ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
2011年、初めてのスペイン旅行で
6日目に訪れる機会があったものの、
まさかのタイムアウト。
目の前まで辿り着くも、
内部まで観ることができませんでした。

リベンジがこんなにも早く、
叶うなんて!!

スペインキ。2
世界遺産
ガウディカサ・バトリョ!!!
「けんちゃん!ここ、一部のフロアと、
 屋上にも入れるんだよ!!!」
と、けんちゃんのトラウマを呼び覚まして、いざ!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

何度となく、
ガウディの作品を
深海にたとえてきた。

スペインキ。2
1枚目の写真を内部から観るとこんな感じ。
逆光で上手く撮れないのが残念。
もっと明るくて、水色で、きらきらしている。
海中にいるかのような、たゆたう気分。

天井の模様は巻貝渦巻く波のように見え、
ガウディの遊び心が感じ取れる。
スペインキ。2
この天井、実は同色のタイルみたいな細かい模様になっている。
海の生き物を連想する。

階段の手すりの最終地点には、
魔法のステッキみたいな飾り。
スペインキ。2
てっぺんはイソギンチャクみたい。
真ん中の赤いガラスの球体も素敵。
スペインキ。2
ガラスの模様がいちいちかわいい。
特に女性はきゅんきゅんするんじゃなかろうか。
それを作ったガウディも、
きゅんきゅんしながらデザインしたんじゃないかと思うと、
結構かわいい人なのかもしれない。

ガウディは歪曲を多用する。
スペインキ。2
テラス(ベランダ)とを仕切る、窓の形も独特で良い。
丁度太陽の光がたくさん差し込んでくる時間帯。
スペインキ。2
テラスはガウディお得意の、タイル攻め!!
派手だけど、下品じゃないのがガウディのセンス。

しかし、もっと彼らしいのは内部!!
建物の中枢は、吹き抜けになっている!!!
スペインキ。2
ポップでキュートな水色タイル攻め!!
スペインキ。2
やっぱり、ガウディってかわいい人だと思う!!
スペインキ。2
そして、住みたい!!!!!!
扉ひとつひとつのデザインまで、凝らされている。

最上階のフロアはサンゴ礁のような壁
鮮やかな弧を描く天井が綺麗。
スペインキ。2
居心地が良いのは、自然を模しているからなのか。

そして、楽しみにしていた屋上!!
スペインキ。2
(けんちゃんに言わせれば)柵が低い屋上!!
奇妙な、タイル張りの突起物が、
またもガウディっぽい。

それにしても天気が良い!!
見晴らしの良いところにのぼったのなら、
天気が良いほどラッキーなものはない!
スペインキ。2
ガウディが追求しただろう本来の配色を、
晴れたことで堪能できた!!


リベンジが叶ってよかった~
ここで私は友達数人向けにお土産を購入。
個別で袋をもらおうと、「5つ分の袋ください」的なお願いを英語でしたら、
ご丁寧に全部お姉さんその場で包んでくださいまして
やや混雑してたのにごめんなさいーーー
ありがとうございますーーーー


この後は、
あの地へ帰ることに。
地下鉄3号線から4号線に乗り換えて。
すぺいんき。2
ただいま、地中海。
バルセロネータ海岸は、前回の旅の思い出のひとつ。
去年は夏の海だったけれど、
今回はすっかり秋の海だ。
・・・ふつうに、海水パンツで泳いだらしき人もいたけど、
うん、秋の海。(ちゃんと寒いぞ、バルセロナ。)
バルセロネータ海岸を眺めていると、
なんとも言えない懐かしい気持ちと、
切なくさびしい気持ちでいっぱいになる。
だってもう、明日が観光最終日。
次にこの海を眺める日がくるのは、いつになるのかなって。
(今思い返しても涙出そうになる・・・)


夕飯は、ぜひともまた
バルセロネータ海岸付近でパエリアを!!
でもまだ時間が早かったので、
けんちゃんがぜひとも行ってみたい!と言っていた、
バルセロナ発祥のキャンディ店:パパブブレへ!

海岸から再び、バルセロネータ駅の方へ戻り、
中央郵便局の方向に歩みを進める。

途中、信号待ちをしていると、
なんと馬車が現れた!!
すぺいんき。2
公道を、車と一緒に走ってる~~!!と
ワーキャーして写真撮ってたら、


ぼとぼと ぼとととと



馬糞が・・・!!
歩みを進める馬車。
次々と、豪快に車が馬糞をふんづけていく・・・。

一緒に信号待ちをしていたイタリア人らしき男の人が、
「おお神よ!!」「幸あれ!!!」的なことを
イタリア語で叫んでてウケた

衝撃(笑撃?)の現場を後にして、
ようやくパパブブレに到着。
(食物と糞を一緒に紹介するでない。)

開店してた~~~!!!
(ガイドブックによると、日曜日も営業していて、
 定休日は月曜日!!
 2日目に訪れた時はシエスタが理由だったみたい!!)
すぺいんき。2
日本でもテレビ番組で取り上げられたキャンディ店。
日本の“金太郎あめ”からインスピレーションを受け、
さまざまな模様の、カラフルなキャンディが店頭に並ぶ。

金太郎あめの技術が、バルセロナに届くなんて。
そして今やそれを逆輸入
日本でも現在、いくつものショップがあります!

オーダーメイドも受けているようで、
運よく、その作成過程を観ることができた!!
すぺいんき。2
作るのは、王冠の模様のキャンディ。
色を混ぜ合わせ、あめが熱く、固まる前に、
こねたり、伸ばしたり。
どうんな風に、2色以上の色を使って
形にしていくんだろうか!
その奇跡の瞬間を心待ちにするも、
あめをこね終えてから、
「でさ~この後どうする~~??」的に
今頃相談を始めるお兄さん2人
ちょっと・・・手順決めてから作り始めてよ(あめ固まるやん)

結局、何がどうなって
模様になっていくのかわからないまま、
キャンディをしこたま買い込んで、店を出る。
すぺいんき。2
うっかり、日が沈むまで長居してしまった!
なんだか夢の世界にいるかのような、
甘い香りと、キラキラ光るキャンディの山に、
すっかり心を奪われてしまった!
お土産には最適!!!
バルセロネータ海岸付近まで来たら、立ち寄ってみては。
お値段もリーズナブル。
いつでもそうかはわからないけれど、
あめの詰め合わせを、おまけで一袋つけてくれて太っ腹!
(キャンディ食べ過ぎでデブっ腹になっちゃうわ←)


そして、去年訪れて
すっかり大ファンになってしまった、
オリーヴオイル専門店オリヴェ(Olive)にも再び。
すぺいんき。2
去年と違って、店内の装飾がクリスマス仕様!!!
あああ!!ますますかわいいこのお店!!!
バルセロナに来たら、ここで、
食用のオリーヴオイルやら、
石鹸やらを買うのを定番にしよう!!!

ラッピングも絶品なので、
特に女性に贈るにはぴったり!!!
小包装もしっかりしてくれて、
店員さんは日本語もちょっと喋れるという
オプション付き!!!
けんちゃんがレジでお会計をする際、
店員さんが「これ、全部ラッピングする??」の意で、
商品を指さしながら、
「オクリモノ?」「オクリモノ?」「オクリモノ?」と尋ねてきてて
なんなの!!超かわいすぎる!!!

お土産を十分に確保して、大満足。

ようやく夕飯の時間になったので、
ふたたびバルセロネータ海岸の方へ向かう。


さて、どこで食べようかと。
お店に少しでも近づけば、
呼び込みの店員さんがワーッとやってきて
結構面倒・・・。

その中で、外看板でメニューを見てても、
誰も店員さんが寄ってこないお店が。
お客さんも数人入っているみたいだし、
「ここにする??」とけんちゃんと相談中、
お客さんかと思っていた女性がスススっとやってきて、
メニューの説明をはじめる・・・店員だったんかい!(笑)

16ユーロで1品とメインが選べるセットメニュー。
16ユーロなら、と結局そのお店に。
すぺいんき。2
客寄せのため(?)に、外の席に座らされる。
ちょっと寒かった・・・
カタランスタイル(=カタルーニャ風)と書かれたスープを注文。
どうやらちょっとピンクい煮豆が入っていると、
カタルーニャ風の料理になるらしい。
すぺいんき。2
たんぱくな味ではあったけれど、おいしかった!
すぺいんき。2
今思えば品数がおかしい。
(私とけんちゃん、ふたりしてスープを飲んでいる。)
パエリアを2種選んでいる(黒パエリアと、普通の)。
そしてハケ(HAKE)と書かれていた、
白身魚のカタランスタイル…どうやって注文したんだっけ…。。。
どれもおいしかったからよかったけどね!!!
デザートのプリンも出てきた。
ちょっと浅黒い男性店員が、
一生懸命、本日のデザートを説明してくれて、
他にお客さんがいなかったから、こんなに優しかったんだろうな~って
結局、26.49ユーロでした、ひとり。何がどうなったんだ。


すっかりお腹もいっぱいで、
幸せだからこそ、さびしくて。
だからこそ、バルトラを思い出して(前編参照)、
明日、観光最終日、
なんとしででも出待ちを成功させることを
誓う2人であった(まだやるのか)。


はてさて、最終日は、
どんなことが、待ち構えているのやら。

って、これがまた、
ガチですっごい日になりました。
次回をどうぞ、ご期待ください


― (誰も得しない)おまけ ―


この日、私が見た夢をメモに残しておいたので、記しておきたい。

そこは、ピケのオフィス(なんだそれ)。
雇われているらしき、私。

ピケがやってきて、
「(ピケにとって)日本語を学ぶことは優先度低いから、
 他の言語を覚えるのに、君に日本語喋られては邪魔で困る。
 出ていってくれ。」と言われる。
ピケにえっらい冷たくされる夢でした

逆をとれば、
日本語でしゃべるのやめて
スペイン語や英語をしゃべるようになれば、
いつでも君を歓迎するよ

っていうピケからのメッセージですかね。よし。←


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.