ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい

男、ふるい立つ。

がけっぷちのおとこ

崖っぷちの男』を観た!

オレはもう、嫌気がさしていたんだ。
覚えのない罪で25年の刑。
おやじの死に目にも会えず、弟には蔑まれる。
こんなオレが、どうしてこのまま生きよう?
オレはここから飛び降りるぞ。

みなさんそれぞれ事情があるでしょうが、
飛び降り自殺なんてただ注目を浴びたいだけじゃないですか!

なんともアイディア満載
予測不可能なサスペンス!!
終始、「誰だよこんな脚本書いたの!!」と
評価せざるを得ない、おもしろさ!
これは映画館で観ておいて正解かも!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

さぁ今回も予告は一切観ず、
ポスターだけ眺めて「観ておこうかな」と思った1本。
全くどんな映画かも知れなかったから本気で楽しめた!
加えて、「崖っぷちの男」
彼の心身の状態を表していて、なかなかイカした邦題じゃないか!
興味を惹きつけるには十分。

彼に、何が。
がけっぷちのおとこ
飛び降り自殺をしようとするに至るには、
何かしらの理由が伴う。
気鬱がほとんどかもしれないけれど、
わざわざ目立つ、わざわざ他人にも危険が及ぶ可能性がある、
飛び降り自殺を選ぶのは、なぜ?
躍起なったから?精神状態が異常だから?

観客はとりあえず、
彼の行く末を見守るしかない。

がけっぷちのおとこ
「ああどうか考えを改めて」と思うか、
「もういいからさっさと飛び降りちゃえよ」と思うのかは人それぞれだけど。

しかし物語が進むにつれて、
なんとなーく違和感も感じ始める
この映画の上手いところは、
その違和感が大方正解であること。
がけっぷちのおとこ
ちゃんと根拠をあとあと描いてくれるからこそ、
脚本の上手さを感じる。

けして深い心理描写があるとか、
社会風刺があるとか、そういった凝ったものじゃない。
ただ、サスペンスとしておもしろい
でもね、それだけで十分なの。

意欲的な作品だったよ!!
こういうシチュエーションにはじまり、
実はこうでこうで、こうだったんです!
よくここまでいろんな話を詰め込んだのに、
まとめきれたねぇ!っていう感服でしかない!

もうちょっと深追いしてくれてもよかった
キャラクターもいたけれど、
キャラクター観も結構イケてる
がけっぷちのおとこ
特にこの、ジャック・ドハーティ(エド・バーンズ)が良いキャラしてるよ!!
落ちるならニック(サム・ワーシントン)じゃなく、ドハーティだろう!

で、ジェイミー・ベル(ニックの弟:ジョーイ)がキメ手!
がけっぷちのおとこ
ジェーン・エア』に続き、ジェイミー出演作をたて続けにみたけど、
なんかもうジェイミーがオトコマエになり過ぎてて恐い!
や、もちろん都度都度かわいこちゃんっぷりも続投だけど、
いつのまにやら体もがっちりして、
ますます演技力に拍車もかかってるしで、
結婚すると男の人ってこんなにたくましくなるん!?
思わずにはいられませんよ!!!
エヴァン・レイチェル・ウッドと比較的最近、婚約したばかり☆
役柄が広がれば、いろんな作品のオファーもくるだろうし、
エヴァン・レイチェル的にも頼もしい旦那さんになりそうだね

このジョーイの彼女役アンジーを演じる、
スパニッシュ系の超セクシー美人のジェネシス・ロドリゲスもかわいくて素敵!
彼女の活躍も見逃せないよ!

交渉人:リディア・マーサーを演じたのはエリザベス・バンクス
スリーデイズ』にも出てたね。
ま、うーん、そこまで特記すべき演技ではなかったかな~。

個人的になんか嬉しかったのが、
ロバート・ダウニー・Jr.主演『愛が微笑む時』に出ていた、
キーラ・セジウィックが出番多かったのがよかったな

もうちょっと掘り下げてほしかったキャラNo1は、
アンソニー・マッキーが演じるニックの元相棒であるマイク・アッカーマン。
アンソニーは『アジャストメント』等々、
活躍の場をぐんぐん広げてる俳優さんだね。

ちなみに掘り下げてほしかったキャラNo2は、
ダンテ・マーカス(タイタス・ウェリヴァー)だね。

あと、実は実はのエド・ハリスも出演!
しかしなんだ、めっちゃカッコよかったんだけど、
がけっぷちのおとこ
61歳の割には結構老けこんだなぁと思って・・・
立っててもなんかフラつくように見えるし、
ちょっと心配になっちゃって気が気でなかった・・・。

あ、いけないいけない!
主演のサム・ワーシントン!!
がけっぷちのおとこ
                ( ゜ ω ゜)
はい、特になしです。




って、酷過ぎるか(笑)
えーでもなんか、全然サム・ワーシントンの魅力が
本当によくわかりません私(暴言)。
ほんとマット・デイモンみたいな人だな~って思います(それも暴言)。
今作もうちょっと演技を楽しめるかなって思ったけど、
うーーん普通!!観ててもそんなおもしろくない(笑)


さて、監督のアスガー・レス
脚本のパブロ・F・フェニベス
なんとも彼らはまだ長編映画作品は
あんまり経験のない方たちらしく、
今後たくさん仕事が舞い込んできそうだなぁと思ったよ!
音楽は近年活躍し出したヘンリー・ジャックマン
しかし今作はちょっと、面白みにかける音楽だったかな。
最近サスペンス映画ではやっているような、ありきたりな音楽だった。


ま、なんだ。
この手の映画はネタバレが本当に命取りなので、
とりあえず映画館に観に行けばいいよ!という作品です!
できれば予告も観ない方がいい!


アイディア、展開力抜群!
全力で楽しめる映画~

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.