ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
依頼人、反対尋問。

りんかーんべんごし

リンカーン弁護士』を観た!

一人の好青年が、婦女暴行で訴えられた
「俺は絶対にやってない・・・!」
彼の瞳に嘘はない。
相手は娼婦。金目当てか。

有罪も無罪も
それらは全て、
弁護士の腕に委ねられている。

黒のリンカーンに乗って
ロサンゼルスを縦横するミック・ハラー弁護士
この裁判、“簡単”に見えたが・・・

裁判モノらしい、弁論術にはウハウハ!
でもそれ以上にエンターテイメント的サスペンス要素が濃く、
加えてハードボイルドな感じもあって、
1本の映画としては充実している!
追い被って追い被ってのオチも楽しめる!
大型映画が押し寄せる夏!公開が終わる前に観ておこう!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

映画観る前に予告観たんだっけかな~??
かわいこちゃんこと、ライアン・フィリップくんが、
りんかーんべんごし
なんかちょっととんでもない役をやってるっぽいので
これはぁ観逃せないかな~と
ま、そんなにライアンくんにハマった覚えはないんですけどね。

それ以上に、結構この映画を観た方たちの評価も高く、
裁判モノ(弁護士モノ)によくある口述合戦が大好物だし、
観といて損ないなって思えたのです。

結局、弁護士っていうのは、
依頼人を弁護してナンボなんです。
りんかーんべんごし
そこに正義があろうとなかろうと、
そこに真実があろうとなかろうと、
依頼されたからには、
最善の形で弁護せねばならんのです。

お前は良心が痛まないのか、とか、
お前は金さえ手に入れば悪にも手を貸すのか、とか、
そんなこと言われたって余計なお世話というか、
“それが仕事ですから”としか言えないよね。
もちろん日々、ニュースを見聞きする中で、
「なんでこんな野郎を庇うんだ!?」なんて思うけど、
どんな人間でも弁護されることが権利と言われればそうだし、
一方向からの情報だけでは、
結局真実が見えていないこともたくさんある。
何が正しくて、何が悪いのか
最後はこの裁判所の中で決めるしかない。
だから、ふらつきながらも社会はやっていけるし、
納得せざるを得ない“ゴール”があって良いのかもしれない。


リンカーンでロサンゼルスを行き来する
ちょっと派手めな男:ミック・ハラー弁護士(マシュー・マコノヒー)は
そのあたりを割り切りってます。
りんかーんべんごし
それがプロだし、そのくらいわかってやってるから凄腕なんです。

彼にとっては極論、
“真実”では有罪か無罪かはどうでもいい
依頼人が裁判上“有罪”であるか“無罪”であるか、
そこさえ狙い通りに結果を出せれば、それでいい。
報酬がかかってるんだから。次の仕事がくるかどうかだから。

では彼にとって最も恐れていることは?
裁判に負けること?仕事を失うこと?
“偽善者”だと叩かれること?腕が衰えること?
映画は、比較的早い段階で重大事実が判明します
りんかーんべんごし
でもそれは、彼にとっては業務上の想定内のリスク

この映画のいいところは、
その後描かれる彼の心の動き。信念。プライド
りんかーんべんごし
最初はちょっと、いけ好かんブイブイ野郎かと思ったけど、
ミック・ハラーがこうまで仕事に全力で向かえるだけの
“一線”の引き方というか、踏み謝っちゃいけないところというか、
そこがしっかりしてるとわかって、好感度が増す。

しかし相手が悪かった
りんかーんべんごし
気づけば、自分は策略の駒のひとつだった


依頼人を、すくえ。

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

期待していたライアンくんの演技については
思ったより普通というか、
“隠さなきゃならない”のでちょっと物足りなかったけど、
でも不敵な笑みとか、ひょうひょうとやりのけるところとか、
りんかーんべんごし
やっぱかわいいじゃんかライアンくん!といったかんじ

しかもね、ミック役マシュー・マコノヒーとは
リハーサルなしで撮影に挑んだらしいよ!
脚本があると言えど、純な撮影だったと思うと、
あーもうちょっとしっかり演技合戦観ればよかったと悔やまれる・・・!
なんとな~く固い演技のイメージがあるけど、
なかなか良い作品に出てるライアンくん。
今度監督もするらしいし!?、注目しておきたいところ!


マシュー・マコノヒーと、オーウェン・ウィルソン
私の中でかなり混同していると気づいた
どちらもあまり好きな系統じゃない俳優さんだからかな(こら)。
とはいえ、オーウェンについては特徴的な鼻があるのにね。
完全に名前を逆にしていたというか、
頭の中でマシューが2人いたというか(笑)

マシューは『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』以来、
意識し始めた俳優さんではある。 記憶違い起こしてるが(笑)
でももうちょっと若いイメージがあって、
今作では意外に老けてるっていうか、ダンディーっていうか。
あ、でも42歳とわかれば、相応。むしろ若い?
演技もなかなかおもしろかった!!

割と映画製作の上で影響力もあるようで、
今作の監督も、彼が推薦したらしい。

その監督ブラッド・ファーマンは、長編映画は2作目?
1作目は知らないけど、2作目でこのくらい撮れれば
今後の活躍にも期待しちゃうよね!

ただ、撮影監督にクセがあるのか、
あるシーンでやけにカメラを手ぶれさせたり、
登場人物にピントあてたと思ったら、クイッてズームさせて、
小手先感な撮影の仕方がちょっとな~・・・。
でも気になったのは、映画の前半の方だけ。
それ以外は良い感じで撮影してたと思う(えらそうに)。


キャスティングもよかったな。
マリサ・トメイウィリアム・H・メイシー
マイケル・ペーニャジョン・レグイザモ 等々。

あとなんか原告を弁護する側の弁護士、
テッド・ミントン演じるジョシュ・ルーカスがよかった
りんかーんべんごし
映画的にはハメられてばっかで良いとこナシなんだけど、
そこがまた妙に同情を誘うというかね
どっかで観た気がして、
確かに出演作は観てるんだけど記憶があんまりない・・・。
J・エドガー』ではどんな役柄だったっけ・・・。


そんな感じで。
比較的手堅く作っていて、
「映画は人を楽しませるもの」といった心意気も見えて、
おもしろい作品だったと思う!

最後の方はくどいけども、
あそこまで全部やりおえたからこそ
あれ以上やりようがないオチだったし、
いいんじゃないでしょか
原作も面白そうだから読んでみたいな


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





こんにちは。
最新の記事でマコノヒーに男優賞とあったので、もしかしてと思って検索して見つけました。
あまり好きなタイプではないみたいですが、それも覆すほどの演技力ということでしょうか。
「インターステラー」の方も気になります!

「リンカーン弁護士」での彼も素晴らしかったですね。
ダーティな弁護士なのかと思わせておいて、しっかりと芯のところには弁護士としての信念があって。
何度も弁護してるっぽい、完全に黒だとわかってる麻薬の売人を金づるにするのはどうかなぁと思ったものの、「司法制度ってのはそんなもんじゃないだろう」の台詞に完全に痺れてしまいました。
これをリハーサルなしで撮ったなんて驚きです!
続編も製作中だそうで、楽しみですね♪

ことしはギャザリーの事や脚本でグランプリ受賞との事で、なるはさんにとって本当に素晴らしい年になりましたね。
これからもなるはさんらしく突き進んで下さい。
元気もらってます!
来年もなるはさんにとって素晴らしい一年になりますように。
では、よいお年を~。
【2014/12/31 17:27】 URL | 宵乃 #K4YeSyNc[ 編集]

>宵乃 さん

あけましておめでとうございます、。
宵乃さん!!!
お忙しい中、年末にご挨拶いただきましてありがとうございます。)

“好きなタイプではない”の発言は、
(当時も今も)目的語は“顔”です(笑)
でも最近のマシューの演技は
そんな固定観念を取っ払ううまさですね!!


続編待機中なんですね!!
私もこの『リンカーン弁護士』は
観てよかったなあと思った作品でした。
既に2年が経過しているので(早い・・・!)、
もう一度観たいです。


引き続き、好きという気持ちにまっすぐに
頑張っていきたいと思います。
ブログDEロードショーに参加できず本当に申し訳ないですが・・・
また機会があればみなさんと一緒に観たいです!!
今年もどうぞよろしくお願いいたします!!!
【2015/01/04 11:26】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



原題:THE LINCOLN LAWYER 製作:アメリカ’2011 監督:ブラッド・ファーマン 原作:マイクル・コナリー ジャンル:★ミステリー/サスペンス/ドラマ【あらすじ】高級車リンカーン・コンチネンタルの後部座席を事務所代わりに、報酬しだいで犯罪者の利益も守るやり手弁護士ミック・ハラー。ある時、資産家の御曹司ルイスの弁護というおいしい話が舞い込むが、ルイスは頑なに無実を訴... 忘却エンドロール【2014/12/31 17:10】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.