ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい

信じる者に、見えてくる。

ぐらんど・いりゅーじょん

グランド・イリュージョン』を観た!
原題:『NOW YOU SEE ME

手品やショーで、細々と生活を続けてきた彼ら。
しかしある時、思いもよらぬ者から“招待状”を受け取る。
結成した、フォー・ホースメン。
彼らが魅せる最上級レベルのイリュージョンは、
観客を現実世界のより深みに誘う。
しかしそのイリュージョンが
犯罪に関わっているとしてFBIに追われることに。

どんでん返しがあるものの、
はたしてその“理由”はいかに。
しかし表面だけみればアクションもイリュージョンも
派手で楽しいよ!!単に信じれば良いのかも!!
観るなら映画館で。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

ジェイソン・ステイサム主演の
トランスポーター』シリーズ(1作目、2作目)で
注目を浴びたパリ出身のルイ・レテリエ監督
ハリウッドデビューは『インクレディブル・ハルク』。
アベンジャーズ』の前哨戦としても見逃せない1本。
そうして、思いのほか急速にその実力が期待され、
タイタンの戦い』(私は未観)もシリーズものとして滑空中。

その証拠に、本作の出演陣の豪華さといったら。
ぐらんど・いりゅーじょん
メインの4人は絶妙なキャスティング。
ここいらで役柄の幅を広げておきたい、
ソーシャル・ネットワーク』のジェシー・アイゼンバーグ
お兄ちゃんの名前に負けずに知名度を上げたいデイヴ・フランコ
華麗なるギャッツビー』ではもっと年増に見えたけど?のアイラ・フィッシャー
で、ここで比較的ベテランのウディ・ハレルソンをガツンと置く。
結構面白いメンツ。

ぐらんど・いりゅーじょん
そんな4人を追うFBI役に、
今を(すっごく!)ときめくマーク・ラファロ
マン・オブ・スティール』等、
近頃いろんな作品の脇役として出演するマイケル・ケリー
フランスのインターポール役として、
ここでフランスの名女優を持ってくるか!のメラニー・ロラン
長官だったっけな、アーティストながら
ちょいちょい映画に出てる、コモンも登場。

そしてどういうツテだが、
ぐらんど・いりゅーじょん
ダークナイト ライジング』等で共演しているマイケル・ケインと、
モーガン・フリーマンまで出てきちゃって、
(モーガン、目が辛そうに見えたけど、大丈夫かな。。。)
何、どうしたのこの映画。

正直私はまだルイ・レテリエ監督をそこまで信頼していない。
今作の原案・製作総指揮も務めた
SAFE/セイフ』等の脚本担当のボアズ・イェーキンへの
期待が高かったのだろうか。

でもルイ・レテリエ監督の名前をこうも覚えているのは、
彼の作品はアクションが最高であることを知っているから。
被写体へのカメラの距離感が絶妙で、
リアルな肉弾戦が実に上手に映し出される。
そしてカーアクションも絶品
アクションがどんなに激しくても、詳細がよく目で追える。
映画を見始めた時にはすっかり誰の作品か忘れてたんだけど、
カーアクションなぞが始まると
「うまいな~。あ、そうじゃん!ルイ監督じゃん!」と納得。
今作は1つめのステージのシーンが
あまりにカメラ動かし過ぎてやり過ぎ感があったけど。
しかしそういった意味で、
この映画を映画館で観ることをお勧めします。

ストーリーはちょっとあれかな、
ひとつのアクションサスペンスとしはよかったけど、
「え?何が目的?」っていう、押しが足りなかった。
意味を成さないというか。
それを製作が決まったらしい、続編で描くのだろうか。。。

とはいえ、『レッド・ライト』でも描かれているように、
実際はタネも仕掛けもあるわけで。
ただそれを、信じるか、信じないかは、自分次第。
ぐらんど・いりゅーじょん
ましてや、騙されたと思って憤るか、
騙されたと思って笑けるか、は、
その真実を扱う者、受け取る者の、“器”次第だと思う。

目で追うから、見えなくなる。

あらゆる真実は、求める心の、
少し離れたところで見える。


そこまで、深くを描こうとする、
押しつけがましい作品ではない。
ただ単に、目の前で繰り広げられるイリュージョン、
そしてそれに沸く観客の声援に、気持ちを乗っければ良い。
(ただ映画という“映像”だから、ホントとするのは疑わしいけれど。)

総じてしまうと、普通だけど。
ワクワクすることに、価値がある作品。

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

これだけの出演者を抱える
すっごい作品だけれども。

マーク・ラファロだけ語ります。
や、この映画を観るにあたっては、
ジェシー・アイゼンバーグの存在も大きかったんだけどね。


! 以下“かなり”ネタバレあり !




マーク・ラファロがFBI!
マーク・ラファロがFBI!
スーツ姿でFBI!
ぐらんど・いりゅーじょん
だのに普通のおっさんにしか見えない、FBI!!
そこがすごい、
全然かっこよすぎない!!
仕事できなそうにしか見えない!!

でもすっごいかっこいい!!
ぐらんど・いりゅーじょん
特に今作は、逃走するフォー・ホースメンを
追跡するっていうシーンがあったり、
そのうちの一人と拳交えてボカスカやり合う時もあって、
それをスーツでこなしちゃって、
ああこれ、マーク・ラファロのための作品だ・・・!と。
かっこいい役のはずが、普通にしか見えない、のに!かっこいい
なにこれ、マーク・ラファロにしか成せ得ないでしょ!?
だれかに指示するにも、怒鳴りつけるにも、
話し方がふにゃふにゃしている。
背も小さいし(モーガン・フリーマンと並んだ時にゃ泣けた)、
味はあっても、威厳はないのに。

こんなに卑下する意味はないのに、
でもそれでもかっこいい。なんか混乱しているよ私。

正直この映画に恋愛要素はいらなかった。
でも相手はメラニー・ロランだし、良いかな・・・。
ぐらんど・いりゅーじょん
透き通るような美人で、知性も漂う。
あぶなげなのに、しっかりしてて。
今年30歳なのか。本当に素敵だな。

マーク・ラファロの良いところは、
共演の女性をひきたてられるところ。
ぐらんど・いりゅーじょん
こうして並ぶと到底彼には
およばない女性とまで読み取れる!!

でもその派手さのない、繕いがない、
にじみ出る優しさや意志の固さに、
容貌以上の魅力を感じさせてしまうのが、マーク・ラファロ。
女性をひきたてながら、虜にさせる。

褒めていないようで、かなり褒めている。
(容姿が悪いとは思ってないしね。むしろ好きだしね。)
それにマーク・ラファロは地味ながらも演技力は高いからね。
ロバート・ダウニー・Jr.と共演した
デヴィッド・フィンチャー監督作品『ゾディアック』での出会いから、
ずっとずっと彼の魅力に惹き込まれてきたけど、
いつからこんなにゾッコンになったかわからない。
(「マーク・ラファロ」でブログ内→検索!)
しかしこうしてどんどん役の幅を広げてって、
アクション映画にも登場するようになって、
今後がすっごい楽しみだよね。


しかし、ラストのオチはどんなもんでっしゃろ。
実は自分がそうでした、「近すぎてわかんなかったでしょ?」って。
映画として言わんとしていることはわかるけど、
結局それでこの、ディラン・ローズ捜査官は何をしたかったわけ?
腕のいいマジシャンを集めて、これから世界を支配しようとかそんなん?
フォー・ホースメンは自分たちの影響力を感じるだけで満足していた。
でも、ディラン・ローズがこの先求めているのはなんなんだろう??

映画のオチであり、オチでしかない。
それ以上には解釈できないラストで、そこが凄く残念。

逆に、フォー・ホースメンだけは
正体を知っていて良かったんじゃないか?
そうでないと、かなりつじつまが合わない。


それにしても、
ルイ監督の『インクレディブル・ハルク』で
ハルク役を演じたエドワード・ノートン
それが、『アベンジャーズ』の映画化に向けて降板してしまい、
代役となったのがマーク・ラファロ。
そのルイ監督が、今作『グランド・イリュージョン』で
マーク・ラファロを起用するとか、一体どんな因果なんだろうか、と。


あと音楽は、ブライアン・タイラー
アイアンマン3』で良い仕事してました。
(今作の音楽はいたって普通だったけど。)

そうだ、ルイ監督作品の割には、
寒いギャグがなかったなぁ。
展開の要所要所でのセリフとかも面白かったし。


そしてやっぱり、この2人お似合い
初めて画面上で並んだ時、ナイスキャスティングだなって思った。
ぐらんど・いりゅーじょん
こんな夫婦あこがれるわー!


そういえば私も今年、とあるイベントで、
マジシャンにお呼ばれしてステージに上がりました。
「手伝って。」と言われて、小さなテーブルの上に敷かれた
テーブルクロスの四隅を、マジシャンと一緒に持ち、それを持ち上げると。。。

観ていた人たちが一斉に「わーー!」と歓声を上げる。
私は最初何が起きたのかわからなかったんだけど、
持ち上げたテーブルクロスの下を覗くと、
なんとテーブルごと浮き上がっているではないか!!!
「え!?」って感じだった。意味わからんと。

マジシャンは上から糸がつるされていないことと、
そしてテーブルの下には何もないってことを観客にアピール。
その間も終始私は意味不明で、何が起こっているのかさっぱり。
そして私の力なんて当然関係ないのに、
魔力が切れてテーブルが落っこちるのではないかと心配で、
クロスから手が離せなかった。
あの瞬間、完全に何かを信じ切っている自分が、
凄いというか奇妙というか、イリュージョンって感じだった。

間近で見ても、タネも仕掛けもわからない。
気味が悪くて、大好きです。

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





 なるはさん、おはようございます
 
「軒醒め」(飲み屋のドアを出ると酔いが醒める~出来の悪い安酒のコト)って言葉を思い出した作品。(笑)
映画館を出る頃には沢山???が出てくるんだけど、観てる時は凄く楽しい。
決して安酒ではなく、僕にとっては良い酒でした。
臨場感がとても良い映画なので、TV画面より断然、映画館で観るべき作品だと思います。

一切予備知識なしで観たので、OPでビルに浮かぶ数字に吃驚、一発で引き込まれました。
(あれで、次の一番胡散臭い「メンタリスト」を「アリかも」と思わせてしまう効果があるから、その意味でも上手い)
フォー・フォースメンの配役はピタリと嵌ってて絶妙でした。

問題は、やはりフォー・フォースメン達の動機でしょうね。
結局、これは「アイ」の入会試験だったと思ってるんだけど、
その「アイ」のステータスを実感出来ないから、4人が全てを賭けてる気持ちがイマイチ伝わらないんですよね、「何で?」になっちゃう。
終わり方「ファンタジー」だし。(笑)

恋愛要素は要らない>要りませんね。(笑)
メラニー・ロランは「イイ女」だったけど、それだけでした。
この監督、男女を描くの下手、と言うか、もしかしてセンスが無いのかなァ、他観てないから解らんけど。
(とにかく、スピード「命」の映画だから、恋愛パートでノンビリしたくなかったんでしょうね)

え~と、ラファロ君は・・・。
男には興味がない。(笑)
イイ男だと思いますよ、はい、キッパリ!
大体、この作品、「天晴れ!銭形警部」ですもん。
QBのシーンなんか、モロに「銭形」してました(ゴメンネ)。

「続編」は、「軒醒め」にならないといいな。(笑)
でも、好きな作品でした。

【2013/11/17 09:33】 URL | 鉦鼓亭 #AM34sMcQ[ 編集]

>>鉦鼓亭 さん

コメントありがとうございます!
そして先日はこの映画をお勧めいただいて
ありがとうございました!!

>映画館を出る頃には沢山???が出てくるんだけど、
>観てる時は凄く楽しい。

これ、実はごもっとも。
振り返ってみると「・・・あれ?」って思うんですけど、
観ている間はホントに楽しかったんです。
映画館の観客の雰囲気もみんな朗らかで、
自然と笑い声が出てしまう感じ。
駄作にするのは勿体なくて、
楽しければそれでいいじゃないって思える、良作でした。

私は黒幕の動機がピンとこなかったです~~!(><)
フォー・ホースメンは自分たちの影響力を感じられて
嬉しそうだったからそれでいいかなって思っちゃいました。

そしてまさに、「銭形」です(笑)
むしろ褒め言葉では??(^皿^)
恰好がつかないんですよね、翻弄されまくって。
でもそれでも全力だからかっこよかったんです☆

続編は・・・・・・・
動機をしっかり描いてくれると良いですね~!
【2013/11/17 11:26】 URL | なるは #-[ 編集]

こんにちは、月見バーガー(快眠ねぼすけ)と申します。

ブログ記事、楽しく拝見させていただきました。(o^-^o)
ジェシー・アイゼンバーグとモーガン・フリーマンの絡みのシーンとかもあるんでしょうか?

ランキング、ポチっ♪凸凹

お時間がございましたらこちらへも遊びに来ていただけるとうれしいです。
http://www.futon-mail-order.jp/tukimi/
(DVD映画とかチリワインとかの雑感を書いてます)

参加ランキングへのポチやツイート&フォローなんかもいただけたら最高です。m(_ _)m

また、お伺いしますんで^^...

追伸
twitterでもツイート&フォローさせていただきました。。( https://twitter.com/kaimin_nebosuke )
【2013/11/17 14:42】 URL | 月見バーガー #-[ 編集]

>>月見バーガー さん

こんばんは!
足を運んでいただいてありがとうございます!
それにフォローまで!!(◎Д◎;)

ジェシーとモーガンが絡むシーン・・・
そういえば、なかったかもしれません!?
(あれ??それくらい記憶に残ってません、
 2人の共演シーン。。。)

ワインと映画。。。
素敵な組み合わせのブログですね!
ワインを覚えたいな~なんて
いっちょまえに思ってたりするので
参考にさせていただきます♪

参加されているランキングは、
お仕事のお布団の販売関連でしょうか??
リンクは検討させていただきますね!
【2013/11/17 23:56】 URL | なるは #-[ 編集]

なるはさん どうもどうも
お久ぶりでございます
やっぱり 鋭い視点で 見てますねぇ
好みのお顔が共通してますことに
思わず ニヤケてきます
ジェームズにいちゃんの
スプリングブレーカーズを見ましたか?
この作品は 彼がとってもセクシーですよね 
【2013/11/18 20:57】 URL | きょうこくるーにー #-[ 編集]

>>きょうこくるーにー さん

こんばんは!
わざわざ足を運んでもらってしまってすみません!

好みが共通してますか(≧∀≦)フフフ
ちょっと濃い系ですか(≧∀≦)フフフ

『スプリング・ブレイカーズ』、
実は見逃してしまいました・・・。悔しいです・・・。
いずれ必ずチェックします!!!
【2013/11/18 21:15】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.