ADMIN TITLE LIST      
今日は何の、映画を観る?
【随時更新】トップ画像まとめはコチラ
映画のこと、まとめることに、なりました。
PRODUCED BY RECRUIT
そざい ギャザリー そざい
適材適所。

ザ・コンサルタント

ザ・コンサルタント』を観た!
原題:THE ACCOUNTANT


小さな町の小さなオフィスで働く、クリスチャン・ウルフ。
会計士である彼は、質素な生活を送っていた。

幼い頃に「自閉症」として専門の施設に預けられたクリスチャン。
社会に適合するように訓練し、
彼の素質に合った職業に就いたのだ。

クリスチャンは腕利きの会計士として、闇ルートでも知られ、顧客を獲得していく。

当局は「謎の会計士」をマークするも、素性を知れず、捜査は難航する。

そうした中、クリスチャンはある企業から、財務調査の依頼を受ける。
「会計の不審なズレ」に気づいたクリスチャンであったが、
これを機に、彼の生活は危険を伴うようになる。

・・・・・・。

・・・・・・。


ピンとくる言葉が浮かばないのは、
この映画が想像以上に
あらゆるテーマを注ぎ込みすぎたせい。

「待って!それ以上話を盛ったら、お腹いっぱいすぎる!」って思っているそばから、
どかどかと怒涛のように、あらゆる話を繋ぎにかかってくる。

設定的には面白かったし、
ストーリー展開も、まぁありがちだけど、
決して悪くなかった。

でも総じて、「もういいかな」と思うような、膨満感。


「自閉症」という言葉は、
狭くもあるし、広すぎるようにも感じる。
診断は医師にもよるし、個性とする場合もあるしで、
病気と言い切るには、荒っぽい気もする。

ただ、適切な対応が、
彼らの未来にかかっているように思う。

ベン・アフレックが演じたクリスチャンは、
個性を活かした上で、
必要最低限のコミュニケーション術を学んだ。

いろいろな要素を含んだ上でのコミュニケーションだけど、
クリスチャンの場合は、共感する力が低いようなので(厳密には言い切れないけれど)、
ケーススタディ的に会話の法則たるものを身につけて、
できるだけ滞りなく行えるよう、テクニックを培った。

ある種、営業マンや芸能人といった業界人はもちろん、
社会人として上手く立ち回っていくには必要なスキルとも言える。

感情ばかりに流されていては、
自社の商品を売り込めず、
メディアやファンに叩かれて鬱になり、
時には他人を傷つけてしまう。

ある程度、相手の反応を機械的に見て、
こうきたら、こう返す、といったような
シミュレーションを頭に叩き込むことは得策だ。

他人に好かれたいと思うあまり
不必要なまでに良い顔することがなくなる。
踏み込みすぎずに、淡白な関係を築くことで
お互い傷つけ傷つくこともなくなる。
どんなチャンスも恥じずにチャレンジできる。

感情的であることは、
時に、もったいないこと
でもあるのだ。


「適材適所」という言葉は、あくまで前向きな話。
病気や出身大学、家柄、性別などによる、
凝り固まった分類はあってはならない。
「適所」は、自分で決めるべき。

また、自分の特性を伸ばさず、
ましてや無理に隠したり、ためらったりして、
望まぬ道をただ進むことも、
適材を活かしていないことになる。

もちろん、道なんて、進んでからしか先はわからない。
人生に方向音痴の人なんて、たくさんいるし、
望まぬ道が活路になることもざらにある。

結局は、その時にその時に、
最善の選択をしていくしかない。
いつか、適所を見つけるために。


さて、そんな自閉症の役を演じた、ベン・アフレックだが。

やっぱり、映画にテーマを盛り込みすぎた上、
ベンの役作り不足か、いろいろ物足りなかった。

ベンも、話が膨れ上がりすぎた脚本を読んで、
それを咀嚼するのに時間が足りなかったんだろうな。
行動にいたるまでの、心の道筋が見えにくかった。
(完全に、尺の問題もあったと思う。)


アナ・ケンドリックもかわいかったけど、
テーマが無駄に手広い映画なので、
存在の意義みたいなのが危うかったなー。
アナ・ケンドリックが迷えるシンデレラを演じている、
イントゥ・ザ・ウッズ』がまた観たい。

ジョン・バーンサルの役もなぁー・・・。
いつかは登場するんじゃないかって思ってたけど、
出るタイミングが「今ここで?」というところで、雑だった。
ジョン・バーンサルは、ブラット・ピット主演の『フューリー』の役が、
印象に残っているなあ。


J・K・シモンズも、なんで出演しちゃったのかなーという感じ。
長々と語り始めた時には、
せっかくのシモンズの演技なのに、
展開のまどろっこしさで残念な感じに。


ところどころ、雰囲気のいいシーンもあったんだけどね・・・。
悪く言えば、米国版ボリウッド映画だった。


監督は、あれか!
エドワード・ノートンコリン・ファレルが共演という
全私がお祭り騒ぎだった『プライド&グローリー』のギャヴィン・オコナーでした。

あの映画は、それこそキャスト含めて盛り盛りだったけど、
なかなか良かったのに・・・。
でもそうか、脚本に、ジョー・カーナハンが加わってたっけね。
ジョー・カーナハンの代表作・『NARC ナーク』のとおり、クライムサスペンスやらせたら最高だわな!


観るなら自宅鑑賞は、程良いかなー。
ベン・アフレックが観たいなら、
最新のDCコミックの集大成(?)、
ジャスティス・リーグ』を待つが良い!

いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


試練と修練。

どくたー・すとれんじ

ドクター・ストレンジ』を観た!
原題:DOCTOR STRANGE


名外科医である、スティーヴン・ストレンジ。
彼は、リアリストでもあった。

救える可能性があるなら、メスを握る。
その「可能性」は、医学に基づき、見識による勘である。

そのため、時に、彼の判断力と価値観は、他人との間に軋轢を生んだ。
しかしスティーヴン・ストレンジはそれを意に介さない。
それほど傲慢であったのだ。


悲劇は、試練。

希望への、運命。

未知なる可能性がひらかれた時、
人は戦うフィールドが変わる。



思ったよりは普通でした。
それが端的な感想ではある。

おそらくは、予告編が良すぎて、期待値が高まりすぎたということ。
もちろん、Wi-Fiパスワードの件は秀逸でありながら
予告編に盛り込んだのは失敗で、
本編でその価値を発揮できなかった。

きっと、原作はべらぼうに面白いのでは、といった印象。
物語の世界観や哲学は、非常に興味深かった。

もちろんシリーズ第一作であるから、
登場人物の紹介や『ドクター・ストレンジ』における理論の説明で、
尺をとられてしまったことは致し方ない。
修練のシーンは面白かったし、もっと観たいくらいだった。

でも、世界観はもっともっと大きくて、
それを表現し切るのに四苦八苦。
後半に差し掛かるにつれて、いろいろともたついた。

本当に設定が面白かったんだけど、
あれをどう、「映像的に面白くするか」は、頭を悩ませるところ。
最終バトルなのに思うより地味で、テンションがやや下がってしまった。
(でも本当、全否定はできない。面白いは面白い。)

ただ、『ドクター・ストレンジ』に、
アイアンマン』や『キャプテン・アメリカ』、
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』みたいな、
ドンパチを求めてはいけない、とも言える。

原作を知らない私が、映画を観ただけでも、
他のヒーローとは違う、「ちょっと特殊なキャラクターなんだ」と気付ける。

知的で、シック。
静かなる戦いだから、新しい。

そのため、これまでのマーヴェルヒーローのようなバトルとは
違う一面も見せようとしてくれた。

でも、結局のところ、“観慣れた”バトルとも、言えなくない結果だった。

天地逆転バトルは、
かのクリストファー・ノーラン監督がやりきってくれたこと。
ましてや、最初にして、最高にセンスが良かったものだから、
『ドクター・ストレンジ』では、ハードルが上がってしまった。
結果的にかゆいところに、手が届かない印象かな・・・。

キャスティングは、良かったと思う。一名を除いて。

ベネディクト・カンバーバッチは、いよいよマーヴェル作品に登場。
BBCドラマ『シャーロック』によって、日本国内での人気が爆発的に。
日本の映画配給会社は、
同じくシャーロック・ホームズを演じたロバート・ダウニー・Jr.の再来を狙って、
『アイアンマン』と並列にした可能性もなきにしもあらず。
(全く別物の魅力だけどね。)

優しい役も似合う人だとは思うけれど、
少し頭が切れすぎてて高慢な役のほうが似合うというか、
見慣れていてやっぱりしっくりくる。


そして、ベネディクト・カンバーバッチを据え置くならと、
ガチッと添えられたのが、ティルダ・スウィントン
坊主頭に丸めた姿は、崇高で神々しい!
しかし彼女はうまいね。
結果論になるのかもしれないけれど、
いつだってその見目(視覚的要素)とは裏腹に、
もろい部分を持っている。
『フィクサー』で出会って以来、疑いのない演技力を見せてくれているけれど、
いつもどこか危なげ。芯はあるのに、線が細い。

ティルダ・スウィントンって、身長180cmもあるんだね!?
そういった意味でも、ベネディクト・カンバーバッチとうまくマッチングするわ!


しかし唯一の汚点は、レイチェル・マクアダムスかな。
下手な演技、どうにかして。


キウェテル・イジョフォーもよかったけれど、
それでも夜は明ける』のイメージが払拭されない。
ベネディクト・カンバーバッチとは、『ドクター・ストレンジ』で二度目の共演?
今後の展開が、彼というキャスティングで、吉と出るか凶と出るか。
怪演に期待したいな~!


マッツ・ミケルセン自体も、雰囲気は抜群でしたが。
うびゃああああみたいな、
抜群の雰囲気があったかというと、
演出のせいか展開のせいか、今ひとつだったかな~。



監督を務めたのは、スコット・デリクソン
地球が静止する日』も観たことないし、これまで一度も出会ったことのない監督だな~。

音楽は、近年の『スター・トレック』シリーズを全部手がけている、マイケル・ジアッキノ
気なしか、『シャーロック』の音楽のような雰囲気が・・・。


くそみそに聞こえるかもしれないけれど、
及第点な作品ではあった!

期待しすぎたのがよくなかっただけかも・・・。


いつもクリックありがとうございます!
ランキングに参加しています。少しでも共感や参考になりましたらポッチリ願いますっ★
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
拍手もありがとうございます!励まされます!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



Prev | HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 陽面着陸計画, All rights reserved.