ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい
生命が、世界。

らいふ・おぶ・ぱい/とらとひょうりゅうした227にちかん

IMAX 3Dで、
ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日』を観た!
原題:『LIFE OF PI

少年は感じた。
敬意をはらうべくものを。
神意にみちびかれるのを。
少年は学んだ。
脅威におそれることを。
教諭にしたがうことを。

そして、嵐。漂流。孤独。
でも彼は生き延びた。なぜなら・・・―――

アン・リー監督が手掛ける、『パイの物語』を原作とした作品。
映像は美しい。愛しい。
しかし物語のテーマは濃厚で、手厳しい
神とは宗教とは。
それを超えての奇跡とは。

パイの回想録が辿りつく終着点が、凄い。
心折れそうになると同時に、感動も絶大。
IMAX3Dで、世界に飛び込もう!!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

人は奇跡を神とし、
らいふ・おぶ・ぱい/とらとひょうりゅうした227にち
神を宗教にし、
らいふ・おぶ・ぱい/とらとひょうりゅうした227にち
宗教を言葉にし、
らいふ・おぶ・ぱい/とらとひょうりゅうした227にち
言葉で理解に努めようとする。

でもきっと。
らいふ・おぶ・ぱい/とらとひょうりゅうした227にち
生命を奇跡とし、
らいふ・おぶ・ぱい/とらとひょうりゅうした227にち
生命を世界とし、
らいふ・おぶ・ぱい/とらとひょうりゅうした227にち
生命を神としていい。

繋がっていて、ちがいない。
わたしたちはもっと
直感的に信じて、
感謝すればいい。

らいふ・おぶ・ぱい/とらとひょうりゅうした227にち
最後の最後は、
“わたしが何を信じる”か。

らいふ・おぶ・ぱい/とらとひょうりゅうした227にち
“それ”はしてくれないから、
わたしが“そうする”まで。


生きるは、過酷。
でもその先に、

捨ておけない、奇跡があるから。


それほど期待していなかったけれど、
予告を見てから全く変わった。

子どもに良いかも、なんて思って観たら、大人が面くらう。
生きるって何だっけ、命って何だっけ。
あらためて考えさせられる。
あたりまえのことすぎて、すぐに忘れることだけど、
本当に大切なことって、「そうだった」と気づく。
パイが身をもって経験したこと。
それをとおして、わたしたちは手遅れにしてはならない。

パイはたくさんのトラブルに遭遇し、
たくさんのことを学び、たくさんのことを思う。
物語はいったいどこへ結びつくのだろうと考えていると、
最後には見事に導かれる
らいふ・おぶ・ぱい/とらとひょうりゅうした227にち
冒頭からの語られる観念が、信念に変わる。
押しつけでない、
宗教観や人生観とは全く別の、
他とは代わり得ない根本的なもの。

巡り巡って、何一つ、無駄がなかったと気づく。
凄さは映像だけじゃない。映像に逃げていない。
本当に辛いシーンもあるけれど、
それこそ現実的なもの。
直視しなければならないもの。
期待だって裏切られる。
でもそれを前に、心をどう動かすか。


頭の中で、まとめながら観るより、
映画に身を投げ出して、漂着した方が良い。
この映画、オススメ!!!


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





なるはさん、こんにちは

この映画は3Dがお勧めですね。
とにかく綺麗でした。
オラウータン君には演技賞あげようかと思ったらCGだったとか。
(コイツ何でこんなに演技するんだ、と思った~笑)
トラ、シマウマ、ハイエナ、ミーアキャット、みんなCGだそうで、素晴らしい出来栄えだったと思います。

この作品も「トラ~」の副題が余計な気がしました。
原題のままなら違和感ないんだけど。

ちょっと哲学っぽい映画でした。

「世界にひとつのプレイブック」今度観てみます。
【2013/02/07 11:50】 URL | 鉦鼓亭 #AM34sMcQ[ 編集]

>>鉦鼓亭 さん

こんばんは!
コメントありがとうございます!!!

やっぱりフルCGなんですか!!!
どうやって痩せてくのかとか
本当に気になっていたんですが、そういうことなんですね!!
なんでも映画ナルニアのライオンさんを作ったスタッフが、
もっとリアルにっていうアン・リー監督の要望で
腕を鳴らしたみたいですよね!!

確かに副題いらないですよね~~。
『ライフ・オブ・パイ』ですべてを物語れるのに。。。

『世界にひとつのプレイブック』、ぜひぜひ~(*´_ゝ`*)
【2013/02/07 22:50】 URL | なるは #-[ 編集]

こんにちは。
動物好きなので、トラが出てくるというだけで気になってたんですが、けっこう深い作品のようですね~。
CGも素晴らしいようで期待しちゃいます!

ところで、今月は真冬のファンタジー企画を開催いたします。みんなでファンタジー映画を観てほっこりしましょう♪
norさんのリクエスト「おおかみこどもと雨と雪」も合同で行うので、興味のある方はぜひこちらもご覧になってください。
選んだ理由は…
ポスト・ジブリの呼び声高い細田守監督の最新作。
”ファンタジックに描くリアルな人間模様”
皆さんと一緒に新作映画を楽しめたらと思いリクエストしました。
だそうです。
開催期間は2月20日(水)~2月末までと長めにとったので、じっくり選んで下さい。
また、来月の作品を決める投票を今日から3日間行っていますので、お時間ある時にでも投票お願いいたします。(記事へのリンクをURL欄に入れておきますね~)
【2013/02/08 12:43】 URL | 宵乃 #Jluqsbno[ 編集]

これ映像は最高です

そしてものすごく深いし
伏線も もの凄い

終盤のまさかの真実が明かされたところ
そうだったのかあと
口がぽっかりと空いてしまいました

最期に
「リチャードパーカーに捧ぐ」(虎の名前に使用)
と出てきます

うちに帰ってぐぐってみたら
ミニヨネット号事件にたどり着きました

やっぱり・・・・
そういうことか



生きるうえで
犠牲の上に成り立っていて
自然淘汰となっていくのか

と思い


僕は感謝の意をこめて
ご飯を食べる時には
「頂きます」と言い
手を合わせようと思います
【2013/02/12 01:51】 URL | 庄屋弁当 #-[ 編集]

>>宵乃 さん

こんばんは!
お返事が遅くなりました(><)

私もトラに興味を持って観に行きましたが、
なかなか“動物好き”というだけでは厳しい現実でした。
でも動物に対する心の動きはとってもリアルで
共感できて、きっと感動するはずです!!

今回から開催期間が長くなったんですね~~!
コメント頂いてすぐに、
さっそくさせて投票させて頂きました★★
【2013/02/19 22:11】 URL | なるは #-[ 編集]

>>庄屋弁当 さん

コメントありがとうございます!!!

映像だけの映画だと思っていたら、
なかみもかなり深いものでしたよね!
物凄く余韻に残る作品で、
胸が痛み、とても寂しいけれど、
それ以上の感動と美しさのある1本でした。

私もリチャード・パーカーについて調べました。
余計にキューーッと胸が締め付けられましたが、
こういう背景があっての物語だと思うと、
尚更奥行きが増しますね。


現代の私たちは、あまりに感謝が足りないですよね。
いただくまえも、いただいたあとも、
丁寧にお礼をしたいですね。
【2013/02/19 22:23】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.