ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい
過去あるこその未来。

みっしょん:8みにっつ

ミッション:8ミニッツ』を観た!

「ショーン?」
そう呼びかけるのは、目の前にいる見知らぬ女性
私はショーンではない。
なぜ電車の中にいて、どこへ向かうというのか。
「私はコルター・スティーヴンス大尉だ!」

列車の大爆発。
私は死んだのか。それとも・・・・・・――――?

月に囚われた男』:ダンカン・ジョーンズ監督の2作品目。
『月に~』よりは劣るけれども、
挑戦的な脚本と描写力はなかなか
このテのサイエンス・サスペンスは好き。
題材が良いので、楽しめます!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

ダンカン・ジョーンズ監督に全信頼を寄せ、
ポスターしか見ていないけど観に行った。


『月に囚われた男』は本当に素晴らしい映画だった。
脚本あってこそ、サム・ロックウェルの演技あってこそだけど、
ダンカンのビジョンと、実現力があってのデキだとも思う。
2010年なるは'sアワードでは、作品賞!!
内容に長けている上、音楽、映像全て含めてパーフェクトだった!
もしまだ観たことない人がいたら、絶対にオススメします!!



一人の男が、電車で目を覚ます。
自分が置かれている状況に、理解ができない様子。
見知らぬ女性から親しげに話しかけられるが、
彼は、「自分は軍人で、君が言うその人じゃない」と必死に否定する。
みっしょん:8みにっつ
慌ててトイレに駆け込むが、鏡に映った自分は「全くの別人」。
冒頭の8分の出来事はなぞだらけで面白い。

そして列車大爆発の後の、展開が、さらなる謎を呼ぶ

その男は再び目を覚ます。
みっしょん:8みにっつ
「そこ」も、彼の知らぬ場所だった。

「スティーヴンス大尉、思い出して、」
みっしょん:8みにっつ
「爆弾はどこ?」
今度はモニター越しに、女性が問いかける。
コルター・スティーヴンス大尉は、覚えのない質問をされる。

観客は、なんとか頭の中を水平に保とうと、
スチーヴンス大尉の状況の理解に努める。
主人公と一緒にたぐる、真相。
こういう映画の書き出しは、本当に楽しい!!


私はトニー・スコット監督の『デジャヴ』が大好き。
『ミッション:8ミニッツ』はそれに近いものを感じる。
近未来科学技術・・・・・・
いや、もしくは既に開発されていて、
政府が隠しているだけかもしれない!?ってくらいの、
「ありそう」で「なさそう」だけど、「もしかしたら・・・?」っていう
絶妙な科学技術をひとつの設定とした作品は大好物。
なぜなら、「改良の余地」があるために、
いろいろ理不尽や制限がつきものだから!
限られた「可能」を駆使して、挑む展開は脳内を刺激する。
一緒に、「じゃあどうしよう!?」って考えるから。

この、『ソース・コード』っていう科学技術の説明も、
サラサラって言ってのけるんだけど、
みっしょん:8みにっつ
あることないことを「尤も」な説明にされると、
「まーじでーーっ」みたいな感じでテンション上がる

途中までちょっとなんかしつこいんだけど(笑)、
でも『バンテージ・ポイント』よりはデキがいい繋ぎ方だったので
ま、いっかな。
2回、3回と爆発されたから「ちょ、もういい・・・」っていう
観客の気持ちも察してたと思うので。

ラストもまぁ・・・うーん、
「はい、じゃぁそういうことで」という感じかな。
嫌いじゃないんだ、練ってる感はあるから。
でもせっかくのサイエンスの域から、
ちょっとファンタジーの域にいっちゃった感があるんだよね。
映画内に明確な説明がなかったからかもしれない。
『デジャヴ』ではオチの理論もちょっとだけ映画内で説明したと思うんだよね。



『警告:このラスト、映画通ほどだまされる。』ってあったけど、
騙されたのかどうなのかよくわからない。
そもそもこの映画自体「だますつもりはない」と思うので、
アオリが下手くそだったと思う・・・。

でも及第点!!
ちょっと期待し過ぎたのがあだとなっただけで、
映画自体はかなりの意欲作
映画館で観た方が迫力あっていいんじゃないかな??
そんなに映像自体は素晴らしいってわけじゃないけど。

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------


ジェイク・ギレンホールはやっぱり良い俳優だねぇ!
みっしょん:8みにっつ
なんかどんどん雰囲気良くなってくし、演技も丁寧で好き
変にシリアス過ぎない感じも出せるから、
こういう鋭角的な作品には、重たくならず、丁度良い!

もともとダンカン・ジョーンズ監督より先に
この作品に関わっていたのかな?
ジェイクが、監督にと、ダンカンを推薦したような感じらしい。


そして、大好きミシェル・モナハン
今回役柄的には、「あまり変化がない」感じも必要で、
ちょっとだけ演技にも制限があったと思う。
だからいつもよりは思いっきり感が少なかったけど、
みっしょん:8みにっつ
でもやっぱりかわいいいいい
立った時にチラと映るけど、
本当に足が細くて綺麗なんだよね!!!
ビックリするよ、スタイルのよさに!!!

ジェイクもミシェルも、本人が人がらも良さそうで好き。
2人の共演も合っててイイ感じだった


あとこの人。ヴェラ・ファーミガ
みっしょん:8みにっつ
マイレージ・マイライフ』からようやく彼女の魅力がわかった。

この人の演技も素晴らしいね・・・!
ちょっとした表情だけで、セリフがなくても心情を見事表現してる。
結構つらい立場にいるわけで、
時折憤りを見せたり、複雑な心境を見せたりして、
この役・人物像に、息を吹き込んでいました!!


今回作曲家は、クリント・マンセルじゃなかったのねー。
クリス・ベーコンさんは、映画音楽のお仕事は初めて?

ダンカン・ジョーンズ監督には
もっともっと期待したいところ!!

綿密な脚本にまた出会えたのなら、
素晴らしい視点で作品をまとめることでしょう!!


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





こないだ満員で入れてもらえなかったので…
今日やっと行ってきました。

『警告:このラスト、映画通ほどだまされる。』

やさ、私は映画通じゃないので笑
この部分なるはさんがどう感じてるのかかなり気になって…
観終わって帰ってきてブログ更新しててすっごい今嬉しいですw 

私はどの部分…をさしてるのか全くわかんなかった!!!
ストップモーションの後…続きがあるかどうかとかなんかな??

メイキング…充実してたらDVD買っちゃうかもしれん。

映画通ほどのアオリで…構えて観たから比較的集中して観たんだけど。
並行世界…意外と観終わると構造スッキリしてたのも…観終わった後爽快な一因かな???

またブログ更新楽しみにしてますw では!!


【2011/11/14 00:25】 URL | nosu #PIpocw5A[ 編集]

>>nosu さん・・・てかのっしゅ!!w

コメントありがとーーー!
書くか迷って結局書かなかった、
マイケル・アーデン・・・
なんだ、のっしゅが折角コメントくれるだなんて、
ちゃんと書けばよかった(笑)
涙ツーッて流した時の演技が良かったよ!!

わかんないんだよね・・・
思ったよりストレートな映画だったよね??
や、どんでん返しはあるんだけど、
別に映画ツウじゃなくても
騙されるっていうか、騙されないっていうか(笑)
え、それとも私も映画通じゃないから
わからないだけかな;;

>ストップモーションの後…
>続きがあるかどうかとかなんかな??
あーーでも、そういうことなのかな??
なるほどね~!そこのことかもしれんね!!

ジェイクも素敵だったしね~(*´_ゝ`*)
メイキング、ついてそうだなぁ、発売されたらw
【2011/11/14 00:40】 URL | なるは #-[ 編集]

お久しぶりっこです!
ソースコード、SF者の私はどハマリしましたわ。
『月~』よりもハードSFになった感じです。
量子力学的多次元宇宙のお話でしたね。
この理論の考え方はニコール・キッドマンの『ラビット・ホール』でも触れられていました。

私はラストをファンタジーっぽくは感じず、むしろハードSFに落とし込んだなあ、と関心したクチです。
でもその辺は一言、量子力学だよな、の台詞で片付けられちゃってる感じなので解りづらいかもしれないですな…。

ちなみに映画通ほど騙される、の意味は私にも全くの謎でした!あれ、どういうつもりで言ってるのでしょうね?すごくストレートで、SFならこれ以外ありえない結末だと思いましたけども…。

スッキリする、時間ものSFサスペンスなら『タイム クライムス』超オススメです!こちらもストレートに楽しめる、謎が謎を呼ぶストーリー展開で面白いです。
【2011/11/14 12:13】 URL | P #-[ 編集]

>>P さん

こんばんは!!!
お久しぶりです!!
(twitterではいつも映画情報拝見してます 笑)

>『月~』よりもハードSF
そうですね、そんな感じでした!

確かに「量子力学」ってことは言ってましたね!
『デジャヴ』では図で説明してくれたので
頭に残ってましたが、
この映画ではさらりと言われてしまったので
記憶がちょっと曖昧でした(^^;)


そうなんですよね・・・ラストとか
かえって、映画を観ているから飲み込みやすいオチというか・・・。
騙された感は別にないですよね(苦笑)

『タイム クライムス』観たことないです!!
こういう時間モノサスペンスは大好きです!
今度観てみます!!(*^∀^*)
【2011/11/15 00:10】 URL | なるは #-[ 編集]

邦題の「ミッション:8ミニッツ」だと
一見、過去に何度も戻ってミッションを果たす
タイムパラドックスものだと勘違いする。
映画通が大好きなジャンル


でも、原題の「source code」だと
人間がプログラミング言語を用いて記述したコンピュータプログラムの意になる。


なので邦題でわかりづらくして
映画通ほど騙されるとしたんだけど


脚本があまりにもわかりやすかったので
どこで騙されたのかさえ気づかなかった・・・。

まあ、オチは量子力学を持ち出して
プログラムから、平行宇宙というかパラレルワールドに移行させたのはいいと思う。

最後の一瞬を
全ての人を笑顔にするという演出がすばらしい

何故、コメディアンが列車にのっているのか
やっと気づいた一瞬でもありました
【2011/11/15 04:09】 URL | 庄屋弁当 #-[ 編集]

>>庄屋弁当 さん

こちらにまでコメントありがとうございます!!

>なので邦題でわかりづらくして
>映画通ほど騙されるとしたんだけど
そんな回りくどいことするもんなんですかねぇ!?
だとしたらとんだ勘違い・・・(><)

>最後の一瞬を
>全ての人を笑顔にするという演出がすばらしい
あのシーンはよかったですよね!
ちょっとデキすぎた演出かなとか思っちゃいましたが(^^;)

サスペンスにおいても、
エンターテイメントにおいても、
高いレベルを目指した作品でした!!
【2011/11/16 22:42】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ監督の長編第2作目となるSFサスペンスだ。主人公は爆破テロで死亡する人間の8分前の意識に入り込みテロの犯人を探してゆく。主演は『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』のジェイク・ギレンホール。共演に『SOMEWHERE』の?... LOVE Cinemas 調布【2011/11/13 23:24】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.