ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
古き良き時代に想いを馳せ、
変わらぬ人間たちの愚行に嘆く。


おんりー・らヴぁーす・れふと・あらいヴ

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』を観た!
原題:『Only Lovers Left Alive

人類の歴史を
垣間見てきた吸血鬼たち。

彼らは何百年もの歳月を過ごしては、
血なまぐさい争いや、伝染病、災害に胸を痛めてきた。
一方で、人類の文化に大きな貢献をしてきた。
それが彼らの誇りであり、
どこかで物悲しさも覚えている。


しかし、人間の生き血が糧である吸血鬼。
アダムはゾンビたちをさげすみながらも、
己の生き方を肯定できずにいる。

ん~これは、とっかかりづらい。
これはこれで良いと言えばそうだし、
退屈と言えば退屈である

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

キャスティングからも察するに
雰囲気重視。

おんりー・らヴぁーす・れふと・あらいヴ
そうだと予告で感じ取れたし、わかっていて
ただただトム・ヒドルストンティルダ・スウィントン
吸血鬼な姿が観たかったんだから、文句は言えないんだけど。

その他、ミア・ワシコウスカアントン・イェルチン
そしてジョン・ハートが出ると知った時にはもう、
キャスティング担当のエレン・ルウィズさんと
ジム・ジャームッシュ監督の好み爆発なんだろうなって。
エレンさんはひっぱりだこのキャスティング担当さんみたいだけどね。
特にマーティン・スコセッシ監督に重宝されているようだ。

みんなかなりの演技者だけど、
プロモーションビデオ的にしか思えなかった。
おんりー・らヴぁーす・れふと・あらいヴ
いいから、俺の作った映像眺めていろよ、とばかり。
映画始るなり、Wanda Jackson:『Funnel Of Love』の
レコードスロー再生は良かったものの、
レコードを模して画面がぐるぐるするのが長くて、
「ああ凝りすぎの鼻にかかるタイプだ」とげんなり。
彼らの時間的感覚を表したんだとは思うんだけどね。

つまりは、感情移入をあんまりさせないというか。
美的感覚を全面にだだ漏れしたいという欲望だけというか。
(私もこういうブログをやっている以上、
人に自分の価値観を押し付けてはいますけれども。)


そのくせ、美意識は割かしありがちな。(なんつったらオコガマシいが。)
セットや小物はかなり凝ってたけれど。
ハマる人にはハマるだろうね。でも万人ウケではない。
でもその限りある人対象が解かるなら、それはそれで成功だと思う。

わからなかったくせに、わかったフリはしたくないので、
正直に言うしかない。

早く言えば、
ああこんなにガクッと
寝入った映画初めてだわ~~

大好きなトム・ヒドルストンにすら、
「それで、彼の魅力ってなんだっけ?」とぼんやりしてしまうほど。

とはいえ、私の解釈不足だったみたいだ。
トムヒが語る、この役、この映画の解釈には眼からウロコで、
ガチで愛の話だったのか、と。
互いに愛し慣れた老夫婦に、
重ねられるほどの経験値を持ち合わせていないゆえ、
どこにどう共感し、彼らの行動に理由をつけていいかわからなかった。
いっぱいロマンチックなこと語っていたのに、
最後で「それ?」って思ってしまったし。
奔放で、唯一無二の吸血鬼という感じとしては、
自由で、“ありきたり”な悲壮感がなくてよかった
けどね。

ギターや音楽、文学に対する蘊蓄にもちょっと辟易。
わかっている人には、「私も知ってる~!」って
テンション上がるだろうけど。
ええ、ここらも私の知識不足ではあるけどね。
おんりー・らヴぁーす・れふと・あらいヴ
アダムの音楽と化学の虫っぷりはかわいかったけどね。
またこれ、セリフへ完璧に感情乗せてくるから、
蘊蓄を垂れ流しても耳には心地良いんだけどね。

人類に美学を。

愛に隔てを。
然れば、長く繁栄するだろう。

何が口惜しいって、
トムヒ噛んでない。

おんりー・らヴぁーす・れふと・あらいヴ
もっとニョキニョキ八重歯も見せてほしかった。

まぁこれが、現代の吸血鬼たちの
つつましい生活風景です。

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.