ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい
夢に焦がれ、ロックに燃えろ。

ろっく・おぶ・えいじず

ロック・オブ・エイジズ』を観た!

歌手になることを夢みて、
田舎町からカリフォルニアの地に踏み入れたシェリー。
恋をし、憧れの職場にも就き、順風満帆に見えたけれど・・・。
夢に迫る誘惑。
押し寄せる現実。

でも答えなんて、はじめからわかってた。

駆け出しの若き俳優たちを、
ガッチリとベテラン俳優陣が囲んだミュージカルが
映画館をロック会場にする!
あかんトム・クルーズあかん!!

ものすごい勢いで、上映終了へ向かっていて、
それも仕方ないかなぁって思えるような感じではあるけど、
楽しいよ!ロックだよ!!
ロックのくせにパンチが少ないけどね!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

ちょっと存在に気付くのが遅れて、
ある時映画館で予告を観て、絶対観たいって思った1本!
ろっく・おぶ・えいじず
だって、トム・クルーズがミュージカルだよ!?
一体いつからトムのファンになったの私!?
と思いつつ、気持ちが高ぶってしまった!!
(たぶんきっかけは、『ナイト&デイ』。)
しかも、ミュージカル映画の女王:キャサリン・ゼタ・ジョーンズも出てるし、
なんだかんだ元来ミュージカル映画が大好きな私にとっては
やっぱりスルーするにはもったいないと思える作品だった。

にしても、
公開が終わるのが早いっていうかさぁ
本気で焦った。
観れないと諦めかけた時、本当に絶望が押し寄せた(そんなに)。

まぁ絶対オススメとまでは言えませんが?
ろっく・おぶ・えいじず
若者の恋愛描写なんて青臭くて観てらんない!
主演のシェリー役ジュリアン・ハフ
ドリュー役ディエゴ・ボネータは確かに歌も上手くて、
ジュリアンはとってもキュートだし、
(タイプではないけれど)ディエゴもまぁ人気ありそうな顔つきだしで、
これからも期待がかかるニューカマーなのかなって思うんだけど、
ミュージックビデオ観に来てるんじゃないんだよ
ミュージカルを観に来ているんだよ

どうもね~、まぁロックだから
キャストたちの声を音楽がかき消しがちなのは仕方ないんだけど、
でも息遣いや、口パクにしてももうちょっとこう、
リアルに、腹から出してますよっていうのを見せてほしいよね。
体動かしてるんだからさ、
それなりの声であってほしいんだよね。
その点、キャサリン・ゼタ・ジョーンズはさすがなんだよ!!
ろっく・おぶ・えいじず
腹の底から歌って、ダンスも凄まじい!
主演の2人は、ロックっていうよりやっぱり
アイドル歌手っていう雰囲気が抜けきらなかった

とはいえ、他のベテラン俳優でさえ、
いかにも口パク感があったので、
この映画自体が、そこに重きを置いていなかったのかなって。
ろっく・おぶ・えいじず
“キレイに撮れてればいいや”っていう。

でも、結構周りのダンサーたちがよかったり、
ミュージカルが繰り広げられるステージ構成がよかったりで、
視覚的に満足できた!!
後半はどんどん盛り上がっていってたし、プラマイゼロ!
むしろ、最終的に「楽しかった♪」って気持ちが残ったから、
プラスで終われたんでしょう!


でも、この映画を成功に導いたのは、
彼のおかげといっても過言ではありません。
この映画の(些細な)失敗を、
トム・クルーズが払拭した。
ろっく・おぶ・えいじず
よくわからん
トム・クルーズみたいな存在ってよくわからん
頭で考えてると、何が何でそんなにって思う。
ろっく・おぶ・えいじず
でも心ではわかってる
これがトム・クルーズの凄さだと。
ろっく・おぶ・えいじず
食われるかと思うようなオーラとカリスマ性
彼が歩いてくるだけで、空気が振動して、
周りの人体に電撃を走らせる。酸素を薄くさせる。

“ステイシー・ジャックス”という
セックスシンボル的ロック歌手を演じたわけだけど、
トムはその、ステイシー像を演じる上で求められているものを
全て、想像以上に、クリアしてる。
トムが“こっち”向きに本気になったら、
ろっく・おぶ・えいじず
まじで世の女性は倒れまくる。

どうしたのほんと。
離婚騒動を経て、離婚が確定して、
いろんなのが吹っ切れちゃったんでしょうか。
こんなに“こっち”向きに遊び心ある人だったっけ!?!?
なんか、トムのことを「好きー」とか「嫌いー」とか、
今の私はそういう次元じゃなくなってる。
絶賛しすぎてる自分が、意味わかんないです
でもほんと、
ろっく・おぶ・えいじず
トム・クルーズやばかった!!!
彼が画面に映るたびに、
色気だだ漏れの“こっち”路線のトムが凄すぎて、
終始「ええーー」「えええーーー」「ええええーーーー」
「あぁかっこよかった」とか悠長なこと言ってられない。
ろっく・おぶ・えいじず
ほんとに食われるかと思った
これで、50歳なの???
信じられない。
なんで今日まで“トム様”なのかわかってきたよ、ようやく。
しかし、近年2枚目としてもなんだか
ますます磨きがかかってるよね、トム(笑)
結構笑ったわ、彼の演技に


キャサリンはかわいかったーー
ろっく・おぶ・えいじず
歌も踊りも豪快で、潔い!!
足がめっちゃ細くなってた(?)ので、ちょっとびっくりしたけど、
43歳とは思えない快活さと美しさで、眼福!!
高く上げた足とか、何度見てもびっくり!!
これがプロの女優さんなんだなぁって、ビリビリした


アレック・ボールドウィンって
いつも何の映画に出てるかわからなくなるんだけど(汗)、
なんか雰囲気が凄いかっこいいよね。
ろっく・おぶ・えいじず
今作は特にコメディ的な要素を持ってたので、
持ち前のかっこよさと、キュートなところも引き出されてました。
この映画の翌々日に観たんだけど、『ノッティングヒルの恋人』に出てたね~。
このガタイでカッチリとスーツを着たりするとほんとかっこいい。
私の中のあなた』では売れっ子弁護士を演じてたけど、知的な役も似合う
でも今回みたいな小汚い役でも、セクシーさに変わるから良いよね


普段ならイギリス英語大好き!なくせして、
ラッセル・ブランドのしゃべり方はちょっと苦手だったりする。
ろっく・おぶ・えいじず
テンペスト』の時にも言ったけど、
アーティスト系な演技もちょっと苦手。(ていうか顔が苦手←あ。)
でも今回は、“まさか”の展開があって、
かなり笑かしてもらったから、好感度上がった
いやぁ、身の毛がよだつってこういうことね(←下がってんじゃん)
一番アドリブの多い演技だったと思う、歌のパートも含めて。
共演シーンが多かったアレック・ボールドウィンからも、
「アドリブでどんどん攻めてこい」って指示があったみたいで、
予測不可能な奇妙な動きが凄く良かった!!

彼が出たなら安心だ
ろっく・おぶ・えいじず
私が絶大な信頼を寄せる、ポール・ジアマッティ
万一映画がつまらなくても、彼の演技が観れれば、なんか許せるんです。
間の悪い展開でも、絶妙なリズム感で、場が停滞しません
今回ちょっとだけ歌も歌ってたね。
それなり、歌もうまそうだよね。もっと彼のパートを増やしてほしかったな。
ホント器用で、共演者の一枚も二枚も表現力上手の彼です


そんな感じで、
場慣れしたベテラン勢がガッチリいるので、
若手俳優さんへの諸々の不満もまぁ言うに至らな・・・


ろっく・おぶ・えいじず
マリン・アッカーマン、そこ代われええええ
完全に嫉妬ですけどーー完全に嫉妬ですけどーーー
でも役得すぎてずるい!!ステイシーなトムとの共演ずるい!!
(え、てか、マリンって34歳なの!?もっと若く見える!!)


思わずね。
いいからトムだせーーー
いいからキャサリンだせーーー

って、若干野次りそうな時もあったけど、
総体的には、頑張って映画作った感があったので、
やっぱり無理にでも映画館に観に行ってよかったなって思う
それとやっぱり、1980年代後半のロックを知っていると、
もっともっと楽しめたんだろうなぁって思う。
Juke Box Hero』と『I Love Rock 'n' Roll』のマッシュアップは
超テンション上がったな!!!
結局のところ、『I Love Rock 'n' Roll』が
この映画の一番のテーマじゃない!?
サウンドトラックの視聴はコチラ!(3曲目がそれ)

自分の思いに嘘をついたって、
たどり着く先は目に見えてる。


だって“好き”は裏切らない!!


そして、ごめん。もう一回戻るけど。
ろっく・おぶ・えいじず
まじでトム・クルーズやばい
しばらくビリビリしてると思う。くそう。
てか、トムもあんなに歌上手いんだったら
最初っからそう言ってよ!!!

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





これまだ見てないんです
トムクルーズって思った以上に
歌がうまいんでしょう?

地声でやってるんですよね

こんな役も演じられるんですね
凄いなあ


これで身長がもっとあったらねえWW

【2012/10/19 02:31】 URL | 庄屋弁当 #-[ 編集]

>>庄屋弁当 さん

こんばんは!!
連投でコメント、本当にありがとうございます!
(テンション上がりました!笑)

上手かったんです~、トム・クルーズってば!
ちょっと声が高いし、
背も低い(笑)しであれなんですけど、
とにかくオーラが凄まじかったです!!

でもほんと、
身長はそんなに気にならないくらい凄かったです!!
【2012/10/24 22:23】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.