ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい

その隠蔽、後悔あらず。

L.A.こんふぃでんしゃる

第30回ブログDEロドショー選出作品
L.A.コンフィデンシャル』を観た!
今回は私がリクエストさせて頂きました★

犯罪に汚れるロサンゼルス
身を挺して職務をこなすはロス市警。
理念とそれぞれの信念があれど、彼らは日々戦っていた。

元警官であり、相棒でもあった男の死
それは単なる悲運な事件。真実は明かされた。
しかし物語は続く
事件は、より深いところへと根を張っていた。

ラッセル・クロウガイ・ピアース出世作!
ケヴィン・スペイシージェームズ・クロムウェル
キム・ベイシンガー等々、贅沢過ぎる競演!!!

男たちのせめぎあい
実に男くさい一本!骨太でカッコイイ!!
真相に近づくにつれて、緊迫感も上昇。
綿密に絡まり繋がる脚本にはお手上げ
小手先感なしの、真っ向勝負
久々やっぱり、こういう映画は痺れる

↓ ブログDEロードショーとは?? ↓
ブログDEロードショーについて

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

ラッセル・クロウ祭の時に
観ようと思ってたのに、怖気づいて先延ばし。

こうして第70回アカデミー賞で9部門ノミネートという、
高評価作品で、且つ名作と謳われてるとなると
なかなか手が出せないものです。。。

当時まだ、無名だったラッセル・クロウとガイ・ピアース
L.A.こんふぃでんしゃる
物語的には、そのラッセルとガイピー(初めて呼んでみた 笑)
大活躍する感じだけども、
なにぶんまだ無名だったせいか、ラッセルがポスターとかでも
後ろの方へ追いやられているという、今ではレアな扱い

確かにラッセルは、
この映画の出演を機に、ガガガガーーッ
トップスターへと上り詰めた印象。
対してガイピーは、良い作品には出てるけど、
ラッセルほど華々しくない気がするのは私がよく知らないだけ?
とはいえ彼もこの頃はどんどんお仕事が増えてます。
アイアンマン3』にも出るみらいで、楽しみ♪

そんなわけで、とても贅沢な競演が叶った映画です
誰がどんな役なんだろう~??っていうのが一番楽しみになっちゃいます。
それもこれも、今こそすれ、なんだけどね。
私自身も、ようやくこのキャスティングの豪華さを知るわけで。
3、4年前くらいに観てたなら、
ラッセルとケヴィンの区別がつかなかったことでしょう(笑)


みなさんいかかでしたか??
今作は、未観の私がリクエストしました作品です。
過去に1度どころか、2度も3度も観たことがあるという方も
かなり多かったんじゃないかと思われる人気作品。

それゆえ、ちょっぴり筆が震えるんですが、頑張って映画レポ書きます。



ロサンゼルス、50年代。クリスマス。
警官が悪漢に襲われることも多いこの街。
収監された容疑者へ警官たちが殴り込み、暴動が起きる。
L.A.こんふぃでんしゃる
署内の混乱を機に、刑事部へ異動、警部補に成り上がるエド(ガイ・ピアース)。
正義感に強いが、まだ現場での経験が浅い。
父親も優秀な刑事だったため、彼もその姿を追い、野心がある。

女性が男性に虐げられるのを殊に嫌うバド(ラッセル・クロウ)。
同時にキレやすい性格で、暴動に参戦し処分されてしまう。
L.A.こんふぃでんしゃる
しかし警部であるダドリー(ジェームズ・クロムウェル)による計らいで、
現場に復帰することがかなう。以来ダドリーの右腕となる。
自我が強いが、まだ若く、誠実な忠犬でもある。

ジャック(ケヴィン・スペイシー)は独自の情報網で手広く事件を手掛け、
おいしいことを上手に嗅ぎ回る器用な男。
L.A.こんふぃでんしゃる
暴動に加担し処分を受けるが、腕が良いので、譲歩されクビは免れる。
彼の狡猾さは、エドも一目を置く。


そして、年の末
小さな喫茶店で、元刑事を含む6名が銃殺される事件が起きる。
市民の安心を得るためにも、ロス市警のプライドのためにも
早急に事件を解決する必要があった。
L.A.こんふぃでんしゃる
目撃情報をもとに、事件は急展開を見せ、収束する。

しかし、人間の弱さ不確定さが、
腐った根っこを晒し始める

何かが食い違っている
何かが長く隠され続けている

俺は何のために?

かなり複雑に絡み合った作品!!!
2回以上観てこそ、この映画の深みがわかる!!
なるほど、アカデミー賞脚色賞を受賞しただけある!!
タイタニック』の年だったから相手が悪かったけど、
時期が違ければ作品賞も頂きだったかもしれない!!

翻弄されるも、警鐘に気づく男たち。
俺たちの敵は、他にいる
これは絶対一度は観ておきたい逸品!!


にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン
------

若さと男であるがゆえに、
結構笑っちゃうシーンもあるんですが(笑)


! 以下ネタバレあり !




んんんもおおおお
L.A.こんふぃでんしゃる
君たち早く仲良くなっちゃえっての!!!

やっぱり私は、
らっせるは年取った方が断然好きなんだけど、
L.A.こんふぃでんしゃる
若いがためにかわええええと言わざるを得ない。
グラディエーター』『ロビン・フッド』みたいな
短髪姿だから余計にうひいいいい

ケヴィン・スペイシーも
やっぱり彼のその柔軟な演技にやられてしまい、
L.A.こんふぃでんしゃる
シーンに登場しようものなら、かっけええええと連呼。

・・・ガイピーもイケメンなんだけど、
なんか時々不細工なのが不思議(笑)
L.A.こんふぃでんしゃる
映画内でも「青二才」「眼鏡外せ」といろいろ言われてたけど、
最後にはようやく一人前の“人間”になれてよかった。

で。加えて、ジェームズ・クロムウェルでしょおおお。
小さい頃に観た『ベイヴ』が理由で、
いつもいつでもいつもまでも優しいおじいさんだと信じてる。
でも案外すごい悪い人の役とかやってるんだよね~~
L.A.こんふぃでんしゃる
らっせると並んでもこれですよ、ジェームズの201センチという体躯
そんな彼が、静かにほくそ笑んで銃口向けてきた時には、
こえええええって青ざめちゃいます。


そんな彼らが競演するだなんて、
画面的にもかなり期待してしまう!!

でもなんだって彼らってばこんな仲が悪いのか、
協力して捜査し出すのは映画の終盤のこと・・・!
もちろんらっせる演じるバドと、
ジェームズ演じるダドリーは、冒頭から近しいし、
ある意味“扱いやすさ”からガイピー演じるエドも、
ジェームズとは近しい感じはあったよね。

で、やや蚊帳の外(=野放し)だった
ケヴィン演じるジャックは、ようやく途中からエドと絡むようになり。
でもまだ信頼関係があるわけでないし、
あぁ早く彼らが打ち解けてほしいと願ってばかり。


バドは事件に対する違和感を感じるも、
なかなか証拠を得られずに女性とのいとなみに癒しを求める。
L.A.こんふぃでんしゃる
(この写真のらっせるかわいすぎる!!!!)
キム・ベイシンガーですかー
へーあっそーぉ(←完全に嫉妬)
セルラー』とか『ザ・センチネル/陰謀の星条旗』くらいしか
しっかり観た記憶があんまりないかも。。。

リンという女性は映画の冒頭からずーっとキーウーマンだったけど、
娼婦だっつーのにバドは嫉妬するし(割り切れ!)、
バドがホの字だってわかってるのにエドは手を出すし(大人になれ!)、
かなりトラブルを生む女性でしたね


エドは早く一人前として認められたい一心で、
“功績”に目がくらんでみすみす引き起こした“間違い”につっかえを覚え、
ジャックは小金に踊らされて、些細なスキャンダル事件に加担し、
刑事としてのプライドもくそもないことに嫌気がさし、
まずはようやく2人がパーティになります。

さぁそうしたらバドの番だよ!
早く3人で手を組んでちょーだいっって
超期待した直後に、ジャックがズドンッ。。。
危ない、絶対危ないぞって不安に駆られ出した時には遅し。
深夜に一人で「ぎゃあああやっぱりいいい」って絶叫。

この映画で結局一番大好きだったのが、
ジャックと気づいたのはその時でした
L.A.こんふぃでんしゃる
嫌な男だと最初は思ってたけど、
ハッと目覚めてエドと手を組むようになってからは
死んでた目が急に輝きを放って、
エドがホンモノの女優と、整形した娼婦とを見間違えた時には、
それに気づいていながらも面白おかしくうっすら笑ってたりして、
超ステキ!!!って気持ち傾いてたのにーーー!!


俺の女に手を出したなとか
ボカスカやってる場合じゃないぞお前たちーーー!!

そうしてようやく、バドとエドがコンビを組むことに。
おっせえよおおジャック死んじゃったおおお(←引きずってる)

共同で捜査に取り組み出したバドとエドも素敵だったけどね!!!
いつでもどこでも言ってますが、
「昨日の敵は今日の友」構成が大好きですので!大好物ですので!

終盤にさしかかり、より映画は緊迫していくんだけど、
その中でエドとリンは、
バドという同じ男によって顔にアザ作ってるとか、
ちょっと笑える構図があったりで、
そこにこの映画のセンスが光るな~って思う

バドが自分の信念に背いて、
リンを殴ってしまったことは胸痛かったけどね・・・!
バド・・・それだけはやっちゃいけなかった・・・!
でもそれは本人が一番痛感してるんだよね。

ようやく事件の裏で蠢く真相に辿りつき、
その親玉も認識したんだけど、
まんまと罠にハマって銃撃戦になってしまう。

こういうシーンも、こういう刑事モノの醍醐味だなって思う。
否応なしにバドとエドを撃ち殺そうとする、
その他大勢の刑事も刑事だが、彼らだって一介の駒にすぎず、
たくさん死んでいってしまったのはよろしくなかったけどね

しかし真夜中の不本意な戦闘シーンは手に汗握る・・・!
L.A.こんふぃでんしゃる
当時の作品じゃ、誰が死ぬかキャスティングからじゃ全く予想できん・・・!
だからもう早くこのシーンが終わってくれと思ったし、
バドが撃たれた時には半泣き
だから危ないって言ったじゃああああん(いつ?)



そしてついに黒幕がエドによって暴露され、
キャリアもなにも捨て身だった彼だけど再び表彰され、
でも表彰式には参加できなかった彼が、
リンが運転してきた車に乗って外で待っていた・・・!!
バド生きてたーーー!!!!
顔にも銃弾を撃ち込まれ痛々しかったけれど、
生きてて死ぬほど嬉しかった・・・!!!
めっちゃ傷だらけちょっと弱々しい笑顔を浮かべるらっせるが
絶大的に可愛かった・・・!!←好物


格段にバドとエドの友情ポイントが上がって、
なんとも最後にはスッキリした作品だった

エドはこのままこの地で刑事を続けていくわけだから
まだまだ悩みの種はたくさん出てくるだろうけれど、
バドはアリゾナに行ったら、もう少し安全な仕事をして
彼女と二人で暮らしていくのだろうか。
続編があっても素敵ですよね
1997年の作品。あれから15年経った今こそ、
らっせるとガイピー再キャスティングでいかがすか!?フンガフンガ

エンディングクレジット含め
鮮やかに終わったこの映画だから、申し分ないけどね!

その他、ダニー・デヴィート(下写真左)や、
当時彼こそ駆け出しだったんじゃないか?と思えるサイモン・ベイカー(中央)。
L.A.こんふぃでんしゃる
グッドナイト&グッドラック』で主演だったデヴィッド・ストラザーン
最近では『リミットレス』とかに出てるトーマス・アラナとか、
いろいろな人が出てましたね!!!


監督はカーティス・ハンソン
脚本を書く力もあり、今回は脚色にも一役をかっている。
メリル・ストリープケヴィン・ベーコンの死闘『激流』とかさ、
骨太の作品も結構作ってるんだよね。
でも一方でロバート・ダウニー・Jr.素敵な役
ワンダー・ボーイズ』とかも監督していて手広いな~って思う。
でもカーティスの作品をほとんど観てないので、
これはある程度著名作品だけでも制覇しておかないとな!

音楽はジェリー・ゴールドスミス
そっか、2004年に亡くなってるんだね・・・。
彼の手がけた作品の数々を見ると凄いなこれ・・・


いやぁほんと満足
時間を置いて、また観てもいいなって思える作品でした!

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





先ほどはコメントを有難う~☆

>キム・ベイシンガーですかー
>へーあっそーぉ(←完全に嫉妬)

この長い記事の中で、私が一番ウケたのは、この部分です(爆)。
キレイな女優さんで、他では見た事ないのですが、
リンという役柄は「希望を失わず生きてきた感じ」があって好きです。

この作品の良さが出たのはやっぱり一番の功労者は監督だと思いました☆


【2012/07/22 19:06】 URL | miri #jSBoJ0Ww[ 編集]

そうなんですよね~、3人が協力して捜査してるところが観たかっただけに、ジャックの突然の死には「うわぁあ~!(涙)」ってなりますよね!
ホント目覚めた後の彼の変化が素晴らしくって、前半とのギャップにくらっときました。
黒幕さんの怖さも、優しそうなジェームズ・クロムウェルが演じてるからこそでしょうか。
素敵な作品をリクエストして下さってありがとうございました~!
【2012/07/23 11:52】 URL | 宵乃 #K4YeSyNc[ 編集]

こんにちは。
なるはさんのお陰で
再見することが出来ました。ありがとうございました。

>ラッセルとガイピー
(大爆笑)
ガイピー・・・

彼のなんともいえない、どことなく線の細い所や
内面との葛藤やら
ラストには“男”に変わっていくところが
なんとも良かったです。

ラッセルも今よりも濃くなく(笑)
ポスターの下りも今では考えられないですよね~。

ケヴィンも美味しい役でしたよね。
多分、楽しみながらオファーを受けた感じがします。

>ジェームズ・クロムウェルでしょおおお。
小さい頃に観た『ベイヴ』が理由で、
いつもいつでもいつもまでも優しいおじいさんだとだと信じてる。

あー。これもよくわかります。
この人だけは信じたいという気持ちがありますよね。

ダニー・デヴィートもはまり役で

良い映画でしたね。
また伺います
【2012/07/23 13:32】 URL | きみやす #-[ 編集]

>>miri さん

こんばんは!

「希望を失わず生きてきた感じ」、
まさにそうですね。
ああいった仕事でも割り切っているし、夢もある。
本当の愛も探して、それに寄り添う勇気もある。
一番たくましいキャラクターだったかもしれないですね。

これだけのキャストで、
これだけのキャラクターをうまくまとめきってましたよね。
監督の腕ですかね~!(^^)
【2012/07/24 22:38】 URL | なるは -naruha- #-[ 編集]

>>宵乃 さん

こんばんは!
今回もありがとうございました!

ですよね~~!
またとないキャスティングだったので、
3人で協力するシーンが観たかったです!
でもあえてそこを観せないのが、
小憎らしいくらい上手い脚本なのかなって思っちゃいます。
原作も良いのかもしれませんが。

ジェームズ・クロムウェルがああいう役を演じると
本当にショッキングで仕方ありません(;∀;)

私もこの機会に観れてよかったです!!
【2012/07/24 22:41】 URL | なるは -naruha- #-[ 編集]

>>きみやす さん

こんばんは!
きみやすさんも楽しんで頂けたようですね♪
やはりみなさん再見の方が多いですね~!

そうそう、そうなんですよガイピー(笑)
線が細いですよね。
頼りなくて、気持ちばかりが急いて。
うまいキャスティングだなって思いました!

ケヴィンも本当に、
楽しいそうに演技してましたよね!
ジェームズ・クロムウェルもどうなんですかね??
優しいおじいさんより、ああいう役の方がやりがいがあるんですかね(笑)

良い映画でした!!
この機会に一緒に鑑賞して頂いて
ありがとうございます♪
【2012/07/24 22:45】 URL | なるは -naruha- #-[ 編集]

こんばんは。

すみません、近所の店に置いてなくて、
今回は電車に乗って借りに行く余裕もなくて、
不参加になってしまいましたm(_ _)m

何度か見ている映画なので、コメントだけさせてもらいます。
「君たち早く仲良くなっちゃえっての!!!」の画像が、雰囲気が出てて良いですね。
長身のクロムウェルが全篇に渡りカッコイイです。

そんなに美味しくない役ですけど、ボクもスペイシーの役は好きです。
刑事らしくない、でもわざとらしくないスマートさに、惚れ惚れします。

結構暗くて暴力的な映画ですが、なるはさんが語ると、
良い意味で明るい感じになって楽しかったです(笑)。
【2012/07/24 23:45】 URL | 犬塚ケン #JkPZIk6.[ 編集]

>>犬塚ケン さん

こんばんは!!
あ~、そうだったんですね、残念です!(><)

そうですよね、
結構ドロドロした作品なのに、
茶化すつもりはないのに
お茶らけになっちゃってダメですね(^^;)

クロムウェル、雰囲気ありますよね~~!
またこれ優しい顔(=イメージ)のくせして
恐い役だから参っちゃう(´Д`)

ケヴィン・スペイシーの役は本当に素敵でした。
その分ショックは大きかったですけど。
彼の役だから、何かまだ裏があるんじゃないかって
思ってたんですけど、
ある地点からキラッキラの眼のままだったので
惚れぼれしちゃいますよね!(///ω///)

わざわざコメントありがとうございました!
こうして語らう時間が
この企画で一番大切だなって思うので、嬉しかったです♪
【2012/07/25 00:09】 URL | なるは #-[ 編集]

 今晩は、お邪魔します!

先程はコメントありがとうございました。
なるはさんの記事、語り口が熱くて、読んでると本編の映画よりも面白い!
もしかして、印象がアレだったのは、単にK・ベイジンガーが好みじゃなかっただけなのかも。(笑)

なかなか咬み合わない3人>多分、ここが、長い映画にも関わらず面白さを持続できて安くならなかった原因ではないかと。
そんな気がします。

なるはさんにお願いが有るのですが、
リンクしても良いですか?

【2012/07/25 01:13】 URL | 鉦鼓亭 #AM34sMcQ[ 編集]

前のコメントで鉦鼓亭さんが書いていらっしゃるように、なるはさんの記事の語り口が熱くて軽妙で、本編の映画よりも面白いと私も思いました!


>ガイピーは、良い作品には出てるけど、
ラッセルほど華々しくない気がするのは私がよく知らないだけ?
とはいえ彼もこの頃はどんどんお仕事が増えてます。『アイアンマン3』にも出てるみたいで

ガイピーに私もかなり興味を覚えました。
彼は初めてと思ったらとんでもなかった!
私の大好きな映画、『プリシラ』 でフェリシアを演じていた人だったんだと分かりました。
近い所では『英国王のスピーチ』で兄貴のエドワード8世、『ハートロッカー』ではマット軍曹などなど~
なるほど癖ある役がお好みか。
上手い役者さんだと思います。

ガイピーって私も今から呼んじゃおう!

この映画を観なかったら、ガイピーを知るのがもっと遅くなったかもと思うと嬉しいですね。
なるはさん、リクエストしてもらって本当にありがとう!
【2012/07/25 15:28】 URL | しずく(bamboo) #6LV7VrnU[ 編集]

>>鉦鼓亭 さん

こんばんは!
起こし頂いてありがとうございます!

おほめの言葉ありがとうございます!
キャストがやっぱりツボだったっみたいで、
その“熱”は俳優への興奮、ゆえでしょう(笑)
常にこんな調子のブログですが、
よろしければぜひ、
こちらこそリンクを貼らせてください!

そうなんですよね!
なかなか噛み合わない3人だからこそ、
じれったいし、
良い意味で期待を裏切ってくれる、上手さがありました!
【2012/07/26 00:29】 URL | なるは #-[ 編集]

>>しずく(bamboo) さん

こんばんは!
コメントわざわざありがとうございます!!

いやいや、本編よりおもしろいだなんて、
これ以上の褒め言葉はありませんよ!!!
真面目な映画で、真面目に語りたいんですけど、
どうしてもズレた視線で観ちゃうんですよね(笑;)

ガイピー(笑)の、最近の活躍は目覚ましいですよね!
確かに、小さい役でもインパクトある役とか、
クセのある役をあえて選んでいる人かもしれませんね!
私は『メメント』という映画で知ったのですが、
精神的に際どい映画で、ガイピーの演技も光ってました!

ガイピーってちょっと
柿ピーみたいですね(自分で言っといてなんですが 笑)
【2012/07/26 00:34】 URL | なるは #-[ 編集]

 なるはさん

相互リンク、ありがとうございます!
今後とも宜しくお願い致します。
【2012/07/26 23:07】 URL | 鉦鼓亭 #AM34sMcQ[ 編集]

>>鉦鼓亭 さん

こちらこそありがとうございました!!(^^)
よろしくお願いします☆
【2012/07/28 10:27】 URL | なるは #-[ 編集]

こんばんは!!
1週遅れましたが映画を見ることができました!
ガイピー(笑)はプリシラのイメージが強烈で、
シリアスな役でしたが常にプリシラの彼がチラついてました(^▽^;)

ジャックはいい役でしたね~
自分のブログでは書きそびれてますが、
本当に素晴らしい役だったと思います!!
ガイピーと手を組む辺りからいい人でしたし・・・

企画に参加された方の書かれた記事を読むに
つれ、この映画の面白さがこみ上げてきます!!

素晴らしい映画の紹介を有難うございました!!(^^♪

【2012/07/29 20:02】 URL | take51 #-[ 編集]

なるはさん、こんばんは!

ガイピー、「プロメテウス」もあるし大活躍ですね

「ハートロッカー」「英国王のスピーチ」にも出てたし、
アカデミー賞受賞作品に2連続で出演っていうのも結構凄い。

ガイの代表作は「メメント」ですが
ちょうど10年位前に「タイムマシン」という映画があって
これがヒットしてたら、本当に大スターになっていたかもしれません。
アクション大作の主役とかにはあまり恵まれないタイプなのかなあ。

あとディズニーのコメディー映画「ベッドタイム・ストーリー」にもガイ出てました、嫌味なエリートの役で(笑)ファミリー映画らしく結構身体張って笑わしてくれました
【2012/07/30 00:57】 URL | バーンズ #-[ 編集]

なるはさん、こんにちは。
私のブログにコメントありがとうございました。

>そんな彼が、静かにほくそ笑んで銃口向けてきた時には、
>こえええええって青ざめちゃいます。
いかにも悪役!って人よりも一見いい人そうな人が実は・・・
っていう方が何倍も怖いですよね!
確かに彼に銃口を向けられたらホントに青ざめちゃいますね。

ラッセル・クロウだけでなく、サイモン・ベイカーも若かったですね。
私は最近ドラマの「THE MENTALIST」のCMで
彼のたれ目が気になって気になってしょうがなかったので
これから彼に注目してみようと思います。

そして、ガイピーといえば、私もやっぱり『プリシラ』です。
「ガイピー祭り」がやりたくなってきました!笑
【2012/07/31 09:03】 URL | マミイ #klq26XPE[ 編集]

>>take51 さん

こんばんは!コメントありがとうございます!!

『プリシラ』って観たことないんですが、
今回この回に参加してくださった方の中で、
『プリシラ』のガイピーについて
語っている方が多い印象です!観てみたいです!

こうして、同じ映画を同時期に観て、
ワイワイ意見交換できるっていいですよね(^^)♪
take51さんも、参加して頂いて
本当にありがとうございました!
【2012/08/08 01:56】 URL | なるは #-[ 編集]

>>バーンズ さん

こんばんは!コメントありがとうございます!
お返事が遅くなってすみません!

私なんだかんだ、
ガイピーとか親しげに呼ぶものの
あまり出演作を観ていないんです。
そういえば『タイムライン』とか
出てましたよね、ちゃんと観たことないですが。

>「ハートロッカー」「英国王のスピーチ」にも出てたし、
>アカデミー賞受賞作品に2連続で出演っていうのも結構凄い。

これは本当に思います!
ガイピーの価値が再確認されたような感じですよね!
【2012/08/08 01:56】 URL | なるは #-[ 編集]

>>マミイ さん

こんばんは!
お返事が遅くなってしまってすみません・・・!

そうなんですよ。。。
見た目が優しい人だと
ついつい信用しちゃって、
裏切られた時には何十倍も辛いです・・・
そして恐いです・・・(><)

サイモン・ベイカー若かったですよね!
私勝手に『プラダを着た悪魔』くらいから
出始めた俳優かと思ってたんですが、
まさか『L.A.コンフィデンシャル』なんていう
名作に出ていたなんて驚きでした!
結構なんだかんだ印象深い役でしたしね☆

ガイピーの過去の作品をたどるのも
なかなかおもしろそうですよね!
『L.A.~』の後、もっともっと大ブレイクしても良いような気がするのに、
なぜか印象があまり残っていない彼(笑)
どんな出演作があったのか、祭をしても良いかもしれませんね♪
【2012/08/08 01:59】 URL | なるは #-[ 編集]

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
【2014/01/21 12:10】 URL | 株を始める #-[ 編集]

>>株を始める さん

こんばんは!
どうもありがとうございます(^^)♪
【2014/01/21 22:14】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



L.A.コンフィデンシャル 原題:L.A. CONFIDENTIAL 製作1997年 アメリカ 監督:カーティス・ハンソン 原作:ジェームズ・エルロイ 脚本:ブライアン・ヘルゲランド、カーティス・ハンソン 子育て 時々 映画【2012/07/31 09:04】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.