ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1月末から怒涛の大作映画公開ラッシュ。
その関係で、大スターの来日も立て続きました!

ラッシュ/プライドと友情』で
クリス・ヘムズワースダニエル・ブリュール
ロン・ハワード監督が来日。
クリヘムは『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』の
公開イベントも兼ねて初来日です!!!

そして『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で
レオナルド・ディカプリジョナ・ヒル
マーティン・スコセッシ監督も来日!!
日本列島、大深呼吸週間到来でした!!(←私だけ?)

というわけで!!!!
せっかく来てくれたんで、
くりへむらいにち
空港にお出迎え行ってきました!!
いずれもへっぽこ写真ですが、ごらんください

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

アベンジャーズ』公開時、一旦来日のうわさが出たものの、
「やっぱ中止!」になってしまったクリス・ヘムズワース。
それがようやく、今年「本当に来日するよ!」ってなったわけです!

同時期に、レオナルド・ディカプリオも来日するってんで、
クリヘムの空港お出迎えはあきらめようかなと思ってました。

しかし、クリヘムは土曜日に来日。
ディカちゃんは平日来日とわかり、
そうしたらディカちゃんに会いに行くのは無理だから、
じゃぁやっぱりクリヘムに会いに行こう!!と。
「クリヘム1番大好き!」な人にとっては失礼な話ですが、
それくらい、ディカちゃんがずば抜けて好きってことだけ
どうかお知りおきくださいませ


ブラッドリー・クーパー
世界にひとつのプレイブック』を引っ提げて来日した際、
ジャパンプレミアを当ててくれた方(以下Sさん)と今回、
空港でクリヘムの来日待ちをしました。
(今回も本当に本当にお世話になりました・・・!)

映画関連の公式twitterアカウントにて、
夕方に来日という情報が流れました。
その情報を元に、あれこれ練って、考えて、
どこでならクリヘムに会えるか、みんながみんな全力でした。


大急ぎで書いた旅行記『ドイツキ。(2日目:後編)』。
そこでも書いたとおり、
実は私は運よく、昨年ドイツのベルリン
生クリヘムに遭遇することができました。
もしあれが、狙った上での遭遇だったなら、
クリヘムの写真に
ちゃっかりサインをもらっていたことでしょう。

しかしながら、予期せぬ事態だったために、
あの時は何ももっていなかったので、
写真におさめるだけとなってしまいました。
(それだけでもかなり幸運なんだけどさ!)
だからこそ、なおのこと、リベンジ!!!
らいにちくりへむ
ベルリンで撮った写真にサインもらいたいなぁと!
あわよくばツーショットも撮ってもらいたいなぁと!

(ベルリンで買った雑誌はゲン担ぎと台紙代わりに


=====1月25日(土)

なんとか最前列を陣取り、
あとはクリヘムの日本列島上陸待ち!
成田空港内の期待は、最絶頂を迎えます。
(行儀よくね、とSPさんに諭されながら。)

というわけで、クリヘム登場!!!
(歓声がいったん上がるも、みんな興奮を極力抑えてました 笑)
らいにちくりへむ
姿見るなり、思わず
「(やっぱ)デカぁクリヘム!!!!」と驚嘆!!
丁寧に、ファンサービスを始めるクリヘム。
ベルリンプレミアでのことを思い出した。
どんなにたくさんファンがいようと、
頑張って頑張って頑張ってファンサービスし続けるのだ。
らいにちくりへむ
しっかもこんなに優しい笑顔で!!!
そして時にはこうして、
ファンの目線にまでかがんで。
らいにちくりへむ
今回初来日をしたクリヘムだけど、
彼のファンサービスは大好評だったらしく、
「クリヘム優しい!」と、更に人気を高めたんだろうな!

クリヘムが近づいてきたよ~~~!!!
らいにちくりへむ
この頃は既に私の周りは押すな押すな状態で、
隣にいたSさんは押されて、どんどん前のめりに。
SPさんがようやく注意してくれる。
らいにちくりへむ
列の3分の1くらいまで、サインを終えたクリヘム。
この時点でもまだまだ笑顔を絶やさず、
ファンからの声かけにも応えていました!!

隣にいたSさんが、サインをしてもらい、
そしてツーショット撮影に成功!

いよいよ私の番!!!フンガフンガ
なんとしてでも、
「(私があたなを)ベルリンで撮った写真です!!」ってことを
伝えようと必死でした!!!

そして写真を指さし、
「ベルリンプレミア!!!」とだけ伝えたら、
「ああ~~~ん???」とだけ言われました。
っていうのは、記憶違いでした!!!
なんと録画していた方が、その場面をしっかり納めていてくれたのです!

※アップ主様に掲載許可の確認が間に合わなかったので、
何か問題がありましたらお知らせください!

5分19秒から、【クリヘムと私タイム】です。←調子乗った
「ベルリンプレミア!」と伝えたら、
めっちゃ友好的な反応
最後にはハハハって笑ってくれてました!!!
(こんな素晴らしい瞬間も、興奮で記憶吹っ飛んでたという・・・)

たぶん、クリヘムの抱いた感情的には、
え?(ベルリンプレミア?あぁ写真がね・・・ん?)
 君・・・(その場にいたの?でもそれわざわざ聞くの面倒だし、
 そこまでやるとはアホな子だなぁ)ははは」な感じだったでしょう
青字が実際聞こえた部分)
何にせよ満足です!!!
めっちゃビターな声、優しい笑顔、
真ん前で見れて幸せだった・・・


しかも、そのクリヘムのどアップの写真プラス、
台紙のつもりだったベルリンで買った雑誌にまで
サインをしてくれて、超私お礼申しました!!
優しいなぁ、気の回し方が優しい!!!
らいにちくりへむ
(ベルリンから数えて)たった3ヵ月越しだけど、
念願のサインをもらえました!!!
クリヘムは気合が入っていると(時間的に余裕があると)、
サインをした後、右上にダアァァァンッッと点を打ちこみます。
ソーの武器、ムジョルニアを地面に打ち付けるレベルの強さです(嘘)
今回サインをもらえた方、点入っているか探してみてください(笑)

そしてツーショットも!!!!
らいにちくりへむ
自分で撮ったので、ピンぼけしましたが・・・。
そしてブラッドリー・クーパーの時に反省したので、
今度こそ冷静に、すまし顔で撮ろうとしたけど、
結局ゲヘヘ顔をしてしまい大失敗

ところで、今後の参考までに(←)、
今回“クリヘムにシャッター押してもらってツーショット撮った方”いますか??
ブラッドリーは自分でカメラ持ってくれて、
自らシャッター切ってくれるんだけど、
(更には撮るのがめっちゃうまいんだけども)
クリヘムはカメラ渡そうとした人を、拒否ったように見えたんだよね。
(そりゃちょっとでもカメラ預かった瞬間に壊しちゃったら大変だしね。)

で、これも毎回お約束なんだけど、
また握手してもらうの忘れた!!!
なので、後から手を差し伸べたんだけど、
完全にタイミングを逸しており・・・。

そしたら隣の女の子がクリヘムに、
「触って良い??」と聞いてくれて、
クリヘムは、ちょっと考えたのち、
ニヤッとして「良いよ」って言ってくれて、
ごめんなさい、便乗して私も触っちゃいました
前腕のあたりを触ったら、
クリヘムの肌と産毛の感触が
即行SPさんに「はい、いいかなー」って注意されたけど!!
隣の女の子に、「ナイスです!!!」ってお礼しました。
(あの女の子と波長合いそうだったなぁとか。すっごい良い子だった!)

私が反省したのは、
サインをもらって自分の要が済んだあと、
すぐに後ろの子に場所変わってあげればよかったなってこと。。。
らいにちくりへむ
だのに、すっかり見入ってしまって・・・!
数十秒間、生クリヘムをぼ~~っと眺めてしまった
だってもおおお、えっらいイケメンなんだも~~~ん
でも、次回こういった機会があったら、
ちゃんと他の人にも回るようにしよう・・・!
らいにちくりへむ
笑った時の目じりのシワかわええええ
もう目が離せなかった!!!絶品だった!!!

あと、友達に写真を見せた時に言われたのが、
「これ成田到着時だからTシャツなんだよね。
 イベントじゃスーツだから、こんなに彼の筋肉見えないよ」。
らいにちくりへむ
ごもっとも!!!!!!
だからこそ、クリヘムの腕(産毛)触れたわけだし、
上腕二頭筋および前腕の立派な筋肉
しっかり見れたわけなんだよね!!!!
くりへむらいにち
見てくださいよ奥さん!!!
この背中の逞しさを!!!
超かっけー超かっけーーー

最後の最後まで、サービス水準を低めることなく
ファンに応えたクリヘム。
メディアの撮影を終えた後、
再びファンに手を振り、去っていきました。

クリヘムの姿見えなくなった後の、
みんなの感嘆の声・・・!!!
「ふわあああ」っていう気が抜けつつも、
恍惚感いっぱいで、みんな目がハートでした!
あの感嘆の声まで、クリヘムに聞かせたかった。
みんなあなたの来日を待っていたんだよって!
それほど大好きなんだよって!!
クリヘム、本当にありがとう!!!
今思えば、私、
ハリウッドスターを空港にてお出迎えするのは初めてでしたわ。
(バルサの選手が来日した時は成田に行ったけど!)

しかもブラッドリーと出会ったのが丁度1年前の1月24日
まるっと1年後の1月25日に今度はクリヘムに会えて、
またこれもなんだか不思議な感じでした!
(昨夏、クリス・パインをお出迎えしなかったことがちょっと後悔だけどね。)


=====1月27日(月)

今度はレオナルド・ディカプリオが、
自家用機で羽田空港から来日するという。

さらに、またもメディアは夜に空港に行くよ~的な情報を流していた。

私はこの日、20時までの勤務の日で、
お出迎えは無理だわ~~と思っていた。

しかしなんと、20時過ぎてもまだ到着していないというのだ!
しかも既に空港に到着していた知り合いの方(以下Mさん9に
「来ないの??まだきっと間に合うよ!」と励まされ、
まじか・・・いちかばちか・・・!?
空港へ向う決心がつきました!!

とはいえ、何時間も前から陣取っているファンが大勢で、
私が到着した頃には、既に羽田の国際到着ロビーは大混雑!
(韓流ファンとも混じってたらしいんだけどね。)
前から4、5番目くらいの位置だったので、
これはもう、ディカプリオがただ見える程度だな・・・と。
(Mさんとそのお友達の方たちは1番前を確保できたとか!)


なかなか到着しないディカちゃん。
いよいよみんな我慢の限界といった感じで、
もはや待ちきれない様子。

でもようやく、到着したとの報告がSPからなされる。
そしてついに、ディカちゃん登場!!!

そしたらもうディカちゃんの人気は、
クリヘムの比じゃなかった。
もはや戦場。
半端ない押し合いへしあいで、転倒寸前
ディカプリオの人気の高さを痛感したのでした
(というかクリヘムよか断然知名度高いしね・・・!)
あとみんな、「何時間も待ったんだから!」という感じで、
なんとしてでもサインをもらおうと殺気立ってた・・・!

で、私が比較的まともに撮れた写真は、これっぽっち。
でぃかちゃんらいにち
写真わかりづらい!!って方には、解説版→でぃかちゃんらいにち(クリックで拡大)
そう!!なんと、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で共演、
マネーボール』で印象的な演技を見せた、ジョナ・ヒルも一緒だった!!
普段まわりにはジョナ・ヒル知っている人は少ないけれど、
あの場ではみんなが
「ジョナ・ヒルだ!」「ジョナー!!!」と歓声を上げて、
めっちゃいいわ~と思った

前に来た!!!
目の前に来たよディカちゃん!!!!

でぃかちゃんらいにち
この時にはもう、サインをもらえなかったファンたちが
どんどん流れてきて、土石流のように体が巻き込まれそうだった・・・!
写真もまともに撮れない・・・!!

これが一番間近で撮れた写真(ぶっれぶれ)。
でぃかちゃんらいにち
この時に簡易な柵が決壊寸前で、
ファン全員が危険なほどに前のめりに。

この時はさすがにディカちゃんも困惑して、
後ずさりするしかなかった・・・
そして日本人のSPや警備さんを目で探して、
「(ねぇこれ大丈夫・・・?)」って不安そうだった
ごめんねディカちゃん・・・!!!!
困惑するディカちゃんはひどく絶品だったけど、
ディカちゃんですら自分の身に危険を感じてしまうほどで、
そんな思いをさせちゃってほんと申し訳なかった・・・!

ディカちゃんはクリヘムとちょっと違って、
サインが非常に簡素で、
(それが効率的で、時間が限られているから仕方ないんだけど)
ツーショット写真も応じなかった模様。
サングラスをして、帽子を目深にかぶったりと、
いろいろ彼も大変な思いをしてきての、
姿勢なのかなぁ
って感じた。
(クリヘムもこれ以上人気になったら、
 いつかファンサービスを控えめにするかもしれないね。。。)
サインや写真が転売されたりすることで、
嫌な気持ちになったこともあったのかもしれない。
彼のものと判別があまりつかないような
サインをすることに、意味があるんだろうね。

でも、ディカちゃんの真のファンなら、
それが雑・テキトーとは、感じない。
要は、サインや写真だけが目的じゃない。
ディカちゃんと同じ空間にいることが第一。
そして第二に、どんな形であれ彼との接点がもてれば最高なのだ!
羨望と尊敬の対象であるディカちゃんが、
スクリーンでなく、現実にそこにるということ。
それが最高級のひとときで、
だからこそ、わざわざ空港に行く。
そしてできれば最前列を陣取って、接触を試みる。

最後の最後まであきらめずに、
彼の後を追い、サインを必死にねだるファンも多かった。
(私はあきらめた 笑)
最後には簡易の柵が決壊。
壮絶な数十分間だった。
よく、日本人は中国人や韓国人の気性の荒さを指摘するけど、
私は日本人の、この隠れた気性が恐くて仕方ない
(自分もこういう場ではネジ取れるけど。)

ブレブレの写真という収穫のみ。
仕事帰りには堪える熾烈なバトル。
正直、すべてが終わったあと呆然だったけど、
あの場の全員がディカちゃんに狂ったことが、
なんだが笑けてきた

またも、ハリウッドスターの凄さに中(あた)り
ほろ酔い気分で、妙にテンションが上がっていた。
あの人たちのあの
存在感は何だろう!?

解明できない、奇妙な恍惚感、麻痺が、
生ディカちゃんを見れたんだ、という実感に変わる。

最前列を確保できたMさんたちは、
ディカちゃんとジョナ・ヒルのサインをもらえていました!
羨ましい!

みなさん、みなさん、
本当にお疲れさまでした。


クリヘムの話に戻りますが、
初来日であれだけファンが集まってくれたら
「また来たい」ときっと思ってくれるはずです。
ディカちゃんも、これからもプロモーションでも、プライベートでも、
たくさんたくさん来日してほしいです!
(今回はお母様も連れてきてたとか!)

以上、
空港お出迎えレポートでした

なお、掲載した写真や動画に何か問題や疑問がありましたら、
お声掛けください!早急に対応いたします!


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:俳優・男優 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。