ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
ふしぎと、きみと、いると。

さいきょうのふたり

最強のふたり』を観た!

首から下が不随の裕福な男と、
失業手当が頼りの貧しい移民の男。
めぐりあうはずがなかったふたりが、
絶大な信頼関係で結ばれる。


実話がベースの、
“楽しい”からこそ心動く作品。
彼らがあまりに変哲なく笑うから、
それがなんにも、あたりまえに見える

号泣するような話じゃない。
一緒に友達になれるような1本。

特別じゃない
でもなぜか、強くあれるんだ

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

ヨーロッパで圧倒的な指示を得、
日本でも話題の『最強のふたり』。
変に卑屈でなく、疲労感を覚える作品でもない
だからこそ、「ああ良い映画だったな!」って思える。

突如始まった、“日常”
でも、毎日なんてサイクル。
すぐに慣れて、簡単に順応できてしまう。
さいきょうのふたり
他人から見れば、その光景は“異様”かもしれない。
それでも彼らにとっては、
きっかけは突然であれ、あまりに普通。

映画も特別大きな起承転結はない。
さいきょうのふたり
それがなんだかイメージする“フランス映画”で、
そこにこそこの映画の上手さを感じる。

お互いが馴れ合うことはない。
「君がいなきゃ生きていけない」なんて、かゆくて言うもんか。
さいきょうのふたり
ねぎらわなければ傍にいてくれないなんて、友達じゃない
一緒にいてほしい時に気兼ねなく会いにきてくれるのが友達だ。

お互いの人生に、
社会的なレッテルがあろうとも

さいきょうのふたり
お互いにとってそれがいかに普通のことか、
意識しなくても解っているから一緒にいて楽しい

車イスだとか、前科のある黒人青年だとか、
頸髄損傷とか、スラム街だとか。
自分には身に余る日常だけど、
こんなにも彼らはくだらないことで笑ってる。
私たちにとってもくだらないことで笑ってる
さいきょうのふたり
ファーストインパクトは誰にでもあるけれど、
ふと気づけば「なーんだ」って思えること。
説教はしないけど、優しく伝えてくれる。

富豪のフィリップを演じたフランソワ・クリュゼ
貧しい青年ドリスを演じたオマール・シー
さいきょうのふたり
この二人の演技が自然で本当によかった。

特にオマール・シーは素晴らしかった!!
フィリップの介護を務めたドリスは、
実際は黒人男性でなかったみたいで、なくてちょっと驚いた。
さいきょうのふたり
Philippe Pozzo di Borgo(左)とAbdel Yasmin Sellou(右)本人。
なぜそこを忠実にキャスティングしなかったんだろうなんて思ったけど、
すぐに“そんなの全然関係ない”って思った。
出身国にテーマがあるわけじゃないからね。

この映画に必要な要素としては、
不思議と、一緒にいるだけで元気になれる人
さいきょうのふたり
オマール・シーは十分すぎるくらい適任
彼がお腹の底から笑うもんだから、
観てるこっちまですっかりつられて、
筋肉が引きつるくらい笑ってしまった
映画館だったから他のお客さんにあんまり迷惑かけたくないしで、
堪えるのが本当に大変。。。
「ああ友達になりたいな!」っていう、素晴らしいキャスティングだった!

フランソワ・クリュゼも過剰過ぎない演技がよかった
さいきょうのふたり
結構、ドリスに“キツイこと”言われるフィリップ。
でもあまりにドリスがあっけらかんとしてるから、
ちょっと傷ついたり、ムッとすることもあるんだけど、
それすらもくだらなくなっちゃって
つられて笑う演技が本当に上手かった。
2人は上手い具合に科学反応を起こしていたね!
どこまでが演技なのかわからないほどに!


本当にわかってくれる友達って、

無理にわかろうとしない友達。

人気だから、もうちょっとロングラン公開だろう今作。
機会があれば観に行って吉
一緒にツボって笑いが止まらなくなったシーンがあるくらい、
笑いがあるからこそ、沁みてくる1本。
無理にコメディコメディしていないし、
変にヒューマンドラマだ!!って押しつけもない。

傑作と謳うほどではないけれど、
こういうのを“良い映画”って言うんだと思う。

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!

そういえば、3年前に行ったフランス:パリだけど、
この映画を観ていたら途端、パリの匂いがすっごくして、よくわからんけど涙が出た。
また本当にフランスに行きたくて仕方ないよ・・・!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





これ、今年1番の洋画かも・・・・

介護をするものと 受けるものでなく
ある意味 対等であり
特別でなく
友として接するところがいい



あえて黒人の設定にしたところ

肌の色、生活環境、貧富

そんなこだわり

何の意味もないですね


2人の笑顔がたまらなく
愛しいとともに
羨ましささえ感じます


音楽も最高です
アース・ウインド&ファイアの
「セプテンバー」
センスもいいですねえ



【2012/10/19 02:59】 URL | 庄屋弁当 #-[ 編集]

>>庄屋弁当 さん

わーー、今年一番の洋画でしたかぁ!(//´_ゝ`//)

そうなんですよね。
お互いにとってそれは特別じゃない。
だからかけがえのない友達なんですよね!

そうそう、肌の色とか、出身国とか、
実際と違っていても、
それが重大なことではないんですよね!

音楽良かったですね~!!
ヴィバルディの音楽も、
またじっくり聞きたくなっちゃいました~!
【2012/10/24 22:28】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.