ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


幼心の不信と。

あぐねすとかれのきょうだい

アグネスと彼の兄弟』を観た!

かなり、描写はストレートなんだけど、
この兄弟が抱える問題はかなり複雑で・・・・・・
や、問題と捉えるべきか、それが彼らの性質と捉えるべきか・・・
とにかく考えている内に、破たんしそうになる・・・

でも結論から言えば、
彼らはそれぞれの方向で、
紆余曲折して、幸せになったのかなって。
バッドエンドと考えても、ハッピーエンドと考えても
どっちもしっくりはこないんだけどね。

そして、この映画で
モーリッツの確たる演技力
彼自身が自分を信じる心ってのを感じた。
しかしそれを
克明に文章にして良いのか、迷いどころである(笑)

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

モーリッツ・ブライプトロイの出演作なので、
とりあえず映画レポ書いてみたけど、内容は薄っぺら・・・。


この作品は、
この間観た『ラン・ローラ・ラン』より後の映画なんだね!
確かに、
なんとなくモーリッツの髪の毛が減ってるような(笑)
改めて思ったんだけど、
モーリッツってハゲそうだし(頭頂部危ない)、
ぽっちゃり系なんだね!(今更)

でもねでもねでもね
超ーーかわいいのーーー!!!
あぐねすとかれのきょうだい
ちょっと精神的に幼い(?)ところがあって、
なおさらかわいさまんてんだった!
なんか、モーリッツって、
ガエル・ガルシア・ベルナルに似てない!?
ま・・・ガエルくんの方が男前だけどね! いやいやでもでも


図書館の司書さんで、
図書館を利用する綺麗な女性たちに目を奪われて
にやにやにやにやしている役で、
かわいーかわいーとか思ってたら・・・
だんだん・・・なんか・・・あれ??ってなってきて・・・

へ   変 態 ・・・ の役・・・?? 

それにしても、犯罪レベルの変態役でね、
衝撃だったよ・・・!!!
そして同時に、
まじでガエルくんみたいな思い切った役もやっちゃう人なんだなって思って、
より一層モーリッツが好きになっちゃったよ!!!
こんな変態が近くにいたら恐ろしいけど、
こんな変態役演じるモーリッツは大好きだよ!!

あぐねすとかれのきょうだい
根は悪くないと思うんだけど、
誰かに愛されたくて、愛されないと、
自分で対処するしかなくて・・・っていう。
あぐねすとかれのきょうだい
こうなっちゃったのは、
幼少期のトラウマが所為だと思い込むところもあって、
実際はどうだかわからないけれど、
お兄さんが言うに「人の所為にしてる」ってのもあると思う。

トラウマはトラウマで、
反射的に思うこと、潜在的に抵抗することで、
歯止めがきかなかったり、前に進めなかったりする。

こういう形で変態になってしまった人って、
かわいそうだけれど、下手に擁護もできなくて、
だからこういうテーマを扱う作品は難しいなって。

もういいやでも、
あぐねすとかれのきょうだい
モーリッツを観る上では結果的にオーライだから

ついにその行為を目撃された時の、
抑制しきれなかった自分への後悔とか羞恥とか、
なぜ自分だけがこんな目にっていう、周囲に対する恨みとか、
そういうのを全部抱えたパニック具合は凄いリアルな演技だった・・・!
凄い汗(これはでも・・・)で、涙目で、指を噛んで、
その場にいてもったってもいられなくて・・・
どこまでモーリッツは役に気持ち落としこんでるんだろう!って

しかしまさかそういう収束?っていう。
あぐねすとかれのきょうだい
トラウマってそういうものなの??
元凶とされるものが消滅すれば、解消されるものなの??

偶然、気の合う女性とあったから、が結末で、
あぐねすとかれのきょうだい
同じことの繰り返しの予感もしなくない。


あぐねすとかれのきょうだい
マーティン・ファイフェルの演技、とってもよかった・・・!
彼を観て、タイトルの意味がようやくわかったよ。
彼が一番単純にいかなくて、でも単純にいかない世界を
しっかり見据える強さがあって、素敵な役だったな・・・!
お父さんとは、実際どうだったのかな。
彼自身が避けてないから、そんなことはなかったんだと思うんだけど。
それすらも、達観した人なのかな。


あと、ローラのパパが出てたよ(笑)
あぐねすとかれのきょうだい
ヘルバート・クナウプは、
今度はモーリッツのお兄さん役で出ました!
正直ヘルバートの顔って苦手で、
奥さんの気持ちもわからないでもないっていうか・・・
でも夫婦って不思議だよね。よくわからんところで繋がってる。


展開は衝撃的というか、なんというか。
さっきも言ったけど、結局のところ、
本当の意味で解決されたのかよくわからない。
不思議な映画だったなぁ。
もっと自分に理解力があればなって・・・。

監督はオスカー・レーラー
この直後、私は偶然にも、
別の作品で彼に出会います


ところで、モーリッツってモテない役とか、
キモい人役が多かったりするんだろうか?
見た目がちょっとアレ的な感じのポジションである気もする・・・。
こんなにかわいいのにね!


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。