ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
5日目後編、さくさく参ります!

いぎりすき。

セント・ポール大聖堂は離れ難いけれども、
予定がみっちりなので仕方ない!!

ねぇ、晴れてるよ。
やっぱあそこ、
今のうちに行っておくべきじゃない???


今回は、あの映画この映画の場所を訪れます♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

もともと天気が良ければ
夜景を観るために乗りたいよねって思ってました。

いぎりすき。
ロンドン・アイ
ファンタスティック・フォー/超能力ユニット』で
ジェシカ・アルバ演じるスーが、
倒れてくるロンドン・アイを受け止めてましたね。
(それマネするの忘れたー←)

でも今日はこんなに晴れている。
明日天気が良いとは限らないし、
明日はオプショナルツアーを組んでいるので
もし何かあって営業時間に間に合わなくなったら困る。

というワケでチケット売り場でちょっと並んで、
17ポンドくらい(?)の搭乗券を購入!

チケット売り場のある建物内には、
なぜかデビット・ベッカムの蝋人形があったりしました(笑)

さー、どうやらちょっと並べばチケットもすぐ買えるし、
人はいっぱいいるけどそもそも一つのカプセルに
結構な人数が乗れそうで、待ち時間も少なそう!!
あ~一安心



ぶしゅわわわわわわわわ



お昼に購入した炭酸水を、
チケット売り場で初めてフタを開けた。
元気よく、炭酸水が噴き出した
まじでどうにもならないくらい噴き出した
私は悔いた。
この結果は当然だろうと。
カバンに入れて歩きまわったら
そりゃ炭酸水はシェイクされるだろうと。

前に並んでいたカップルの女性のブーツにもろかかり、
「あいむそーりー!!」連呼!!!
炭酸水だから!無糖だから!ベタつかないから!!!
そんな思いが頭の中で駆け巡るだけで
口から出るのは「あいむそーりー!!」だけ
でも本当にごめんなさい、お姉さん・・・
めっちゃ濡れたところ気にしてた・・・(そりゃそうだ)

ひとしきり謝ってから、ハッと気づく。

後ろに並んでる人にもかかったよね!?!?
後ろを向いて再度「あいむそーりー!!」
おおお(見た目)スペイン語圏の人だーーー!
こんなところに出会いがーーー!(ちゃんと謝れ)
後ろの男性2人組は、愛想よく「(いいよいいよ大丈夫)」って感じでした。

まぁここでヘコたれないように努めるのが私ですよ。
記憶から消し去りましょう、なかったことにしましょう。

だって今日はこれだけ晴れているのだから。
全ての水難の相を、この私が
一手に引き受けたからの、結果なのだから



まーーじで良い天気だーーー!!
いぎりすき。
ちょっと逆光だけど、中央に国会議事堂(ビック・ベン)
この地点は既に頂上付近です!
ビック・ベンを見下ろせるなんて、なかなかオツですよ!!
高くてテンション上がる~~!
いぎりすき。
友達はセント・ポール大聖堂で高所恐怖症だと自覚したらしく、
ロンドン・アイでも終始恐がっていましたが(笑)

一周回りきる、その前に、写真撮影地点があります!
値段忘れちゃったけど、ちょっと一瞬考える金額・・・。
でも、1枚を2人で割り勘するより、2枚を買った方がお得な金額設定!
いぎりすき。
ばっちりタイミング計って撮ったし、買っちゃえーってことで
2人でそれぞれ購入!
このぐらいの人数がいっぺんに乗るんだよ~!
あるひと組のカップルの写真を
拙い英語で「撮りましょうか?」と提案。
私たちも友達とツーショットを撮ってもらいました!

そんなこんなで、カプセルに乗って約30分。地上へ。

次はテンプル駅近くの、
テンプル教会へ!
テンプル教会と聞いてピンとキた方、挙手!
いぎりすき。
テンプル教会と言えば、
テンプル騎士団!!
テンプル騎士団と言えば、
教皇の葬った騎士がロンドンに眠る
 (In London Lies a Knight a Pope interred.)


・・・と、一気に飛躍しましたが(笑)、
そう!『ダ・ヴィンチ・コード』で
ラングドン教授一行がロンドンに訪れて
まず最初に向った場所です!!

結構忘れられがちですが、
あの物語はフランス⇔イギリスを行き来するんですよ!
向った理由、その結果は、ぜひ原作や映画で確認してくださいな!

原作によれば、
フリート街からインナー・テンプル通りへはいったところにあり、
それはいまは巨大ビル群の陰に隠れている状態。
そこにあることを知っているのも、ひと握りの人間だけで、
その上気味の悪い、古びた建物
その設計には異教の様式が貫かれていると!!
これだとあまり、コトの重大さがなかなかわかりにくいかもだけど、
とにかく、テンプル騎士団イングランド本部として建てられたもので、
これがいろいろ教会的にはちょっと問題作なのです。
詳しくは『ダ・ヴィンチ・コード』原作参照です

まぁ多少原作では大袈裟に表現されているようにも思うけれど、
確かにへんぴなところにあることは事実。
いろいろネットで情報を集めても、
「わかりにく」「たどりつけなかった」という文面がちらほら。
しかもまたこれ、
教会でいつでもウエルカムでなければならないところのはずが、
案外開いている時間が短いという話!!
公式サイトでは直前にならないと開館時間がわからないし・・・超不安!
思わずYahoo!知恵袋に相談しちゃったりなんかして・・・。
でもすぐに親切な方から即答があり、勇気を振り絞って
水曜のお昼にあるオルガンコンサートのタイミングが、
教会が開いている可能性の高い時間帯
ということで、
5日目の日程に組んだのでした!!

詳細な地図を用意し、
映画『ダ・ヴィンチ・コード』を旅行前日に観て
場所の雰囲気を把握、いざ、この日を迎えました!!!

確かに表からでは教会の姿が見えません。
ラングドンとソフィーが、シスターさんたちを押しのけて向った
大きな黒い扉がフリート・ストリートに面しているので、
目印としては一番そこが最適だ!と思いました。
すげぇショックなことに、その扉の写真撮り忘れてる
ここ・・・これです・・・
一番参考にしたGoogleEarthに投稿されていた写真です・・・。

さて教会の内部ですが・・・!
ちゃんと開館時間も問題なく、入ることができました!
ここは写真撮影可です!

これ見ると、「ああ!これか!」って思う人もいるかな??
いぎりすき。
10体のテンプル騎士団の像が横たわる、不思議な教会です
第2次世界大戦等で酷く損傷し、その後大規模な修繕もあったけれど、
古めかしさと、厳かな雰囲気がとても素敵でした・・・!
いぎちすき。
シラス襲ってこないかな~って気分になりました(←)
やっぱり、水曜日!
例のオルガンコンサートも聴けました!
神父さんなのかな、お年を召した方が
ひっそりと(練習がてら?笑)オルガンを弾き始めました!
教会に響き渡るオルガンの音。
席に座って暫く聴き入りました


ラングドンとソフィーが走った道から、
再びフリート・ストリートに出ます。

途中小さい教会にも立ち寄って、
その後は『ブリジット・ジョーンズの日記』で
ブリジットがクルド人のインタビューをしようと
取材に駆け付けた、王立裁判所の前へ!

まず前までで、止まった。
もともと外観だけ眺めようとしていただけ。
はたして一般人が入ってよいものか知りませんでした・・・。
いぎりすき。
入口では、インド人系の強面の警備員さんが立っていて、
「やっぱ入れないよね~」という空気に。
でもそのすぐ後に、私服(ラフ)な格好の女性がさっさと入っていく。
「・・・あれ?入ってもいいのかな・・・」。

恐る恐る入口に近付いても、
特に警備員さんに声をかけられることなく中に入れました!!

でもすぐに手荷物検査がありました!
これがまた、この荷物検査のスタッフが
めっちゃフレンドリーなんだなこれが!!

おじさんと、30代くらいのお兄さん2人が担当していました。
最初手荷物をトレーに置くと、
おじさんが「(デジカメ指して)ちょうだい?」と。
「いやいやだめです(笑)」と言って、金属探知機の下をくぐります。

そのあと荷物がチェックを終えて流れてきました。
そこで今度はお兄さんが、
「日本人?東京に住んでるの?」と聞いてきてくれました。
「そうです!住んでいるところは東京に近いです!」と言うと、
お兄さん「結婚しよう?」
私「イエス!!!!!」
すげぇ即答しました。
でもお兄さんはおじさんに向って、
「イエスだって~アハハハ」と・・・。
冗談だととられちゃった(当たり前だ)
今度はいたいけな乙女心を傷つけられたってことで、
「責任とってください」っていう英語のフレーズを覚えていこう。。。

内部はちょっと迷路みたいだった(笑)
各部屋で弁護士さんらしき人たちが数名
お仕事をしてたりというのを見受けられたけど、
基本静かなところで、
展示品もあるけれど
とりあえず次の予定もあったので30分くらいで出口へ。


さぁ!もう日も暮れてきた!
次、ロンドン塔へ行くよ!
いぎりすき。
ここはあれですよね、『ロビン・フッド』でも
背景とかソックリCGで編集されてましたけど、
ロビン・フッド一行が王冠を返しに行くシーンで
ちょろっと全貌が映りますよね!!

最終入館時間にも間に合いそう!
明るいうちにちょっと近辺で写真を撮って、
いざ入口で入館しようとすると、
「今日は終わりだよ、明日朝9時に来てね」


(○Д○)


え、た、確かに16時過ぎたかどうだかの
微妙な時間だけど・・・・・・・だめ?
だ・・・・・・だめ・・・ですか・・・・・・・そうですか・・・・そうですよね・・・・・・


というわけで、目の前にして入ることができず・・・。
この日以降行ける日程もなく、
ロンドン塔は今回の旅行では断念することに・・・


とりあえずじゃぁ最終地点の、
タワー・ブリッジに行こうか・・・。
いぎりすき。
ここは『シャーロック・ホームズ』では象徴的な場所でしたよね!
映画ではまだ建設中。映画のクライマックスにも使われてました!

ロンドン塔に入城していたら、
タワー・ブリッジに上るのは諦めていたのですが、
もしまだ営業してたら上ってみたいよねぇ?となり、
なんとこっちは最終入館に全然間に合ったようです!
6ポンドの入場料を払い、いざ中へ!!

って・・・まさか階段!?
軽くセント・ポール大聖堂のトラウマが襲いかかりましたが(笑)、
大丈夫!上りも下りもエレベーターです!

2本通路があるので、
最初ロンドン塔がある方から、テムズ河を左側の通路を使って渡ります。
いぎりすき。
まさか、吹きっさらし!?とか心配だったけど、
ガラスと鉄格子でガッチリ囲われてます!

なので、鉄格子が結構組まれてるので、
テムズ河の上からロンドンの全貌が見えるのかと思いきや、
それほどでもない・・・。
壁には、世界の有名で壮大な橋の紹介や、
タワー・ブリッジの説明などのパネルが掲示されています。
(景色見にくいから、そっちを楽しんで♪みたいな構成だった;)
Uターン地点では、映像つきでタワー・ブリッジの構造の説明を聞けるよ!

Uターンして反対側の通路を渡る頃には、
すっかり夜景を楽しめる時間帯になりました。
いぎりすき。
鉄格子の間から覗きこめば、こんなに綺麗な夜景が!
中央に小さく、ロンドン・アイが見えるの、わかりますー??
今日一日、ずいぶんぐるーっと歩き回ったんだな~という実感

そして折角だから、
タワー・ブリッジを普通に渡ってみたいよね?ってことで、
光り行き交う橋の上を、行って戻ってくることに。
いぎりすき。
ライトアップされたタワー・ブリッジは想像以上に美しかった!!

1日目の夜にナイトツアーで近くまで行ったタワー・ブリッジだけど、
やっぱり間近で見ると全然迫力が違うね!!
いぎりすき。
ここは橋の中央部。さっきまでは、上の通路を歩いてました!


そうしてUターンして橋を渡り終え、
だんだん旅の終わりが近づいていること
ちょっとずつ感じながら
も、最後は夕食です。

1日目に、またこれ日本語の『wagamama』(わがまま)といったラーメン屋さんが
ロンドン塔の近くにあることを知っていたので、入ってみることに!
「日本のお店」の心得的なものをしっかり研究したって印象の接客や、
お箸がおいてあるとか、日本人には当然親しみがわくよね。
(チェーン店のようで、ロンドン内で度々見かけた!)
いぎりすき。
私は、『ワガママラーメン』を食べてみたよ!
ダシ何かわからない感じの、
豚、鳥、エビ、チクワが入った、
協調性のないラーメンだったよ!!!
まさに、「わがまま」!味は可もなく不可もなく!(笑)


そしてトラブル(特に私が)いっぱいの、
5日目が終わったのでした

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!



関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行





はじめまして。

いいなぁ~イギリス!
一度行ってみたいなぁ…
映画や小説の舞台が多いですもんね。

映画レビューも時折拝見しております。またお邪魔しますね^^
【2011/07/03 13:00】 URL | けー坊 #COJb7BZ2[ 編集]

>>けー坊 さん

こんにちは、はじめまして!
コメントありがとうございます!!

イギリス予想以上によかったです・・・!
それはイギリスに対して憧れが強いから
というのもあるかもしれませんが・・・!

私もけー坊さんのブログ、お邪魔させて頂いてます!
また拝見させて頂きますね!!
【2011/07/03 16:45】 URL | なるは #-[ 編集]

絶好の観光日和でよかったですね♪
画像からも、なるはさんが楽しんでらっしゃるのが伝わってきます。

>今度はいたいけな乙女心を傷つけられたってことで、「責任とってください」っていう英語のフレーズを覚えていこう。。。

ここ、笑わせていただきました。

ところで、リクエスト企画の投票が始まったのでお知らせに参りました。
「忘却エンドロール」か「映画鑑賞の記録」で、是非ご投票下さいね~♪
【2011/07/08 10:18】 URL | 宵乃 #-[ 編集]

>>宵乃 さん

情宣ありがとうございます!

リクエストにあがった作品たちを見させてもらいました!
これから投票しに行きます♪♪
【2011/07/14 22:04】 URL | 匿名サン #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.