ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい

愛の結晶。

あなとゆきのじょうおう

アナと雪の女王』を観た!
原題:『FROZEN

雪と氷を自在にあやつる
謎の力をもった姉:エルサ。
エルサを慕う、
無邪気で元気な妹:アナ。
とても仲の良いふたりだったけれど、
ある日を境に、エルサは心の扉を閉ざした


ありのままでいたいから。
あなたを傷つけるだけだから。
だから、さようなら。

第86回アカデミー賞
長編アニメーション賞&主題歌賞受賞!

贔屓目なしに『風立ちぬ』の方が内容的にはよかったけど、
視点で勝負!アイディアは良し!
102分、大忙しの展開だけど、楽しかったよ

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

予告を観て、
“視点”が面白そうだなって思った。
だから珍しく、観に行ってみたりして。

今、超人気作品だけど、
それほどズバ抜けた逸品ではないし、
ディズニーでなくても作れたように思える内容だった。
とはいえ、“作る心”は誰にも負けないっていうプライドがあるから、
CGの作り込み、音楽の持ち上げ、
王道をうらぎりつつ王道。
やることやってる感じ。
後半はそうでもなかったけど、
冒頭の氷のCGは鬼だったよ!!!
スタッフさんの底力に、最初っから震えたわ!!


子ども向けのアニメとかって90分程度に収めなきゃいけないとか
そんなルールがあったような、なかったような。
でもディズニー作品って毎回そうだっけ??
こんなに駆け足にならなきゃならなかったのが残念で。
ディズニーがなんとしても映像化しようと
童話『雪の女王』を必死に脚色して頑張った感じだけど、
時間的な制約が厚みをなくしてしまったなぁ。
キャラクターも定番な配置をみせるも、
無理繰り歌のシーンを入れたな~という印象。
子どもを飽きさせないためにも、歌とダンスは大事なんだけどね。

それでもテンション上がるよね。
テーマがとっても明確だったし、
それゆえに、主題歌はやっぱり心に響く。
あなとゆきのじょうおう
前向きなのに、かなしい歌。
とってもよくできてた!!
近頃の、私自身の人生的課題と共鳴して、
結構、胸を痛めたよ・・・!
共感する人多いんじゃないかな。だからこその評価なんじゃないかな。
ファンタジーに普遍的なメッセージを投入するって、
簡単なようで、なかなか難しいよね。

冒頭からさんざん時間ない時間ない言ったけど、
あなとゆきのじょうおう
おかげさまでときめくとこ、
ときめかせてもらう時間はあった!

ディズニーは自ら王道を打破し始めて、
男女の描き方を巧妙にいじるようになって、
キャラクターにもずいぶん幅がきいてきた気がする。
先日ひさしぶりに『魔法にかけられて』観たけど、
あの映画の男女間なんて切なすぎて涙しちゃうよ!!
(↑パトリック・デンプシーの魅力にやられた)
今作もそれに重なるものがあって、ヒーーだった。

ちなみに本作エルサの声役を演じたのは、
『魔法にかけられて』でパトリックが演じる
ロバートの恋人役で出演したイディナ・メンゼル
たくましいアゴのおかげもあって、歌声が力強すぎてた(笑)


ラストもある意味、壮絶で。
今回思わず、そのシーンをイラストに描き残したくなるほどだった。
(ネタバレになるので、当記事の最後に載せます


底抜けの元気娘:アナを演じたのは
昨年恋人と出演した『HIT&RUN』のヒロイン、クリステン・ベル
あなとゆきのじょうおう
ここまでパワフルで素直だと、
ただただかわいいなって思える!

こんな子になりたいなって、心底思う!
声やセリフ回しに飾り気がなくて、
アナにぴったりの演技だった!!


たっぷり胸キュンさせてもらった、
氷売りのクリストフはジョナサン・グロフが声をあてる。
あなとゆきのじょうおう
ジョナサン本人は、結構イケメン。
でもザカリー・クイントと付き合ってた(破局した?)ので、
ゲイってことかな~!
クリストフはアゴ出てて、鼻もぶかっこうで、
けしてイケメンではないんだけど、
恋に不器用ながら、好きな子のために全力で頑張る姿が素敵だった!
普通に惚れた!!!
表情もかわいかったし!!
イケメンかどうかが第一ではなく、
その表情の繰り出し方で好きになっちゃうかも、私!?
(CGアニメに対して繰り出すも何もないんだが。笑)
こういう子すごいいいわーー!!!!
相棒のトナカイ:スヴェンとのコンビも凄い良かった!!


ハンス(声:サンティノ・フォンタナ)も好きだったよ~!!
あなとゆきのじょうおう
アナはもちろん、
とことん自分もちょろいなって思った
アナとのデュエット、すごいかわいかった!!
こういう子もいいな。(←一貫性ない)


エルサが作った雪だるま:オラフ(ジョシュ・ギャッド)も良いキャラだった。
あなとゆきのじょうおう
ディズニーには毎回こういうキャラクターが必要なんだね。
確かに、オラフが登場したことでテンポがグンッとスムーズになった。
良いこともいっぱい言うし、字幕にはほとんど書かれないけれど、
アナに「君を愛してるから」ってちゃんと伝えるところがオトコマエ。
物語の展開を脱線させるキャラクターって、重要なんだなぁ!


監督は、クリス・バックジェニファー・リーのふたり。
どちらもこれまでディズニー作品に関わってきた人たち。

音楽はクリストフ・ベック
本作はそれほど名曲が飛び交ったわけではないけれど、
歌詞も合わさって、良い曲だった!



私たちはいつまでも
いっしょだと思ってた。

あなとゆきのじょうおう
でもいつからか突然
あなたと心が通わなくなった。


それでも、大切な家族。
大切な、お姉ちゃん。


閉ざさないで、心。

愛しさせて、エルサ!

3Dで観ればよかったな~ってちょっと後悔。
吹き替え版が大変人気なようだけど、
やっぱり字幕でしょう!
いろいろ収集ついていないところもあるし、
展開的に「む?」って思うところもあるけど、
笑いの要素はたんまりで、なごめて、優しい。
期待しすぎず、軽い気持ちで、楽しもう!!

少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願います!
にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへblogram投票ボタン
レビューはまだまだ続きます。お時間あればこの先もどうぞ!
------

! 以下ネタバレあり !









ラストは壮絶だったね、ほんと。
ちょっと噂は耳に入れてたけど、
結局姉妹がための戦いで、
姉妹の完全勝利!!
巻き込まれた王国の人々、
クリストフたちが不憫で笑える

今後もこの国をふたりに任せるとなると、
国民的には前途多難だろうて(笑)
それでも全力でこの姉妹は「てっへ~」とか言ってそうで、
みんな仕方なく、憎めなくて、ふたりを支えるんだろうな。


アナに思いを寄せるクリストフ。
しかしアナには婚約者ハンスがいて・・・という、
胸がキュウキュウする展開に。
めっちゃ好きな形の設定。

でもなぁ、ハンスが単なる悪役どまりだったのが残念!!!
“真実の愛で”って話になった時に、
やっぱりとりあえず、アナとハンスはキスすべきだった!!
でも、アナの気持ちがクリストフにちょっと傾いているゆえに、
魔術が解けないとかいう展開にしてほしかった。
以降、ハンスとクリストフはどうするの??って問題については、
まぁ仕方ない、「アナの決断」に任せるしかないよね←急になげやり

最初っから“兄弟多い”と公言してたハンスだから、
まぁアリっちゃアリの展開だったけどね。

でもハンスもハンスで結構良いこと言うんだよね。
追手の襲撃に、暴れるエルサ。
危うく人を殺めるところだったのを、
「自ら怪物になるな!!!」って止めるハンス。
心底悪い奴じゃなさそうだな。
恋愛においてはひねくれやかもしれないけど。

だって、アナとあんなに素敵なデュエットしてたのにーーー!!!
こうまで波長が合うなんて!!!ってお互い喜んで、
運命的なものを感じてるんだと思ってたのに。
Love is an Open Door』って歌、すっごい好きだったのに!
こういう恋が断然理想だ!!!
あの歌の存在自体がウソだったのかと思うと、
かなり辛いよ、観てるこっちも・・・


対して、クリストフはデュエットがなかったね!!!
トロールに歌ってもらうシーンはあったけど。

でも、アナとクリストフが、お互いの愛に気づいて、
猛吹雪の中、全力でお互いを探すシーンは凄く素敵だった
めっちゃ愛しいカップルだったよ!!!

だのに、だのに、
魔法を解くカギは
お姉ちゃんとの思いにあったなんて!!!

これはこれで、
そこにテーマがあったので良いんだけど、
クリストフの不憫ったらない!!!
とことんかっこうのつかないクリストフが、
魅力的ではあるんだけどね

雪だるまオラフも固まったと思う。
で、一生懸命、映画のオチを言葉にした。
「自分よりも、他人を思う心・・・そうか、
 家族愛ね!!
ええ、こういう愛の形、あること当然知ってる、わかってる!
でもこれがオチなんて、ズッコケ通り越して笑えたわ!!

そうしてそうか、
それでこそ原題が光るわけだ。

あなとゆきのじょうおう
FROZENする、クリストフたち。
「あんなにアナを思って駆け回ったけど、オチ、そこ?」

まぁいいか。
敵わないよ、彼女たちには

名作じゃないけど、
愛せる1本だったなぁ


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





ヒロインがいて王子様がいて
悪い魔女がいるといった設定は
ディズニーアニメでは鉄板です

今回は多少の設定の違いはあったけど
基本は同じといっていいかな

LET IT GO は
単純なメロディだからこそ
つい口ずさんでしまいますね。


注目すべきは
雪や氷などのCGで

ピクサーの代表でもある
ジョンラセターならではの
CG技術なのかな



そういえば
これに隠れミッキーが
いるんだって

ラプンチェルも
ショートヘアバージョンで
カメオ出演

すげーわかりずらいけど
ディズニーが公式に
みとめてるらしい
【2014/04/23 23:25】 URL | 庄屋弁当 #-[ 編集]

>>庄屋弁当 さん

こんばんは!
いつもコメントありがとうございます!!

氷のCG凄かったですよね!
特に冒頭の氷は素晴らしかった・・・!!

ディズニースタッフはいつも
遊び心あっていいですよね!
細かすぎて絶対見つけられませんが(笑)
【2014/04/26 20:43】 URL | なるは #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.