ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい

ソノサキニ/ヒトガイル。

でぃす/こねくと
久々パンフレットが500円だった。
キャストやスタッフのコメントも載ってるしこれで十分。


ディス/コネクト』を観た!
原題:『DISCONNECT

おなじ場所ではない、どこかの。
その存在がどれほど、癒してくれるだろう。
知らない自分を、知らせることができる。
素直に思いを、打ち明けられる。
だから信じてしまう、心から。

おなじ場所ではない、どこかの。
その存在がどれほど、卑しくいてくれるだろう。
知らない誰かを、傷つけることができる。
自分がこの世界の、強者であれる。
だから信じこませる、心から。

ひとつの電子どうしの、無数のやりとり。
無機質な関係でありながら、
“相手”は人間だから。

秀作だった
いまどき真新しくない題材なのに、
表現の仕方で、物語の紡ぎ方で、
こんなにも胸を打つとは。

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ blogram投票ボタン

======

実生活に影響のない人に、
身近な人には言えない思いを伝えたい。


わたしたちはいつの時代も、
誰かと居て、孤独を覚える。
でぃす/こねくと
どんなに人知れず抱える思いがあっても、
自由に伝えることはできない。
それが人間関係であり、維持するためである。

海に向かって叫べばいい。
でもそれだけでは、心にはゆきわたらなくて。
だから瓶に手紙を入れては、波に託す。
誰かに伝わってほしいと願う。
顔も知れないあなたに、聞いてほしいと。

世界は急速に匿名化する。
でぃす/こねくと
電子に託したもうひとりの自分。
思いは誰かの目に届き、さらには応えがあるだろう。

誰かを愛しても、傷つけても、実生活には及ばない。
電子化された自分が、空中を飛び交うだけ。
自由。ずっとほしかったもの。
でぃす/こねくと
探していた、本当の居場所。

しかし、どんなに電子的なやりとりでも、
点と点とが線で結べるように。
歯止めが利かない。
人の好奇心が、寂しさが、
より奥底を追及してしまうから。
バーチャルな世界は具体化し、
実世界にまで及びはじめる。

その先には常に、

人がいるから。



私の苦手なオムニバス作品かなぁと思ったし、
最近では“注意喚起”も含めて、よくあるテーマだし。
(本編観るまで、予告を観たことがなかったんだけど、
 予告はあんまり上手じゃないし。)
でも評価が高かったので、観ておこうって思った。

そしたら、
えらいよくできた映画だった
映画の比較的頭の方で、
映像的なセンスを感じて、音楽も良い感じで、
ちょっと予測できる展開であっても、
演出力が高いもんだから、
観てる側は予想以上の充実感。


出演者の一人(アンドレア・ライズブロー)が
でぃす/こねくと
去年観たジェームズ・マカヴォイ
マーク・ストロングと共演『ビトレイヤー』の出演者であったことと、
“映像センスが良い”って観点から
頭の中でなんとなく彷彿してたんだけど、
加えて『ビトレイヤー』でも突如表れ鼻血出そうになった演出が、
本作『ディス/コネクト』でも登場して、
またやられた!!!!って思っちゃった
ジョン・ウー監督作品のソレ(大ヒント)にはピンとこないのに。
たぶん、そこに至るまで大げさな演出がなかったのに、
ココだ!!!ってシーンでガツンッともってこられるから
テンション上がるんだろうなぁって


後半なんて、ぐわぐわ涙が出ちゃって。
よくある人間相関図だけど、BGMなしに、
端末をタップする音だけが聞こえるその中で、
絶妙な人間関係が描かれていく。

良くも悪くも、人間なんだよなぁって。
これが現代の私たちの人間関係で、
でもそれは結局、今も昔も変わらないもので。
何ひとつ、真新しくない。
どんなに“アカウント”でなりすましても、繕っても、隠しても、
電子は言葉に溶けて、心に流れ込んでくる。
そこに現実も、非現実もない。

見知らぬ誰かの、何に惹かれるのか。
SNSを利用しない人にはピンとこないかもしれないけれど、
なんら、学校や職場、家庭との関係と、変わりない。
素直で優しい思いが、
大切にしたい気持ちが、
心をつないでいくだけ。

今やひとつの、社交の場になってる。(使い方次第だけど)


主演は一応、ジェイソン・ベイトマンなのかな。
でぃす/こねくと
ジェイソンのことは、ウィル・スミスの『ハンコック』の頃から好き。
だから結構前から好きなんだなぁって。(6年前!)
コメディからアクション、シリアスな作品にまで顔を出し、
重宝される柔軟性の高い俳優だと思う。
今作みたいに、パパ役は特にハマッてる!!
(でも2013年製作の出演作はこれ1本??なんか別の仕事でもしてるのかな。)

Mumford&Sonsの『Hopeless Wanderer』にも出演してて、かなりお気に入り。
ジェイソンの表現力の幅に驚かされる(笑)
涙なめるな。笑顔かわいすぎるぞ。
この人は愛されるよ。
人が好いの、凄い伝わるもん。

カイル役マックス・シエリオットがかわいかったなー。
なんかの作品に出てたと思って、
そしたら『ジャンパー』で、主演を演じたヘイデン・クリステンセンの、
子役を演じてた子だった!!(10代の役だから子役ってほどじゃないが)

その他、キャストが適度に豪華で、
でも作品を壊すほどではなくて、キャスティングもうまかった。

ロバート・ダウニー・Jr.出演の
チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』に出てる、
ホープ・デイヴィス

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』等のポーラ・パットン
凄い綺麗だけど、最近どうも目の使い方が堺雅人にしか見えない。
わざとらしいからやめればいいのにーー。
デンゼル・ワシントンマーク・ウォールバーグ共演の
2ガンズ』も面白かったよ~~。そろそろレンタル始ってるよね?

もう、親の七光りなんかじゃない。
自分の実力で上りつめてきた、アレキサンダー・スカルスガルド
今年に入って観た『ザ・イースト』もよかったよ~!

ドラゴン・タトゥーの女』の
スウェーデン版(本家)『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』で
記者ミカエル役のミカエル・ニクヴィスト
かっこいいおっさんで好きだな

あと、主な出演作として
パンフレットには載ってなかったんだけど(もったいない!)、
でぃす/こねくと
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』 にも出演し、
かっこいいアクションを見せてくれたフランク・グリロ

その他、今後期待のかかる若手の俳優たちも出演。
コリン・フォードジョナ・ボボヘイリー・ラム
今回は特記しないけど、みんなそれぞれ良い演技してた。

ファッションデザイナーである、マーク・ジェイコブスも出演(!)。
でぃす/こねくと
本作が、本格俳優デビューだったわけだけど、
めっちゃ恐い雰囲気があってよかった・・・!!


監督は、ヘンリー=アレックス・ルビン
過去の作品は観たことがないんだけど、
車椅子ラグビーのドキュメンタリー『マーダーボール』が高い評価を受けた。
本作にこれだけの出演者が集まったのも、
彼への期待からかもしれないね。
や、正直、今後がすっごい楽しみだ。

撮影を手がけたケン・セングの過去の作品も、知らないものばかり。
彼が最初ではないと思うけど、スケートボードの裏にカメラを付けて撮ったりと、
いろいろ挑戦的で凄く面白かった。

作曲は、マックス・リヒター
テーマ曲がすっごいよかったんだけど、
ネットで検索すると、なんで『シャッターアイランド』のサントラが出てきちゃうんだろう??
確かに初めて聞いた感はないのだけれど。。。
・・・って思ったら、逆・・・??
『シャッター・アイランド』が、マックスの音楽を起用したの??
ってことは、テーマ曲自体はこの映画のためでなく、
マックスが以前から作ってた曲なんだね。
(参考:http://post-classical.tumblr.com/post/54646881429/4-2-max-richter

映像ともあいまって、音楽もよかったな~
サントラの視聴はコチラ
サントラ1曲目の『On The Nature Of Daylight』が
『シャッターアイランド』でも使われてる曲。
マックス・リヒターは『パーフェクト・センス』の音楽も務めてる。
どれもバイオリンがきれいすぎる

あと、映画の中でシガー・ロスSigur Rós)についてちょっとだけ触れてたね。
私もファンとしては新参者だけど、
映画を観てればいずれ出会う存在のシガー・ロス。
本作は、そのメンバー(ボーカル)である
ヨンシー(Jónsi)のソロアルバム『GO』(2010年)の
Tornado』がエンディング曲に使われてるよ。
もーーー、涙止まらないわーーー。
ヨンシーもゲイなんだね。
お金があったらシガー・ロスと
ヨンシーのアルバム全部集めたいーー!!!

シガー・ロスの音楽は『スラムドッグ$ミリオネア』や
テンペスト』、『ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日』でも使われてるよ。
シガー・ロスの音楽を予告に使うのは、
タダゴトじゃない映画だけにしてほしいね!
それだけ、映画本編がものすごくよく観えちゃうもん!!


さて。『ディス/コネクト』は
27歳、最初の映画館鑑賞作品だったのだけど、
この作品をチョイスして本当に良かったと思う。
(同日にジェイソン・ステイサムの『ハミングバード』も観たのだが。)

ベネチア映画祭で10分間の
スタンディングオーベーションを受けた
といわれている本作。
まさに、じわっとくる、良い映画だった。
特に自分が(一応)姉であり、弟がいるとなると余計にね。
父と子のエピソードも物凄くよかったけれど。

上手にまとめていた、秀作だった
もっと公開映画館拡大してくれればなーー。
レンタルでも良いので、観てほしい!

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!
関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.