティーヴンスさん(笑)
あ、でも『エクスペリメント』では
医者って言うよりは博士か。
妙なポジションで、良い雰囲気だしてるので気になります


そんなわけでーー。
これはなかなか観といても後悔しない作品かなと。
幽体離脱的な話はよくあるけれど、
サスペンス的なところで割かし光ってます。

辛いけどね、痛いけどね。
ちょっとの、そのシーンを乗り越えれば大丈夫です(笑;)

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





ジェしか目当てで観て、あの結末は想像してなかったんで気持ちよく騙されました。まあ流石に最後のお母さんはよめましたけど。(笑)
てっきり意識は歩けど肉体的な痛みはないんだとおもってたんですよ。ありゃ痛くて死にますってww胸を切り裂かれて骨切り取られてへし折られてって、想像を絶するって表現が歩けど、まんまその通りですよね。もっとも何故か途中からは普通に飛び回ってたけど^^;
正直話の展開としてはちと物足りなかったんだけど、ジェシカのおかげもあってまあ楽しめたサスペンスでした^^
【2011/06/12 22:13】 URL | KLY #5spKqTaY[ 編集]

>>KLY さん

こんばんは!
コメントありがとうございます!

確かにお母さんのところは読めましたよね(笑)
でも全体的に良い感じに騙されました!

手術の痛みに耐えるなんて
あれは無理ですよねぇ・・・;
観ていて歯が浮きましたが・・・・・・
実際に術中覚醒に陥った人たちが
痛みを感じるものなのか知りたいです;
問題ですよね、麻酔効いてないってことになりますし、
やっぱり痛みは伴わないんじゃないかなぁって思います;

あまり期待せずに観たので
思っていたよりも、「おっ♪」という好感触でした(^皿^;)

ジェシカ・アルバかわいかったです!
【2011/06/15 23:29】 URL | なるは #-[ 編集]

初めまして、お邪魔します。
私もヘイデンの日本語のとこ何て言ったかわからず、調べていたら辿り着きました。
あの通訳役の女性は完璧な日本語だから日本人だろうなーと思ったらそうでした。多分彼女がその場にいても、ヘイデンの日本語が下手で「それじゃ通じないからやり直したほうがいい」とは言いずらいですもんね。一応有名俳優だしw
しかし英語字幕でもいいからつけてほしかったですね。
【2012/05/14 12:22】 URL | 寅 #-[ 編集]

>>寅 さん

こんばんは!はじめまして!

ヘイデンの日本語、本当に聴きとりづらかったですよね~・・・。
私も全然解読できませんでした・・・。
字幕つけてほしかったですね~(><)
ヘイデンも頑張って発音していましたが(笑)

またお時間がある時にお立ち寄りください!☆ミ
【2012/05/19 04:33】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



全身麻酔で体は動かないが意識だけはハッキリしている、そんな状態で心臓手術が行われたら…。しかし主人公の青年は手術の痛み以上の衝撃を味わうことになる。主演は『スター・ウォーズ』シリーズのヘイデン・クリステンセンと『キラー・インサイド・ミー』のジェシカ・ア... LOVE Cinemas 調布【2011/06/12 22:08】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.