ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


陰の光石。

えーじぇんと:らいあん

エージェント:ライアン』を観た!
原題:『JACK RYAN: SHADOW RECRUIT

あの日の、衝撃。
ただ、知識だけを追い求めてよいものか。
国のために尽くす、即戦力が要るのではないか。
しかし意志、半ばで。
無力さに苛まれながらも、
新たな道をみすえ、歩み出す。
その精神力、知力、体力。
逸材は、公に採用しない。
ジャック・ライアンの極秘任務がはじまる。

なんか面白かったよ!!!!
真新しさはそんなにないのに、
過不足なくて、久々「あーッたのしー!」っていう
アクションサスペンスを観れた喜び!!
映画館で観よう!!!

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

ニキビづらの高校生(by母)もとい、
(※注意※ ニキビはありません!)
えーじぇんと:らいあん
えっらいかわいこちゃんクリス・パインへの
贔屓目とお思いでしょうが、それを抜きにしたって、
想像以上に面白い映画だったわけだ!

予告観る限りでは、並なスパイアクションかと思ったけど、
実際はソツなくよくできた作品で、
この際、シリーズ化をしてほしいほどだった!

このテの映画において、
“どこかで観たような展開”はつきもの。
もちろん全く同じ作品はないにしても、
他作品との差別化をはかるのは至難。

でもそれは、トム・クルーズ主演『アウトロー』にも言えること。
なにかの映画に似ているんだけど、
でも、脚本力だったり、撮影力だったりで、
評価を抜きん出すことができる。
『エージェント:ライアン』は『アウトロー』ほどの
抜群のセンスがあるわけではないけど、
えーじぇんと:らいあん
物語のテンポといい、
手堅くスタイリッシュなアクションといい、
それぞれ心満たす要素が統合した、安定の1本だった

そして何より、
えーじぇんと:らいあん
クリパの演技が気持ちいい!!!
ただのデキる男というよりは、
頑張るから成果を出す男、というキャラクターで、
それはクリパが演じるからこそ成せる雰囲気だと思う。
ハフハフ汗かきながら任務をこなす姿を観ていると、
がんばれ!!!がんばれ!!!って応援したくなる。
そこが、母のいうニキビづらの高校生・・・
つまり、部活動に全力で励む高校生みたいに見えるのだ!!

J・J・エイブラムス監督の『スター・トレック』で
主演を務めてババンっと名を上げ、
続編『スター・トレック イントゥ・ダークネス』では、
がちっと主人公の風格を表現しきったクリパ!!

アンストッパブル』で名優デンゼル・ワシントンと共演した際、
デンゼルと演技力の上で見事な均衡をとり、
Black & White / ブラック&ホワイト』で
肉弾(一応)アクションもこなせることを証明。
かと思えば、えっ・・・と思わすような暗殺者を
スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』で演じてみては、
演技力に幅があることを強調。

着実にキャリアを積んだ後の、
納得の本作での主演だと思う。
とはいえ、まだクリパの出演作が
どこまで信頼できるかは未知数。
(ほぼ出演作に間違いがない
 デンゼル・ワシントンとは雲泥の差だ。)

でもこの映画自体の手応えにより、
こうした映画でクリパが主役として演りきったことに、
大きな意味があるなぁと思える!
クリパに良い映画が巡ってくるようになったのだ。
「ぜひともクリパくんに演じてほしい」という作品が、
歩み寄ってくるようになったのだ。
そうとまで自信をもって、評価できる映画なんだ。
今後、彼の出演作はちょっと期待してみても良いかもしれない。

今年で34歳になるクリパ。
(ていうか映画デビューしてから、今年でたった10年!?)
まるっと一回り下の、大学生役もキラキラこなせてしまうクリパ。
えーじぇんと:らいあん
このかわいさが、後のキャリアの足かせにならないか
心配になるくらいのキラキラ具合だけど、
何せが良く、間合い狙ったシーンでも、
「その筋書き、初めて知った!」とばかりの反射神経を見せる演技が、
外見のリスクを一蹴するだろうて。
この先も、キラキラすくすく活躍してほしいね!!!

と、いきなりクリパの頭みたい(←)に、
頭でっかちな入りになってしまったが。


国のために尽くしたいと
そう誓った、あの日。

動機としては充分だ。
きっと同じく心を動かされた若者が
たくさんいたに違いない。

国のためにすべてを捧ぐこと。
それはけして苦痛ではなく、自然なこと。
それが、器というもの。
えーじぇんと:らいあん
「きみだから、できる。」


分析官:ジャック・ライアン、

きみの舞台は、表の陰。

もう1回観たいくらいだ!!
ぜひとも映画館で観てほしい!!
(それにしても予告、やたら巧妙だな。笑)

そしていつか、原作にあたる
トム・クランシーの“ジャック・ライアン”シリーズ15冊を
読んでみたいなぁと思う。
クリパが演じるジャック・ライアンと
「イメージが違う!」という驚きをきっと味わいたいし、
シリーズ化を強く願う理由にもなりそうだ。

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

先にその他のキャストについて。
(まだクリパについて語る気か。)


近頃“パパ”的ポジションの存在感目覚ましい、
ケヴィン・コスナー!!!
えーじぇんと:らいあん
大作にまた、続けざま出るようになったね!
マン・オブ・スティール』での“父親”としての偉大さ。
あの作品で、すっかりケヴィン・コスナーに胸を打たれたわ。

本作でもジャック・ライアンの素質を見抜き、
「心配はしていない」とは口で言いつつも、
とあるシーンでは(セリフはないけど目で)
「ったくあいつ無茶しやがんな!」って心情を表現!
ひやひやする父親的視線に、
スコーーーーンッと心引っ叩かれた!!
あの一瞬の、ケヴィン・コスナーのカットを差し込むあたりも、
この映画の巧さだなって思う!!


あと、初登場シーンでうぅわっってなったのが、
えーじぇんと:らいあん
映画内の写真が見当たらなかった~~
ミハイル・バリシニコフ!!!!!
現在66歳のロシア人バレエダンサー。
私もちょっと前に凄いハマって、
彼の映画出演作『ホワイト・ナイツ』と『愛と喝采の日々』、
そしてドキュメンタリーの『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』 を観たなぁって。
歳とったら、なんだかマイケル・ダグラス似になったけど、
(今も素敵だが)若い頃超イケメンで・・・!
最近の映画出演歴はわからないのだけれど、
そうか、まだまだ精力的に活躍しているし、
ロシア人が出てくる映画に、出演する可能性も今後期待して良いわけね!


あとデヴィッド・ペイマーを久々観た!
外務省かなんかの役で、ちょっとしか出演時間なかったけど、
ロバート・ダウニー・Jr.主演で名作の『愛が微笑む時』で
バスの運転手役やってたね!
オーシャンズ13』では具合悪くさせられたカジノ客役だったね!

それくらいです。
(わ~、ヒロインについてはノータッチ★)


監督は『マイティ・ソー』のケネス・ブラナー
なんだよーーこんなに良い映画撮れるんだったら
『マイティ・ソー』ももうちょっと面白くしてよーー。

ていうか、何気にあのアマデウス・モーツァルトのオペラを、
映像化かつ堂々演出した作品『魔笛』の監督でもあったんだね!

この監督は役者としても活躍しており、
本作のロシア人実業家ヴィクトル・チェレヴィン役を演ってるよ。

あれ!?ロバダニも出演している『相続人』の主演の人だったか!!
いろいろ脳内で繋がってないぞ・・・!(笑)

音楽もなかなか良かったな!!
務めたのはパトリック・ドイル
いくつか過去に、彼が担当した音楽の映画を観てたりするけど、
(『マイティ・ソー』含め)あんまり記憶に残ってない。
本作もけして印象深いわけではない。
でもサスペンス映画にもってこいの曲調で、
場面を盛り上げるに長けていた!
エンディングクレジットの、数字から英字が現れる演出と相俟って、
エンディング曲の効果で、映画の余韻、長続き


それでは最後に、
もう一回クリパについて!!!


最近、クリスで忙しい。
トムでもかなり忙しいけれど、
クリスでも忙しい。


キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』で、
アベンジャーズ』のメンバーに堂々仲間入りし、
THE ICEMAN 氷の処刑人』や『スノーピアサー』(あえなく未観)で
演技力が高いものの、将来の方向性を模索し、
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の公開を控える、
えーじぇんと:らいあん
クリス・エヴァンス!!!!
クリスの中で、最も早く好きになったクリス!!

そして近頃大騒ぎ(私がさせられてる)、
マイティ・ソー』で『アベンジャーズ』メンバーに堂々仲間入りし、
続く『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』でも存在ある主演を務め、
スノーホワイト』でクッソかっけぇ狩人を演じつつも、
レッドドーン』ですっごいずっこけて、『ラッシュ/プライドと友情』でようやく
内容の濃い作品で演技力も果敢にアピールの、
えーじぇんと:らいあん
クリス・ヘムズワース!!!!

そして本作の、めたんこキュート
えーじぇんと:らいあん
クリス・パイン!!!!

あぁ!!みんなちがって、
みんないい!!!

ほんとみんな、おんなじくらいすっごいすき!!!

でもこれらクリスの中でも、
一番将来有望なのがクリス・パイン

クリヘムは年齢的にも一番若いので、
演技力の上で物足りない部分があるのは
いたしかたないかなって思う。
だからこそ、ロン・ハワード監督『ラッシュ』の出演は
すっごく大きいことで、今後の弾みになったけどね!!
この先、どれくらい演技力が伸びていくかは、
どれほど良い出演作や共演者がめぐってくるかにもよるので、
期待を持ちつつも、様子見の段階。

そしてクリス・エヴァンスは、
ダニー・ボイル監督『サンシャイン2057』での演技で
何度だって泣かせてくれる
セルラー』や『スカーレット・ヨハンソンの百点満点大作戦』で駆け出した後、
ダニー・ボイル監督作品に出れたことで一気に自信になり、
高まる評価によって、演技力がますます磨かれていった。
彼のその力の伸びしろは計り知れない。
しかし彼はこれほどの演技力と容姿を持ち合わせていながら、
それにそぐわぬ繊細さの持ち主だった。
キャプテン・アメリカという役柄で、
確かな人気を得てしまった彼は、
“スター”という重みを感じてしまっている。
製作側に回りたいと願い、
俳優業もお休みしたいと言うようになった。
すごくさみしい。
どこまでも飛んでいけそうな演技していた彼が、
悲しみを背負って、演技をするようになってしまった。
それでもきっと強い人だから、
自分の中でしっかり答えを見つけてくれるだろうけれど、
ここぞという今、踏ん張り時に、
“休業”という凄くもったいない言葉を発してしまったなって。

まだまだ私はクリス・エヴァンスに期待しているから、
彼を否定しないし、どういう決断をしても応援する。

でもきっと、そういうこと。

それが、器というもの。
えーじぇんと:らいあん
「きみだから、できる。」

クリパの演技はなんていうか、
少しも考えていない。
って言うと語弊があるけど(笑)
もちろん役作りのおいてはかなりまじめそうだ。
落とし込んで、すっごくよく研究していると思う。

だけどいざカメラが回ると、
サッと考えを1回捨てきってる感じがする。
「ああしよう」「こうしよう」なんて考えてたら、
予測可能な演技になってしまうのをわかっている。
そしてそれが、演技の勢いを、
果てには映画の展開を止めてしまうと知っている。
だから、集中力を高めに高めて、
本番で良い演技ができるように全力で臨む。

そうすることで全く力を入れずに、
しかも予期せぬほど自然な反応で、
感覚的な演技を見せることができる。


! 以下ネタバレあり !





一番感激したシーンは、
ホテルで2コール電話が鳴った時。
まさか人を殺すことになるなんてと、気が動転していて、
また命を狙われるかもしれないという緊張感もあり、
極度に神経をとがらせていた。
だから、静まり返った部屋で、
無神経なほど大きな音で鳴った電話に、
体中、顔中を電気が走ったかのように、ビクビクッとさせる。
あれ観て、大丈夫って思った。
クリパはもう、絶対大丈夫。

この気持ち、一昨年、トム・ハーディにも覚えた。
映画総集編2012参照)
クリパはその上ではまだ、
精神が崩壊するかしないかの重たい役はないけれど、
どんなに大役がめぐってきたとしても(既にめぐってるけど)、
彼はスッと演技に入って、スッと演技から帰ってくる。
それだけ器用に、演じることを身につけてる。
演技に対して、慎重になりすぎない。
瞬間を大事にするから、引きずらない。
クリパは止まらない。どんどん上に行く。


そして、自分の体の使い方を、よぉく知っている。
その点においては、クリス・エヴァンスもそう。
(最高級の使い上手はロバート・ダウニー・Jr.。)
自分を、指の先から足の先までよぉく知っているから、
自分でスタントをこなすことにも怯えないし、
加減も、力の入れ方もわかっているから、迷いがない
バッコンボッコンするアクションでも、
飛び出すも、飛び込むも、距離感が完璧。
鉄棒ぶん回すシーンとか、
一瞬しか映らなかったけど
笑えるくらい振りかぶってた!!!
最後のアクションシーンの連続でも、
痛がったり、朦朧としたり、
あまりにリアルがために、
ちょっとした笑い変えてしまう
ほどに、
表情や仕草が上手くて、観てて楽しかった!!!


そしてクリパが最も得意とするのが、
えーじぇんと:らいあん
顔を赤らめること!!
ガチで苦しんでいるんじゃないかと、
焦るくらい自在すぎる!
カッコーの巣の上で』のジャック・ニコルソン思い出す!!
きっと、こんなにかわいい顔して、いつか
驚愕だったり、猟奇的な演技もしちゃうんだろうな・・・!


今作、借りてきた猫ならぬ、
借りてきた犬が非常に良い味出してたけど、
えーじぇんと:らいあん
「ぼく、どうしたらいいの?」と、
犬と同じ顔をしていたクリパが素晴らしかった
この際、おうちに連れて帰りたかった。どっちを?

この映画では結構、
クリパをどアップで映してくれることが多くて、
不安にかられて、フルフルしている時とか、
思わず、ちゅっとしたくなる頬っぺだった。
にゃんにゃにょこのにょこ!!!!(訳:なんなのこの子!!!!)
ってくらい、かわいかった。

でも、起きたら横にいる感じとか
鼻血出た
かわいいくせに、かっこよくもあって、お手上げだった。
あちらでは普通のことかもしれないけれど、
女性が席立つ時、
一緒に男性陣が立つのも素敵
だった。
これは『007/カジノロワイヤル』や
ヒュー・ジャックマンの『ニューヨークの恋人』でも
散々ツボってるけど、テーブルマナー(?)に弱い

話は大きく逸れたけれども、
クリパの演技に満たされ、
彼の今後を期待してやまない
ことを
再確認した作品だった。
観て、感じて、充実できるクリパに、
良い作品がたくさんめぐってきますように!!!


あと、最後。
えーじぇんと:らいあん
私は、リハビリの先生になります。


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画






このてのものは
スリラーの要素が強ければ強いほど
面白いですね

クリスパイン 僕も好きです

いまや
主役を張っていた
トム・クルーズや
ニコラス・ケイジとか

昔は、名前だけで
それなりにヒットしてたけど
高齢化もあり
ギャラが高額のわりに
大ヒットが見込めない現実がでてますね

もう世代交代で
クリス3兄弟 ww
がこれから引っ張っていって欲しいです


ジャックライアンシリーズは
好きなシリーズなので
早く見ないと

脚本がデビッドコープ
なので楽しみ


ちなみに
僕の部屋に
スタートレックのポスター貼ってあります

テレビの脇で
クリスパインが
こちらを睨みつけてます



なるはさんが
リハビリの先生になるの?
【2014/03/19 09:25】 URL | 庄屋弁当 #-[ 編集]

>>庄屋弁当 さん

こんにちは!
コメントありがとうございます!!

トム・クルーズはまだブランド力がありますが、
ニコラス・ケイジは明らかに
厳しい状況になってますよね・・・(;_;)
俳優業やスポーツ業における世代交代という言葉は
本当にさびしくて好きではないですが、
期待の実力俳優が育ってきていることは嬉しいです!
クリス3兄弟に本当に頑張ってほしいですよね★


『スター・トレック』のパンフレットいいですね~!!
私は想像がつくと思いますが、
ロバート・ダウニー・Jr.がこちらをガン見してます!←


リハビリの先生になって
クリパみたいな患者さんの手助けをするという
妄想です。
【2014/03/23 14:03】 URL | なるは #-[ 編集]

こんちは!いつも兄貴兄貴うるさい者です〜

やっとレポ読みました!濃い内容でいつも楽しみです☆

ジャック・ライアン、兄貴の作品の中ではもちろん好きな作品なんですが
もっとやれるというか、まだまだだなとも感じました。

まだまだだなと感じるのは、大好きだからであって
この作品の106分で観客をどれだけ虜にできるかが鍵で
今回はそれが少し薄かった気がします。

1本の娯楽大作として見ればいいのに
どーしても兄貴の関係者目線で観てしまう自分がいました。

あー、また意味不明なコメになってしまいました。すません

そういえば、なるはさんの世界3大クリス(?)に兄貴が入ってて嬉しいっす!
【2014/03/26 20:47】 URL | Seth #-[ 編集]

>>Seth さん

わぁ!Sethさん光栄です!!!
コメントありがとうございます!!

確かに!
イイ子ちゃん演技ではありましたよね、
言葉足らずな表現ですが。
クリパならもっと、掘り下げができるはずな人で、
そういった意味では確かに
“もっとやれる”という気持ち、すごくわかります。


>この作品の106分で観客をどれだけ虜にできるかが鍵
クリパの認知度はまだまだ日本じゃ低いですしね・・・。
ゲキマブ(死語)ですけど、
役柄としてのパンチがない限り、
なかなか覚えてもらえないですよね~。。。

Sethさんを前にすると、
私のクリパへの気持ちが稚拙に感じますΣ(///∀///;)
これからも“兄貴速報”、楽しみにしています!!
【2014/03/27 00:53】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。