ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい

生きる価値は
あたえうること。

えりじうむ

エリジウム』を観た!
原題:『ELYSIUM

環境汚染と人口過密により、
地球は住みづらくなった。

富裕層は宇宙に浮かぶコロニー:エリジウムに住まい、
貧困層は地べたを這いつくばるしかなかった。

2145年。人類の科学技術は高度になる。
死に至る前であれば、あらゆる病気も、
あらゆる老化も、完治する。
しかしその治療は、エリジウムの住民にしか施されない。

死にものぐるいで生きようとした。
でもそれは、自分だけのためなら価値がなかった。
なにかを他人にもたらすことこそ、生きてる意味だった。

第9地区』で高評価を獲得した
ニール・ブロムカンプ監督・脚本、第2作目!
『第9地区』ほど迫りくるものはなかったけれど、
やたらアツい。まぁまぁ良し、な作品。
映像力は格段に上がっているので、観るなら映画館で!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

『第9地区』の監督・脚本っていうんで、
マット・デイモン主演だけど重い腰上げて観てきた。
(相変わらずマット・デイモン主演作は面倒に感じちゃう

『第9地区』よりは当然ながら劣るのは致し方ない。
けして『第9地区』に斬新さがあるわけじゃなかった。
それでも、根底にある社会的な問題をギリギリと描いていて、
それを映画的に見せるのに長けていた。
荒削りなれど、情熱的な映画だった。

『エリジウム』は、もっとありきたり感。
あらゆる設定が、何かのオマージュにも見えるほど。
胸やけ気味なので、暫くは良いかなぁって思うジャンルだし。

脚本も妙にぎこちなかった。
『第9地区』はガシガシ筆が進んだに違いないけど、
『エリジウム』は考え過ぎちゃった感じ。
プレッシャーがあったのかもしれない。周りの期待値も高いし。
繋ぎの悪いシーンがたくさんあって、テンポが悪かった。
追憶のシーンとか、彼女の娘の話とか、入れるタイミングが。。。
描きたいことが多すぎて、スマートじゃなかった。


とはいえ、ニール・ブロムカンプ監督は、
まず最初に何をテーマに置くか
じっくり考える人なんだなって感心もした。
えりじうむ
どんなに順番がしっちゃかめっちゃかでも、
最終的に起と結とがまっすぐに繋がったので、
映画としてまともだった。

しかもこんなに熱い映画とは思わなくて。
映画を作る上での情熱は、全然『第9地区』の方が
かみつかれるかと思うくらい感じられたけど、
ストーリーの華々しさは、『エリジウム』の方が凄かった。

『第9地区』の主人公で大ブレイクしたシャールト・コプリー
“かみつかれる”感は彼の演技が理由でもあった。
えりじうむ
つづいて『特攻野郎Aチーム』ではスプーキーな役を演じたので、
コメディアン要素の高い役者という位置づけにしていたけど、
そういう人が今作のように悪役を演じると、
どこまで本気なのかわからなくて恐い。
ロビン・ウィリアムズ同類視したら、さすがに褒めすぎか?
ただ、コプリーの演技が好きか嫌いかと尋ねられると、嫌いかも。
何をしでかすのかわからない感じが、気持ち悪い。

コプリーが演じたクルーガーという役は、
最後の最後まで悪役なので、そこが残念。
動機はもっともだけど、で、あるにも関わらず、
良い奴で終わってくれると気持ちすっきりするのだが。

日本刀振り回し、
背景は風散る桜(?)吹雪。
この辺と、突如たる趣向には「???」だったけど。
日本テイスト人気ですな~~。


ジョディ・フォスターかっこよくて美しかった!!
えりじうむ
でももうちょっと、役柄には厚みがほしかったな。

同じくウィリアム・フィクトナー
トム・ヒドルストンお父さん役とか似合う~とか
映画と関係ない所でテンション上がりつつも、
えりじうむ
(映画内の丁度いい写真が見当たらなかった・・・)
役柄自体には厚みがないというか、あっけなくて残念。
雰囲気抜群だったのにな。

悪役が悪役でしかないのが、
ちょっと惜しかった。
こんだけのキャストなのに。


ディエゴ・ルナは良い役だったね!!!
初登場シーンでは、「え?出てるの!?」って驚いたけど。
えりじうむ
ハード・ラッシュ』でやたら恰幅よくなってて驚いたけど、
今作はガタイのよさはそのままで、ガッチリスマートに戻ってた!


マット・デイモンが演じるマックスが、
体メカメカになっちゃうのを観て、
えりじうむ
予告の時点で「『アイアンマン』かい(笑)」とか思ってたら、
『アイアンマン』で悪役演じてたファラン・タヒール
今作にも登場してウケた


音楽はライアン・エイモン
『第9地区』の作曲家クリントン・ショーター
再起用すればよかったのに!
ライアン・エイモンの音楽もなかなか良かったけれどね。
特にエンディングとか。視聴はコチラ


フランス語とかスペイン語が飛び交うところは素敵だった。
あと、子役が、マット・デイモンにそっくりでよかった。


理想に燃える、未来だった。
しかしそれは、誰もが我も我もと、求めた結果だった。

今、俺は、命以上に尊いものを知る。

正しい、未来のために。


力み過ぎた感はあるけれど、
そして時折描写がグロいのはいただけれないけれど、
ブロムカンプ監督の思いは伝わる作品。


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





「第9地区」が良かったために
期待も大きかった

興行収入が期待できたため
マッドデイモンやジョディフォスターの
ビッグネームがキャスティングができたんだね

逆に無名の役者を使ったほうがよかったかな

主人公が
ラストにハッピーエンドを迎える映画が多い中

こういったラストの結末は
ニール・ブロムカンプらしさが光り
僕は好きです

次回作ができたら
また見に行きます





【2013/10/09 02:41】 URL | 庄屋弁当 #-[ 編集]

>>庄屋弁当 さん

ん~!確かに!
無名の役者を使うべきだったかもしれませんね!

期待以上の作品にならなかったことが残念です。
『第9地区』も予告を観た時点では
あんまり期待していなかったんですけどね。


でも、
また次回作に期待させてしまうところが、
この監督の凄さなのかもしれません!!
【2013/10/10 21:00】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.