ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
荒野にエイリアン。

かうぼーい&えいりあん

カウボーイ&エイリアン』を観た。

カウボーイの時代に
エイリアンが襲来。


監督は『アイアンマンシリーズジョン・ファヴロー
光の鉄塊を鮮やかに描く男。
それに、ファンタジーに負けなしスティーヴン・スピルバーグと、
心理を手堅く描くロン・ハワードによる、
スペシャルプロデュースが適った今作。

・・・・・だ、ろうがなんだろうが、
脚本が微妙じゃどうにもならん!!
息巻いたくせ、まさかの息切れSFアクション、
荒野に散る・・・!!!

残念ながら期待はずれな1本
ま、映画館離れしてる今こそ、
わざわざ観に行こうよ(笑)

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

私がこの映画に対して
どれほど期待していたか
今となっては、あまり覚えていません。

むしろ一抹の不安を、
でもファヴローだから
でもスピルバーグだから
でもロンハだからと、
砂煙りを舞って隠そうとしたんでしょう。

何せこの作品、
ロバート・ダウニー・Jr.主演になるか
キャスティングの時点から追っかけてた。

でも、ロバダニが立て続け出演作品でシリーズ化大成功するもんだから、
結局、降板に至ってしまったショック。

そこに、名前が挙がったのがダニエル・クレイグ
ロバダニと全然違う雰囲気じゃんと思いながらも、
「これはこれでアリ」なので観てみたかった(ダニエル・クレイグ大好きだ)し、

予告からするに、面白そうだし。
飛来する鉄の塊、速いし。(2:04)


さてそのデキは。

ちょっとつまんなくて
期待してただけにショックで笑えた

映画が始まる前とか、製作会社のそうそうたる面々に
めーーっちゃテンション上がって、
冒頭もダニエル・クレイグが素敵でテンション上がって。
加え音楽はハリー・グレッグソン=ウィリアムズが担当と知って
「はい、ありがとうございまーーっす」な気持ちいっぱいになって。
だから最初は調子がよかったんだけど、
「回想シーン」から急に危うくなって・・・。

宇宙人襲来シーンは悪くはなかったけれど、
どうも最近観飽きた感じの侵略で・・・。
まぁそれは置いておいても、
全体的にテンポが悪くて、
展開も取ってつけたようで。

とにかく、ガッサガサな脚本でした・・・。
干上がった大地には、根を張れませんよ・・・。

大量のエイリアン一体この間どこに行ったんだよ的な
主要人物たちが戦いの最中
目と目を合わせて「うん」みたいな今時ダサい間があったり。
カウボーイ映画ならではの、古典的な部分を残したのかなとも思うけど、
(だって帽子を絶対手放さなかったもん・・・!)
登場人物の関係とか、心情とか、ベタ過ぎて心動かないし、
「今思い付きました!」みたいな、脈絡ない展開とか
誰だよ脚本書いたの!!と、
落胆し過ぎて、ずるずるイスに沈みこんじゃいました・・・。
(脚本家自体はそこまで腕悪くない人だと信じたいけどね・・・)

子供と犬、銃なんて持ったことない酒場の店主が
のこのこついてきた時点で、危なげだったけど、
ここまでおもしろくない脚本とは想像もしなかった・・・

予告の雰囲気から、映像もちょっと期待するよね。
エイリアンによる飛行物体が酷い手抜きで、
明るいところでのエイリアンがお粗末過ぎるし、
製作会社がたんまりお金積んでくれたんじゃないのー!?って
文句言いたくなる仕上がりでした・・・
せっかくIMAX料金で観たのに、
金返せーーな気分になって仕方ない・・・。

裏切らなかったのは、ダニエル・クレイグ!
かうぼーい&えいりあん
役柄の設定的には中途半端な感じだけど、
ホントこの人スタイル良くて、
かうぼーい&えいりあん
腰の細さがたまんなくセクシー!!
スッと立った時のオーラはたまらんし、お姫様だっこしてたし、
縫合の痛みに堪えたり、頭真っ白になったり、
色々そういう意味でのみどころあったし、
ダニエルに関しては文句ないわ!!

あとやっぱり、
この青白い光はたまらなく好きです。
かうぼーい&えいりあん
いまいちこの機械の本当の魅力(ってなんだろう?←)を
生かし切れていない感じもしないでもないけど、
ピピ、シュキーン、ズゴーーンッみたいなスタイリッシュさは好き。


それでも、はあったと思うよ、作る愛。
だから、脚本失敗しちゃったけれど、
毎回毎回傑作を生み出すことの難しさを痛感したし、
「あはー、ちょっとやっちゃったね」みたいな気持ちで
苦笑いで終わる映画でした
根っから嫌いな作品ではないし、
興味があったら観てもいいんじゃないかな、通常料金で
話題性も、集客性もあるからね。
そういう意味では期待作品です。

なんにせよ。
エイリアンネタはもう飽きたーーー。

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

! 以下ネタバレあり !





このジェイク・ロネガンという役を、
ロバダニが演じたらほんと、どうなるの!?

観たいような、観たくなうような(笑)
まぁちょっと滑っちゃった作品って感じなので、
ロバダニ贔屓の私は、ダニエルには悪いけれど、
出なくてよかったねって思う

原作があるにしても、
ロバダニ:ジェイクと、ダニエル:ジェイクでは、
脚本(キャラクター)自体少し違うんだろうか??
というか、ダニエルも「(脚本は変更したの問いに)そうかもね。」って言ってるし(笑)

だってこんなに、武骨でクールなんだよ?
ロバダニがそういう感じの役演じたら、ちょっと笑えちゃう
や、きっとバッチリ演じきるだろうから、
また新しいロバダニ開拓を目撃した喜びが勝ると思うけどね!

さて、そんな、
「女に用はない」がビシッとハマる、ダニエル・クレイグ。
かうぼーい&えいりあん
んふーーホント、かっけー

映画序盤の、傷口を縫合してもらうシーンはよかったなぁ
痛いけど、痛いのを堪えてるのが良い
ふしーふしー、息を抜くのが良いよね!!
傷の痛みで、お腹がひきつってるのも良い!!

元恋人が宇宙人にさらわれたって記憶を
徐々に思い出していくジェイク・ロネガンだけど、
エイリアンを一緒に追っかけている間に
エラ(オリヴィア・ワイルド)にあっさりグラッとくるのは
ジェイク・ロネガンのキャラ的にどうかと思うけどね
(だってあれ、最後「もしかしたら恋人が戻ってくるかも」てちょっと期待して、
 でも結果はわかっていて、寂しそうな顔してたんでしょ・・・?)
ラッセル・クロウクロアちゃんになびかなかったのに!(映画錯誤)

結局イイ女にはひょいっと乗り替えるあたり、
どうしてもジェームズ・ボンドも思い出しちゃったりなんかして。

だからジェームズ・ボンドがエイリアンに出会う設定
っていう映画でいいんじゃないかな(よくないです)。

特に、ダニエル・ボンドっぽいなと思うシーンがあって。
それがエイリアンとの戦い終盤。
エイリアンの基地に潜入したジェイクが戻ってこないもんだから、
ダラーハイド親分(ハリソン・フォード)が
エイリアンに襲われているジェイクを助けに行くんだけど、
エイリアンがダラーハイドをふっ飛ばしちゃって、
その隙に銃を手にしたジェイクが反撃してエイリアンを倒しちゃう。
そこでジェイクがダラーハイドに一言。
「大丈夫か?」
いやいや逆逆!あなたを助けに来たんだから!
007 カジノロワイヤル』にもそんなシーンあったよね~っっ

その直後のシーンで、
エイリアンの基地から脱出しようと出口に向かう2人。
一瞬ジェイクがダラーハイドの手を取ろうとしたように見えて、
「ええ!?(おじいちゃんだから?)手を引っ張って脱出!?」って
驚いたけど、銃を手から取った(?)だけでした。
ああビックリした(笑)

ハリソン・フォードとの共演は悪くなかった
もともとハリソン・フォードって大根役者だよね?(暴言)
かうぼーい&えいりあん
でもそこは、ダニエルと丁度良いバランスなので、
あんまり気にならなかったです。
むしろ父性愛に満ちてて、ハリソンのイメージに合うキャラクターだった。
(この辺はなんだか『インディ・ジョーンズ クリスタルスカル王国』と重なる。
 ジェイクが帽子を手放さなかったのは、インディのパロディかとも思うよね。)

小さな街を牛耳るダラーハイドは、
偉ぶって、子分や街の人たちと接してて、
確かに度胸もあるし、漢って感じなんだけど、
撃ち落としたエイリアンの機体を探ろうと近づいて、
急に動くもんだから驚いて銃を発砲しちゃって、
かうぼーい&えいりあん
ジェイクに「(おい、おまえなぁ)」みたいな目で見られて
気まづそうな顔してるダラーハイドがかわいかったよ


あとは、なんだか勿体ない人がいっぱいいました。

ダラーハイドのどうしようもない息子役、ポール・ダノ
もともと顔にクセがあるけれど(暴言)、
演技にめきめきクセをつけてきたらしく
凄く良い演技してたけれど、
あっさり宇宙人にさらわれてしまってちょっと残念
いっそ、友達であり子分であるインディアン系ナット・コロラド(アダム・ビーチ)がさらわれて、
それを助けに行く道中、
「父さんはナットが自分の本当の息子なら
 よかったと思ってるんだろう!?」みたいな流れにして、
で、お父さんが途中で宇宙人にさらわれるか襲われるかして、
勇気振り絞って息子も成長していく感じにすればよかったのに。
あれ結局、この先息子は成長ないまま、親のすね齧るよね
ポール・ダノの出演時間が短過ぎて勿体なかったなー。

あと、サム・ロックウェル
かうぼーい&えいりあん
別に彼にやたらアクの強い役ばかり求めるわけじゃないけど、
もう少し深めの設定や役所にしてやればよかったのに・・・。
彼をやたらめったら起用したい理由もわかるよ!
でもさー、明らか早めに死ぬか、
使ったこともない銃で、見せ場のシーンで救うとかありそうって目に見えてるよね~・・・。
死ななくてよかったけどさ!
でもむしろ「妻を・・・妻をどうか救ってくれ・・・!」って
ジェイクに言って、サムの名演で死するドクが観たかったかも。
その方が断然「おいしい」役だよねー。

そしてなんかもう、
原作がそうなんだろうから仕方ないとは思うけど、
オリヴィアちゃんが演じたエラってなんなの、あの中途半端な役は・・・!
死んだと思ったら、
「自分の力じゃ回復できなくて」って言って
火の中から急に復活したけど、
なに、じゃあなんの力で復活したのあなたって思ったし、
その時素っ裸のエラに、まずタオルでくるんでやったジェイクがかわいかったよ!
結局宇宙人って設定が、なんか全然どうでも良い感じで終了して、
ジェイクの心の置き場がよくわからんし、
ここまで王道貫いたストーリーだったのに、ヒロイン死んだし・・・。

こんなんだったら最後ジェイクに、
街を去る時「街頼むわ。」っていっそ言って欲しかったわ。
「クイック」と「デッド」で言うくらいなんだから、
「カウボーイ」と「エイリアン」でもそのセリフ使ったって良いでしょ?

キャラクターを生かし切れていないというか、
設定が甘いところが、余計に映画から気持ちを放すよね~・・・。


西部劇も、エイリアン映画も。
映画としては王道だけど、実は博打でもある題材。
それを両方一緒にまとめたもんだから、
設定の上でより綿密な構築があったなら爆発的結果を残せたと思うけど。
勢いは良かったけど、デキは残念だな~。

ダニエル・クレイグ、さっさと007やろうぜ、また!
ロン・ハワード、『ロスト・シンボル』の監督、またやってくれない??
有名なプロデューサーや映画監督を集わして
ごった煮になるよりは、
それぞれがそれぞれの活躍の場で活躍した方が良い時もあるよね~っていう

ちょっと酷評チックでしたが、
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』よりは
映像も悪くないと思うので、
このテの映画は自宅で観るより、やっぱり映画館で観ないとおもしろくないと思います!
出鼻くじく映画レポだったけど、
映画愛に満ちた作品ではあるから、
根っから嫌いにはなれないよ!(フォローーになってない?)

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





なるはさん、こんばんは。お久しぶりです

僕もこれは劇場に見にいきました。
いいところが一つもない駄作
(最近だと「エクスペンダブルズ」とか、そう感じた。ありゃヒデーもんでした)
と言うほどでは全然ないんですが
あの「アイアンマン」と同じ監督だよね、と思うと
何とも残念な出来でした

ファヴロー監督、次回作に期待します。
【2011/12/18 00:05】 URL | バーンズ #-[ 編集]

>>バーンズ さん

こんばんは!コメントありがとうございます!!

あ、そこまで酷くなかったですか??
(エクスペンダブルズはそうなんですね 笑
 雰囲気的にもそんな予感はしていましたが・・・
 続編だなんて信じられません・・・!!;)

でもそうなんですよー。。。。
アイアンマンの監督で、
スピルバーグとロン・ハワード・・・
それを思うと、「こんなもんなの?」って
ちょっとがっくりきちゃいましたね~~;;

次回作に期待ですね!!!☆ミ
【2011/12/22 23:35】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、製作ロン・ハワード、監督がジョン・ファブローという豪華なスタッフが送るSFアクション大作だ。西部劇時代のアメリカにエイリアンが現れ住民を拉致する事件が起こる。記憶を失っている主人公は、左腕にはめた謎の武器で戦いなが... LOVE Cinemas 調布【2011/10/30 22:27】
カウボーイ&エイリアン / COWBOYS & ALIENS 西部開拓時代のアメリカ、荒野のど真ん中で一人の男が目を覚ます。 一切の記憶を失い、手首には謎の腕輪がはめられていた。 何とか町にたどり着くと、自分の... RISING STEEL【2011/12/18 00:06】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.