ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい

分かつ友。

X-MEN ふぁーすと・じぇねれーしょん

X-MEN:ファースト・ジェネレーション』を観た!

プロフェッサーXマグニートー
チャールズエリックの、出会い別れ

X-MENの、むかしむかし。
大人気シリーズの、起源に迫る。
(『ウルヴァリン X-MEN ZERO』よりも前。)

うん、楽しかった!
私は眉間にしわ入れたジェームズ・マカヴォイが観れれば
それだけで十分なんだけどね!!
どったばたどったばたしたけど、
最後は綺麗につじつま合わせたと思う!
映画館で観ておくと吉!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

突然変異によって
超人的能力を持って生まれたミュータント

そのミュータントの集団が、X-MENである。

私は結局のところ、X-MENシリーズをよく知らないのである(←)。
Wikipediaでも事前勉強せず、
映画もTV放映で『X-メン』をとりあえず観たけど
あんまりおもしろくなくて(←)、
X-MEN2』と『X-MEN:ファイナル ディシジョン』をスルーして、
ウルヴァリン X-MEN ZERO』で
リーヴ・シュライバー効果凄い盛り上がり、
でもやっぱりX-MENの統一感のない・・・というか、
それぞれの能力のできること、できないことが
いまいちわからなくて納得できないとかで、
あんまりこう・・・X-MEN自体にはハマらなかったし、
だから知識も結局ずっと生半可なままで、
ちょおおおおとまてええええ
X-MEN ふぁーすと・じぇねれーしょん
今度はマカヴォーが出るのかえええええ

・・・ってことで、今回も観たにすぎない

なかなか評判がよかっただけに、
それなりちゃんとまとめてたのかなーって思うけど、
なにより起源に迫っちゃったから、
いろいろ「設定」を明確にすることと、
説明やキャラクター紹介をしなきゃならないって感じで、
息苦しい展開ではありました・・・
まぁそれは仕方ないよね。シリーズものの宿命。

でも続編の話ももう出てるっぽいので、
そっからが本番だよって感じっぽい。

とはいえ、この『~ファースト・ジェネレーション』を、
てか原題のまま『~ファーストクラス』にしたら素敵だったのに・・・!
丸投げて公開させるわけにはいかないので、
そこをしっかり踏ん張った努力作!と言える
キューバ危機を舞台背景にして、
ミュータントと人類の関わり合いにリアリティを追求し、
且つ、起源だけに、おいたちとしてしっかり
つじつま合わせができてたのが、しっくり (或る程度の設定は知ってるので・・・)
『ウルヴァリン~』よりもおもしろかったと思うし!!


今回の作品の、二本柱
のちのプロフェッサーXとマグニートーを演じる俳優:
X-MEN ふぁーすと・じぇねれーしょん
ジェームズ・マカヴォイマイケル・ファスベンダー
しっかり演技で支えてくれたので
総崩れにもならなかったし、
つっこみどころ満載
X-MENならではのご愛嬌もあり、
総体的にはやっぱり観といて損はないでしょう!って思う。


その力は人間にとって、救世脅威か。

彼らは、分かり合い分かれ合った

話題性も十分!
映画館で存分、X-MENの世界観を楽しもう!

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

! 以下ネタバレあり !




異様にまだ、心臓がドキドキしてる・・・

あああもう本当に素敵だーーー!!!
X-MEN ふぁーすと・じぇねれーしょん
こういうアメコミ作品に、
演技力一級品の俳優を起用されると、
私はひとたまりもありません!


今回マカヴォーが演じたチャールズという男は、
テレパスといった特殊能力で、
相手の頭の中に入って指示や会話、操作をしたりできるという
体より脳を動かすタイプなので、
ウォンテッド』の時みたいなマカヴォーは期待できないんだけど、
でも彼がX-MENの頭脳になるわけだし、
だんだんその存在はチームにとって主軸になるし、
とにかく鎮かに、眉間にしわを寄せて
テレパスの能力を使う時は、
場合によっては苦悶の顔を浮かべたりとかで
やばいよこのマカヴォイやばい

そして、人間とミュータントの共存を望むという、
性格的な面でも繊細で平和的。
この役をマカヴォイにやらせるってのは大正解過ぎる。

なんか思っていたのと違って
プレイボーイだったのがウケたけど(笑)、
仲間たちから信頼を勝ち得ることができる男だし、
なぜそいったことが可能なのかと言えば、
それぞれの精神面に入ってくるからで、
(あれって特殊能力を使っていなくて、
 チャールズの人間性で勝ち得てるんだよね?)
だぁなんかその、信頼できる人間性を、
マカヴォーが絶妙な表情やセリフの緩急
表現してくるんだよねーー!


あまりにマカヴォイの演技が細かくて繊細すぎるから、
言葉にできなくて本当にもどかしい・・・!

共演者のセリフや動きに対する反応が
もうなんか観てるこっちがパニックになりそうなぐらい
自然なんだよね・・・!

こめかみに指2本添えて
テレパスの能力使い始めたら終わりですよ。
私の気持ちだだ漏れだけどもう仕方ない。
もれなく読み取ってくださいって感じ。

マカヴォーのみどころシーンはいっぱいあった!
例えば、
バーで女性を口説いているのを見て
呆れたレイヴンがわざと眼の色を変えて
「(わざとやったな)」って顔とか(映画観ないとわかんないね)、
一緒に暮らしてるレイヴンが
自分の外見を気にしてるのに気づいて呆れたり
「妹としてか君を見れない」みたいな微妙な表情とか、
(実際にはやっぱりレイヴンは恋愛対象じゃなかったのかな・・・。
 あくまでお兄ちゃんとしての目線だったのかな~最後まで・・・。)
初めてエマ・フロストと交戦して
「ごめん今日は役に立てない」ってあっさり敗北宣言するとか、
でももう一人超能力を使っているのに気づいて
海に飛び込んで、体を張ってエリックを止めるとか、
ハンク・マッコイの正体をCIAもバラしちゃて
「(あちゃ~)ごめん」って顔したりとか、
セレブロ(スペイン語で”脳”)を使って、
世界の超能力者を探索する時のひゃっほーな顔とか、
さぁいざ仲間集めだってんで、
ストリップ(?)ダンサーのエンジェルに会いに行って、
エリックとダブルベッドで横たわって優雅にワイン飲む時とか、
エンジェルの能力を知ってエリックと「ふむ」って顔で眼を合わせるとか、
現アカデミーに拠点を移してメンバーを鍛え直すことになった時、
ハンク・マッコイと駆けっこして
彼の本領発揮する姿に「にやり」としたり、
アレックス・サマーズに力をコントロールするよう
シェルターの中に入れさせて訓練させるんだけど、
扉を開けてビックリ、中が燃えてて消火器で消そうとするんだけど、
「おおこれはどうったことだ!?」って驚くところとか、
そんでやっぱ一番はエリックを鍛える時で、
「怒りだけじゃだめなんだよ」って諭して、
エリックの一番楽しい思い出に触れて
エリックと一緒に涙流すシーンとか
ヤバい上手いでしょう!!
マカヴォーの凄さに仰け反ったわ。パニックだわ。
全裸のミスティークに戸惑うシーンとかもたまらんわ。

アメリカ軍艦とロシア軍艦が海上で交戦する中で、
ミュータントたちが仲裁に入ろうと努めるシーンでは
マカヴォーが常に眉間にしわ寄せてテレパステレパスってたので
素敵過ぎました
X-MEN ふぁーすと・じぇねれーしょん
エリックの及びチームの、精神的支えであったのも素敵だよね!
この後エリックも本領発揮できて嬉しそうだったし、
ああああなんだんだよもおおおお

エリックの頭の中に入って、
セバスチャン・ショウを止める!っていう
クライマックスシーンもよかったよ!!
あああもうエリックなんだよもおおおお

あとはあれですよね。
脊椎損傷のシーン。
またあれ、あのマカヴォーの演技ヤバ過ぎた。
痛がってるマカヴォーヤバ過ぎた。
マカヴォーはできるだけ切迫させるべきです(こら)

一瞬たりとも見逃せない演技をしてくるので
マカヴォーの出演シーンは瞬き禁止!(無理)


はぁ(余韻)


キリがないので、次、
エリック(マグニートー)役マイケル・ファスベンダー。

全然知らない俳優~とか思ってて、
でもまぁイケメンだなと思ってて。
一緒に観に行った友達とそんな話をした後、
以前に一緒に観に行った『300<スリーハンドレッド>』の話に至り、
ハッとひらめいた!!
マイケル・ファスベンダーって、
『300』で個人的に一番好きだった長髪のやんちゃ男じゃない!?
X-MEN ふぁーすと・じぇねれーしょん
そうだと気づいたら急に気になっちゃうよね!(←ちょろい)
(あと『イングロリアス・バスターズ』に出てたね、そう言えば!)

正直ね、マイケルはマカヴォーと一緒に、
本当にこの映画を演技の面で支えてくれたよ!!
磁力を操る能力を持ってるエリックだけど、
能力を使うのも楽じゃないんだよってのを演技で示してくれた!
重機を動かす時のマイケルの演技は
観てるこっちも息は詰まるは、血管切れそうになるはで、
苦しいよ!!

そもそもX-MENの設定をあまり理解していなかった私は、
(なんとなく予想はついていたものの)
エリックとチャールズとの決別はショックで、
でもその心の動きは実に納得いくものだったんだよね・・・。
ココんとこしっかりしてたから、この映画がビリッと締まったよね!

私的には(マカヴォーという)プロフェッサーXについていきたいけれど、
マグニートーの理念にはちょっと賛成・・・
エリックとチャールズは、考え方が相容れないものだったけれど、
人間的には嫌いになれなくて、複雑な別れをしたよね~

エリックなんて尾をひきずりすぎ(笑)
チャールズとの決別でぽっかり空いた隙間を
エマ・フロストに「埋めてくれ」と頼むか!?
男の穴を埋めてくれって、エマ的にどーよ
この辺の脚本は、ゲイであることを公言した
ブライアン・シンガーならではの解釈なのかな?
それでもぁ、エリックとチャールズの
絶妙な関係を描くのに長けてたので満足ですが

キャラクターがいっぱい登場する作品でありがちな、
今このキャラクターたちがコレしてる間に、
他のキャラクターたちはナニしてるの?
が、
やっぱりこの映画でいくつも見受けられたんだけど、
海上で戦闘中飛行機を追撃されて墜落する時に、
エリックがチャールズをめっちゃ庇ってて
他のキャラは描くの疎かなのに(笑)って思った。
(レイヴンなんてほとんどやることなかったのにね)
チャールズが飛行機から落ちそうになったエリックを
助けたシーンが直前にあったから、
2人はもちつもたれつなんだよーってのをアピールしたかったのかどーだか。


さぁあとはザッといくぞ(たぶん)!

こういうところにケヴィン・ベーコンが出てきたのは
雰囲気が締まるので良かった!
セバスチャン・ショウは冒頭からヤな感じの男だったけどね
ドイツ語とロシア語しゃべるベーコンに溶けたー

あ、そうそう、ロシア語と言えば!
ロシア人役が出るとすると、ピーター・ストーメアか、
ラデ・シェルベッジアですっ
遠巻きに映った瞬間、「ラデだっ」って思った!
パンフレットに名前すら載ってないけど、
スナッチ』のボリス・“ザ・ブレイド”は超素敵
X-MEN ふぁーすと・じぇねれーしょん
いけめんだよねーーー
結構大作に出てるので要チェック!


ビーストになっちゃって若干ショック、
ハンク・マッコイ役はニコラス・ホルトくんが演じてます!
(ゲイに好かれてる?)彼は『シングルマン』で好青年を演じてましたね!
今後の活躍に期待!
(しかしハボックの訓練のために置いたマネキンの胸を
 がっちりやらしく触ったのはアドリブですかい?(笑))

ビターボイスで、ちょっとマット・デイモンに似てる、
アレックス・サマーズ(ハボック)役ルーカス・テイルくんもかわいかったよ!
テレパス以外なら、
今回のミュータントで一番なってみたい能力かな!
(それ以外はヤだ、絶対・・・

あとはー・・・

あ、グレン・モーシャワーさん出てました!
ヘンドリー大佐役で!あっさり死んだけど! がぼん
もう彼は『24』シーズン5あたりから超株上がるよね!
シークレット・サービス:アーロン・ピアース役!!
超好き!通称ひよこ、超好き!


オリヴァー・プラットも出てたねぇ。
あれ!?そういえばケヴィン・ベーコンと『フロスト×ニクソン』出てたね!
でも今回直接的な共演シーンはなかったか・・・??


一番なりたい役はCIAエージェント:モイラ。
最後何、なぜチャールズからキス頂いてるの。
ローズ・バーンって女優さん。
あ、やっぱり『サンシャイン2057』でクルーの一人だよね!?
めっちゃあの時演技良かったのに、なぜパンフに載ってらん!?


エマ・フロスト役ジュニュアリー・ミョーンズさんは
この間『アンノウン』で。
ちょっと冷徹な女性演じるの良いかもね!
足細すぎでビビったわ!


監督は『キック・アス』で大ヒットの、マシュー・ヴォーン


最後に今ツボってるのは、
『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』のサウンドトラック!
ヘンリー・ジャックマンさんの、
今作以外のお仕事をあんまり知らないんだけど、
今作はいい仕事してました、かなり!
視聴はコチラ
テーマ曲が光ってて、加えて編曲も上手くて、
時々クレイグ・アームストロングの『インクレディブル・ハルク』を思い出すんだけど、
(あそこまで音深くないけど)弦楽器もイイ感じでした!

それからエンディング曲に使われた、
TAKE THATの『Love Love』も
思わずエンドレスリピート!癖になる!!
コチラでPV観てください!
最後にこういうノリかよー!うひょー!ってなります!


ああああいいなぁぁ!!
X-MEN ふぁーすと・じぇねれーしょん
私もズラッと(並び)したい!!
日本の公式サイトで、X-MENアカデミーに入学できるよ!
ちなみに私は『透視能力』(テレパスとは違う?)の
能力を持っていて、スイス出身だとバレちゃったよ!

私もX-MENのメンバーになって
この戦闘服着て、
プロフェッサーXの眼となり手となり足となりするわ!!!
てか黄色と紺の戦闘服好き!かわいい!!


結局大盛り上がりの私でした・・・
また凄い長くなってしまった・・・。


そうそう、そう言えば、
アクションもなかなか良かったので
映画館で観た方がやっぱ良いと思う!

過去のシリーズは観なくても
そこまで支障ないかもだけど、
1作目くらいは観ておいた方がいいのかなぁ・・・?

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





X-MENシリーズは結構すきなんですが(とくにウルバリン!)、小さい頃アニメを観ていたからスルッと入れたのであって、知らない人には説明不足かもしれませんね~。能力の事とか、わたしも古い記憶をなんとか引き出してついていけた感じだったので。

ところで、今月も「ブログ DE ロードショー」 のご案内に参りました。
作品は「ジャガーノート」 (1974年イギリス/リチャード・レスター監督)。「web-tonbori堂ブログ」のtonboriさんが選んで下さいました。

お選びになられた理由は
元々この作品が好きだというのもあったのですが、この困難な時代に見習いたいプロフェッショナルなお仕事だからです。それぞれがプロとして困難にあたる。でもそれぞれに人生があるそういう作品だから。
今この時期に皆さんと観てみたいと思ったからです。
それだけではなくサスペンス映画としても上質なエンタテインメントであることも理由の一つです。
・・・とのことです。

観賞日は7月1日(金)~3日(日)。都合が悪い場合は、後日でも結構です。
よろしかったら、今月もぜひ皆で一緒に映画を楽しみましょうね♪
【2011/06/24 10:37】 URL | 宵乃 #-[ 編集]

>>宵乃 さん

こんばんは!いつもありがとうございます!

そうですよね~・・・
確かにあまりこのシリーズを知らない人は、
最後のオチとか納得いかないことが多いかもですね・・・;


情宣もありがとうございます!
『ジャガーノート』、早速近場のTSUTAYAで
探してみたんですが、見当たらず・・・。
ちょっと大きいところに出向かないとないですかね~;

前回もレンタルできなかったので、
今回はなんとしても見つけたいところです・・・!
サスペンスってところも楽しみです♪
【2011/06/28 23:46】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.