ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
ロンドンに落ちる。

ろんどん・ぶるばーど

ロンドン・ブルバード』を観た!

服役3年の末、出所。
ミッチェルは足を洗うことを決意。
つつましく生きるために職に就き、食べ、眠る。
そんな些細な幸せだけを求めたい。
権威や大金などいらない。

ひょんなきっかけで得た仕事は有名モデルの警護
パパラッチに追われ、自宅に引きこもるシャーロットを守る。
次第に心通わせる2人・・・。
ミッチェルが求めていた生活がそこにあった。

しかし。
ロンドンは彼を逃がさない。
ミッチェルは既に渦中にいた。

映画の序盤は素敵だった!!
でも終盤につれて、
単なるハードボイルド作品になり下がってしまった・・・。
コリン・ファレルカッコよかった!!
まぁ、レンタルして自宅鑑賞で可

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

------

原作おもしろいのかな~??
この映画は1クール分にまとめるか、
せめて1話2時間、3回分のドラマにまとめた方がよかったかも。
というか、そのくらい長めのスパンで観たかった。

モデルのシャーロット(キーラ・ナイトレイ)との恋、
ロンドンの裏社会との折り合い、
友人を殺した犯人探し・・・等々、
これだけ盛りだくさんの設定が同時並行で進むストーリーだったので、
どれもじっくり見たかったな~って思う。
ろんどん・ぶるばーど
100分でまとめた脚色力には拍手だけどね。

ミッチェルの人物像は良いところまで見えてきてた
でも映画のラストを観ても、
「ああちょっと物足りないな」って思えてしまう。
一瞬ジョージ・クルーニーの『ラスト・ターゲット』が
頭の中でよぎったけど、あの映画みたいなしっくり感がない。
ろんどん・ぶるばーど
ラストを急ぎすぎたあまり、
「強すぎてしまった」のが敗因な気がする・・・。
だから100分の映画でまとめるのはもったいないんだよーー。

イギリスのギャング映画は好きだよ。
ガイ・リッチー作品のゆるゆるギャングたちは特にね。
『ロンドン・ブルバード』もそんな雰囲気が時折あったけど、
カッチリいきたいのか、ユルッといきたいのか、
揺れてたのがちょっと残念だったかな~。
手荒さが『レイヤー・ケーキ』に似てた。
というか一番雰囲気が近い映画な気がする。
※前にも言ったけど、もう一度のこの映画観たらそこまでおもしろくなかった(笑;)

コリン・ファレルで(シュールな)笑い
ピリリとしたサスペンスなら
ヒットマンズ・レクイエム』が絶品。
笑いとピリリって、別に両立してて良いんだけど、
配分が難しいんだよね。

とかなんとか言いつつ、『ロンドン・ブルバード』は
むしろ及第点なんじゃないかな、センスも悪くないし
映像も撮り方とかいろいろ工夫している感。
ロンドンの町並みも、コダワリのロケーションを選んでる。
全体的な映像の色味も綺麗だったな~
映画冒頭とエンディング直前、
画面をキューッと細くして、昔の映画っぽくなってたね。
あれはどういう意図があったんかな??

あとはもう、コリン・ファレルが
思わず「(ギャーーーッ)」って
心の中で叫んじゃうくらい素敵だった
ろんどん・ぶるばーど
それもこれも、雰囲気が抜群の映画序盤のシーンなんだけどね。
女性に絡もうとする悪漢に、
「うせろ。」とサラリと言いのけたり、
依頼人に対してサラッとシクッと「守れるよ」と言い切るところとか、
椅子に沈み込んじゃうほどかっこよかった・・・!!
ミッチェルっていう、キャラクター観がすごくよかったんだと思うよ!
軽くないし、派手さがないし。
正直なところ、ゴールデングローブ主演男優賞を獲った
『ヒットマンズ・レクイエム』の演技よりも、今作の方が光ってたしね!!
コリンが着実に力をつけてきた感じがした!

あとは(誰とは言わんが)アゴが相変わらず気になったけど、
キャラクターは嫌いじゃなかったからよかったと思うよー。
出演時間は意外とそんな長くなかったね。
最後はほとんど顔を映さなかったところに、映画のセンスを感じたけどね

ジョーダン役のデヴィット・シューリス
映画の尺がもうちょっとあれば
彼の魅力を十分に引き出せたんじゃないかな~とか。
彼は最後エンディングでどうなったか気になる。
このあたり、想像は観客にゆだねるところも、脚本の上手さかな。

始めるには、

全てを終わらせなければならない。

観て損はないです!

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

コリンをもうちょっと。

なんか今作の演技、ほんと上手かったなー!
なんだろう、なんでかな。
人間味がじわじわ出てた。
もちろん脚本の描き方もあるけれど、
コリンの表現力あってこそ、だよね。
ろんどん・ぶるばーど
陰背負ってるってほどじゃないんだけども。
なにせミッチェルは強いと思う、精神的にも。
自分の身に及ぶ危険に対しても、
結構気持ち切り替えて立ち向かえるタイプだから。
逃げないというかね。

でも、これまでの自分に対する多少の負い目とかあって、
だからかつての仲間たちに対しては距離置こうとするところとか、
表面には出さない心境が、丁寧に表情に出てる。
や、表情を抑えている表情が出ているというのが正しい?(←ややこしい)

簡単に女に手を出すような人じゃなかったのも良いよね。
ろんどん・ぶるばーど
(だから映画にもっと尺を与えて、
 シャーロットとの恋愛をじっくり描いてほしかったのもある。)
もしかしたら投獄される前はそうだったのかもしれないけれど、
気持ちを改めたんだろうな~。
暴力沙汰にも強くて、いざという時は人を殺すことも厭わない男。
でも「優しさ」も兼ねてるところが素敵
簡単に敵わない恋ならもっとよかったんだけど・・・。
設定的にはツボなんだよね、ボディーガードとかさ。 えんだーーいやー♪
この映画、去年ロンドンでポスター見た以来で、
予告すら観たことなかったから(またかよ)、
そういう設定だと知ってムハムハしたんだけど、
他に描かなきゃならんかったシーンがいっぱいあった上、
シャーロットは自宅に引きこもりだしで、
おいしいシーンはほとんどなかったね・・・がうーん
今度は、コリンがこってこてのボディーガード役演じる映画が観たい。

しかし滑り込みで観といてよかった!
コリンの出演作が立て続けに襲来中です!
モンスター上司』は映画自体が好き。
これはもう日本での公開は終わってしまったかな・・・。
そして1月には、コリンがセクシー(?)な
バンパイア役を演じる『フライトナイト/恐怖の夜』がやってきます。
当初コリンが吸血鬼!?
超噛まれてええええ
とか思ったんだけど、
どうやらゲスなホラー映画っぽく、
新年早々あんま観たくない・・・。
様子見てから映画館で観るか考えます・・・うーむ。


さて、その他のキャスト!
というか、イギリス映画ですから
イギリス英語だらけで超とろけます!

ねずみエディ・マーサンも出てましたね!
ろんどん・ぶるばーど
や、失敬、レイストレード警部のエディ・マーサンです。
今回はなんか胡散臭い刑事の役で出てます。
キャラクターデザイン的には微妙でしたね。
さ、彼は『シャーロック・ホームズ』シリーズ第2段、
シャーロック・ホームズ/シャドウゲーム』にも続投です!!
3月11日公開だってよ!楽しみだねぇ!!

ねずみさんには今年、『アリス・クリードの失踪』で楽しませてもらったよ!
だから今作では思わず初登場シーンで
「ねずみさ~~んっ」ってテンション上がったよ!

ガイ・リッチー監督の映画絡みでもう一人出てますね。
や。もう2人か。

まずは『ロックンローラ』でも
(目立たないけど隠れ)イケメンのクッキー役、マット・キング!!
今作もなんか画面の後ろの方で
ちょこちょこしてるのがかわいかった(笑)

あと、『ロビン・フッド』ではマーク・ストロングが演じたゴドフリーの手下役、
そして『スナッチ』ではちょっと出だけどロシア人役の、
ヴェリボール・トピッチが出てたね!
今作でもちょっとしか出てないけどさ(笑)


話しは飛ぶけど、
ろんどん・ぶるばーど
コリンの妹役やりたい。

※写真は撮影中のものだね。
そうだそうだー、この妹に優しいミッチェルにも
ほえええってなったんだった~
(妹ブライオニー役を演じたのはアンナ・フリエル。)


監督・脚本・製作はウィリアム・モナハン
あー!『ディパーテッド』でアカデミー脚色賞獲った人か!
(あ、じゃあそういうラストが好きなんだ?←)


ぶっちゃけ言うとあのラストは嫌い。
なんか、逃げのラストだった気がしない??
(この映画の場合はそれが言えるような・・・)

でも全体的な雰囲気は好き。
ろんどん・ぶるばーど
今度はぜひ、ドラマ化で脚本を興し直してほしいな!
それだけの尺があれば、ラストも好きになれそうだから。

そしてますますのコリンの活躍が
楽しみで仕方ないっ

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





明けましておめでとうございます!
この作品は知らなかったものの「フライトナイト」は少し興味がありました。オリジナル版はコメディ色が強かったんですが、リメイク版はどうなったんだろう?
もしご覧になったら、レビューお願いしますね~。

あと、まったく興味がなかった「タンタンの冒険」も、「リトル・ダンサー」の子が主人公の声と動きをやってると知り、気になってきました。タンタンと同じポーズをとっている画像、可愛いです♪

では、よいお年を~!
【2012/01/01 13:15】 URL | 宵乃 #Nr/HUzNs[ 編集]

>>宵乃 さん

あけましておめでとうございます!!!

え、『フライトナイト』のオリジナル版は
コメディ要素が強いんですか!?
リメイク版はなんかゲスなホラー映画っぽいんですよ~(涙)
果たして映画館で腰を据えて観れるかどうか・・・。

そうなんですよ~!
タンタンの声と動き、『リトル・ダンサー』の子なんです!
あの作品の演技は素晴らしかったですが、
大きくなった今もその素晴らしさはなかなか健在ですよ★ミ

今年もどうぞよろしくお願いします!
また改めて御挨拶に参ります!!
【2012/01/05 22:03】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.